261778 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

リンゴ&ハチミツの乙女日記

PR

Profile


ringotohatimitu

Calendar

Comments

sally@ uDInpGVXWhwbHOWXDY 8StVmZ <small> <a href="http://www.FyL…
john@ ktyAQtHAHLxXVMwgj bz8UuH <small> <a href="http://www.QS3…
john@ TvhaTKTepGhr KJNzFY <small> <a href="http://www.QS3…
john@ DCbznGZKxtnMtDBgv qa4KrD <small> <a href="http://www.QS3…
john@ QeiaRnyAtRQZ WYJTqw <small> <a href="http://www.QS3…

Favorite Blog

遥か空は今日も晴れ。 *遥*さん
ふわふわぷりん ふわふわぷりんさん
・・のんびり丁寧に… あちゅるんさん
もいっか★フィンランド パウエル★Moiさん
英語・ドイツ語・フ… rinngotohaniiさん
Empirical?んだな。 MA1112さん
2011/08/07
XML
カテゴリ:りんご・考える
ハス

子供に「ダメ」って言う基準ってなんでしょう?
もしくは許す基準ってどこにあるんでしょう?

「子育て奮闘記」ってテーマを選んですみません。
でも子供に関わる機会がある度に考えるんです。

塾講師という職にあると時々聞くのが、
人間関係で登校や学習を諦めてしまう生徒ちゃん達のお話。

子供にとっては学校って世界はすごく大きくて、
そこでの人間関係に詰まってしまうと
世界が終わってしまうかのような気持ちになるのはよく分かります。
「学校」という集団生活に馴染めない子がいるのも分かります。
あれには合う合わないがあると思いますしね。

で、私が考えるのは「人間関係の詰まりでの方向転換」をどこまで許すか、
という事なんです。

学校がダメ、カバーセンターがダメ、塾がダメ、仕方ない。
それも一つの考え方ですが、
実際ながーーーーい人生の中で方向転換できることばかりではないですよね。
大人になれば嫌な人間関係の1つや2つ耐えなければならいし。
そういう環境でも「なんとかやっていく方法」を覚える必要も出てくるわけです。

でも本人が子供だと方向転換のありなしを判断するのは親御さんだったりします。
その線引きはどこなんでしょう?

話は変わりますが。
誤解を恐れないで言うと、
言い方は悪いですが子供に甘い親御さんってお会いしただけで分かるんです。
子供は「見知らぬ誰かがわが家に来た場合の対応」なんて分からない場合が多いです。
だからグーダグーダしててもまぁ、良いと思います。
(お客さんがめったに来ないお家とか恥ずかしがってわざとやるお子ちゃんもいますからね)

ただ、そんなお子さんを見て親御さんが
「挨拶しなさい」とか「ちゃんとしなさい」とか言わないご家庭が結構あるんです。

私個人は「お子さんにダメって言えないのかな?教育方針?」と思ってしまいます。
もっと言えばお子さんのあるがまま、すべて受け入れてしまう親御さんなのかな?と…。

そこで一番始めの疑問に戻るのですが、
子供にどこまでを許すのか、
どこまで子供の気持ちを優先させるのか。
イチ講師の立場ではありますが子育てって本当に難しいなぁと常に思います。








Last updated  2011/08/07 09:19:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
[りんご・考える] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.