000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

rirical world

自己流レシピ(我が家の料理編)

「これ、美味しいんだけど、メジャーな料理じゃないし、自分の家でしかないかも...」という料理って、ないですか?
 実家にもそういう料理が何種類かあるので、更に自分でアレンジしたレシピを御紹介します。
「私んちにもこういう美味しいのがある!」という方、是非掲示板の方で教えて下さいませ。

「洋風肉じゃが」
材料(4人分):じゃがいも4個、人参1本、玉ねぎ1個、鶏むね肉1枚(200~250g)、ベーコン2枚、しめじ1パック、にんにく1かけ、月桂樹の葉1枚、サラダオイル大さじ1、白ワイン1/4カップ、バター小さじ1、レモン1/4個、コンソメ1個、塩、こしょう少々

1.いもは大きさによって4~6等分に切る。人参は乱切り、玉ねぎはざく切りに(カレーライスを作る時と大体同じ感じです)。
2.いもと人参は、できれば面取りする。いもは水にさらしてデンプン質を流す。鶏肉は余分な脂肪を取り、一口大に切り分ける。ベーコンは短冊切りにし、しめじは石づきを切り、食べやすく適度な大きさに裂く。
3.鍋はなるべく厚手の深いものを。鍋にみじん切りにしたにんにくとサラダオイルを入れ、弱火で点火する。にんにくを焦がさない様注意しながら、鍋が熱してきたら鶏肉(最初は皮目を下にするとよい)、玉ねぎをいため、玉ねぎが透明になったところでいもと人参を入れて全体に油を行き渡らせる。鶏肉には完璧に火が通ってなくてよい。上から小房に分けたしめじ、切ったベーコンを乗せる。
4.その状態で白ワインを注ぎ、コンソメ、月桂樹の葉を入れてふたをし、中火で5分、弱火で15分ほど蒸し焼きにする。水は入れない。
5.ふたを開けて状態を見る。いもに火が通って竹串が通れば火は通っているので、そこまできたらバターを入れ、全体に回るようにする。塩、こしょうで味を調整し、仕上げにレモンを絞って出来上がり。

*母の作るバージョンは、材料に更に「さつまいも」が1本入ります。
 そして、ベーコンは熱湯で油抜きしてから使います。
*パセリなんてあったら、みじん切りにして上からかけてもきれい。
*これ、ごはんにも合いますが、パンにも合います。


「揚げ海老わんたん」

材料(4人分):わんたんの皮1パック、豚ひき肉150g、むきえび(大正えびでもブラックタイガーでもよい)100~150g、長ねぎ1/3本、しょうが1かけ、片栗粉大さじ1、醤油小さじ1、酒大さじ1、塩、こしょう少々

1.むきえびはざっと背わたを取り除き、荒みじんにした後、包丁で細かくたたく。
2.ねぎは細かくみじん切り。しょうがはすりおろす。
3.豚ひき肉、みじん切りのえび、ねぎ、しょうがと調味料をまぜ、ボールで粘り気が出るまでよくまぜる。その後、わんたんの皮と同じ数でできるよう、平らにした具にさい箸で賽の目を入れて等分しておく。
4.わんたんの皮の周りに水と小麦粉を1:1で溶かしたものをのりとしてつけ、中央に3をスプーン1杯ほど乗せてとじる。
5.わんたん同士を重ねないようにしながらお皿にとり、3~5個程度を一度に180度の油で揚げていく。はしっこが焦げやすいので注意。
6.揚げたてを酢醤油と芥子をつけて食べる。

*凄い簡単で分量も厳密に守らなくてもそれなりの味になるいいおかずです。見栄えもよし。
*これに甘酢あんかけとしらがねぎを添えても美味しいです
*このわんたんを揚げずにスープに入れても美味しい




Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.