259888 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Ciao!りりたな日々~別館

PR

Calendar

Category

Comments

りりた8.5kg@ Re[1]:杜2015年(11/27) ぱんだしゅりけんさん、こんばんは。 小公…
ぱんだしゅりけん@ Re:杜2015年(11/27) 樽アリ小公子は確かにいいんですが、価格…
りりた8.5kg@ Re[1]:日本ワイン祭りin豊洲2016(06/07) ぱんだしゅりけんさん、こんばんは。 気持…
ぱんだしゅりけん@ Re:日本ワイン祭りin豊洲2016(06/07) お疲れ様でした。本当、すぐそばをすれ違…
りりた8.5kg@ Re:ロゼ2014:プラネタ(04/29) こんばんは、ぱんだしゅりけんさん。 確か…

Favorite Blog

シュウ゛ィヨン・シ… New! hirozeauxさん

秋田県 雪月花・特… ken2137さん

岡山ワイン協会のワ… ぱんだしゅりけんさん

ネパールで直買い。… ささだあきらさん

美味探求日記 satopiesさん

Free Space

お気に入りのワイン店
ニシノ酒店

Freepage List

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

日本のワイン

2017.05.29
XML
カテゴリ:日本のワイン


本日のワインはオータムカラーズ・ルージュ2016年、生産者はKidoワイナリーです。長野県の塩尻市にある家族経営のワイナリーとなります。このオータムカラーズは同ワイナリーのスタンダードラインとなります。セパージュはメルロー47%、マスカットベーリーA30%、カベルネソーヴィニヨン23%とのこと。

さて、感想です。
僅かににごりのあるガーネット色。グラスからは甘い生の果実そのままの香り、口に含むと「紫」的なニュアンス、赤系果実を中心にタラゴンのような優しいハーブが感じられ、フレッシュなクリーム的な優しい樽香が全体を包み込んでいる感じです。タンニンは細かく滑らかで温かみがあり、果実の甘味や酸味とのバランスが良いです。強さはありませんが飲み疲れのない、しみじみとした旨みを持っています。
食事としては、パンにブルーベリー又はレーズンのクリームチーズ、レーズンと松の実のパスタ、鶏や豚のシンプルなローストにいい感じに合うように思います。






Last updated  2017.05.29 01:12:03
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.09
カテゴリ:日本のワイン


本日のワインはBOW!赤2015年、生産者はドメーヌ・オヤマダです。セパージュはカベルネ・フラン、マスカット・ベーリーAに少しの巨峰とのこと。

さて、感想です。
少しくすんだ色合いのルビーレッド。グラスからは梅ガム、ヨーグルトのような少し発酵した香りがします。少しビオっぽいです。口に含むと、野イチゴ、ラズベリー、そしてスモモ等の優しくピュアな味わい。タンニンはあまり感じられないのに、しっかりと赤ワインとして成り立っており、とても飲みやすくストレスフリーな感じにいただけました。まさにテーブルワインという感じで、食事トータルとして前菜からお魚、お肉までとても合わせやすい印象です。






Last updated  2017.01.09 12:35:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.27
カテゴリ:日本のワイン


本日のワインは杜2015年、生産者は奥出雲ワイナリーです。
セパージュは小公子100%。樽を効かせた同ワイナリーの「小公子(ワイン名)」に対し、こちらは樽を使っていません。同ワイナリーはこの小公子に対して、甘口のデザートワインやスパークリングも醸造しています。飲んでみたい・・・。

さて、感想です。
色合いはクリアな紅紫。グラスからはラズベリー等の赤果実、そしておしろい花の香り。口に含むとやはりラズベリーやブルーベリー、そしてチェリー等の赤い果実にブルーインク。「小公子」同様に濃さ(煮詰め感)はあるものの重さは控えめでなめらか、酸も山葡萄らしい主張はあるけれども突出しておらず、総じて小公子らしさは残しつつ、飲みやすく仕上がっています。








Last updated  2016.11.27 23:25:54
コメント(2) | コメントを書く
2016.06.07
カテゴリ:日本のワイン
IMGP0331.jpg
一度に色々なワインが飲めそうだ、ということで豊洲へ。
ペアチケット4,000円を購入し、グラスふたつとチケット40枚を手に会場へ。

IMGP0334.jpg
まずは、知り合いが毎年一升瓶をケースで買いに行く、と聞いていた蒼龍ワインさんへ。
グラン蒼龍ロゼを頂きました。きりりと冷やしてくれているので甘味は強く感じません。食事に合わせやすいニュートラルなロゼでした。

IMGP0335.jpg
サントリーさんのブース。冬に限定発売された登美の丘ロゼ2014があったので、頂きました。先のロゼと異なりふくよかかつしっかりしたタンニンをも感じられる、なかなか力強いロゼでした。

IMGP0336.jpg
サントネージュ・エクセラント・かみのやま奈良崎畑収穫メルロ2013。最初はなんでこんなに樽を効かせるの?と思う程「木」の要素が強く感じられましたが、落ち着いて飲んでみるとやはりそこそこに桑の実が中心の果実に力があるように思えます。本日のお気に入りの一つ。

IMGP0337.jpg
秋田のワイナリーこのはなさんで小公子100%のワインが出展されていたので試飲。鴇(ときと)というワインで収穫した地区の名前のようです。濃密さと共にとにかく野生の果実っぽい酸味がとても強く、でもそれが特徴的で面白かったです。

IMGP0338.jpg
巨峰のスパークリングということで試飲。あまり巨峰さは感じませんでしたが、すっきりいただけました。

IMGP0339.jpg
次にココ・ファームさんの陽はまた昇る2013。めずらしい南西フランスの品種である「タナ」を主体としたワインです。黒果実のふくよかな味わいで、ちょっと日本のワインとは趣の違う面白さがありました。

IMGP0340.jpg
越後メルロー2012、魚沼市産メルロー種100%です。落ち着いた味わいで食事とも合わせやすいかな、と思いましたが、メルロらしいか?と言われると少しハテナ。りりたがイタリアのメルロに慣れすぎなのもあるでしょう。

IMGP0341.jpg
穂坂甲州セレクテッドヴィンヤーズ2013。しっかりしたミネラルとフレッシュさは感じますが、だいぶ酔ってきたのでしょう、甲州らしい繊細さはあまり感じられませんでした。

IMGP0343.jpg
次は、津軽ピノ・ノワール2014ブラン・ド・ノワール、とサントリーさん。さわやかな酸味の中にピノノワールのしっかりとした骨格が感じられ、良かったです。

IMGP0344.jpg
新潟県のフェルミエ・ワイナリーのメルロ2014です。ベリーAとカベルネ・フランも入っているとのこと。

IMGP0346.jpg
ルミエールさんのテンプラニーリョ。日本でテンプラニーリョつくっているですね、と面白そうで試飲。ところが飲んでびっくり。美味しい!「日本らしい」は別にして熟した黒果実の厚みと味わいの複雑さは、本日頂いた赤ワインの中ではトップでした。

IMGP0347.jpg
エチケッタに惹かれて試飲。栃木のCfaバックヤードワイナリー。Cfaとはケッペンの気候区分で、温暖湿潤気候とのこと。日本にあったワインを作っていこう!な感じなのでしょう。こちらのベーリーAは柔らかく軽やかでフレッシュなイメージでした。

IMGP0348.jpg
最後に訪れたのがこちらのワイナリー、ベーリーA専門のドメーヌ・ヒデさんです。「しろしろ」と呼ばれるブラン・ド・ノワールで、アメリカン樽とフレンチ樽があります。フレンチ樽を頂きましたが、本日の白ワインの中で果実味と旨みは一番でした。


チケット追加購入し、結構なボリュームを飲み、しっかり酔っ払いました。でも、とても素晴らしいワインにも出会えたし、満足の一日となりました。

帰りは、隣駅の月島でちゃっかり人生初もんじゃを体験しました(笑)











Last updated  2016.06.08 00:53:49
コメント(2) | コメントを書く
2015.12.26
カテゴリ:日本のワイン
IMGP8796.jpg

本日のワインは無濾過山形デラウェア白辛口2015年、生産者は朝日町ワインです。
え~と、ジャケ買いです(笑)。原画は東北芸術工科大学、総合美術コースの高橋衿幌さんの「ワインの妖精さんがあなたに優しい気持ちをおすそ分け。」です。気持ちと言えど、おすそ分けは是非いただきます。据え膳喰わぬはなんとやら・・・です。

味わいはデラウェアそのまま、ストレートな果実味を感じます。口に含むとぶどうそのものの豊かな香りと味わいがアルコール分に乗ってふうわっと広がります。ドライさの中に素材の甘味があり、すっきりした酸味とよく合っています。

その日の夕食はサフォークラム腿肉のソテーでした。赤ワインだろうな?と思いましたが、風邪気味だったのですっきりしたワインが飲みたくてこちらを選択しましたが、ソースに含まれている玉ねぎの甘さ、口蓋の脂をぬぐうすっきり感が妙にマッチしていて、意外な相性の良さを感じました。








Last updated  2015.12.26 23:17:27
コメント(0) | コメントを書く
2015.11.09
カテゴリ:日本のワイン
IMGP8483.jpg

本日のワインは塩尻メルロ2014年、生産者は林ワイナリー(五一ワイン)さんです。長野県は塩尻市にて林五一さんが創業したので、五一ワインとなります。ワイン醸造を開始したのが大正8年と、大変歴史のあるワイナリーです。

さて、感想です。
全体的に紫掛かったダークルビー、香りはフレッシュなイチゴ、チェリー、ハーブなど。ラズベリー、フランボワーズな活き活きとした果実味。どこかベーリーA的なニュアンスもあるのですが、品種は?と問われると、メルロ!と答えると思います、、、多分(笑)。
フレンチやイタリアンではなく、かば焼きや肉じゃが等の和風料理、又は蒸し鶏の胡麻ペーストのような中華に合う、面白いワインだと思います。








Last updated  2015.11.09 23:32:47
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.25
カテゴリ:日本のワイン
IMGP6831.jpg

本日のワインはソーヴィニョン・ブラン2014年、生産者は奥出雲ワイナリーです。奥出雲といえばシャルドネが有名ですが、少しだけこのソーヴィニョン・ブランも造っているようですね。

さて、感想です。
グレー掛かった淡いストロー色。グラスからは少し青っぽいハーブの香りが零れてきます。口に含むと、八朔、グレープフルーツ、青リンゴにレモン。意外と強めの柑橘系の香り、ミネラルを持ちソーヴィニョンとして、とても分かりやすいワインです。これからの季節の昼下がり、キンと冷やして頂くとフィニッシュの苦味までチャーミングに感じること請合いです。
酸味もまたそこそこ強いため、へたな前菜に合わせるよりもクリーム系のパスタ、鶏肉の煮込みや白身魚のムニエルにとても合いそうだと思いました。







Last updated  2015.05.25 23:41:30
コメント(2) | コメントを書く
2015.02.07
カテゴリ:日本のワイン
IMGP6013.jpg

本日のワインは小公子2013年、生産者は奥出雲ワイナリーです。
随分前からこのワインを飲みたかったのですが、電話予約の日をいつもすっ飛ばしてました。今年こそはと、カレンダーに2重丸を入れ、やっと念願叶いました。

さて、感想です。
果実味は野生のブルーベリーやぐみ等の赤い果実が中心、他にスパイス、インクや少しココアっぽいニュアンスを持つ樽香など。小公子という品種は山葡萄の交配種と聞いていたので、かなりな酸が強い尖ったワインかな?と想像していました。でも、思った程に酸が主張しすぎておらず(キレイな酸の余韻は流石ですが)、厚みがあり円やかな果実味、意外と強いほっこりとしたスパイス感と相まって、全体的におおらかなイメージさえ感じさせられるワインでした。








Last updated  2015.02.07 21:54:08
コメント(2) | コメントを書く
2014.06.29
カテゴリ:日本のワイン
IMGP2578.jpg

本日のワインは、セイベル13053 2012年、生産者は藤野ワイナリーさんです。

暗めの色合いのルビー色。グラスからはビオっぽい香り、ヨード香がします。口に含むとプルーン中心の果実味だけれどインクやスパイス感がかなり強めに感じます。飲み口は柔らかいのですが、果実味、酸共にしっかりしていて、余韻も長いです。香りに特徴があるので、ビオが好きな方にはいいのかな。りりたはちょっと苦手でした。








Last updated  2014.06.29 17:46:40
コメント(2) | コメントを書く
2014.04.13
カテゴリ:日本のワイン
本日は、「大阪ワインフェス2014 in羽曳野」へ行ってきました。

今回まで名前も知らなかった駒ヶ谷駅で降りてビックリ。会場は超混みこみで前売り券を持っていない方は入るのに相当時間がかかりそうな感じでした。


このイベントは、昨年に続いて二回目(野外は初)とのことで、大阪のワイナリー6社(カタシモワインフード、飛鳥ワイン、仲村わいん工房、河内ワイン、ひめひこワイン、フジマル醸造所)が合同で行う大試飲イベントです。
IMGP1744.jpg

IMGP1743.jpg
こちらは、仲村ワイン工房の「蝶・メルロ―2010」(落ち着いたプラムを中心とした黒果実)と会場限定の「リースリング(竹沢ブレンド)」。このリースリングはオイリーなリースリングの特徴を持ちつつも、グレープフルーツ、オレンジ、ハチミツレモンな深い果実味、余韻が素晴らしかったです。将来見つけたら、即買いたいと思います。
あと、ネーミングだけ聞くとまず買わない「がんこおやじの手造りワイン(赤)」も素晴らしかったです。あ、「手造りわいん・さちこ」も。いいワイナリーですね。

IMGP1747.jpg
ひめひこワイナリーさんは、カベルネ・ソーヴィニョンの「隆」、マスカットベリーAの「華」を頂きました。どちらもキレイなワインで食事との相性はよさそうでした。ただ、複雑さという意味では伸びしろがあるかな、と。まだ、樹齢が若いのかもしれませんね。
IMGP1761.jpg
こちらはフジマル醸造所さんの、サンセミヨン生樽21L 2013。ちょっとビオっぽいところが面白かったです。
IMGP1766.jpg
んで、白の本日ベストワインは仲村わいん工房さんの「リースリング」でしたが、赤はカタシモワイナリーさんの「K.S.合名山 メルロ・カベルネ2012」でした。プルーンが中心の果実味が素晴らしいのは勿論のこと、骨格はカベルネ、味わいはメルロのいいとこ取り具合が秀逸でした。
因みに、本日のデイリーワイン大賞は、白は飛鳥ワインのエッジの利いた果実味な「デラウェア―ドライ」、赤は「柏原ワイン 赤」で、仄かな樽香が効いた果実味とタンニンのバランスが良かったです。
IMGP1758.jpg
会場はワインだけでなく23店もの飲食店が屋台を出されていました。こちらは、アントワーヌさんの「骨付き子羊モモ肉のロースト、粒マスタードソース、フランス産レンズ豆の煮込みとフロマージュブラン」です。美味しかったです。どの料理も300円~500円で提供されており、お得感があります。
IMGP1770.jpg

IMGP1764.jpg
生演奏で、「イーゼル芸術工房」さんもいい感じに演奏され、あと、辰巳琢郎さんも来場されいろいろ飲まれてました(笑)。

まだ、慣れていないせいか会場整理などに問題はあったものの、大変楽しくいい気分で過ごせました。
あと、全国的には「大阪のワイン」ってあまり知られていないのだと思っていたのですが、一時は入場制限もかかるのか、と思えるほどの盛況ぶりはとても嬉しかったです。


■おおさかワインフェス2014in羽曳野
■日時: 2014 年4 月13 日(日) 11:00~16:00
■会場:羽曳野市駒ヶ谷駅西側公園








Last updated  2014.04.20 08:41:27
コメント(2) | コメントを書く

全32件 (32件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Rakuten Profile


りりた8.5kgさん

食べる!飲む!

フォローする

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.