000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

福岡・警固     リチェッタのテーブルで

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

ワイン・ドリンク

2011.03.26
XML
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 リチェッタでお出しする生ビールは
 キリンのハートランド。
 以前は東京・六本木にあった
 ビアホールでしか飲めない
 特別なビールでした。
 数年前に全国展開することになり
 その旨さを知っていたシェフが
 いち早く取り入れたビール。
 お客様からも好評でした。

 現在、リチェッタにある
 樽が空になりましたら
 今後のハートランドの
 入荷は未定です。
 グラスはハートランドでも
 中身はキリン一番絞りとなりますので
 どうかご了承ください。

 なぜなら
 ハートランドの工場が
 東北にあるからです。
 今回の地震で工場が
 閉鎖されています。

 美味しい野菜やお米。
 乳製品や、食肉。
 ビールの工場、日本酒の酒蔵。
 このまま失ってしまわないよう。
 一日も早い復興のために。
 私たちは福岡で
 頑張ります。





 福岡 幸せイタリアン 

 イタリア料理 リチェッタ
 リチェッタのテーブルで






Last updated  2011.03.26 22:56:42
コメント(2) | コメントを書く


2011.03.11
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 舞鶴公園の梅の花が
 風に揺られて、はらはらと。
 そうそう、
 リチェッタのドリンクメニューに
 にごり梅酒が登場しております。
 ロックでも、ソーダ割りでも。
 
 今年は桜の開花が少し
 遅めだとか。
 ゆっくり開いて
 一日でも長く
 咲いていてほしい。






 福岡 幸せイタリアン

 イタリア料理リチェッタ
 リチェッタのテーブルで 






Last updated  2011.03.11 15:57:12
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.23
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 シェフは何でも飲める人。
 だけど何を隠そうこのワタクシ
 (いや、隠してなんかないけどね)
 アルコールが全くダメな人。
 「一升瓶が似合ってるのに!」と
 今まで何度言われたことか。
 カウンターバーで世界一、
 ウーロン茶の似合う女ですわ。
 飲まなくたって人一倍酔えるのよ!
 お酒の飲めない私は
 お酒の飲めないお客様のことが
 大変気にかかります。

 お料理に合わせて
 何飲みたいですか?

 今週、ソフトドリンクメニューを
 一部変更してみました。
 
 砂糖いっぱいのジュースは
 お料理に合わないし
 身体にもよくありません。
 だから出来る限り
 加糖を控えたものを。
 果汁たっぷりの白桃やマンゴーを
 ご用意しましたので
 是非お試しください。
 これまでもずっと人気の
 ブラッドオレンジジュースは
 加糖されていないものを
 使っています。
 北イタリアのミネラルウォーターは
 軟質ですので大変飲みやすいお水。
 ガス入りのミネラルウォーターは
 消化を助ける働きがあります。
 やっぱ、炭酸でしょう!という方には
 ファンの多い大人の辛口ジンジャエール。

 ワインに産地やブドウ品種の
 こだわりがあるなら
 ソフトドリンクにも
 ちょ~ぴりこだわりを。

 ドリンクメニューブックも
 新しく作り直し中。
 気長にお待ちください。
 (すでに春から着手しておりますが
  ま~だノラリクラリ・・・)





 福岡 幸せイタリアン
 イタリア料理 リチェッタ

 リチェッタのテーブルで


 
 
 
 






Last updated  2010.10.23 15:36:21
コメント(4) | コメントを書く
2010.06.24
カテゴリ:ワイン・ドリンク
 トスカーナのトップワイナリーのひとつ
 コルドルチャのネアルコ。

 ここのワインのエチケットは
 人差し指が星を指すデザイン。
 私にはどーにも
 「ともだち」に見えて
 しょーがない。
 ちょっと前にシェフと二人で
 コミックを読破した
 “二十世紀少年”のアレ、です。

 ・・・スミマセン。
 バリック熟成の
 スーパータスカンに向かって
 大変失礼なことを
 申してしまいました。

 ワイン愛好者の皆様へ
 是非にオススメしたい
 赤ワインです。
 




 福岡・博多・大名・警固
 イタリア料理 リチェッタ

 リチェッタのテーブルで
  






Last updated  2010.06.24 16:10:04
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.19
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 大樽で30カ月もの間

 ゆっくり寝かせられた、眠り姫。


 トスカーナのブルネロです。

 









 福岡・博多・大名・警固
 イタリア料理 リチェッタ

 リチェッタのテーブルで






Last updated  2009.11.19 19:04:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.14
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 爬虫類は

 基本、苦手な私ですが。

 このエチケットはなかなかに

 キャッチーです。


 よく見ると

 陰まで描かれていて

 リアル感倍増。


 北イタリア、フリウリの

 シャルドネ。

 グレープフルーツや

 レモンコンポートの香りと

 ミネラルからくる苦味を

 合わせ持ちます。

 個性派気取りのエチケットは

 ボトルの中身も個性的。






Last updated  2009.08.14 13:09:23
コメント(4) | コメントを書く
2009.06.10
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 2000年のイタリアワイン。

 アッヴォルトーレ。

 トスカーナの赤ワインです。




 サンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィニオン

 シラーからなるフルボディ。

 一年間バリック樽で熟成させています。

 深い、深い味わい。

 楽しみなワインです。




 およそ9年間、静かにセラーで

 横たわってきました。




 セラーの中から

 私達が仕込み中に言い合う声や

 くだらないことで笑う声

 営業時間にはお客様の

 にぎやかに過ごされる様子や

 バタバタ忙しく接客する私

 キッチンで真剣に料理するシェフ

 いろんなリチェッタの姿を

 見守ってきてくれたワインです。

 

 
 ほぼ24時間ともに過ごしている

 私達も今日で9周年。

 お互い、額に“忍”の字を書いて

 よくぞ9年!耐えてきました。

 とは言うものの

 一応、「シェフ、ありがとう!」

 てとこかな。




 そして

 私達二人がここまで続いてこられたのも

 家族や友人達や

 リチェッタの大勢のお客様の

 支えがあったから。

 今日はしみじみ感じています。

 心から、ありがとうございます。





 リチェッタは来月、9周年。

 記念コースの企画も

 もう仕上がっています。

 ご期待ください!


 

 
 






Last updated  2009.06.10 20:59:15
コメント(4) | コメントを書く
2009.05.21
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 レモンチェッロが

 カプリ島のものから

 ソレント半島のものに変わりました。


 カプリのものに比べると

 色がナチュラルな感じです。




 イタリアではレモンのことを

 「リモーネ」と言うので

 リモンチェッロが正しい読み方かな。

 日本で見かけるレモンと違って

 赤ちゃんの頭くらいはありそうな

 イタリアの大きなリモーネ。

 この皮を蒸留酒に漬け

 シロップを加えて

 出来たものがリモンチェッロ。

 甘くてアルコール度数も高いけど

 キンキンに冷やして飲むと

 美味しいです。

 ストレートで。

 ソーダで割って。



 どうぞ、召し上がれ。








Last updated  2009.05.21 20:50:29
コメント(2) | コメントを書く
2009.05.20
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 ピノネロはブドウ品種の一つです。

 フランスでいう、ピノノワール。

 皆さんもよく知るカベルネソーヴィニオン種とは

 あらゆる部分で対照的だといわれる

 手のかかるブドウです。

 このピノネロ(ピノノワール)を使ったワインで

 最も有名で高価なものは

 フランスのロマネ・コンティ。



 同じ品種を使って

 イタリアのシチリア島で

 クズマーノというワイナリーが

 美味しいワインを造りました。

 2007年がファーストヴィンテージ。


 ピノネロの魅力がう~んと引き出された

 極上ワインです。

 バニラの香り、繊細なタンニン。

 そして、男前なエチケット(ラベル)。



 またしても私の、ジャケ買い。





 

 
 
 






Last updated  2009.05.20 16:49:57
コメント(8) | コメントを書く
2009.05.15
カテゴリ:ワイン・ドリンク

 リチェッタのオープン当初に

 ワインリストに載せていたワインです。



 なぜか、途中で味が変わったので

 リストから外したのですが

 復活させました。

 久しぶりに試飲したシェフ、

 「やっぱり、美味いね!」

 この一言で決まりです。



 トスカーナのプロミス。

 

 渋味と酸味が絶妙のバランス。

 しっかり樽熟成されています。

 じっくり時間をかけて召し上がれ。







Last updated  2009.05.15 23:14:49
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.