524916 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

rirical world

自己流レシピ(パスタ編)

〈ブロッコリーとポテトのカレーパスタ〉

材料(2人分):スパゲッティ200g、ブロッコリー1/2個、じゃがいも1個、ツナ缶1個、にんにく1/2かけ、オリーブオイル大さじ1、カレー粉小さじ1、あればガラムマサラ(香辛料は好みがあるので適宜調整して下さい)、塩、こしょう小々

1.なるべく大きな寸同鍋に最大限水を入れて(2リットルがベスト)、火にかける。
2.水が沸騰する間に野菜を切る。じゃがいもは1cm角の賽の目切りに。ブロッコリーはそれに準ずる食べやすい大きさにカット。にんにくはなるべく細かいみじん切りにする。
3.沸騰した湯の中に大さじ2杯の塩を入れ、パスタと具材を一緒に投入する。
4.パスタを茹でてる間に、フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れてから点火し、ひたすら弱火でいためる。にんにくが薄いきつね色になったら、ツナを汁ごと入れ、なじんだらカレー粉の半分量を入れて火をとめる。
5.パスタは袋に書いてる茹で時間の2分前に具材ごと取り出す。そのままカレーソースに投入し、パスタとからませる。水気が足りなかったら茹で汁を足し、最後に残りのカレー粉、ガラムマサラ、塩こしょうで味を調整して出来上がり。


*ブロッコリーは本来余り茹で過ぎないものですが、この料理はあえてくたくたになった状態で美味しいと食べるものなので、茹で時間はそのままで。
*パスタ料理のコツは茹で上げ時間とソースの仕上がりのタイミングが合うことなので、キッチンタイマーで時間を管理するとよいでしょう。
*パスタはあまり細いもの(バミセリなど)は合いません。直径1.7~1.9mm位のもので。
*カレー粉の代わりに同じ具材を使って「アンチョビ+白ワイン」でも美味しくできます。こちらはちょっとイタリアンな雰囲気です。


〈納豆のツナおろしパスタ〉

材料(2人分):スパゲッティ200g、にんにく1/2かけ、ツナ缶1個、納豆(あればひきわりがベター)1パック、大根の輪切り5cm分、オリーブオイル大さじ1、バター小さじ1、タカの爪1本、白ワイン大さじ1、しょうゆ小さじ1、めんつゆ大さじ1弱、塩、こしょう、きざみのり適宜

1.パスタは上記の通り袋のゆで時間より2分前をメドに茹で上げる。
2.お湯が沸騰する間とパスタを茹でてる最中に具材を処理。
 にんにくはみじん切り。納豆は丸ければできれば包丁でたたき細かくする(面倒臭い方は省略しても可)、その後でめんつゆを入れよく混ぜておく。納豆1パックにこの分量での味付けは多分濃いが、トータルで合わせると納豆にしっかり味がついていた方が美味しい。ツナ缶の油は切り、大根はおろしておく。タカの爪は中の種を抜き、輪切りにする。
3.フライパンににんにくを入れてからオイルに点火し、タカの爪をいため、ツナを入れてほぐれたら白ワインを入れてふたをする。
4.この段階でパスタが茹で上がるとベスト。
 パスタの湯を切り、フライパンへ投入し、塩、こしょうを入れ、最後にしょうゆを鍋肌からたらし、バターを入れる。
5.パスタをお皿に盛り、中心部に大根おろしをすえ、その上に味がついた納豆をのせる。さらに上からきざみのりをかけて召し上がれ。

*札幌にあるパスタ専門店「チロリン村」で出しているこのパスタが好きで、何度か食べた折に味を私なりに分析して試作したもの。ポイントはタカの爪とにんにくとバター。けっこうパンチがある味です。




Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.