259719 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Ciao!りりたな日々~別館

PR

Calendar

Category

Comments

りりた8.5kg@ Re[1]:杜2015年(11/27) ぱんだしゅりけんさん、こんばんは。 小公…
ぱんだしゅりけん@ Re:杜2015年(11/27) 樽アリ小公子は確かにいいんですが、価格…
りりた8.5kg@ Re[1]:日本ワイン祭りin豊洲2016(06/07) ぱんだしゅりけんさん、こんばんは。 気持…
ぱんだしゅりけん@ Re:日本ワイン祭りin豊洲2016(06/07) お疲れ様でした。本当、すぐそばをすれ違…
りりた8.5kg@ Re:ロゼ2014:プラネタ(04/29) こんばんは、ぱんだしゅりけんさん。 確か…

Favorite Blog

秋田県 雪月花・特… New! ken2137さん

岡山ワイン協会のワ… New! ぱんだしゅりけんさん

ドメーヌ・デ・テー… hirozeauxさん

ネパールで直買い。… ささだあきらさん

美味探求日記 satopiesさん

Free Space

お気に入りのワイン店
ニシノ酒店

Freepage List

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

イタリア~トレンティーノ=アルト・アディジェ

2017.04.03
XML


本日のワインはインスタンテ2004年、生産者はフランツ・ハースです。こちらはアルト・アディジェにおいてイタリアトップクラスのピノネロやラグレインを生産していますが、こちらはカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロ20%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド5%と国際品種の混醸となっています。

暗く深い色合いのガーネット色。グラスからはインクとバニラ香。口に含むと、ブルーベリー、スモモ、イチジク等の赤や黒系果実、そしてスパイスに珈琲やカフェラテ。華やかというよりも濃度のある果実味ですが逆に複雑さをあまり感じない位に纏まりすぎる感があります。ただ、かなりのタンニンがしっかりと受け止めており、酸もしっかり伸びているので全体のバランスは良いです。殆ど熟成のニュアンスは感じませんでしたので、もっともっと眠らせておくべきでした。






Last updated  2017.04.03 23:33:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.26


本日のワインは、スッドチロル・ラグレイン・グリエス・ベルガー・ゲイ2010年、生産者はイニャツ・ニードリストです。アルト・アディジェ州の生産者で土着品種であるラグレイン100%のワインです。ラグレイン自体もあまり飲まない(よく行くショップであまり売っていない)のですが、こちらの生産者を前に飲んだのは2008年に2002年モノを飲んでいるようです。

さて、感想です。
深く暗い色合いのルビー色、紫色の要素も強めです。グラスからはカカオ、墨汁やインクなど密度の高い香り。口に含むとブラックベリー等の黒い果実が中心、ブルーベリーやちょっとした赤系果実の香りもちらほらと顔をのぞかせます。枇杷やオレンジの様な酸味が面白いし、タンニンは粒子が大きめだけど、荒さはなく滑らかなイメージです。もう少し熟成すればブケの変化などがみられて面白いかもしれませんね。ガッツリ脂ギッシュなお肉との相性は良いと思います。






Last updated  2017.03.26 22:47:18
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.23


本日のワインはサンクト ヴァレンティン ピノ ネロ2009年、生産者はサン・ミケーレ・アッピアーノです。アルト・アディジェ州の生産者ですが、個人所有のワイナリーではなく地域の生産者協同組合となります。イタリアの協同組合ではプロデュットーリ・デル・バルバレスコに代表されるよう、素晴らしい品質のワインを生産しているところも多いですが、こちらも高品質で有名なワイナリーとなります。

さて、感想です。
明るい、わずかに茶色かかったガーネット色。グラスからは、すみれ、そしてバラのポプリなどの香りが零れてきます。口に含むと野生のベリー、クランベリーやチェリー、プラムなどの赤い果実、そしてドライフラワー、ハーブ、バニラ香が口蓋を駆け巡ります。柔らかくエレガントなニュアンスはありつつも、酸としっかりとしたタンニンがこのワインを支えています。
美味しいのだけど、5K円を超えるとコスパ的によくなくなってきます。(今回の購入は4K前半なのでGOOD!)








Last updated  2016.10.23 21:52:45
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.10
IMGP6809.jpg

本日のワインはラマレイン2007年、生産者はヨーゼフ・マイヤーでアルト・アディジェ州のワイナリーとなります。
アルトアディジェの土着品種であるラグレインを、ヴェネトのアマローネと同じ陰干して糖度を上げる方法を取ったことより「ラマレイン」と名付けたことは有名な話です。

さて、感想です。
全く向こうが見えない深い色合いのダークルビー。エッジを透かしてみてもまた深い紅紫色です。グラスからはバラ、インク、ミルクチョコレートの香りが零れてきます。口に含むとプルーンや黒スグリ等の黒果実が中心ですが、酸味はブルーベリー等の赤果実、オレンジも感じました。東洋系のスパイス、黒胡椒、土、そしてバニラ。甘味と旨味がどっしりと下の上に腰を下ろす感じはまさにアマローネを彷彿させられましたが、香り味わいはまさにラグレインを感じさせる物でした。







Last updated  2015.05.10 22:03:45
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.26
IMGP6652.jpg

本日のワインはアイザックターレル・シルヴァーナ2007年、生産者はクエンホフです。トレンティーノ=アルト・アディジェ州の生産者で昔は毎年飲んでいたのだけど、最近ちょっとコスパが悪くなったような気がして、最近買っていないです。

さて、感想です。
グレイ掛かった明るいイエロー色。グラスからはみかんやグレープフルーツの香り。口に含むと、熟した杏や洋梨、そしてやはりグレープフルーツやカリフォルニアオレンジ、マンゴーっぽい南国の果実味。他に白胡椒のスパイス、デイル等のハーブ香、そしてミネラル。
5年位前に同じワインを飲んだ時より、甘くてちょっぴり苦い感じで、この甘味は年を経て出てきたような気がします。三日かけて頂きましたが、全然大丈夫でした。








Last updated  2015.04.27 00:33:36
コメント(0) | コメントを書く
2014.12.07
IMGP5380.jpg

本日のワインはサンクト・ヴァレンティン・ゲヴェルツトラミネール2012年、生産者はサン・ミケーレ・アッピアーノです。アルト・アディジェ州にある協同組合となります。造られるワインは、大きくクラッシック、セレクション、とこのサンクト・ヴァレンティンシリーズに分かれており、コチラのものが最上の畑からのワインです。当然、ゲヴェルツ100%となります。

さて、感想です。
グレー掛かったライトイエロー。グラスからは白い花、バニラ、トロピカルっぽい果実の中に若干青いニュアンスも感じられます。口に含むと黄桃、はちみつ、ライチ、マンゴスチン等の心地よい果実味。まず、甘さを感じオイリーさとフルーティーさが口蓋に溢れ、熟れたタンニンのスパイス感へと続いていきます。アフターは華やかな印象へと変化。いや、美味しいです。








Last updated  2014.12.07 14:09:57
コメント(0) | コメントを書く
2014.08.27
IMGP4796.jpg

本日のワインはメルロ2008年、生産者はフランツ・ハースです。こちらはトレンティーノ・アルト=アディジェ州の生産者でピノ・グリージョ、ピノ・ビアンコ、ゲヴュルツトラミネールにソーヴィニョン、赤がラグレイン、ピノ・ネロ、そして日本未輸入であるこのメルロに加え、ボルドーブレンドものを生産しています。

さて、感想です。
僅かにサビ色がかった暗いガーネット色。グラスからは、スミレ、青いインク、墨汁。口に含むと、アセロラ、マラスキーノチェリー、ブラックカラントの果実味。土っぽさと青っぽさの入り混じった濃い野菜の香り、ローズウッド、そして柔らかなサビ。まろ味はあるがとても強い柑橘系の酸が特徴的でタンニンと旨味の境目にきちっと嵌っている。余韻も長く、なかなか特徴的なワイン。








Last updated  2014.08.27 21:21:34
コメント(0) | コメントを書く
2014.06.18
IMGP2566.jpg

本日のワインはヌッスバウマー2012年、生産者はケラーライ・トラミンです。アルトアディジェの生産者で、ゲヴェルツトラミネール100%のワインです。
調べてみるとボトルで飲んだのは6年も前、2006年を飲んでいるようです。試飲会やイベントでこれが出ているとまず頂きますので、そんなに飲んでいなかったとは超意外でした。

さて、感想です。
僅かにグリーンがかったイエロー色。グラスからは、キャラメル、トースト、べっ甲飴、そして白い花。口に含むとグレープフルーツ、オレンジ、ビワや黄桃など非常に果実味が豊かです。当然、ゲヴェルツらしい白胡椒などのスパイスやハーブ香などもはっきりと感じられます。果実の雫のごとく飲み始めは甘く感じられますが、ミネラル感はしっかり、またフィニッシュにはフレッシュな苦味が感じられ、すっきりした飲み口となっています。
見つけたら、ぜひ一度買ってみてください。








Last updated  2014.06.18 22:03:18
コメント(2) | コメントを書く
2014.04.19
IMGP1775.jpg

本日のワインは、スッドゥチロル・アイザックタレール・リースリング・カイトン2011年、生産者はクエンホフです。。カイトンとはケルト語でそのあたりの土地の旧称を表しているとのことで、リースリング・レナーノ100%で醸されています。

さて、感想です。
グレーがかったライトイエロー。グラスからは白い花や青っぽい香りも。口に含むと、白桃のコンポート、洋ナシ、アプリコットやハチミツレモンな果実味。クエンホフ(加えてリースリング)特有のオイリーさをもっており、レモンやオレンジピールの苦味が心地よい余韻となっています。
温度が若干高めの方がトロトロ感を味わうためにはいいかもしれません。







Last updated  2014.04.20 00:26:25
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.12
tramin11.jpg

本日のワインは、ソービニョン2011年、生産者はトラミンです。アルト・アディジェ州のワイナリです。ゲヴェルツトラミネール100%で醸されているフラッグシップワイン「ヌッスバウマー」はめちゃくちゃ美味しいです。しかも、安いところでは三千円台で販売されてますので、見かけられましたら一度お試しください。

さて、感想です。
少しグレーがかったライトイエロー。グラスからは白桃に加え、青りんご・マスカットの皮など、フルーティーなでも少し青みがかった果実な感じが溢れてきます。口に含むとラムネ、レモネードなどの香りが加わります。後味に若干の植物性のえぐみも感じられますので、どちらかと言うと食事と合わせて頂いた方が特色が活きるかと思います。茹でたアスパラやカニのコンソメジュレなどの前菜系、それからお魚のムニエルなどにもよく合うと思います。









Last updated  2013.08.13 23:33:38
コメント(2) | コメントを書く

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

Rakuten Profile


りりた8.5kgさん

食べる!飲む!

フォローする

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Archives

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.