2514625 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

半熟ババァ-読書感想や欲しいもの-雲の彼方に('ω')ノ-

PR

サイド自由欄


PVアクセスランキング にほんブログ村

よいこのみんなは週刊少年ワロス!
waros_logo.jpg
そこの奥さん、マンガ描くなら週刊少年ワロス!


このブログにはコメント機能をつけていないので、感想などはtwitter@yamamurasakiまでどうぞ

うかれポンチコーナー

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

プロフィール


里沙ぞなもし

カテゴリ

2017年09月12日
XML
テーマ:読書感想文(341)
カテゴリ:本の感想2017
ババーン!!!
ヨシタケシンスケ先生の育児イラストエッセイだ!!
タイトルは「父」だけど、パパもママも読んでくれよ!


※あらすじが紹介ページの下の方にあります。


育児に関する薄い月刊誌に載っていたものなんですが、その月刊誌、私にも届いていたことがあって…
いやー、なによりもヨシタケシンスケ先生のイラストエッセイコーナーが、育児の励みになりました。

「育児はつらい」、それはまごうことなき事実!
その事実をヨシタケ先生のイラストで、ビジュアルはコミカルに・親の心情はリアルに描いているのです。
これがあまりにも素晴らしい。
「疲れ切った乳幼児親」の「荒み切った心」に栄養を与えてくれます。


育児にとどまらず、人間というものについても考えさせられる一コマが点在。

たとえば「神童」と呼ばれるような幼少期に輝きまくった子が、のちに大人になってパッとしないということがあると言及されています。
そうすると本人は「こんなハズではなかった」と、ものすごいヒネた精神を持つ。

うーん、いるいる。そういうヒネた人。

一方で成長の緩やかな子だったら、おおむね右肩上がりに輝きを増すことができると比較されていて、その場合には「あの頃はよかった」みたいな過去の栄光にとらわれず、ちゃんと今を生きらるからよいんじゃないか、と書かれているのですよ。

私は凡人なので、「栄光」みたいなものは過去にも未来にもないんですが、ちゃんと今を生きていられてよかったと思います。

一方で、「神童」とは言われないまでも、本人にとっての「過去の栄光」みたいなものに縛られ続けている人はヨシタケ先生の言うように存在していて、「これから先どうすんのかなー」と、危惧しています。
(そういう人たちって、中高年のオッサン・オバハンなわけですよ)


ちなみに、ほかのヨシタケシンスケ先生の本も超面白いですよ!
見かけたら読んで読んで!

茅ヶ崎のスーパースターです手書きハート(神奈川県茅ヶ崎市出身なの)

↓いいねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ


【内容情報】(出版社より)
ママっていつもイライラしてるよね?パパって何か蚊帳の外だよね・・・? 話題の絵本作家・ヨシタケシンスケが父になってわかった“トホホな真実”を描く初の育児イラストエッセイ!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
パパは共感。ママは落胆。ママっていつもイライラしてるよね?パパって何か蚊帳の外だよね…?話題の絵本作家・ヨシタケシンスケが、父になってわかった“トホホな真実”を描く、初の育児イラストエッセイ!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ヨシタケシンスケ
絵本作家・イラストレーター。1973年神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。著作多数。MOE絵本屋さん大賞1位、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞など受賞歴も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)







最終更新日  2017年09月12日 18時10分05秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.