000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

rirical world

favorite books

書籍名:センセイの鞄
著者名:川上 弘美
出版社:平凡社


センセイの鞄 ( 著者: 川上弘美 | 出版社: 平凡社 )


感想: 37歳独身のツキコと、恐らく70代であろう、彼女の高校時代の教諭で
あった「センセイ」との20年ぶりの偶然の再会。
 それから五年、あわあわと、色濃く流れた二人の交流の日々を淡々と描く、
2001年の谷崎潤一郎賞受賞作。著者のこれまでの作風からは、
どちらかというと傍流ではあるが、最高傑作との呼び声も高い。
 ...って、こう要約しても、この作品の行間から漂う「そこはかとなさ」
や「馥郁とした味わい」は、中々表現しきれるものではない。
 恋愛小説としてはかなり...まだるっこしい展開なのだが、それまでの
過程をていねいに描いたこの話は、二人の年齢差も加わって、ある意味
メルヘンな色彩も帯びている。
 川上弘美の恋愛小説は淡々としすぎて、私などは理解に苦しむことも
あるのだが、これに限ればその淡々とした味わいが逆に効果的に
働いていると思う。作者の健啖家ぶりからくる「食べ物の美味しそうな
描写」は健在で、居酒屋小説としても十分面白い。

 個人的なことだが、この小説内における主人公二人の会話において、
自分でも似通ったテンションやシチュエーションを経験したことがあり、
かなりツボ(笑)。旅先の夜、センセイの部屋を訪れることになった
ツキコさんが、進展を期待してドキドキしていたのに、なぜか俳句を
二人で作ってしまうハメになるところなど、何度読んでもくすりと笑ってしまう。
 
点数:
ほのぼの  ☆☆☆☆☆
泣ける   ☆☆☆☆★
ドキドキ  ☆☆★★★
脱力度   ☆☆☆☆☆



書籍名:博士の愛した数式
著者名:小川 洋子
出版社:新潮社


博士の愛した数式 ( 著者: 小川洋子 | 出版社: 新潮社 )


感想: 家政婦をしている「私」、交通事故の後遺症で80分しか記憶がもたない「博士」、
博士が「ルート」と呼んだ「私」の息子。
 この3人の、控えめで優しい愛情の交流を描いた2003年度の読売文学賞受賞作。
その後、書店員が一番売りたいと思う小説賞も受賞したそうだ。
 まずもって評価に値するだけの内容はあると思う。
 薄い色がついたすりガラスを何枚も重ねて、透けて見える出来事を綴ったような...。
そんな透明感溢れる世界観が美しい小説。
 泣けると評判だったが、この物語は「お涙ちょうだい」的な箇所は
どこにも見当たらない。むしろユーモラスな場面もある位だ。
 どれほど親しくなろうとも、次の日には博士は二人のことを忘れてしまう。
 それなのに、いずれ消え行くであろう80分の間でも(だからこそ)、
真摯に向き合って関わろうとする3人のやりとりが美しくて泣ける。
 この物語に感動する人が多いというのは...人間の人生の意味を、
文学ならではの凝縮した形で表しているからではないだろうか。
 博士は自分の中に絶対的な価値観(数式)を持っていて、作中の随所に
数式について触れる場面が出てくる。その「数」での表現と地の文章の
コントラストが視覚的にも美しく、物語の哲学的な側面も際立たせている。
 老若男女問わずにお勧めの一冊。

点数:
読みやすさ ☆☆☆☆★
泣ける   ☆☆☆☆☆
ドキドキ  ☆☆★★★
為になる  ☆☆☆☆☆


書籍名:高瀬川
著者名:平野 啓一郎
出版社:講談社

感想: 綿矢りさが19歳で芥川賞を受賞するまで最年少受賞者だった平野啓一郎は、
文学の可能性を信じて「文学にしかできないこと」(表現、テーマの選択etc)に
真剣に取り組んでる数少ない作家の一人だと思う。
 読書離れが進み、人々の興味が活字表現から映像へ移っている昨今、彼のような
「正統派」でありながら、果敢なチャレンジャーは評価に値する。
 新たな表現を生み出すには、しっかりした文学的な素養が必要なのだが、
その点でも若いのに相当勉強しており、偉い。私にとっては新作が
楽しみな作家だ。
 この作品には4作が収録されており、いずれも実験的な要素が強い短編である。
が、このタイトルでもある「高瀬川」だけは文体や表現に際立った特異性がなく、
なんと現代語での私小説。彼のこれまでの一連の作品よりは、かなり読みやすい一作で、
お勧めである。
 とはいえ、やはり平野啓一郎なので、「平易」とまではいかないが。
 
 平野啓一郎によると(なんと「PLAYBOY」誌でのインタビュー!)
「性的な問題を扱った場合は、作家本人の問題として読まれるのが一番
作品に近付いてもらえる。だからあえてそう意識して書いた」そう。
 内容はというと...とある若手作家と、その担当女性編集者との、
京都のラブホテルでの一夜を描いたもの。お互いに言葉に出さずとも、
好感を抱き合っていた二人が初めて...というシチュエーション自体、
非常に取っ付きやすいのではないかと思う。ちなみに、主人公の作家の
設定は、舞台といい、年齢や経歴もモロに著者自身を連想させるように
なっている。
 ベッドシーンを、あの硬質な平野氏の筆で描くとどうなるのか?という
エロな興味だけで読んでも全然OKだと思う(笑)。実際、なかなか
丹念な描写でいい感じ。
 彼ならではの端麗な地の文と、「27歳同士」の現代のカップルが交わす
会話とのギャップがこれまたなんとも面白く、微笑ましかった。
 シリアスな部分も含めつつも、読後感は爽やか。
 文学とは、他者と自分との関わりを描くもの.....。
 この命題でいくと、性は古代から一番の普遍的なテーマかもしれない。
 その点でも、とても文学的な作品。

点数:
読みやすさ ☆☆☆★★
泣ける   ☆☆★★★
ドキドキ  ☆☆☆☆★
官能度   ☆☆☆☆★


書籍名:真理子の夢は夜ひらく
著者名:林真理子
出版社:角川文庫

感想: この本の担当者の次の一言が見事に本質を言い得ている。
「君はやっぱり妄想の人だよ、男にモテたい、きれいな女になりたい、という
様々な欲求がすごい妄想を生み出すんだ。
『夢は夜ひらく』は、君のその哀しい性が生み出した産物なんだろうなあ」
 現在は幻冬社の敏腕社長である見城徹氏と、林真理子が組んだ最後の一冊。
20年ほど前に角川書店から出版されたハードカバーには
「これは読むLSDです(幻覚に御注意下さい)」という名コピーが付けられていた。
著者本人によるものだが、さすが売れっ子コピーライター出身!
 まさに、この本を読んだ後は幻覚による諸症状が出てくること間違いなし。
 この本には8つの物語が収録されているが、全てに共通しているのが...
 ヒロインは「林真理子」
 相手の男は「風間杜夫」なのである。

 どう?これだけでもう、かなり面白そうな予感がするではないか(笑)。
 一つ一つの短編は、必ず「短いエッセイ+本編」という構成になっている。
この二つの相互作用が、読むLSDたるゆえんである。
林真理子は割にほとんどの作品を読んでいるが、エッセイの名手としても
知られる彼女の特徴がよく出ている短編集である。
人生に対するペーソスとユーモア、そして表現のレトリックの力量が垣間見られて興味深い。
 ヒロイン、林真理子は小説で様々な人生を生きる。
 ある時は白血病と闘うサナトリウムの乙女。
 ある時は世界一のモデル。アイドル歌手、マラソンランナー、美人編集者、
パリの外交官夫人、女流俳人、政治家の二号さん。
 キャラクターの設定も多岐に渡っていて飽きない。
 これを読んだ読者は手軽に幅広く「女の一生」を追体験できる仕組みに
なっている。男性が読んだらどう感じるのか気になるところではある。
 私が一番作中で好きなのが「プレイボーイ.メイト編」である。
冒頭のエッセイで「3ヶ月で10キロ太ってしまった」と嘆く林真理子(現実)は、
物語中では、東洋人初の「プレイボーイ.メイト.オブ.ザ.イヤー」に選ばれた絶世の美女である。
この中での彼女はワガママで気位の高い設定なので、美女特有の発想、発言の数々を
くり返すのだが、妄想とは思えない位どれもが凄くリアル(笑)。
常々「スカーレット.オハラは自分と似ている」と語っている、著者の面目躍如である。

*住まいはサンタモニカ
*「プレイボーイ」の創始者の愛人だとウワサになり御立腹
*0.5ミリのネイルのずれで、お抱えネイリストを首にする
*ギャラは1時間に80万ドル(90万強)
*コートはクリステッセンに特注した白染めのリンクス
*学生の時から外国人と付き合い、日がな六本木通いで遊び尽くした
*自家用飛行機で迎えに来てくれた男に、乗った直後に「ドレスを地味なのにし過ぎちゃったから、
すぐ引き返して」と命令
*自分の魅力の前ではどんな男も「タダの男」になってしまうので、男性とは友情を築けない
*とあるパーティー会場から入口までの20Mで、20人以上の男に声をかけられるが全て無視
*美容担当の専属トレーナーがついていて、食べ物からセックスまで徹底的に管理されている
*デビッド.ボウイが歌の中で「マリコのあのウエストライン!」と絶叫したことがある

 他にも具体的なエピソードはまだまだあるのだが、これ全部全くの取材無しで
書いているというのだから、その凄まじい妄想っぷりには脱帽である。
絶世の美女がどう風間杜夫と絡むことになるかどうかは、是非本編を
読むのをお勧めする。
 
点数:
アホアホ  ☆☆☆☆☆
泣ける   ☆☆★★★
シリアス  ☆☆☆★★
読みやすさ ☆☆☆☆☆

 
 
 


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.