1480581 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワインと友に

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ユウ&ショウ

カレンダー

カテゴリ

楽天カード

お気に入りブログ

仏蘭西泡物王冠収集… ミュズレコレクターさん
ああ、こんなワイン… ラ・ロマネさん

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

全1件 (1件中 1-1件目)

1

ロワール(フランスその他)

2012年05月22日
XML

AOCプイイ・フュメ

ブルゴーニュに属するプイイ・フュイッセや対岸のサンセールと共に知られる、ロワールの有名生産地の一つです。プイイ・フュメはロワール河上流に位置し、その辛口白ワインにはソーヴィニヨン・ブラン種が使われます。
「Fumè=蒸気」の意ですが、その語源はハッキリしていません。シャスラー種からソーヴィニヨン・ブランに植え替え、結果としてボルドーの不人気品種;ソーヴィニヨン・ブランを有名にしたのはこのアペラシオンです。

さて、造り手で最も有名なのがラドゥセット家でしょう。この貴族がロワール最高峰の辛口白ワインを造るべく誕生したのが『バロン・ド・L』でした。

004.JPG
プイイ・フュメ・バロン・ド・L 2008

柑橘系の爽やかな香りにユリの花、更には火打石といったミネラルも豊富です。キリッとした酸としなやかなボディを持ち、余韻が長いソーヴィニヨン・ブランの傑作と称えられています。

002.JPG
壜口の“L”

壜は重厚、壜口は出っ張っていて独特の形状をしています。

実はこのワイン、近々アコウ=キジハタを食べる際に持込む目的で購入したものです。和食には日本酒が合うのは重々理解しているのですが、私は日本酒が苦手なので白ワインに詳しい友人に御教示頂き選んだ次第です。

バロン・ド・Lとしてはヴィンテージが若く今開けるには時期早々なのかも知れませんが、白身魚中心の和食なので少し硬い位の方が合いそうにも思います。

来月になりますが、ブログで詳細をご報告しますのでお楽しみに^^


プイイ・フュメ・バロン・ド・L(エル)[2008]年・蔵出し・ド・ラドゥセット家・シャトー・デュ・ノゼ元詰・超重厚ボトル(18世紀復元超重厚ボトル入り)・AOCプイイ・フュメPouilly Fume“Baron de “L””[2008] Chateau du Nozet (De Ladoucette)







最終更新日  2012年05月23日 03時31分20秒
このブログでよく読まれている記事

全1件 (1件中 1-1件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.