2020年03月08日

怪物の木こり [ 倉井眉介 ]

テーマ:読書感想文(390)
カテゴリ:本の感想2019
久しぶりにこのミス系の小説読んだよーーーー。
おもしろかったよーーーーー。
うわーーーん。

怪物の木こり [ 倉井眉介 ]


…でもみなさんの商品レビュー↑は低評価。
ううーむ、なぜだ…。


そう、「このミス」受賞作品の小説というものは、得てして面白いものなのです。

駄菓子菓子。
私は己の図書館利用について「面白い物ばかり読むのはやめよう」というアメとムチを課しているので、いくら小説が面白くても、そんなに頻繁には読めないのです…。

だってさ、小説ってさ、面白すぎて生活に支障をきたすじゃん。
マンガやゲームもそうだけど、楽しいものは「沼」ですからね。
はまると生活に支障をきたすようになってしまいます。

仕事して、子どももいて、家のこともあれこれやらねばならなくて、それでも図書館で小説ばかり借りていたら、マジ生活破綻。

大雨洪水警報の日に、田んぼを見に行ってはいけない。
小説ばかり読もうとしては、いけない(爆)。


↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ



↓あらすじはこちらから





TWITTER

最終更新日  2020年03月08日 06時10分04秒
[本の感想2019] カテゴリの最新記事