2699991 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

半熟ババァ-読書感想や欲しいもの-雲の彼方に('ω')ノ-

PR

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

労働/保育/家族問題2016

2016年12月22日
XML


外に用事があって、先日めずらしく外食をしました。

桃太郎ラーメンというところです。
簡単に言うと、街のおいしいラーメン屋さん。

寒い日だったので、サンマーメンを食べました。
それがまたおいしくて体もあたたかくなりまして、非常にいい気分でしたよ。

盛りもよかったし、最後に出してくれたお茶まで美味しかったです。


駄菓子菓子。

お店を出てしばらく歩いたところで、絶望的な気分に。

ガテン系の兄ちゃんたちが、コンビニの前に座りこんで、カップラーメンを食っていたのですよ。



…あれ?
どうして普段からオフィスワークでロクに体力を使いもしない私が、おいしいラーメン屋でぬくぬくとサンマーメンを食ってたんだろう?
たまたま外出だからって。

どうして、この日本のインフラを支えている尊い兄ちゃんたちが、寒空の下でカップラーメンを食べているんだろう?

どう考えても、おいしいラーメン屋でたらふく食うべきは、ガテン系の兄ちゃんたちの方じゃね?


そういえば、あのラーメン屋さんには、ガテン系の兄ちゃんたちどころか、若い人が全然来ていませんでした。
リタイアして仕事をしていないであろう老人、職業不詳の老人、あと営業マンぽい太ったおっちゃん。

うあああああーー(TДT)

今、日本のおいしくて身も心も温まる食べ物は、それを必要としている人たちに届いていません。
腐ってる。
日本は腐っている。
(TДT)


いつも社員食堂ばかり使っているので、こうした世の中の動きに全く気付けていませんでした…。
(うちの会社には社員食堂が1つしかないので、社内の老若男女、あらゆる職種の従業員がここで食べている)


ガテン系の兄ちゃんたちが、街のおいしいラーメン屋さんでチャーハン&ラーメンセットを食ってから午後の仕事に出られるような世の中じゃないと、いけないですよ!
本来は!!


なぜそれができないのか。
それは、ラーメン屋さんにリタイアして仕事をしていないであろう老人、職業不詳の老人ばかりが来ていたという現実を見れば、おのずとわかります。

2016年現在で、この状態ですからね。
我々の子どもたちの世代が労働者になった時代に、はたして労働者においしいラーメン屋さんで昼食をとる生活水準を確保できているでしょうか?

2016年を底辺として、少しでも浮上してくれたらいいのですが…
それはとても厳しそうです。
(´・ω・`)

↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ








最終更新日  2016年12月22日 19時32分38秒


2016年12月19日
足の下 掃除機通す ゲームだよ。
1612足の下に掃除機を通すゲーム (1).JPG


「子持ちの女は昇進できない」ということを表現するのに、マミートラックとかいうやつがあります。
ファスト・トラック(出世コース)の対極に位置する、マミー・トラック(出世しないコース)。

「子持ちの女は役立たず!
 役立たずは、役立たずなりに労働者人生送ってくださーい!」
ブッロロローーン。(ディーゼル音)

とな。


もちろん、あるでしょうね。
あって当然。

だって、企業は人件費を減らしたくて仕方がありませんもの!
つけ入る隙があるなら、ガンガン、ガンガン、労務費を削っていきます。


出産していなくなるはずだったオバチャン社員たちが、産休だの育休だの権利を振りかざしたあげく、職場に戻ってきちゃうんですよ?
そりゃもう、ターゲットになるでしょう!!

それに、我が国の労働人口は、年功序列形式のピラミッドを描けなくなって久しいわけです。
会社には、ジーサン・バーサン、オジサン・オバサンがゴロゴロ!
若い人なんて、ほんのちょっとしかいません。

オジサン・オバサンがわんさかいるんだから、そんな奴らの給料上げちゃったら大変でしょ!
抑制したいわけです、チョー抑制したい。


マミートラックに限らず、もはやこの国のオジサン・オバサン労働者たちの大部分は、昇進・昇給なんてできないようになっているのです。

かといって、昇進・昇給ゼロじゃありませんよ。

企業は、一部だけ昇進させて、業績次第じゃその他大勢もほんのちょっとだけ昇給させて、
「ほらね、頑張っている人、優秀な人はちゃんと昇進・昇給するんだよ!」
という振る舞いをするんです。


ここで、「勤め先の給料は、完全に能力主義だから関係ない」とか「貧乏企業乙!」とかいう人は、我が国の労働人口のほんの一握りです。
そういう人がいちいちここに来る理由もないので、ほっときます。


駄菓子菓子。
我が国の一般企業の雇用システムは、
「一度でも昇進・昇給させてしまったら、そう簡単には落とせない」
というシロモノです。

つまり。
「私はいつまでもバリキャリです、永久に社畜です!」
という建前で働いて、出産後にはちゃっかり手を抜いて仕事する、というのがアリ。


マミートラックに乗ってないくせに、マミートラックにのっちゃってるその他大勢のワーママと同じかそれ以下の仕事しかしない、っていうのが、あるんですよ。

あ、これはオッサンにもあてはめて言えることです。
昇進したくせに、ぜんぜん仕事で活躍しないオッサンとか。


そういう指摘を受けて、あらためて周囲を見回してみると…

うちの会社にもそういう人いるよ!
\(^O^)/


そういう状況で、マミートラックにドナドナされていく人たちから怒りが噴出するのは、当然です。


まわりが怒るのも当然なんだけど、マミートラックというシステムは、企業にとって、ものすごい都合のいいものです。
不平等だの不誠実だの訴えようとも、先にマミートラックに搭載させられたら途中下車はできません。

だったら、マミートラックに乗ってないくせに仕事してないオッサン・オバハンたちを、トラック側の地獄に引きずり込めば平等です。

企業は、それも狙っています。
人件費を削減したいから。

マミートラックのような慣習としてではなく、社内制度はもちろん、法すらも整えて、地獄へ落としにかかっていますよ。
同一賃金同一労働も、限定社員制度も、そういう風に使われます。

我々の世代は、はたして子供の教育費を稼ぐことができるのでしょうか?


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ









最終更新日  2016年12月19日 19時02分37秒
2016年12月15日
むしったミントの復活成長記。


昨今、私の周りでは脱サラ・フリーランス願望の人たちが多発中。
年齢なのか、時代なのか。

うーん…
時代なんじゃないかと思います。

だって、若い知り合いまでもが、会社勤めをしないでネット起業なりフリーランスなりをやりたいと言っている。
その上で、私と同世代のオッサン・オバハンたちも、フリーランスになりたいと言っています。

世の中、そんなにフリーランスだらけで大丈夫???


会社員て、すごく便利なのになあ!(爆)


たしかに、ネットコンテンツの発達で、簡単に仕事ができるご時世になりました。
パソコン、ひいてはスマホで、たやすく収入が得られます。

私程度の人間だって、自宅でパソコンを操作する仕事で収入をもらうことが可能です。
うん。
本当に。


おい、ちょっとまて!
そこの「私もフリーランスでやっていく!」とか早とちりしてる女!

収入が「得られます」とは書いたけど、「食っていけます」とは言ってないから!!

…そう、収入が簡単に得られるのは本当の話ですが、それで食っていけるわけじゃないのですよ。
パソコンを使った簡単な仕事で、ちょっとだけ収入をもらうことが可能、という話です。
いわば、「アンケートに答えて500円の図書カードプレゼント」みたいなもんです。

そこで食っていけるほどの収入を得ようと思ったら、修羅のようにパソコンを駆使するなり、すごい特技がむしゃらな根性がないとダメです。



駄菓子菓子。

「収入は少なくてもいいんです。
 私、本当にフリーランスでやりたいジャンルがあるんです!」
という人なら、今は、きっといけます。

一般人でも、フリーランスとして真面目に取り組み、たくさん仕事すれば「年収100万円」とか、いけるんじゃないですかね。

でもこれ、今日ならできるかもしれないけど、近い将来にはたぶんダメ。
フリーランス希望者が多すぎて、一般人ができるような仕事が奪い合いになります。
フリーランスの人が余っちゃう。

余ったフリーランスの人はどうなるのか?
フリーターでしょうかねえ…。
一度会社員の座から降りたら、もう会社にゃ入れませんよ。
(ごくごく一部のスーパースペシャルな人を除いては)


さらには、勤め人の副業が解禁されたら、完全に仕事取られちゃう。
今だって、
 会社員が小遣い稼ぎ VS フリーランスの人
という図式で、フリーランスの人が会社員にサクッと仕事を取られていっちゃってるのを見たことがあります。

「おいおい、そのジャンルの仕事で飯食わなきゃいけないはずのフリーランスが、小遣い稼ぎの会社員に負けちゃうのかよ!?」
って気もしますが、クライアントから見れば、いい仕事をしてもらえそうな人に発注しただけなんですよね。

「会社員やりながら、副業できちゃうスペシャルな人」と、「会社で働けないからフリーランスになっちゃった人」、どちらに任せたほうがいい仕事をしてくれますかね?
一般企業はドライに発注先を決めるので、発注先の個人の経済状況なんぞ、知ったことではありません。
(私も考えたことがない)


フリーランスについては、「一般企業で働くことができない人の受け皿」ということも言われているのですが、小遣い稼ぎの会社員が続々参入したら、生活あがったりですね。

障害や病気で一般企業へのお勤めができないという人も含めて、フリーランスという働き方が受け皿であるとさえいわれておりますが。




とはいえ。

たとえば今の勤め先がつぶれたりして、就職活動がことごとく失敗したら?
小さい子どものいるワーキングマザーなんざ、就職活動がうまくいくわけないですからね(笑)。

もし自分で単発の仕事をフリーランスみたいに獲得してこなければならなくなったら?
そんなときに、自力で年収50万円とか100万円が達成できたら、よくやってる方だと思うんですよね~。
それより多い金額というと、派遣社員なり会社員なり、「お勤めの人」であるという前提でなきゃ、確保できない。



そうなると、年収100万円くらいで幸せに暮らす生活方法をもっていないといけない。

フリーランスになりたい人に限らず、これは、全国民の急務じゃないかなー。
いつまでも、もらえると思うな今の給料。



↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ








最終更新日  2016年12月15日 18時58分22秒
2016年12月14日
12月上旬のバッタ。
娘たちの友だち。


アメリカも移民云々で紛糾してますけど、いわゆる白人社会のアメリカ人って、移民じゃなかったでしたっけ?
もともとアメリカにいた人達って、ナバホ族とかの人じゃね?


さらにいうと、ヨーロッパだって昔っから陸続きだからバンバン移民してる感じで、ゲルマン民族なんか375年に大移動してた気がするんですけど。

それに比べて日本は氷河期あけてからずっと島国ですからねー。
手ごわいですよ。
チョー排他的。

日本に移民として来たい人が、世界のいろんなところにいると思います。

海外に対して排他的である上に、
若い人は就職できずに、
今働いている所では常に人手不足で、
高齢者は再雇用の内容に文句をつけてくる。

そんな国ですけどね、日本!



そんな国に、すでに多数いらっしゃるレイディの話。
(レイディw)

そう、これから仕事をしたい女性の話です。

今から仕事をしようと思っても、ぶっちゃけいい仕事は残ってないんですよねー。ハイ。

ジジババが「みんなが就きたい人気の職業」についてますから、いつまでもたってもこれから仕事をしたい再就職組ママさんや若者には、いい仕事が回ってきません。

みんな、オフィスワーカーやりたいよね?
オフィスワーカーがたくさんいる一般企業なんて、土日休みで盆暮れ正月がっつり長期連休です。
うわー、パラダイス!

でも、ダメー。
オフィスにはすでにたくさんのジジババがいます。
(正確には、ジジイ、オッサン、オバサン)

定員オーバーです。
再就職したいママさんは、オフィスワーカーにはなれません。


今生活費で困っているのは、再就職したいママさんですね。
一方で、目下オフィスワーカーなんかで正社員をやってるジジババなんかは、既に十分すぎる所得を獲得しているわけです。

でも、譲らない。
絶対にその地位は譲らない。

もう国をあげて、ジジババが「みんなが敬遠する職業」に流れていくよう、仕組んだ方がいいんじゃないでしょうか。
介護業界とか、ブラックな香り漂う飲食業界とか。



仮に、ジジババから「条件のいい仕事」をはく奪することに成功したら。

コレ、絶対我々も近い未来にそうしないといけません。

だって、
「今の大量のジジババを支える社会構造」
は、まだまだマシ。
ぜんぜんマシ。

我々の世代はなにげに人数多いですからね。
我々が目下ジジババを支えてます。

「我々がジジババになった時の社会構造」は、もっと悲惨。
我々がジジババになる頃、子どもや孫の世代は人数も少ないし、おそらく金銭的にも恵まれていない。

この先の人口というものは、そうなることが推計としてわかっています。
大爆発のようなものが起こらない限り、我々の世代が子どもや孫に大迷惑をかけることは必至。


自分の子どもたちに、あんまり迷惑かけたくないよなー。
(´・ω・`)

…という風に私は思うけれど、世の中には子どもが小さいうちから、自分の老後の面倒を見させることを考えているママさんがいらっしゃいます。
リアルに。

↓そうなのねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ








最終更新日  2016年12月14日 19時28分42秒
2016年12月07日


「日本のゴミ排出量は、世界一である」

このことを読んだときに、「やだ恥ずかしい!!」と、心底思いました。
「科学力は世界一ィィィィ!」のように、誇れる内容じゃないですよ。


ただし、見たサイトの引用元は出典があいまいなので、実際にどうかはわかりません。
でも、きっと多いですね。


あー、ちなみに、「日本のゴミ排出量は日本一」というのを見たことがあるんですけど、それは「レモン1個に含まれるビタミンCはレモン1個分」的なギャグだと思うので、気にしなくていいと思います。



乳幼児のいる家庭は、基本的にゴミ排出しまくりです。
オムツしかり、ウェッティしかり、ティッシュしかり。

しばしば、育児とエコな生活(ゴミ排出量の少ない生活)を両立せんとする剛の者の存在も取り上げられますが、私のようにキャパシティ・ポテンシャル共に低い人間には無理です。
できません。

ワーキングマザーの生活においては、「楽なこと」「めんどくさくないこと」をチョイスしていかないと、身も心も持ちませんからね。


そう。
「楽なこと」「めんどくさくないこと」をチョイス!ということが、板についてくるわけですが…。

あれ?
会社でシャーペンの代わりにフリクションボール使い始めたのって、ものすごいゴミ出してない?


ええ、実は、シャーペンからフリクションに浮気してまして。

使った人ならわかると思いますが、オフィスワーカーがシャーペンとフリクションボールを使った場合には、フリクションボールのほうがゴミが多いしコストもかかります。

半永久的に「シャーペンの芯」しか消費しないシャーペンに対し、
フリクションボールの替芯の形態と消費量といったらもう!


産後1~2年くらいは、シャーペンを使ってたはずなんですよ。
なんか、気が付いたらフリクションボールを使っていた次第で(爆)。

フリクションボールは、シャーペンの代わりに使ってみると、すごく便利です。
消しゴムのカスが出ないし、シャーペンの頭についてる消しゴムよりもよく消えるから。
そして、手が黒くならないから。

仕事中に周囲の筆記用具を見ても、シャーペン率よりもフリクションボール率のほうがダントツに高いです。

駄菓子菓子。
「シャーペンって、そんなにダメなの?」
というと…いいえ、そんなにダメではないです(爆)。


ワーキングマザーとして「楽なこと」「めんどくさくないこと」をチョイスって方針を変えるつもりはないんですけど、私がフリクションボールを使ってることは、子どもがいることと何ら関係ないよね。
子どもがいようがいまいが、シャーペンでいいじゃんね…。


そんなわけで、先週からシャーペンに戻りました。
浮気したことを反省しております。

↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ






最終更新日  2016年12月07日 18時48分32秒
2016年12月05日
双子を両方とりのがすと
このように。

子どもと今の1611 (1).JPG


ママ社員、VERY用語でいうと「リーマム」(笑)が失業したら、再就職先は暗いですね。
「暗くない」という人は一般人ではないので、黙っててください。

私も今、勤め人をやっているのですが、この先も今の給料や雇用が保障されるわけじゃありませんしね~。

すでに、保障されなかった人が世にあふれていますでしょ。
ママに限らず。

そして現在進行形の勤め人だって皆、危険ランクは違いこそすれ、収入減・職の喪失といった可能性があるわけです。
明日は我が身。


最近「ガラパゴス(相場英雄)」という小説を図書館で借りて、よりいっそうの危機感を持ちました。

・ガラ携の異名を持つくらい、携帯電話はガラパゴス
・エレクトロニクス産業が、ガラパゴス
・自動車産業も、国内商品ガラパゴス
…という、おなじみの日本の孤立が描かれているのですが、危機感を「これでもか!」とあおってきます。


では、エレクトロニクス産業や自動車産業のグローバルスタンダードは?
…そう、我々あんまし興味持ってないんですよね。
国ぐるみで、世界標準を見ない(見せない)ことにしている。


故・中尊寺ゆつこ先生が、遺作で
「映画ならハリウッド、漫画は日本。
 漫画は日本がグローバルスタンダード」
というようなことをおっしゃっています。

※中尊寺ゆつこ先生は、おやじギャルで一世を風靡した、かの漫画家であります。
【中古】 やっぱり英語をしゃべりたい! 英語負け組からの華麗なる脱出法 /中尊寺ゆつこ(著者) 【中古】afb

これ、今から約十年前のこと。(初版が平成17年)
みなさまご存知の通り、昨今の日本の一部のエライ人が、クールジャパンだのアニメは文化だの、これらを産業の軸にしようとする動きを盛んにしています。

駄菓子菓子。
「官」がからむと、ガラパゴス危機という未来を迎えるような気がしませんかね?

ヤメテー!!


漫画・アニメを日本の強みにすることには大賛成です!

駄菓子菓子、世界のみんなが大切に思っている漫画・アニメを、「気が付いたらあら、ガラパゴス」なんてことにしちゃうのはどうなのかしら?
そんなことは絶対に避けなければ!
日本のためによくないっていうか、それは地球のためによくないから。



これ、若い世代の和装愛好家の中では有名な話なんですけど、

老害が、この国から和服の可能性を奪いました。

私のリアル友人も、和装で出かけて不躾なババァから着こなしのバッシングを受けていました。
いやだわぁ。


ここで寛容さを持っていれば、若い世代の和装愛好家ももっと増えていたはずだし、世界に向けた産業の一軸となっていた可能性もあったんじゃないですかねー。

忍者ブームだって、油断できませんよ。
日本の忍者がガラパゴスになって、2025年くらいには忍者の本場がインドになってるかもしれません。





子どもに対して
「それはだめ、親から見て好ましくない!」
という価値観を押し付けるのも、同じようなもんなんじゃないかと。
子どもがガラ子どもになっちゃう。


ということで、既にガラパゴスになっちゃってる産業のリーマム(笑)は、この先の雇用に不安をもっております。
限定社員制度だって、まず矛先がリーマム(笑)に向かいますからね。



↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ










最終更新日  2016年12月05日 18時21分16秒
2016年12月02日
メルちゃんは
長女が骨折したお見舞いにいただきました。
(次女の分まで!)

子どもと今の1611 (3).JPG


我が家の財政状況があまり良くなくてですねー…
てか、我が国で財政状況がいい庶民なんかいないんですけどね!

共働きですから、「今夜飢えをしのぐための米がない」という状況じゃあないですよ。
さすがに。

ただし、子ども2人が大学行きたいと言った時にお金が足りないくらいの財政状況です。
ははははは。


ということで、ゼイタクを一つずつやめていこうと思ってましてね。

柔軟剤というものが、ある。

これ、使わない派のお宅にはナイものです。
駄菓子菓子、うちにはあるんですよ、柔軟剤が!

昨今の洗濯用洗剤のポテンシャルからして、「柔軟剤がないと超絶ゴワつく!」なんてこたあ、ありません。
柔軟剤なしで洗濯したって、ものすごい違いはないですよ。
(柔軟剤を入れたほうがフアッフアにゃなりますが)

柔軟剤ね、現代におけるその主たる目的というのは、「お気に入りの香り」ですよ。

十中八九。

ええ香りがするんじゃ。
(こちらはファーファのドバイです)


駄菓子菓子(本日2回目)、この香り、有料。
ダタじゃありませんよ。


駄菓子菓子(本日3回目)、柔軟剤がないと洗濯物から悪臭がするわけではないのですよ
むしろ、洗濯用洗剤の技術の発達により、洗濯用洗剤だけでもええ香りがするんじゃ。
なんという技術革新。


要るのか?柔軟剤。


私は「要る」と言い続けてきました。

よしんば、柔軟剤がなかったとしたら?

…別段、困らないね。


ファーファ、今までありがとう!
私はドバイのことを忘れないよ!


月の砂漠を~♪ はる~ばると~♪
旅の~らくだが~♪ 行~き~ました♪


そしておそらく多くの人のドバイのイメージは、



高層ビル >>>> 砂漠とラクダ
ですね。
(ゴーストプロトコルでトム・クルーズが登ってたのは、ドバイの世界一高いビル)


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ









最終更新日  2016年12月02日 18時52分26秒
2016年12月01日
メルちゃんを2ヶ月ほど隠しておいたら
再び出した時に遊んでくれました。
時は様々な課題を解決してくれる。

子どもと今の1611 (2).JPG


以前もご紹介しましたが。
「保育園のお迎えの時間に間に合わないと何が起きるか?」

我々ワーキングマザーにとってはけっこうハラハラドキドキのこの問題なんですが~…

追加料金が発生します。

ハイ。
うちが通ってる保育園の場合は、延長料金みたいなもんが発生するのです。
第一段階として、18:00を過ぎると延長料金です。

「数分間に合わなかったー!」でも延長料金30分の分が発生します。

第二段階としては、やはり追加料金が発生します。
次の30分単位ですね。
18:30~19:00で、延長料金が発生。

お金で解決するもんだとしても、延長時間が1時間あるってのは、良心的かもしれませんね。

駄菓子菓子、「会社を出るのが遅くなること」と「そこで残業代が支払われる」かということは別問題。
仮にそこで残業代がついたとしても、延長料金の方がずっと高いです。


なので、なんとか基本料金内に収まるよう、もーのすごい頑張ってます。


んで、保育園としては19:00営業終了です。
そこに遅刻するとどうなるのかは、わかりません。

保育園の入所基準は「役所」が判断するとはいっても、当該保育園との信頼関係にヒビを入れたくないので、営業時間は死守するようにもーのすごい頑張ってます。


でもこれ、私が保育園に駆けつけ送迎する条件が良いから成立しております。
交通事情に左右されにくい経路を、自動車で直行するもので…。

バス・電車、そして距離のある場所だったら、こうはいきません。


やっぱし、ワーキングマザーの中では
「お迎えに間に合わなかったorz」
という事件が起きたりします。

そういう話を聞くたびに常々思うのは、仕事はこっちの都合なんか知ったことじゃないし、勤め先は延長料金を相殺する残業代をくれるわけでもないし、バス・電車なんてアテにならないし、保育園とてビジネスだし、大前提として社会は全然やさしい制度がないのが当たり前!で、自己責任っつーことですね。


これはワーキングマザーに限ったことでもないんですが、「仕事に殺されてしまう」のはやっぱりおかしいことなので、むしろ「仕事を殺す」「トドメを刺す」くらいの気持ちで生きてったほうがいいだろうな、と思います。

「コンニャロー!!」って、チェーンソーのエンジン入れて、ブンブン振り回して、「仕事殺す」的な。
チェーンソー:27,000円


よしんば仕事の方がチェーンソーで自分を殺しにかかってきたって、知るかって感じですよ。
4トントラックで返り討ちにしてやる(ひき逃げアタック)。
鉄の塊に勝てると思うな。


もし、仕事がチェーンソー振り回して追いかけてきたときに、「されるがままに殺されてもいいや」とか思っちゃったら、それはダメですね。
自分の発想でそんなんが出てきちゃったら、相当ダメなとこまでいってるってことです。


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ









最終更新日  2016年12月01日 18時29分04秒
2016年11月30日
気分が乗ると、双子同士のチューを見せてくれます。
こども健康1611 (5).JPG


オバハンがミニスカート

という問題が、しばしば起こりうるのですよ。
てか、起きなきゃこんなこと書かないよ。


ミニスカートとは、はたして膝上何cmなのか?
そんなものは、年齢・職業によって違います。

若さはじけるピチピチギャルを基準にしたミニスカートと、


いい年こいたオバハンのそれとでは、


ぜんぜん長さが違います。



そう、注意しなければならないのです。

若いころに普通の丈だったスカートですら、オバハンになっても履き続けてしまうと、「いい年こいたオバハンがそのスカート丈はないだろ!!!」状態となります。


これって、年を取っても体形が変わらない人ほど気を付けなくてはなりません…。

体形が変わらなければ、履けちゃうんですよ。
物理的に。

腹と尻の直径さえなんとかなれば、垂れてるとか、顔面の劣化とか、足の静脈とか、関係ないの。
履けちゃうのよ、物理的には。

スカートという物体は、貧乏性であれば何年でも保管できます。
何年でももっちゃうんだけど、人間の方は劣化するわけですわ。

アラたいへん。



ババァになってまで、試着室で丈の短いスカートにOKを出して購買する女は、そうそういませんよ。
問題を引き起こすのは、「すでに家にあるスカート」なのです。


自戒の意味を込めてここに書きますけど、オバハンがミニスカートという行為は、やはり公害です。

うちにもあるんですよねー。
捨てるか否かで迷うようなギリギリのスカート。

若い人にとっちゃ全然普通の丈でも、ババァがそのまま履いたらちょっとどうなのっていう丈のが。

迷ったら、とりあえず足を見せることを慎もう。

それが安牌だ。

そう思って見つめると、あのスカートもこのスカートも、せめてタイツだかズボンだかよう分らんようなぶ厚いデニールの下を履かないと、身につけちゃいけない気がする。
(´・ω・`)


駄菓子菓子、油断していると出現してしまうのですよ。
VERYにすら出てこないような 年齢×スカート丈 の中年女性が。

でもそのときに、
「やめたほうがいいですよ」
とか、いちいち声かけられないわけじゃん?

自粛しようよ、自粛。

VERYにすら出てこないようなファッションは、攻め込み過ぎ。


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ










最終更新日  2016年11月30日 18時10分46秒
2016年11月29日
こども健康1611 (1).JPG


買っちゃいけないハズレ商品のネームスタンプを吊し上げてやる。


ネームスタンプ。
お名前スタンプのことですよ。
保育園の支度を救済する、アレ。

ひどいスタンプ台があってさ~。

ちょっと使わない間に、あっちゅーまにカッチンコッチン。

ファーストキッチン、略してファッキン!


↓大丈夫だったスタンプ台。



↓すぐダメになるスタンプ台。




すぐダメになるヤツは、「洗濯できる」とか書いてあるんですけど、「お前それ以前の問題だろ!」って感じです。




あとね、これもハズレ商品。
文面を見ると、いかにもシャチは他みたいにポンポン押せそうなんですけど、大間違いさ。
あっちゅーまにカッチンコッチンになるスタンプ台がビルトインされているのさ!!

アホか!







そして、これもハズレ商品。
小っさ!名前の文字が小さすぎ!
キャラクターアイコンとかどうでもいいわ!





本当に使えるスタンプ?

業務用のシャチハタを注文するのが、一番いいです。

大きさもいろいろ選べますしね。
漢字でもなんでも、文字を組合わせればよかろうなのだ。

なんだかんだで、一番たくさん押しているのが、業務用のシャチハタです。

保育園のオムツには1枚1枚記名をしなければならないという、保育園グラウンドルールがあるんですけど、シャチハタ大活躍。
名前の文字数も、大きさも、調べれば無尽蔵に出てきます。




うちは双子なので、
 ぞなもし
 A子
 B子

というスタンプを作って、押しています。


服なんかは、モロにシャチハタです。

名字のシャチハタ。

親が油性ペンで丁寧に書き込もうが、シャチハタを雑に押そうが、子どもの成長にはカンケーありません。

カンケーないんだったら、シャチハタを雑に押して、精神の衛生を保つことに注力した方がよかろうなのです。
ダサくてもいい。
実用的に生きる。

さあ、今日もこれからオムツにスタンプです…。
フアアアア。


↓そうねボタン(押してやると喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ










最終更新日  2016年11月29日 19時07分21秒

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.