816207 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あんどうりす の りす便り

PR

X

全526件 (526件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 53 >

2014年03月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブログでは、写真やURLの紹介も一手間なので、Facebookページと新しいHPをたちあげてみました。
まだまだまだの内容ですが、よろしくお願いいたします。


あんどうりすの防災減災りす便りHP
Facebookページ






Last updated  2014年03月25日 14時28分22秒
コメント(0) | コメントを書く


2014年03月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
愛媛県で震度5強の地震。
広島県で住宅の壁が崩落している所もありましたね。

この写真は東日本大震災後の茨城県で撮った写真です。

壁.jpg
茨城県では、家の外壁が展開図のように壊れて来たとママたちからお聞きしました。
商店街で、入り口は改装されていても建物自体が旧建築基準法時代のものと思われる店舗がこのように崩落していました。

広島県での講演させていただく機会がありましたが、戦後建てられそのままの家も多くありました。

ここは、地震が来ないよと言われている場所ほど、震度5程度の対策が遅れているとずっと話しています。今回は最悪の人的被害がないようなので、これを機に、身近な安全神話を見直していってほしいと願っています。

ところで、地震で 壁が崩落した、屋根瓦が落ちた、ブロック塀が倒れたことにより、人を死傷させた場合、損害賠償責任を負う事があるのはご存知でしょうか?地震といえば不可抗力と思っていらっしゃる方もいるのですが、東日本大震災で東京第一弁護士会が出しているHPがわかりやすいので、一読をおすすめします。

http://www.ichiben.or.jp/shinsai/qa/qa1.html#qa1

簡単にまとめると、法律界では、いままでは震度5・6基準といわれ、予想される震度が5程度であれば、損害賠償責任を負い、6以上だと不可抗力となるケースが多かったのですが、現在は6以上も頻発しているので、今後は、責任を負う可能性があるという内容です。

ブロック塀、外壁、瓦、(時には墓石も)震度5程度で簡単に壊れてくるもので、地震が来ないと言われている所ほど、そのままになっています。

瓦は通常のもので1枚4キロ、ブロック塀は1個10キロ。ひとつづつ倒れるのではなく、板チョコが横になるように、そのまま倒れるので、ブロック塀だと1トンのものが突然ぶつかるのと同じです。統計資料をみないと確定できませんが、震度5での死亡ケースNo.1ではないかと推測しています。

1トンのものがぶつかる状態では、ヘルメットをかぶろうとか、ブロック塀は危ないと被害者に周知させる方法では命が守られるとは到底思えません。

地震以外でそれらが壊れて賠償責任を負う場合、個人賠償保険などで、カバーできるケースもありますが、地震の場合は、加害者は不可抗力を主張できなくても、保険会社は免責事項になっているという、いわば無保険状態で走っているクルマがそこに存在しているのと同じ状況になっています。

無保険車と同じものを地震大国で 放置していて本当にいいのでしょうか?

また、今までの地震などですでに壊れかかっている上記のものは、危険物ということで、震度に関係なく損害賠償責任を負う事になります。都内でもたくさん見かけます。

10mのブロック塀は10万円あれば撤去できます。
自治体でも助成金を出しているところが多くあります。
みなさんの街のものを調べてください。
すべてに助成金をだせない自治体でも学校のまわりだけは撤去に助成金をだしているところがあります。
緑化助成を利用すれば、緑の塀にすることで、ブロック塀が撤去に助成金を使えます。
それすらない自治体でも、地域の方がお金を集めて、公共の場所周辺のブロック塀をなくしている所があります。(世田谷区若林)人任せにしていては、解決するのが遅くなります。

被災してから、義援金をたくさん寄せられる 心優しい人がたくさんいる国なのです。事前のいのちを守る方法を真剣に取り組んでいきたいです。


明日3月15日は、奈良県文化会館で奈良県助産師会主催 

日 時:平成26年3月15日(土)13:30~16:30
場 所:奈良県文化会館 集会室AB
演 題:その時、あなた一人でわが子を救う術
       「防災術」
対 象:保護者とそのお子様(20組)、助産師

3月16日(日)

岐阜県「災害に対応できる親子になる講座 小学生までに身に付けておきたい知恵と体の動かし方」
3月16日(日) 午後1時30分~3時30分 まなびパークたじみ 5 階学習室 501
(こちらはテレビの取材が入る予定です)

3月18日(火)大阪狭山市立公民館
午前10時~12時
『身近なものが役に立つ防災講座~命を守る知恵を身につけよう!

です。一緒に考えていければと思っております。







Last updated  2014年03月14日 10時32分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
雪について思う事でTwitterで書き込んだことをまとめてみました。
話題があちこちに飛んでいますが・・・

●雪から食用の水を作る方法

雪をコンロやバーナーで溶かして飲料水を作る場合、雪をそのまま溶かすより少し水を加えると格段に早く沸きます。水を作ったら全て飲み干さず次の為に確保 します。アウトドアバーナーは熱効率がよく早くお湯を沸かすことができます。冬はクルマに常備できますがガスが加熱するので暑くなったら自宅保管

●雪の時は長靴よりスノーブーツをおすすめする理由

雪の日に長靴をはく人が多いと思いますが、断熱素材が入っていないので足がとても冷えて来ます。足の末端の冷えは気づきにくいので、スノーブーツではない人は時々足を触って冷えすぎてないかチェックを。その状態で汗をかくとすぐしもやけになっちゃいます。もし雪遊びをする予定があるのであれば、厳冬期のスノーブーツ、−30度にも耐えられるものは、全く冷えません。断熱素材の仕組みを見ると、厚みが1センチ以上あります。長靴に裏起毛したものでも、ここまで断熱はしていないので、冷え方が全く違うのです。

このサイトで何度もかいていますが、足が濡れるとしもやけ、凍傷だけでなく、低体温症による死亡も心配です。
足が冷たい水に濡れていると、しっかり意識があった人でも、動き出した瞬間 冷たくなった血液が体内にまわって、一瞬で意識を失うケースがあります。(水難事故で特に多いケース)

写真は私が使っている 厳寒対策のスノーブーツに入っている断熱材
写真 1.JPG





●雪の中、エンジンを切って車中泊の方法

意外に思われますが、一般的にテントの方が車で寝るよりも温かいです。テントは温かい空気をためることができますが、車は鉄で熱伝導により冷たくなりやすいからです。ガラスも室内結露でわかるように冷える場所です。服を着込むよりもまずガラスを断熱します。雪の中、エンジンを切って車中泊の方法(2)銀マット、EVA マット、折りたたみの銀色のフロントガラスにつけるUVシート(銀色)等をガラスに貼りつけます。ダクトデープ(パワーテープ)が貼りやすいです。なければダンボール、布でもいいですが、布は効果が薄めです。プチプチがあればそれもおすすめ。空気をためてフロントガラスは絶対 に断熱。私はシュラフを積んでますが断熱なしでは寒くて寝られません。

(注 雪の中外にでてテントで寝た方がいいというものではなく、テントと車の温度の比較です)

●車に積んでほしいダクトテープ
http://plaza.rakuten.co.jp/risurisurisu/diary/201402140000/?scid=we_blg_tw01

参考●豪雪で身動きがとれなくなった時の方法(車)JAFのサイト
http://www.jaf.or.jp/qa/ecosafety/snowdrive/14.htm

●雪道を走る時、北海道でまっさきに教えてもらったのは 

1、車間距離をとれということ。5台分はとっていました。
2、滑ったら絶対にブレーキをふまない。スピンして制御不能になります。ハンドルをしっかりもって耐えます。
3カーブに入る前に減速。急ブレーキNG
4 橋の上は凍結している。最も注意する。夜には、ブラックアイスバーンといって、黒く光っている所が最もこわい

●北海道ドライバーの時、吹雪でスタックした経験もあるので、食料、シュラフ、ダウンのひざかけ、スコップなどひととおり常備しています。これについてはまたまとめたいです。


●Twitterをライフラインとして使う方法
Twitterヘルプセンター | 救助要請 ー 電話が使えない時、Twitterで救助を要請
ttps://support.twitter.com/articles/20170072-twitter#

●iPhoneバッテリーを長持ちさせる方法
ttps://support.twitter.com/articles/20170072-twitter#






Last updated  2014年02月17日 07時22分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今週も多くの地方で雪が降ってますね。
先日、秩父に行った際、駅の天井のガラスが雪の重みで落下したようで、周辺立ち入り禁止になっていました。ワイヤー入りのものですが、こんな感じに↓

雪ガラス

上記の割れ方では使えませんが、ガラスの修理におすすめなのが、こちらのパワーテープやダクトテープ。

防水なので、アウトドアではテントの修復だけでなく、カヌーも修復してしまいます。
初めて、使ったのがカヌーの底に穴があいて、カチカチ山状態になった時。
これで塞ぐといいよと常備している人にいわれ、半信半疑で塞ぎました。
川の上に浮かべて沈んでいったらカヌーも回収できなくなるし、不安は大きかったです。

でも、全く問題なかったです。

海外DIYでは、必須のものといわれています。
ハサミなくても手ですぐ切れます。わりと何にでもしっかりくっつきます。はがすのも簡単です。

防災セットに必須のものだと思いますが、先日あちこちのセットを調べた際には入っていませんでした。

講演では、公開をためらうような使い方も説明することがあるのですが、興味のある人はこそっと聞いてくださいませ。

防水ですし、布からもはがしやすいので、下着に貼って、上に吸収するものを敷いていただければ簡易生理用ナフキンとか、作りやすいです。この使い方は内緒ではありません(^^)

パワーテープのほうはいろんな色があります♪


アサヒペン パワーテープ 強力粘着 多用途補修テープ シルバー 36mm×4m (T041)

家庭・工場など色々な用途にアサヒペン 多用途 パワーテープ 蛍光ピンク 48mm×10m (T105)
ダクトテープ 3M(住友スリーエム) 超強力多用途補修テープ ダクトシールテープ (DUCT-09) 48×9m







Last updated  2014年02月14日 20時57分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類
和歌山県和歌山市でコープ自然派や男女共同参画りいぶるで講演させていただいてから、和歌山での講演が続いています。

先日は、田辺市の東部公民館に行ってきました。
田辺市には、津波到達時間の早い場所があります。
発災から15分で到着してしまう場所も。

だけど、なんだか、温かい日差しとおいしい食べ物がいっぱいで、
のんびりしている雰囲気にも思えます。

小学生のこどもたちには、群馬大の片田教授が授業に入って指導されているので、先生達とともに 津波てんでんこが浸透しています。

もっと子育て中の方たちにも 広がっていくといいなと思っていたら、和歌山市で講演した際、聞いてくださった方が実家がお近くということで、田辺市まで来て下さる方もいました。和歌山大学も地域の防災のためにいろいろ動いていらっしゃるので、ママたちと、大学の動きをもっと繋げたいなあと思って、いろいろ私も動いています♪

先日、和歌山大&徳島大の環境防災研究センターの照本先生のお話をお聞きして、地域の大学とも繋がる大切さを知りました。

過去の東海、東南海、南海連動地震は東海地震から始まり、数時間から数年の時間差で南海地震が起こったケースがあります。

南海地震が後だった場合、時間的余裕があると思われますが、数時間だと警戒しているでしょうが、数年後かわからないといった場合に、日常生活をどう送ればいいのかという問題がでてくるというお話がありました。

これは、東京、静岡ではあまり出てこない議論です。

土地を離れてしまう可能性が最も高い子育て世代が、それでも住み続けて大丈夫と思えるような事前の防災・減災が、和歌山・四国では特に重要なのではないかと思えてきました。

田辺市での講演の次の日に、聴講してくださった地域の方が別の公民館にかけあってくださったそうです。具体的な内容だったから、もっと多くの地域の人に聞いてもらいたいと思って下さったそうです。

一生懸命動いてくださる人たちに支えていただいて、また和歌山での講演が決まりそうです(^^)

子育て世代、高齢者、その他、災害時要援護者にとって普段から優しいまちづりなるよう、世代や枠を超えて手をとりあっていけたらいいなと思っています。






Last updated  2014年01月30日 20時54分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
防災マップには、注意を喚起するために赤い色、多いですよね。
でも、みんなにわかりやすい色ではないんです。

日本人では20人に1人、欧州では10人に1人、色覚障がいと呼ばれる人たちがいます。でも、そもそも色に体する感受性は、ひとそれぞれ。

色覚障がいと呼ばれる人でもひとりひとり、見え方が違うそう。光ってみえる方、赤や緑といわれる色が見えにくい方。

先日、NPO法人 カラーユニバーサルデザインの副理事長の伊賀さんとお話してきました。

トイレの女子の表示、女性が赤で、男性が青だったりしますが、女性のマークのスカート部分の広がりが短いものがあるんだそうです。

色ではなく、形で判断しているの、女性用だとわからず、入ってしまう人もいるとのこと。

避難所の表示も対応していないと、お互い悲しい思いをすることになってしまいます。

オリンピックともなると、海外からも人がたくさん来ます。
みんなに見えやすい色やデザインも選んでいくために、まちづくり、防災マップつくりをされている方は是非、カラーユニバーサルデザインを採用していただきたいと思います♪

どのくらい見えにくいか、体験すると驚きます。

この色のシミュレーターアプリ、わたしも入れています。

みなさんの所の広告やHP大丈夫ですか?

カラーユニバーサルデザインでも、チェックできるメガネが販売されています♪

すでに対応している企業も増えて来て、

クラリオンのカーナビとか

最近では ゲームのパズドラが 対応したとのことで 話題になっていました

さらに、このカラーユニバーサルデザイン(CUDO)では、デザインという形で当事者が啓蒙して、自分たちに住みやすい地域つくりを目指しているのがかっこいーので、私は、勝手に営業部長として、応援中です(笑)

こんな活動も始まっています↓

「配色の国際規格化に向け、色覚障がいのある被験者募る」オルタナ 1月24日(金)17時41分配信ニュース

災害時要援護者対策でも、当事者の意見が反映される防災まちづくりであればいいなあと かねてからずっと思っています。CUDOのおしゃれでパワフルな手法は、とても励みになります。

と、上記のコネタはほとんど伊賀さんからお聞きしたものです。
とーーーーっても話が面白いので、行政関係、企業のみなさん、1度、話を聞いてみてくださいね!






Last updated  2014年01月26日 09時21分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
 
 年間講演回数を出した方がいいよとアドバイスされ続けていました。
 講師というものは、そうやって数字をだすものだとか。

 でも、エクセルで ぽちっと計算するのも気が乗らなくてほったらかしていたのですが、昨日、初めて計算してもらいました(結局 自分でやらなかった 笑)。 

 123件でした。
 
 3日に1度ですね。

 なかなか文章が書けない悩みも数字にするとわかった気がしました。講演以外はアウトドアで遊びたい人でもありますから、それは厳しかったな。私と(^^)

やはり数字は、大事なのですね。身をもって納得です。
 
 上記は、件数であって、1件につき2講演や3講演もあったので、厳密に計算すれば増えそうです。

 ということで、数字で訴えるということができるように、統計の先生のお話も聞いて来たりしました。今年はデータを使えるようになるのが目標です。

 でも、あと2ケ月は このまま怒濤に流れる予感のスケジュール。

 1月末にはブログではなく、HPをUPする計画です。

 こじんまりとやっておりますが、共感してくださる方と一緒にこつこつやっていければ嬉しいです♪






Last updated  2014年01月15日 19時31分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2014年が始まりました。
今年は素敵で楽しい年にしたいですね。

といいつつ、災害関係の情報を書くのは、気がひけます。

が、

千葉県沖合でスロースリップ現象が確認されたとのことで、

気象庁は「スロースリップが起きると数か月間、地震活動が活発になることがあり、念のため注意してほしい」との報道。

プレートの活動ですし、新しい島ができたり、地球が活発に動いているんだなと感じます。


さて、先日、武蔵小杉でエスカレーター事故がありました。

同時には報道されなかったようですが、ずっと以前から
エスカレーターは地震の際、止まって将棋倒しになると指摘されています。

だから、いつも手すりを持っておいてと。

決して、追い越し側をスタスタ歩いてはいけないと。

ご存知でしたでしょうか?

実践している方、混んでいる都市部では、少ないです。

赤ちゃん連れ、幼児連れなら、特に危なくなります。
手すりを持ってくださいね。

お話がわかる こどもたちには、手すりを持つんだよと伝えてあげてくださいね!






Last updated  2014年01月10日 17時25分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、入間市の中学校で、中学生に防災講座を行ってきました。
45分の授業の一環ですので、体育館に集まって下さった300人の中学生相手に授業。

うちの子はまだ、小学生ですので、中学生がとても大人っぽくて緊張します。

中学生や小学生対象の講座は、たくさん他でも専門にやっておられる方もいますので、そちらでどうぞと今まで言ってきました。

今回は、以前、別の入間市の中学校で授業したご縁がつながっての講演です。
前回は、校長先生が、地域の方対象の講座に参加してくださって、内容もよくご存知のうえで、そのまま中学生に話してもらえればということでした。

こちらの校長先生と今回の教頭先生がお友達ということで実現した訳ですが・・・

300人の中学生に注目されるって、なんだか不思議な空間です(^^)

体を動かしていただく所では、1人で全部に目が行き届かないので(しかも、45分!) NHKの防災イベントで 私のブースにボランティアで参加してくださった大学生にお手伝いをお願いすることができました。

こどもたちと遊ぶのが、とっても上手な優しいイケメンのお兄さん達です。
さらしでのだっこやおんぶも出来ちゃいます。

講義の間も、目を見開いて、メモをいっぱいとりながら聞いて下さった中学生たち。講義の間は、体育座りで、おとなしくしていたけれど、実技で体を動かし始めたら、キャーとかワアとか、声をあげてくださって、楽しそうに、人を助ける体の動かし方を実践してくださっていました。

終了後、「とても深い学びになりました」と、
とても大人びた感想を頂いて、嬉しかったです。

地域にいる中学生は人を助ける事ができる重要な役割を担っているといわれています。

だからこそ、絶対、自分の命をまもったうえで、人を助けてほしいのだということ、そのスキルがあれば、両立が可能だということ、スキルを身につけるために、日々の学校での学んでいることは、災害後、知恵として役立つことがたくさんあるのだということ(熱の伝わり方、光の進み方、ニュートンの法則などを例にして、実践での役立たせ方)を説明。

どこまでお伝えできたのか、感想文をまだいただいていないので分かりませんが、わざわざ声をかけてきてくださった子ども達の目がキラキラしていたので、楽しい時間でした。

実施してくださった教頭先生も、他の学校にもすすめますとおっしゃってくださったので、また機会があるのかもしれません(^^)

大学生たちの日程があえばいいなあと思っています。
時間がもう少しあれば、地域の園児や乳幼児にも参加してもらって、中学生が赤ちゃんを助けるためのふれあいの時間がつくれたらいいのになあと思っています。


写真は、中学校ではなくて、築2年の都内の小学校の写真。太陽光発電があります。避難所になったときに、生命維持に電気が必要な人たちにも心強いですね♪
小学校太陽光.JPG






Last updated  2013年11月18日 09時21分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
11/8 (金)横浜パナソニックリビングショールームで自然災害対策講座を行ないます。

************

寒くなるこの時期、こどものお洋服の着せ方のコツ&軽くだっこやおんぶする方法など今すぐ役立つ子育ての知恵を手に入れて、災害に備えよう!

赤ちゃん連れ、保育や子育て支援関係者の方、大歓迎。

詳細や申し込みはこちら

************

ゲリラ豪雨や雪対策、こどもと一緒に体を動かす方法など他では時間がなくて話せない内容をちょっとだけ多めにしています。

それだけでなく、ここは、1度聞いて下さった方にも、足を運んで見に来ていただきたい場所です♪

太陽光発電のパネルの事とか、耐震ラッチが付いた備え付け家具リフォーム、
軽い屋根瓦にする方法など
リフォーム専用の場所なので、参考になる展示がいっぱい。

通常の瓦は1枚4キロあるので、落ちてきたら ちいさな子たちは命にかかわります。家具も地震のとき、押さえている人がたくさんいますが、大震災のときは押さえて押さえきれるものではないですからね。

防災講座に参加してくださっても勧誘などはありませんから、そこはご安心を。

リフォームする方はもちろん、園や学校で最近多くなってきた太陽光発電を考えている所の方も、参考になる展示がありますよー!

落ち着いたほっこりできる場所なので、みなさまのご参加お待ちしております♪
2階のぷちカフェは隠れ家的で、横浜ママの癒しの場所になるかも♪

もちろん横浜のお近くでない方も歓迎です!







Last updated  2013年11月01日 22時46分50秒
コメント(0) | コメントを書く

全526件 (526件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 53 >


© Rakuten Group, Inc.