2747748 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

半熟ババァ-読書感想や欲しいもの-雲の彼方に('ω')ノ-

PR

全160件 (160件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

本の感想2017

2018年02月02日
XML
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017



「世帯年収150万円の一家の生活」
というより、
「本が売れるようになったし時間の自由もきくのでバンバン旅行してます」
というシリーズになってしまいました…。

次も旅の本だったら、もう読まないと思います。
節約生活のコミックエッセイが読みたかった!
節約マンガが読みたい~!

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

↓あらすじはこちらから






最終更新日  2018年02月02日 18時00分15秒


2018年01月31日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017
親の介護って、
気持ち的に納得のいかないことだらけだなー、
って思うんですよ。

現代日本って
「人間、歳をとったら死ぬ」
が、簡単には許されない。
医療過多じゃないのかなー、と、しばしば思います。




この本は、介護体験談・介護する家族の辛さというものは控えめに、「どうアクションしたか」が多く紹介されています。

ただ、どう動くべきかは市町村によって異なるので、消化不良…
もとい、この本でも
「地域によって違うので、こうやって動いて!」
というアドバイスがされています。


それにしても、「中高年で未婚の子どもが親を介護」って例がめっちゃ多い。
この本だじけじゃないです。
よそで見る傾向でも、「中高年で未婚の子どもが親を介護」がゴロゴロいます。

人間なんだから、誰しも歳をとれば要介護になり得るはずなのに、「中高年で未婚の子どもが親を介護」が前面に出てくることが多い、多い。
感覚的には、世の中の「中高年で未婚」の割合よりも、多く登場しています。

さまざまな憶測が浮かんでしまいますね…。


ちなみに、親が突然倒れて介護が必要になった時には、私はここを見ようと思ってます。
近年出没しているキュレーションサイトではなく、けっこう老舗(?)です。
(オールアバウトの介護カテゴリの回答者さんが運営している)
親ケア.com
https://www.oyacare.com/


↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

↓あらすじはこちらから






最終更新日  2018年01月31日 18時00分17秒
2018年01月29日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017
ううーーん。
どうにもこのシリーズ、ネタとしてはめちゃめちゃ面白い話なのに、マンガ表現がうまくないのですよーーーー。
惜しい、すごく惜しい。




どうしてかというと、「他人が書いた、その人自身のための日記」という域から出ないのです。

一方で、サイバラ先生の鳥頭シリーズの旅行記なんかは、メリハリがあって、ちゃんと「人に読ませるエンタメ」になっているんですよ。




年収150万円一家シリーズは、マンガの構成をアドバイスする人がいればもっともっと面白いものになったはずなだけに、毎回残念な気持ちになってしまいます。
。・゚・(ノД`)・゚・。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

↓あらすじはこちらから






最終更新日  2018年01月30日 18時09分58秒
2018年01月27日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017
メンタルやられて会社を辞めようとしている人は、読んじゃダメな本。




働く意欲がモリモリにあって、
がんがんスキルアップして、
「意識高い系」として生きていきたい人向けの本です。

ブラックな企業にお勤めだったり、上司のパワハラにお悩みの人は、読んじゃダメ。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

↓あらすじはこちらから






最終更新日  2018年01月27日 18時00分10秒
2018年01月23日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017
仏の教えよりもずっとずっと厳しい内容です。
辛辣。
やましたひでこさんは、どうしてこの本を書いたんだろう…。




延々と女のイタさについて述べられており、
伝家の宝刀「断捨離」については、突っ込んだ記載がありません。

私は「家が片付いている」けれど「ものすごく性格悪い」ので、一体どうしたものでしょうか…。

断捨離本ではなく、女の悪口本なので、ダンシャリアンのみなさまにおかれましては、別の著書をご参照ください。

↓そういうこともあるよねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

↓あらすじはこちらから






最終更新日  2018年01月23日 18時00分06秒
2018年01月21日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017



独立を応援する本というよりも…
この国の労働者の中間層というのは、つらい立場。
ストレスもたまるし、あまりいいこともない。
実はブルーカラーでもなくホワイトカラーでもない、「グレカラー」という労働者がとても多いんですよ。

という「なぐさめ」が心に刺さります(笑)。

グレカラー。
そうですよねー。
グレーカラーって、とても多い。
サラリーマンも、パート社員も、かなりの大多数がグレーカラーなんだろうなぁ。

そういや、ユニセフに「日本の格差による貧困」が指摘され、特に「富の再配分が進まないこと」が理由として挙げられていましたね。
年収850万円以上の高所得サラリーマンへの増税って、富の再配分にうまくつながるのでしょうか?

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ


■会社からの独立は、だれでもできる!

「会社を辞めたいけれど、不安だ…」
「独立できる人なんで、特別な才能を持っている人だけ」

そんな思い込みは、もう捨てていいんです!
約50年前の日本は、会社に所属せずに働いていた独立事業者であふれていました。
つまり、「会社に所属せずに働く」という選択肢は、姿勢の問題にすぎないのです。
本書では、著者の独立・起業の体験をもとに、多角的なアプローチで「独立の及第点」を示します!







最終更新日  2018年01月21日 18時00分09秒
2018年01月20日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017
う~ん、マンガとしては面白くない…
年収150万円という題材は面白い要素が満載のはずなのに。




節約生活としても…う~ん。
節電の項は参考になりました。

プロのイラストレーターだから味のあるイラストなんですよ。
絵は悪いと感じないのに、ストーリー構成力がその辺の個人ブログ並にしかないのです…。

編集さんが頑張れば、もっと面白いマンガになってたはず!!!

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

↓あらすじはこちらから






最終更新日  2018年01月20日 18時00分09秒
2018年01月19日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017
世界がわかる国旗の本 大型本 – 2003/9
私は世界のことを何にも知らないんだなー、と、改めて痛感した本。

国旗と、場所と、概要が、1つの国に対して半ページで書かれている本です。


やばいやばい、知らない国多すぎ。
アフリカよりも、むしろ、中米がやばい!
中米各国の知名度、低すぎ!


世界各国に対して平等なスペースかつ、ものすごく内容の濃い本。
これで1500円??安い!

子どもに図鑑として買うんじゃなくて、私が欲しいくらいだ!


もーほんと、私は世界のことを全然知らないんだーって、愕然ですよ。
なんだか、自分という小さな範囲の出来事だけを気にする必要なんて、全然ないんだろうなー、って思いました。
世界が広いことに安心したし、勇気づけられた。

しかしながら、アンギラやベリーズやホンジュラスの人たちも、私と同じく、日々の自分まわりの小さな出来事を気に病みながら、生きているのかもしれませんね…。

みんな一緒か(笑)。


↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ


内容(「BOOK」データベースより)
世界193か国の国旗をすべて掲載。見て楽しい!夢が広がる!世界の国々が楽しくわかる国旗の本。イラストで国花や国鳥、名所・旧跡などを紹介。

内容(「MARC」データベースより)
見て楽しい! 夢が広がる! 世界の国々が楽しくわかる国旗の本。世界193か国の国旗をすべて掲載。イラストで国花や国鳥、名所・旧跡などを紹介する。データ:2003年7月現在。







最終更新日  2018年01月19日 18時00分12秒
2018年01月17日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017
みなさんのSNSのセキュリティは固いですか?ゆるめですか?

そう確認したくなる内容ですが、その辺はあまり読んでいて面白いわけではないのですよ。




「このミス」にしては粘着質でキモいだけで、ミステリー要素薄いな~、、、と中盤までは陰鬱になるのですが…
うふふ、終盤は「このミス」らしさがズボーーーン!と出てくるので、あきらめずに進んでください(*´艸`*)

ストーリーがいいかどうかというと、ジメジメしているのでイマイチなのですが、ミステリー要素をしっかりと発揮してくれます。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ


第15回『このミステリーがすごい! 』大賞・隠し玉作品は、二転三転する恐怖のサイバーサスペンスです!

麻美の彼氏の富田がスマホを落としたことが、すべての始まりだった。
拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。
麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。
セキュリティを丸裸にされた富田のスマホが、身近なSNSを介して麻美を陥れる狂気へと変わっていく。
いっぽう、神奈川の山中では身元不明の女性の死体が次々と発見され……。
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
麻美の彼氏の富田がタクシーの中でスマホを落としたことが、すべての始まりだった。拾い主の男はスマホを返却するが、男の正体は狡猾なハッカー。麻美を気に入った男は、麻美の人間関係を監視し始める。セキュリティを丸裸にされた富田のスマホが、身近なSNSを介して麻美を陥れる凶器へと変わっていく。一方、神奈川の山中では身元不明の女性の死体が次々と発見され…。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
志駕晃(シガアキラ)
1963年生まれ。明治大学商学部卒業。現在は都内のラジオ局勤務。第15回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉として、『スマホを落しただけなのに』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)







最終更新日  2018年01月17日 18時00分11秒
2018年01月15日
テーマ:読書感想文(392)
カテゴリ:本の感想2017




ということで、興味を持った「こども手帳」について、もう1冊借りてきました!

もう「やる」と決めたのなら、ムック本のほうが読みやすくていいです。
大きくて写真がいっぱいあるから

どういうものかよく知りたい人は、単行本のほうをどうぞ!

んでね、これ。
いったい何に使いたいのかというと。

将来的に娘たちがピアノを習い始めた時に、練習の習慣をつけるためにやりたいのですよ。

園の支度は、こども手帳を知る前からできているので、あまり心配していません。
問題は、練習ですよ、練習。

そしたら、すごくグッサァァァと胸にナイフが突き刺さるページがあったのです。

ババーン!


練習方法の5回というのがいったいどういうことを指して5回なのかは不明確なのですが…。



Q5とか、自分の子どもじゃないのに、ショックのあまり白髪が30本くらい増えそうです。

練習、しないじゃん…。
こども手帳、意味ないじゃん…。



つまるところは、「標準設定する練習量の60%以下しか、子どもはやらない」ということですね。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

「あな吉手帳術」から生まれた大人気講座「こども手帳術」が本になりました。
「子どもが自分自身で時間管理ができるようになった」「自ら考えて行動するようになった」と大反響!
お母さんはガミガミ叱らなくてもいいので、育児ストレスも大幅減!
幼稚園から小学校高学年まで使える、画期的な手帳術です。

“「こども手帳術」は親子のコミュニケーションを優しく温かくする。
(東京大学名誉教授 ・白梅学園大学学長 汐見 稔幸)

「こども手帳」を使うと……
・子どもは自分で考え行動するようになる
・母親はガミガミ言わなくてもOK! 育児ストレス大幅減!
・自己管理能力が身につき、受験や将来の仕事にも役立つ!







最終更新日  2018年01月15日 18時00分17秒
このブログでよく読まれている記事

全160件 (160件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.