000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

理楽療法研究会

PR

X

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.04.03
XML
カテゴリ:健康・整体
なんとなく
世界が騒がしい。
いや。わかっています。この騒動。
日本も検査を増やしたほうがいい。
の声がします。
でも、どうなんでしょうねぇ。
いま検査して「陰性でした」で
安心したいのでしょうが。

それはそれで
明日になったら、また不安になりませんか?
一週間後には・・・。
また検査したい。になりませんか?
「陰性診断」は、今だけのことです。
常に感染するチャンスがあります。
感染している可能性があると思って自粛。
感染する危険があると思って自粛。
手洗い。うがい。集団をさける。
個人ができることを
粛々と。

------------------------
整体を学びたい、という方に
マンツーマンで講習をしています。
安心してご相談ください。






最終更新日  2020.04.03 12:12:08
コメント(0) | コメントを書く


2019.10.28
カテゴリ:健康・整体
私が母お引き取って診ていたときに
介護士・看護士の方の献身的な対応に心打たれながらも
その多忙さと重労働そして超過勤務を目の当たりにして
大変驚かされました。

皆さん過酷で緊張感を伴う業務内容の中でも母の事を
大変思いやってくださり、大変重い症状であったにも関わらず
比較的安らかに逝くことが出来ました。

これからますます超高齢化の波が押し寄せる中
で日本全体の医療保障と健康寿命の充実を確保推進するためには
医療費を増やすよりも「医療に携わる方の生活の安定と向上」こそが
まず実現しなければならない最重要課題であろうと思い至りました。

医療費が100兆円あっても医療従事者が現在の3分の1しかいなければ
これから増えていく患者に対応しきれるはずが無い・・・。

そこで医療従事者の方々の健康や幸福指数と生活向上を実現し
患者や介助者を元気にケアーしてもらえるよう
バックアップするグループを創設。

また、介護する方たちが、身体を壊さないための運動のプログラムの提供
でバックアップする講習会も随時行っています。
時間の都合をつけるのが難しい方には
おひとりでも、受け付けています。


自分で自分をいたわる、自分で家族や周りの人を癒す。
体験してみたい人なら誰でも、歓迎です。
https://www.facebook.com/lirakuryoho/
-----------------------------------------------
★しつこい痛みなどの神経的な問題がある方は
 お気軽にご相談ください
〒116-0002 東京都荒川区荒川7-20-1
イーストヒル町屋 2F
 整体・きらく館 高岸
定休日なし(不定休)<完全電話予約制>
営業時間AM11:00~PM11:00  
tel 03-3801-8313 (携帯) 070-6666-8332






最終更新日  2019.10.28 10:40:16
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.22
カテゴリ:健康・整体
●私が改善してさし上げたいと、いつも考えているのは身体の痛みと重だるさです。
特に加齢が原因による身体の痛みや重だるさは年々増えています。

次に●身体の機能不全●身体のだるさ●精神疲労の改善が希望ですが、
実はこれらは同じ原因で起こっている症状だと
皆さん気がついていません。
○薬を使った痛みの改善の弊害と副作用が無い事もメリット
自重運動や呼吸療法による運動機能改善には、薬物による弊害や副作用の危険性もありません。
西洋医学よりも数段進んだ近未来療法と言っても過言でなく、身体療法術のパラダイムシフト
を起こせるものだと私は確信しています。
現在は現代医学の言葉(生理学・解剖学・脳神経学)と物理現象の体験を通し
ナチュラルパワーメソッドとして普及につとめています。

●ナチュラルパワーメソッドでは難解な非科学的な理論は一切出てきません。
基本的に生理学や科学の土俵で生体反応や物理現象を基に検証を行いながら
改善を確認できるものです。
NPMは現代人が悩んでいる心身の様々な苦しみやだるさの改善に役立ちます。
しかもルールを守れば副作用も無く安全性が確保されている運動法です。
一般的な運動理論で筋肉を強くするよりも効果的で場所を選ばず行えます。
運動パフオーマンスを向上させる事に適しています。
またアレンジにより効果的に痛みやだるさが消える画期的な治療法です。

お忙しくて時間の無い方
身体の能力向上に意欲がある方に
ご利用いただけると幸いです。



           ★
疲れにくい身体になる
痛みや疲労に簡単に悩まされなくなる
心も健康な状態を維持できる。

そんな、テクニックにとらわれない整体を一度、
試してみてはいかがでしょうか??
自分で自分を、自分で家族や周りの人を癒す。
体験してみたい人なら誰でも、歓迎です。
https://www.facebook.com/lirakuryoho/

-----------------------------------------------
★しつこい痛みなどの神経的な問題がある方は
 お気軽にご相談ください
-----------------------------------------------
〒116-0002 東京都荒川区荒川7-20-1
イーストヒル町屋 2F
 整体・きらく館 高岸
定休日なし(不定休)<完全電話予約制>
営業時間AM11:00~PM11:00  
tel 03-3801-8313 (携帯) 070-6666-8332

★自分で自分を、自分で家族や周りの人を癒す。
体験してみたい人なら誰でも、歓迎です。








最終更新日  2019.10.22 23:46:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.01
カテゴリ:健康・整体
ナチュラルパワーメソッドは誰にでも行える運動メゾッドです。
短時間で器具を使用せずにパンプアップする運動で
しかも激しく動かなくても良い運動というと、
そんな運動あるのかな、思われてしまいます。
それは従来の運動法の概念では有酸素運動と『筋断裂』に代表される
パンプアップ法が普及して久しいからではないでしょうか。

一般的に筋断裂しないと筋肉は大きくならないという見解でしたが
そんな事はありません。
(勿論筋断裂すれば筋肉は肥大しやすいのですが)

私の整体院に治療でおこしになるお客様が身体の筋力低下を予防するために
運動をして体を壊すというその負のサイクルを、なんとか予防したい、
もっとスマートに疲れずに筋肉を強化する事が出来ないかと様々考えて
行き着いた理論がNPMの運動理論でした。

どんなに効果的な運動理論でも現代医学に則っていなければ
なりませんので、検証性と再現性が必須です。

難解な生理機能や解剖学は、解剖学者の先生や整形外科の先生の
頭の中にあるだけで、数字や画像で示す事はなかなか難しく
一般人の理解の範囲を超えています。

有酸素運動をするために運動しましょう
と激しい運動を繰り返しまた痛めていたのでははいつまでたっても
後遺症に苦しむ方々を抜け出せないでしょう。
私の整体院では30年の研究の中で長年の痛みに悩んでいた方を
数え切れないくらい改善してきました。
中には大学病院で見放された方も幾人もおられました。
その中で有酸素と運動をある意味切り離し、
身体機能向上に特化したことにより
驚くほど効果を示しました。

有酸素・運動・の取り扱うだけでは得られない計り知れない
可能性を皆様にも是非実感していただきたいです。

             ★

「RE整体」
REは、レコーディングの事で
自分の生活リズムをヒアリングして
身体のみならず、心まで健康な状態に
体を戻す事が目的です。

これで疲れにくい身体になり、痛みや疲労に簡単に
悩まされなくなるし、心も健康な状態を維持できます。

そんな、テクニックにとらわれない整体を一度、
試してみてはいかがでしょうか??
自分で自分を、自分で家族や周りの人を癒す。
体験してみたい人なら誰でも、歓迎です。
https://www.facebook.com/lirakuryoho/
-----------------------------------------------
★しつこい痛みなどの神経的な問題がある方は
 お気軽にご相談ください
-----------------------------------------------
〒116-0002 東京都荒川区荒川7-20-1
イーストヒル町屋 2F
 整体・きらく館 高岸
定休日なし(不定休)<完全電話予約制>
営業時間AM11:00~PM11:00  
tel 03-3801-8313 (携帯) 070-6666-8332

★自分で自分を、自分で家族や周りの人を癒す。
体験してみたい人なら誰でも、歓迎です。






最終更新日  2019.10.22 23:32:41
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.03
カテゴリ:健康・整体
日本国内の年間医療費は30兆円に迫る勢いになり、このままでは国家破産の原因になる情勢です。
国民が健康に関して、真に自分自身の症状をコントロールする事が可能な未来を作るために気と経絡を
用いた東洋医学を、西洋医学の言葉と物理言語を使って認識する事ができる、
世の中を創るという目標を掲げました。

サイエンスをベースにしていない東洋医学理論は観念的なため難解で、一般人は向学意欲がわかない方が
殆どではないかと思います。

たとえば「考えるな、感じろ」という言葉。
分かる人にはわかる。の世界。
しかし言葉にならない感性・感覚は、確かに存在している。
これは、日本人ならではの感覚が含むことかもしれません。
『空気を読め』・・・とか、ですか。

古代から脈々と続く民間療法を起源として、日本で独自に進化を遂げた人類の宝とも言える
身体調整とか整体は、社会の中でも少しづつ市民権を得始めてはいるものの、リラクゼーションの
イメージが強すぎて真の意味での普及は進んでいないのが現状といえます。

中でも特に効果的な経絡に働きかける整体療法はゴッドハンドと呼ばれる
達人たちしか普及していないのが現状です。

わかりづらい経絡理論や気の習得等をせずとも
経絡による効果を科学的に理解して、運用することこそがはるかに
実践的かつ有効な手段であると思い至り指導と普及を行う時は今と
思い至り研究会を発足致しました。

本研究会の目的は
●現代医学に基づきながらも、経絡と熱と気の人体に与える効果の高さを啓蒙し
経絡整体療法を認識しそれぞれの関連性と相乗効果を発信する事を目的としています。







最終更新日  2018.05.03 17:20:04
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.01
カテゴリ:健康・整体
手技の方法が先か理論が先かと言われれば手技が先に出来た事は間違いありません
理論が後付けになっているのは漢方でも韓方でも同じですし手技だけが違うという事は
無いでしょう。

この事はある重大な事実を示しています

優れた手技を収めるために必ずしも漢方や韓方や経絡理論を学ぶ必要は無いということです
(最も重要なポイントと理論に振り回させない幹を認識する事こそが肝だと心得る事)

具体的には

炎症●水分分布異常●熱生産性不全●微小循環異常
の改善に焦点を当てて病体を把握します。

西洋医学の世界ではこのような方法は採用されていませんが多少の臨床経験をつんだ
整体師であればだれでも用意に行うことが出来ます。

もちろん一般人が学ぶ事も可能です。

以上のコンセプトに基づき、私どもは2012年に理楽療法(NPM)研究会を設立しました。

①気と手技療法に民間医学としての地位を取り戻す。
②経絡と熱と気の関係性を理解し民間人が自分で自分の身体の健康をコントロール出来る人材を育成する。
③世界中に真の健康になるための技術を広める。


NPMの自分で出来る自己整体






最終更新日  2018.05.01 16:52:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.17
「これをしてね」と言うと
すんなり行動に移さない方が
いますね。
その頭の中は、どうなっているのか?
自分の体験からみると
「いま、やろうとしていたのに」
言われると、やれない~みたいな感じ?
やったほうがいいのは、わかってる。
やる気は、ある。
それは主張したい。
って、まあ、我が抵抗しているのだね。
それはそれとして
言われてサクッと出来ることには
さほど抵抗しないで、行動できる。
としたら~
何がやれなくさせているのか?
問題が大きすぎて、一人に押し付けられても困る。
ならば。「一緒に、やりましょう」となりますか。
問題が大きすぎて、どこから手をつけたらいいか?
であるならば、
まず「これ」から始めて
そうすると「こうなる」から
次には「これ」でしょう。
と、道筋をつけてあげる、とか。
こちらには見えていて、相手には見えていない。
だから漠然と「こうしてね」では、スンナリと
行かないのかもしれない。と思いつつ。
面倒だから、自分でやってしまおう。
になるのを、ジッとこらえる。
って、コミュニケーションは、難しい。

--------------------------------------------------
今日の心得
○元々あった健康体を取り戻す。
○自分で自分の体を治すお手伝いをする。
○笑顔で快適に生活出来る状態にする。






最終更新日  2017.08.17 11:01:27
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.20
カテゴリ:健康・整体
他者による健康保持は、限界があります。
治療して、よい状態になった。
痛みも張りや違和感は解消した。

それを維持するのは、本人のお気持ち。
もう悪くなりたくないという決断。

・食品添加物が多く入っている
加工食品は食べないようにします。

・お茶やコーヒーなどの利尿作用がある
飲み物は常飲しません。

・消化に多大なエネルギーを使う
動物性の食品は極力食べません。

・お肉を食べることがあっても
炭水化物を混ぜて摂取しません。

・生野菜などの野菜を中心とした食事にし
豆類などの物も一緒に摂るようにします。

・間食は極力しません。
食べるとしてもフルーツにします。

・白い精製された
パン・うどん・白米などは極力避けるか
ごく少量にします。

・週3回以上は有酸素運動をします。
1回の目安は30分以上です。

・夜9時以降は食べません。

・お酒も普段は飲みません。

・良質な水を常温でよく飲みます。

・電子レンジ・IHで調理しません。

・寝る時間は、
極力夜12時前には寝ます。


これのいくつかを・・・ではなく
決意して実行すれば、健康はあなたのもの。






最終更新日  2017.07.20 11:55:32
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.16
カテゴリ:ココロのこと
手技を初めて体験したときは
こんなに簡単でいいのかな?
と思うくらい、効果がでます。


講習を受けているときは、出来ている。
しかし、実践で行っているうちに、
思ったような効果がでてくれない。
シンプルであればあるほど
自信喪失していく方が多いように
思われます。そして。


結果を求めることを施術の目的に
している、ことに気づきません。


こうであったはず。
こうであれば、、。


たぶん。
他の手技でも起きてくることでしょう。
「自己流」になっているのに気づかない。
たとえば職人の世界でも同じです。
先人から受け継がれてきた「型」がある。
どうでしょうねぇ。
「人から押し付けられる」感覚がありませんか?
「私は、こうしたい」が
いつのまにか主体になる。
これが自己流に流れる原因です。


型は・・・。
自分自身に向き合うための
大切な時間なのかもしれません。


ある型にはまらない。
型からはみ出しているトコロに
自分と言うものが「ある」と気づく。
そのとき、もしかしたら、やっと
型と自分が融合する。ひとつの行為になる。
型に入れなければ、そもそも、
何も始まっていない、のです。
そこには、自分ではないものへの対立しかない。






最終更新日  2017.06.16 01:24:21
コメント(0) | コメントを書く
2017.05.18
わたしたちは、常に自分のもつ
フイルターを通して現実を見ています。
あるいみ、事実と思っているすべてを
自分の防衛機構というフルイを
通した形で、見ているのです。
特に心情的に受け入れ難い事実と
向き合うことである場合は。
もし、そうでなければ、
確実に衝撃と混乱の渦に
巻き込まれるでしょう。


何かを見る、判断するというのは
自分の視点(自分の基準)を持つことを
どうしても外せません。
洞察において最も重要なことは
一切の感情を排すること。
そうしなければ、
衝撃と混乱の渦に完全に
飲み込まれてしまいます。


恐れと言う感情が働くときに
冷静に事実を事実として洞察する
しつづけることが、出来るのか?
「しつづける」とは、結論を出さない
状態を維持することです。


「これはこれ」「あれはあれ」
「もう知ってる」と結論を持っていては
自分のフイルターは、外れないのですね。
洞察において最も重要なことは
一切の感情を排すること。


また、本当に怖いことは、
衝撃と混乱に慣れてしまった時。
その時は、人間味を失った時です。
つまり、人間でなくなった時。
真実を洞察すればするほど、
失われる人間性。
人間としての感情を
持ち続けたいがための葛藤。
ここまで思い悩むことで、
達する境地があります。
それが「一流の知性」です。


一流の知性を持つ人物の条件とは、
人間味のある側面と非情な側面を
持ち合わせるとともに、
人間味のある行動と非情な行動を
同時に行える存在であること。


健康と医療ランキング






最終更新日  2017.05.18 10:24:05
コメント(0) | コメントを書く

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.