2497238 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

半熟ババァ-読書感想や欲しいもの-雲の彼方に('ω')ノ-

PR

サイド自由欄


PVアクセスランキング にほんブログ村

よいこのみんなは週刊少年ワロス!
waros_logo.jpg
そこの奥さん、マンガ描くなら週刊少年ワロス!


このブログにはコメント機能をつけていないので、感想などはtwitter@yamamurasakiまでどうぞ

うかれポンチコーナー

口コミ サンキュ! 主婦ブログ ランキング レビュー

プロフィール


里沙ぞなもし

カテゴリ

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

わんぱくでもいい、たくましく双子(2歳~)

2016年12月17日
XML
みなさんの親御さんて、子どもの面倒見てくれます?
じーさん・ばーさんが孫の面倒を見るという構図。

うちは、一切なかったですね。

そして、「うちもそうですよ」という家庭も、全然フツーにありますよね。

光文社の滑稽なママ向け雑誌「VERY」に出ているモデルさんたちも、基本的には強力な親のバックアップがあって仕事をしています。
メインモデルになっているタキマキという人も、実母の強力な協力があって仕事をしているそうです。
キョウリョクゥ~!

駄菓子菓子。

「実親が助けてくれる」というのは基本的にズルみたいなもんなので、あまり自己申告する人はいません。

「バレたら、親の援助がない家庭からバッシングされる!!」
と、ひた隠しにする人もいるくらいです。




そうそう。
それで、うちの親は、まったくもって「じーさん・ばーさんが孫の面倒を見るという構図」が当てはまらない人だったんですよ。

「同じ茅ヶ崎市内に住んでいるけれど、自営業なのでまだ働いている」
というともっともらしいんですけど…
それ以前に本人たちに「孫の面倒を見て、娘を助けてやろう」という気持ちがないですね。


ところが!!!

先日実家の母がですね、子どもたちが生まれてから初めて、数十分だけ面倒を見てくれました。

ケーキのおすそ分けに行ったら、
「子どもたちを見ていてやるから、スーパーに行ってきてもいいぞ」
ですって!!!!

ぎゃふん Σ( ̄ロ ̄)

一体、母に何があった!?

1612ロッテリアのガーナケーキ (4).JPG



お言葉に甘えて、私はスーパーで買い物をしてきました。


その数十分の間に、子どもらは「おえかき」をせがんだようです。


実家の母が、子どもらにせがまれて描いたアンパンマンがこちらです。
1612母の描いたアンパンマンシリーズ (2).JPG

アンパンマン…ですね。
なんとなく、わかります。

わかるんですけど、なんだかすっとぼけた顔をしています(笑)。





そして
「食パンマンとカレーパンマンも描いてくれ」
とせがまれたそうです。





ババーン!
1612母の描いたアンパンマンシリーズ (3).jpg

カレーパンマン…?
1612母の描いたアンパンマンシリーズ (5).jpg

これはどちらのおじょうさん…?
1612母の描いたアンパンマンシリーズ (4).jpg

食パンマン…?
食パンマンというか、単なるブレッド…?
1612母の描いたアンパンマンシリーズ (1).jpg





すごいなあ!
うちのは母、追いつめられるとこんな絵を描くんだなあ!



いやはや。
母が初めて子どもたちの面倒を数十分見てくれたということよりも、アンパンマンシリーズのおえかきの方が衝撃的です。
実物を見ると、描画サイズとか、線のタッチとか、あらゆる点が笑いを誘う逸品です。


我々現役の子育て世代のように、なまじアンパンマン類を見慣れてしまっていると、こんな絵は描けません。


ガチのうろおぼえだからこそ描けるクオリティです。
貴重、貴重。

今度、うちの親父にも描かせてみよう。

↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ








最終更新日  2016年12月17日 18時12分13秒
2016年12月15日
1612足の下に掃除機を通すゲーム (2).JPG


子どもたちが歌う「山の音楽家」の歌詞。



わたしゃ音楽家
山の小りす

じょうずに バイオリン
イカを食べる

しゅしゅぽっぽっぽっぽっぽっぽっぽ
しゅしゅぽっぽっぽっぽっぽっぽっぽ

いかーがですー



何番を歌っても、「イカを食べる」。

来年はどう歌っているのか、楽しみです。


↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ








最終更新日  2016年12月15日 21時01分49秒
2016年12月13日
歯みがきの さなかに相方 襲い来る。
1611双子は片方が突進してくるから (1).JPG


我が家の子どもは双子なので、1人に構っていると、もう片方が脱走することがよくあります。

基本、2歳児は「待て」とかできないし、言っても聞きやしないので、困っています。

外出先で、順番に車に乗せ降ろしするとき、
園の門が閉まっていなくて道路に脱走できてしまう時、
危険、危険、危険。
危険です…orz


駐車場なんかでも、「待て」とかできないから、勝手に近くの電柱にかけ寄って、しがみついてしまいます。
セミなの?
アブラゼミなの?

どうしてそんなに電柱が好きなんだ…orz


こちらとしても、両腕・両足を駆使して食い止めようとするのですが、あいつらけっこう力が強い。
包囲網が突破されてばかりです。

今日もかーちゃんは絶叫です。
私が絶叫してあいつらが生命の危機から救われるんだったら、いくらでも絶叫するさ。するともさ。

こういうのを日常的につけたほうがいいのでしょうか…。



駄菓子菓子!
うちの子どもらの脱走具合は、まだまだ生易しい方です。

よそのもっとわんぱくな子は、さらにデンジャーな逃走劇を繰り広げています。
「双子の片方が逃げた!」とか「きょうだいの下の子が逃げた!」ではないです。

1人ですッ。
1人しかいないのに、その1人が手におえない状態にッッ。

親なんか完全にブッちぎりです!!!



こういう子どもに対して、「親が悪い」、「親のしつけがなってない」とよく言われますが、親というよりその子の生まれもっての性格が「とってもデンジャー/チャレンジャー」なんじゃないかと思いますよ。
ADD/ADHDの子の父兄の方からも、そんな話をよく聞く。)




先日も、病院の入り口で私の靴を容赦なく踏みつけている少年がいたのですが、「他人の靴は踏みつけてOK」なんてしつける親、いるわけないじゃないですか。
案の定、少年は付き添ってきた母親の注意なんざ聞かないわけです。


しかもその少年、ふざけていてケガをしたから来院したようで、小児科の先生から反省を促されていました。

うわあ(´Д`;)


手のかかる度5段階評価で、うちの子らが「3」だとしたら、あの少年は「5」ですね。


…うちには「3」が2人いるので、合計「6」かもしれませんが。
(もはやこうなると5段階評価ではない)

あの手のかかる度「5」の少年が双子だったら、合計「10」ですね(爆)。



子どもが事故に合わないように、頑張ろう。

↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ









最終更新日  2016年12月13日 19時06分44秒
2016年11月28日
双子のこういうところが好きである。
こども健康1611 (3).JPG


2歳の子どものことは、しばしば「魔の2歳児」と呼ばれます。

なんか、「2歳児」である期間って、フツーに考えると「1年間」しかないはずなんですが、異様に長く感じるのです。

それもそのはず。
クラス・学年というものは、4月・4月生まれの子を基準にスタートするもんで、うちみたいな3月生まれだと1年近くの差があるのですよ。

うちの子どもらは今2歳半なんですが、すでにかれこれ1年数ヶ月前から「2歳児クラス」に在籍していたので…。
早生まれの子がいる人ならピンとくると思うんですけど。



去年、2歳児クラスでした。
今もまだ、子どもの年齢は2歳です。
来年の3月まで、まだまだ2歳です。


おー。
長いはずだよ。
3年にまたがる期間で「2歳児」と名のつくものになっちょるだよ。

実際のところ、「魔の2歳児なのか?」というと、それは2歳とは関係ない感じです。

年齢というよりも、本人たちの体調…つまり、病気をもらうとかもらわないとか、それ次第なところがありますね!

すぐ病気になるから、しょっちゅうご機嫌斜めですよ。
本人たちはまだ、体調不良を自分で説明したり対処したりできる年齢ではないので、ひたすらご機嫌斜め。

秋なんか、世間じゃいっぱい楽しいイベント(秋祭りの類)があるんですが、毎週誰かが病気になってて、ちっとも遊びに行けません。

いや、むしろ、あらゆる期間を通じて、常に誰かが病気になっているから、予定なんて立てられたもんじゃない。

うちよりも大きな子がいる人によると、
「小学生になれば健康になりますけど、
 保育園児は病気の連続ですね!」

と。

…ええ、諦めが肝心であることを諭されます。
orz



駄菓子菓子!
「早生まれ」の理論で行くと、早生まれの子は、他の子に比べて保育園児でいる期間が短いんじゃないか…?

そう、4月生まれに対して3月生まれは、実に11ヶ月も早く小学生になれるはずなのです。
よしんば、すべての子どもが生後6ヶ月から五月雨式に保育園に通っていたとしても、ゴール地点はどの子も学年ごとに一斉じゃん。
(0歳児クラスの受け付けは、4月一斉ではなく、月齢が達するところから五月雨式に突撃できる)

4月生まれと3月生まれで比較すると、3月生まれの方が保育料が11ヶ月分少なく済むよね。

おおざっぱに計算して、月5万円×11ヶ月って55万円よ。

55万円だよ?


すごくない?
誰に言われたこともなかったけど、早生まれって「保育料を安くすませる裏ワザ」なんじゃないの?



ねえねえ、55万円浮いたと思って、なんかすごいもん買ってもいい?

…買えるわけがないので、粛々と子どものための学費を貯金します。
ていうか、今その55万円が家にデデーンとあるわけじゃなくて、小学生になった時に、よその家庭より1月あたり5万円の出費が少なくなると仮定した際の値なのです。上記の条件で。


実際には、周囲が1歳以上の4月入園だらけの中で、生後4ヶ月から早々に認可外保育園に行ってしまったもので、お得感ありません。


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ









最終更新日  2016年11月28日 19時09分58秒
2016年11月23日
子どもたちの好きなメロンパンナさんを描いてみました。



自分が普段から子どもに言っているセリフを子どもに真似されてドキッとすることがあります。

一方で、
「どこで覚えたんだそんな言葉ー!
 保育園だな!?」
ということも、ままあります。


次女がー…
保育園で変な言葉を覚えてきて困りますー…。


なぜか次女だけ。
長女は使わないフレーズを、次女だけが連発してきます。


抱っこをせがむとき
→だっこ~ダッコダッコダコダコッ!!

パンツでうろつく私に対して
→全然似合ってない。
 ママほんと可愛くない。


なんでだろう、次女だけ。

保育園で覚えた「ゴマちゃんのマネ」は、姉妹で仲良くやっているというのに…。



一卵性双生児といえども、もちろん個々の人格を持って生きております。

長女はしっかり者で、次女はひょうきんです。
ひとりひとりが違っていていいのですが、どうして次女だけ変なことを言うのか、その理由はわかりません。

あのヘンテコリンなフレーズも、もしかして保育園で覚えたのではなく、「次女のオリジナル」なのかもしれませんが。

オリジナルだったら、そうだと自己申告してくれると、母ちゃんはとてもうれしいです。
オリジナルならば、この個性を忘れずに、シンガーソングライターかポエマーのように振る舞ってもらいたいです。


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ









最終更新日  2016年11月23日 14時51分41秒
2016年11月18日


「スマホに子守をさせないで!」
というチラシ・ポスターを、しばしば見かけます。
これ→http://jpa.umin.jp/download/update/sumaho.pdf

我が家にはスマホを持っている人が一人もいませんけど。

駄菓子菓子。
「スマホに子守をさせないで!」の人たちの基準からすると、「スマホを持っている人が一人もいない家庭だったら"合格"」ではないんです。

薬局で、「スマホに子守をさせないで!」の詳細が載っている冊子が置いてありました。
要約すると、

精神論で「スマホに頼らず、いついかなる時も親自身が子どもに対して全力を尽くせ」

と書かれております。

(´ー`)

それは無理。

こっちも疲れてます。

この冊子の内容が、
「スマホはどういった点が欠点であり、
 子どもに与える影響が云々で、
 エビデンスは△△。
 それでは統計結果を見てみましょう」
とかいうノリだったら、信頼が置けたのですが…

精神論で「いついかなる時も子どもに全力を尽くせ」

ですからね。

我が家にゃスマホはありませんが、「いついかなる時も子どもに全力を尽くせ」は実践してません。


それとですねー。

「スマホ反対派」は、「スマホ反対の理由」に関する説明責任を果たしてないんですよね。

スマホは、言わずもがなの技術革新です。
パーソナルコンピューターが革命なら、スマホも革命と位置づけられるモノです。

ところがどっこい、スマホ反対派は、「電子メディア中毒になるから」「社会性に乏しくなるから」とゴニョゴニョいうだけです。


かのアルバート・アインシュタインは、原子爆弾投下の報に対し「何たることだ」と言ってクラクラめまいを起こし、深くうなだれていました。
(アインシュタインの伝記漫画でな!)
兵器としても威力、それが人類の頭上に降りかかることに対して、「憂慮しないわけがないよ!」ということを表しています。
(実際にどれほどの被害が出たのかは、どこの国の人たちよりも我々がよく知るところです)


はたまた自動車産業。
「車、便利でしょう、みんな乗るといいでしょう」という、あの自動車よ。

自動車にはやっぱり弊害があって、
自動車が街を走る
→交通事故の爆発的増加という実績
→度重なる保安基準や罰則の強化(以降も強化、強化)
が続いているわけです。
(「GO(ぽけもんごー)」が規制されるのは、スマホでなく自動車の規制だと思う。)


交通事故を環境汚染に置き換えても意味が通じます。

他には、銃?タバコ?麻薬?
いろんな「あ、これはイカンぞ!」というものが、規制されているわけではないですか。
明確な証拠をもって。



おそらく、スマホ反対派の人たちは、「スマホは有毒なんだ」と言いたいんだと思いますよ。
で、「スマホは有毒。使い方を間違うと良くないことになる」ということは、たいていのユーザーが実感している。

じゃあ、適切に使用できるように、ちゃんと言わなきゃダメじゃん。
どんな害があるのか、しっかり根拠を示してさ。


駄菓子菓子(本日2回目)、規制は起こらないし、根拠も示されない。

スマホだけじゃない。
ゲームが、パソコンが、テレビが、すべて「自己責任」になっているのですよ。


電子メディアに対する警鐘というものは、高橋名人が「ゲームは一日一時間」の域を出ていないどころか、野放図ではありませんか!

この高橋名人の名言って、30年前のものですよ?
その後30年、日本の人間たちはなにやってたの?


30年、電子メディアを「自己責任」としてダラダラプレイさせ続けた結果が現代でしょ?

そこに革新的技術の結晶である、驚異の利便性と依存力を持った「スマホ」が登場。
スマホが現代人を滅ぼそうと思ったらできちゃうくらいの土台が、すでに出来上がっていたわけですよ。

スマホ問題は、テレビを「3種の神器」などとしてもてはやした1950年代から予見できたはずのものです。


それをほったらかして、ただ単に現代に至っただけですよコレ。

んもーね、スマホ反対派の人たちの言うことなんか、ぜんぜん胸に響かない!

高橋名人の言ってたことの方が、ずっと胸に響きますよ!
エビデンスはなくとも、熱いハートが補いましたよ「ゲームは一日一時間」!



↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ











最終更新日  2016年11月18日 19時44分03秒
2016年11月11日


さて今日は、おもちゃのことです。



最近子どもたちに与えて一番よかったと思うおもちゃは、

どんぐり(マテバシイ)

です。

マテバシイ、いいですよ。
手軽に拾えるし、鼻の穴にも入りにくい。


一方。

子どものおもちゃのことでサイコーに腹立ったことがあるので聞いてほしい。

子どもらは、鍵盤楽器に興味があるらしく、「おもちゃご自由にお使いくださいコーナー」で見かけると手を伸ばします。

ドの位置がどこ、どうやって弾くと曲になる、というのはわからないようですが、
「押せばなる」
「リズムにあわせてやるとよい」
ということは理解できているようです。

よきこと、よきこと。


駄菓子菓子!

音程がずれててチョー腹立つんだけど。

「おもちゃご自由にお使いくださいコーナー」にある楽器のおもちゃが、すんげえ音程ずれてて、ほんとにイヤ。

おい、こいつを作ったやつ!
「ド」を押して、「ファ」を鳴らされた人間の気持ちを考えたことがあるのか!?

「ド」を押して、「ファ」とか、訴訟レベルの大欠陥です!!!

○ドレミファソラシド
×ファソラシ(b-)ドレミファ


こいつを出荷したメーカーの役員のオッサンの口ん中に、粗悪なドーナッツをしこたま突っ込んで、窒息させてやりたいです。

ドはドーナッツのドだぁぁ!!!
おぼえとけ!!!
牛乳が欲しけりゃ、ドを押したらドがなるようにするんだ!!!




今度ドを押してファをならしたら、ファはファイナルファイトのファだってことを思い知らせてやる!
メトロシティからマイク・ハガー市長をお呼びして、ラリアットくらわせてやる!



残念ながら、訴訟は1件で終わらず。

「おもちゃご自由にお使いくださいコーナー」に4つあったキーボード形状のおもちゃのうち、なんと3つも音程がずれててなんかもう吐きそう。
_:(´ཀ`」 ∠):

3件も訴訟抱えたら、やってけんわ…
_:(´ཀ`」 ∠):


↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ











最終更新日  2016年11月11日 18時30分18秒
2016年11月07日


こういうフリーペーパーがあります。
子どものいる家庭向けに「ご自由にお持ちください」してるやつ。

闇が深い。



「お子ちゃまに薬を飲ませる」ことについて書いてあるのですが、実に闇が深いのです。

誰も悪くないのに、みんながこんなにも嫌な思いをする。
実に、救いようのない話。
みんな、普通に生きているだけなのに。


冊子の内容は公式サイトの「すこやかライフNo.48 2016年9月発行」に掲載されておりますので、できればそちらを見てください。

粗くてもいいやという方は、以下をどうぞ。












うわぁ…(´Д`;)

胸が苦しくなるというか、恐怖というか戦慄というか。
でもきっと、子どもの心の真実をえぐり出した内容であろうと拝察いたします。

人間て、本当に業が深い…。
子どもも親も、人間である以上、このような業を背負う宿命なのですね…。



たとえば。

子どもが重病でさ、親も子どもの医療費にあえいでいてさ。

子どもはこれを飲まなきゃ死んじゃうかもしれなくて、親としてももこれを逃したらもう手に入れられないかもしれない薬で。

親「飲みなさい!」
子「イヤダアアアアーー!」

バッシャァァァァ。
(水に溶いた薬が畳にこぼれる音)

…ってなったら、心中するかもしれない。

よしんば心中しないにしても、子どもを虐待してしまうかもしれないし、次の薬を手に入れるために犯罪に手を染めてまうかもしれない。


このフリーペーパーに載ってたお薬マンガは、そのくらい
 うわぁ…(´Д`;)
な衝撃でした。



うちの子どもたちは、薬を飲むタイプです。
今は。
今はそうだけど、明日はわからない。

薬に子ども向けの味がついているようで、甘い味なのですよ。

2人でニンマリ笑って、
「サイコーだね!」
「サイコー!」
とか言ってます。


駄菓子菓子。
メシはしょっちゅうえり好みして、残して、ひっくり返してをやっております。

「メシ」と「薬」の状況が置き換われば、マンガに出てきたお母さんと同じ境遇です。


残酷な現実ですが、向き合って生きて行かねばなりません。

…てか、残酷な現実、多くない?
育児とは、常に残酷なものなのかもしれません。



↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ











最終更新日  2016年11月07日 19時08分51秒
2016年11月04日
子どもらの食事に手を焼いておりますが、幼児の食事に手を焼くというのは宿命。
それはしょうがないことだと思っていました。

双子秋だね1610 (4).JPG


まわりの子持ちと話していても、食事にかかる時間が長いことで困っていましたし。
「遅々として進まない」、「食べない」、等々等々。

その時間、30分とか1時間とか。

トーゼンうちの子どもらも、遅々として進まないし、えり好みするし、気に入らないと食べないし、メシを振り回して飛ばすし、食器を倒してこぼすし。
これは幼児期の宿命どころか、いい年こいても好き嫌いばっかする人間になるんじゃないかとすら思います。

「大人になったら好き嫌いはなくなるものよ」ってしょっちゅう言われるけど、いいえ、うちの夫とかいい年こいたオッサンのくせに好き嫌いしてますよ。



そうやってさあ、我々、子どものメシで苦しんでるわけじゃん?

そこへきて、ですよ。

育児書開けたら幼児の食事時間なんて「せいぜい10分か15分」っちゅーことが書いてあって、MG5(マジギレ5秒前)です。

なにふざけたこと言ってんだ、コラ!

この小児科臨床心理士の心ない言葉に、思考回路はショート寸前です。
ナーバス!
ナーバス!

この本。




育児書のテレビとの付き合い方のページを読んどったんですわ。
んで、「食事中のテレビはやめましょう」という話が出てきましてね。

「食べる時間はせいぜい10分か15分。
 見たい番組があるなら(以下略)」

というくだりが出てきたんですよ!

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!??????
なに言ってんのコイツ、バッカじゃないの!
バッカじゃないの!
バッカじゃないの!

幼児の食事、それは親にとって地獄の時間。
「せいぜい10分か15分」なんぞですむわけがなかろう!
なんという食事ストレス軽視!!

※テレビうんぬんという問題ではない。


「せいぜい10分か15分」でお食事を済ませる坊ちゃま・お嬢ちゃまなんて、さぞかし聡明なんでしょうね~。



この出版者の本の中に、「小さなころに問題のない『いい子』ほど、成長してから問題を起こしてしまう」って書いてあるの、私は見てるからね。
食事が「せいぜい10分か15分」で済んじまうお子さまと、「荒ぶる30分」を過ごす子と、どっちが健やかに成長するって言いたいんですかねー。




ちなみに。

義実家でのお夕食は、3時間です(爆)。

子どもじゃなくて、大人のお夕食が。

夫には「当たり前だ」と言われてましたが、私はある時を境に遠慮なく中座することにしています。



フゥーッ。
我々は、毎日毎日、荒ぶる食卓と向き合わねばならないのです。


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ











最終更新日  2016年11月04日 20時15分32秒
2016年11月03日
ブログに登場する双子の画像は、タブレットで撮っているのですが…

双子秋だね1610 (2).JPG

シャッターチャンス逃しまくりのブレブレなんですよね。

右の子なんか残像拳です。


実は、デジカメ(コンパクトデジタルカメラ)を持っているんですよ。

駄菓子菓子、壊れているのですよ(爆)。
意味ねー。

いやー、だいぶ昔のヤツでさぁ。
うふふ、お・さ・が・り、なんですけど。
(貧乏人)

内部電源を喪失していて、起動するたびに1900年から時間が流れ出す感じ。
1900年って何よ、明治?
パリ万国博覧会?
ふしぎの海のナディア?



「いい加減に買い換えよう!」
と思ってからはや2年半。
ようやくその気になりました。


壊れてしまったソニーのお下がりデジカメの最新機種を見ると、


6万円?

ヒッ、予算オーバー!
ヒッヒッフー!

さすがにこんなに高いものでなくともいいです。
_:(´ཀ`」 ∠):


ところがどっこい。
デジカメの種類が豊富すぎて、ワケわかめ。



私の友人にはカメラに詳しく、写真のうまい女子がチラホラいます。
(車好き・メカ好きにはその傾向がある)

彼女たちは本当にすごいんだなー、と改めて思いました。
_:(´ཀ`」 ∠):


今週は、「カメラを買おうと思い、価格comを見た」のですけれど、コレ、自分なりに頑張ったほうです(爆)。
努力した。
努力したよ!

挫折しましたけんどね。
拙者、基本的な学力のなさを悔いるアラウンドフォーティでござる。



2歳児を残像にしないよう、図書館で本を借りてデジカメの勉強をします…。

※デジカメを新調したからといって、残像回避が保証されるものではありません。


↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ










最終更新日  2016年11月03日 16時54分18秒

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.