829732 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あんどうりす の りす便り

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

アウトドアの事故

2010年12月16日
XML
カテゴリ:アウトドアの事故
長野で4日間、Wilderness Advanced First Aid(野外救急法)の資格取得の勉強をしてきました。
実際に野外にでて、雨にうたれながら、患者の役をし、救助者は状況から救助法を判断するという
実践的なスキルです。

日本でも救急法はいろんなところで実施されていますが、多くが都市部で、
救急車が到着してくれることを前提として、その前にできる事という内容になっています。

ですが、野外では、救急車は数時間きてくれません。
もちろん災害時も。

そんな時であっても、できるだけ、死亡させない、後遺症を防ぐというスキルは
本当に重要だと感じています。

このスキルをレクチャーしてくれるのは、
Wilderness Medical Associatesというアウトドアにでていく医師が創設したアメリカの組織で、
YMCAやアウトワードバウンド協会など、世界で野外教育実践を行っている所や、FBIなどにも
スキルを提供している団体です。



日本ではアウトワードバンド協会が通訳つきで、年に一回開催しています。

4日間、合宿して、雨にうたれようが、野外にでて、たおれてみたり、
骨折した人、意識のない人など、患者役をやり、救助者役にもなり、状況判断や
ききとりのスキルを使って、その人に最適なファーストエイドを
施して行きます。

実践の様子はこんなかんじ

すべてのスキルが体系化されており、しかも実践的で、
最低限の手順で、最適に対処できるようになっているのを実感しました。

また、手順の最初に、救助者の安全確保が体系化されているのも、とても重要に思えました。

こどもたちに防災や災害対策のスキルをレクチャーする講習も増えてきていると感じていますが、
安全確保のスキルのないままのレクチャーに不安も感じていました。
私としては、2時災害を防ぐ為にもまずは伝えたいスキルだと思いました。


毎回、テストはあるし、最後のテストに合格しなければ資格が得られないので、
毎日、夜遅くまでみなで勉強したのも、緊迫の日々で楽しかったです。

4日間、合宿していたので、家族の協力なしには参加できませんでした。
食事からなにから、すべて自分でできる夫と、まだまだ手がかかる息子なりに
頑張って協力してくれたから、無事、合格することができました。

また、子育て関連とは違ったユニークな個性の持ち主の方達とであえて
宝物をゲットした気分です。

今後の講演やアウトドアレクチャーもこの内容をいかしていく予定です。

緊急告知
明日、12月17日、

杉並区阿佐ヶ谷区民センター、第4集会室で10時から12時まで
防災の講演を予定しておりましたが、ノロウィルス大発生のため急きょ延期になりました。

またご連絡しますね。

認定証やステッカー







Last updated  2010年12月16日 19時50分39秒
コメント(2) | コメントを書く


2010年08月02日
カテゴリ:アウトドアの事故
まだお子さんが生まれたばかりだったとのこと、遭難死というのは、
本当に悲しい事件です。

秩父でのヘリの事故で、気になっていたことを29日にブログ
書きました。

ヘリの事故については報道されていますが、最初に遭難され、
死亡された方の状況があまり詳しく報道されていなかったように
(わたしが知らないだけかもしれませんが)思ったからです。

20センチの位置からの滑落であれば、滑落そのものの
ケガが原因ではなく、滝壺に落ちた事による低体温症による
ものだろうと、おそらく山岳関係者はすぐに理解したように
思うのですが、この時点でもっと低体温症の話がでていたら
今回の事故はなかったのかもしれないと思うととても残念に
思えます。

(後日注 その後の報道からみて、低体温症から
というよりもいわゆる心臓麻痺ではないかと推測されます)

もちろん、ヘリの話が中心になってしまうのはやむをえないところなのですが。。

低体温症については、凍死といまだに紹介、報道されているものもありますが、
決して凍っているわけではありません。
凍死という概念を持ち込むと正しい対策ができなくなってしまいます。


海でも、川でも、山でも、夏でも起こります。

人間は恒温動物なので、低温に対応できないのです。

低体温症は、日常のレジャーでも起こりうるものなので、
山岳知識というのではなく、一般常識になってほしいと
思っています(なので、川遊びレクチャーでは
うるさいくらい説明しています)

結果としての心肺停止も、そして水死も低体温症による
行動不能から起きたものである可能性が高いのです。

単に水死と理解してしまうと、低体温症対策が
とられずに、同じ事故が繰り返されることを心配しています。

また、装備が軽装かどうかについても報道されていますが、

先日も書いたように、

沢に入ることを予定している場合の装備は、低体温症を防ぐため
保温重視の装備になります。

私がこどもと入る程度のレベルのそんなに高くない沢でも

ヘルメット
ロープ(またはスリング)
ハーネス(ハーネスがあればカラビナ系も)
ライフジャケット
ウェットスーツ
沢用の靴

くらいないと、寒くて怖くて入れませーん。

ライフジャケットは保温にもなるので、
沢では手放せません。

以上は、沢に浸かって泳ぐことを前提にしている
キャニオニングの装備。

ただ、日本で昔からある沢登りは山岳の訓練として
行われていた歴史もあって、沢に落ちる、浸かる事を想定していない
装備で行く場合も結構あります。(その分、個人に高いスキルが必要です)

山岳会系「沢登り」の場合でも、ロープやハーネス、かぎ爪のような器具、沢靴 ヘルメットなどは
装備していると思います(同行したことはないので、定かではないですが、高いスキルの人たちが行っているものという印象なので、装備もテクニックもきちんとしているのだろうと推測しています)

さらに、尾根道歩きは全然また違います。

半袖で沢にはいるのはありえない装備ですが、夏山に登る程度なら
十分ありえます。


ですので、「装備が軽装だった」「そうではなかった」
という場合、どこにどのように入る予定だったかによって
どちらともいえないです。そこが詳しく書いてある報道であれば
今後の一般的な教訓にもなるのではと思います。

山を知っていたといっても、沢はまた全く別な知識が必要です。

また、2時間で低体温症になると今回の報道ではありますが、
これは、山で雨に濡れた場合のデータなのでは?(トムラウシの事故で
2時間というデータもでてきましたが、いままでの知見よりも
かなり急速に低体温症がすすむこともわかってきました)



濡れると体温が奪われるのは、伝導という方法によるわけですが、
空気の中にいるよりも、25倍前後の早さで体温が奪われるといいます。

そして、低体温症として、命にかかわる分水嶺が体温34度といわれています。

沢の低い温度で、浸かっていて、体温が34度になるのに、
2時間もいらないと体験的に思います。

理論的ではなくて、申し訳ないですが。。

(補足 報道であるのは、沢でも2時間弱で低体温症で死亡との
ことですので、低体温症になるまでの時間というよりも
死亡する時間という事に読めました。ですので
間違いというわけではなさそうです。ただ、私がもっと広めて
ほしいと思うのは、死亡までの時間よりも低体温症になる
までの時間。2時間まで大丈夫という認識になってしまったら
まずいのではないかという思いです。

個人的体感としては5分以上浸かっていたら危険を
感じます。低体温症は急激にすすむといわれており、
34度で即、治療開始しなければ助かる可能性が低い
といわれています。ですので、低体温症の予防となるような知恵を
広めた方がいいと切に思っています。)

キャニオニング用の保温の装備をしていなかった場合、沢に落ちたら、
ほんとうにあっというまに低体温症だと思うのです。

滝壺ならなおさら、下に巻き込む特殊な水流もありますし、
気泡によって、水の比重が軽くなり、身体が浮きにくくなります。
ライフジャケット(フローティングベスト)なしで自力で浮かぶのは困難。

(これは、親から子に伝えたい知恵だと思っています。
ジャグジーバスにはいってみると、下からの水流であっても
身体が浮きにくくなります!!!!!温泉やスパで、体験して、
こどもにきちんと伝えておきたいです)

この事件については、その他にももしも、ああだったらと
思う所はたくさんあるのですが、それはまたアウトドアのレクチャーの
際にでも。。


これだけは知っておいていただきたい低体温症になった場合の知恵。

心臓停止になった場合でも低体温症が原因の場合は、心臓マッサージが
通常以上に有効といわれています。
通常マッサージを2時間以上行うことは稀ですが、2時間のマッサージで
蘇生例があります。

水難事故の場合も、溺死といわれているものの中には低体温症が
原因のものが多くあるといわれています。

感覚や意識がなくなり、手足が動かなくなるので、泳げなくなってしまうのです。

水をがぼがぼ飲んだからおぼれているだけではないのです。

根気づよく心臓マッサージを続けてみようと私は思っています。


最後に

事故の報道の場合、いろいろな情報が含まれているほうがいいともいえますが、
刑事責任追求の要件や民事責任追及の要件となる議論と、
今後の教訓になるべき議論をわけたほうがよいのではと
思っています。

責任の議論に関心が集まりすぎると、教訓が伝わらず、
同じ事故ばかり繰り返されています。

情報を発信する側もそうですが、受け取るほうも、そこを
意識しておくと、見えてくるものがあると思っています。














Last updated  2010年08月03日 17時22分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年07月29日
カテゴリ:アウトドアの事故
晴れの日の先日、沢登りの下見に行きました。
私がやっているのは、キャニオニングというタイプ。

山岳会のものとは、タイプが違うのです。
どう違うかと言えば、泳いだり、濡れたりを楽しみながら
滝を登ったり、滑り台にしたり、自然をそのまま遊び場にしちゃうところ。

山岳会のものは、岩を
「まいて」とか「へつる」という専門用語を使うのですが、
濡れないように、落ちないように、山登りの沢版といった
感じで、だいぶ雰囲気が違うのです。

キャニオニングは濡れる事を前提にしているので、ウェットスーツなどを着て、
保温に努めます。

なにせ、沢は水温が低いのです。
ヘリの事故とは場所は全く違いますが、秩父の沢は冷たかったです。

小さな滝壺にも入りましたが、足首まであるウェットでも
10分も入っていられない感じ。

唇が紫になる、がくがく震えるなど、低体温症の初期症状です。
低体温症がすすみ、体温が34度代になると、人は意識的に行動できなくなります。
だから、泳げるはずの人が助けにいって、溺れてしまうのです。

川遊びのレクチャーの時はこの低体温症について詳しく説明しています。
山やカヌーをしている人は当然知っている知識と思っていたのですが、
まだまだ知られていないようです。

ヘリの事故の報道をみても、でてきていません。

心肺停止は結果であって、原因が滑落による損傷なのか、それとも低体温症なのか、
それを報道していただければなあとずっと思っています。

その低体温症について、尊敬する整形外科医で低体温症や災害救助のプロフェッショナル
の金田正樹医師も共著で書かれている、「トムラウシ山遭難は何故起きたのか』山と渓谷社、
おすすめです。


トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか

第一報やそれに続くものは、まず犯人さがしに忙しくなりすぎなのかもしれません。
または、自分の価値観にみあった結論にとびつきやすいのかも。。

報道にあったような衣類の不備はみられなかったというレポートも興味深かったです。
(使用方法は、生死をわけた可能性があるともありました)
結局すべてが原因で、なぜガイドが判断ミスをするような事態になったのか、
天候の分析、知られていなかった低体温症の急速な進行状況、
摂取カロリーなど各方面からのレポートがとても詳しく書かれています。

レクチャーした低体温症についてより知りたい方は読んでみてくださいね♪

写真は登った沢のラストの滝です。


さてさて、こぶたラボ主催 赤ちゃんから小学生まで川遊び実践編
無事終了しました。

お天気がよくてよかったです。

数回目のこどもたちは、今回は川筋を読む事を覚えてくれました。
岩からジャンプするのも楽しかったそうです。

冬のイグルー竃をちゃんと覚えていてくれて石でつみあげたり。

体験が確実にからだに蓄えられているんですね。
こどもってやっぱりすごい!

かわにな、黒い、釣りによく使う川虫(なんていったか名前わすれたー)
カエル。おたまじゃくし、沢ガニ、いろいろつかまえる子がいたり。

あんまり川にはいらず石を一生懸命集めるこども。

入らないと言っていたのに、ずっとつかっていた子もいました。

こどもが二人以上いても、川で安全に遊ぶ為の知恵を共有したり、
ライフジャケットがあることにより、ずっとあれだめこれだめと
言い続けなくていい、こころのゆとりを感じてくださったりと
それぞれ、親もこどもも楽しかったようで、嬉しいです。

感想を書いてくださったブログの引用です。転載の事後承諾ですみません~。
他にもいらっしゃったら教えてくださいませ♪
亜莉さんのブログより
こぶたラボ ライチさんブログより







Last updated  2010年07月30日 06時11分54秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年07月06日
カテゴリ:アウトドアの事故
事件そのものについてのコメントではないのです。

事件報道
ニュース24

飯能市を含む都会近くの川で、私はずっと気になっていた事がありました。

川ガキが生息するといわれる清流で、例えば、橋から度胸試しの飛び込みで、
例えば大きな岩から飛び込む場面で、

行け~とか飛べ~とか、それはもうわいわい騒いでいたりはするのですが、
決して無理強いさせられることはなく、みんなその人が行動するのを待っているのです。

数時間待っているだけではなく、1年でも2年でも。。

なぜ、待てるのか?

他方、都会近辺の河原で、男女の大人に近いグループとなると、
下心もあいまって、嫌といわれても、川の中に落とす(投げ込む)のが夏の風物詩?のように
毎日のように繰り広げられているので、私はずっと気になっていました。

やめて~。きゃー。もう。着替えないんだから~!!。。。
泳げないってばと言われながらも投げ込まれている光景もよくみます。

楽しそうなものに、なかなか水をさしにくい光景ではありますが、
本当によくあります。

川はもちろん危険なので、嫌という自己決定系は重視すべきというのは
あります。

が、それ以前に、川でなくとも。。。

「嫌というのも好きのうち」というような、例えばみんなが楽しければいい、
自分が楽しければいいと、相手の自己決定権が尊重されないことを許す社会の風潮
が背後にあると、ハラスメントといわれる事が簡単におきてしまっています。

一気飲み。デートDV。

(このところ、DVやらハラスメントの相談が多く、それにずっと対応している
から気になるというのもありますが)

嫌といいにくいといわれている日本人が、めずらしく嫌といった場面であっても、
その言葉を尊重してもらえないのならばどうすればいいのでしょうか。。

もっと、ノーを、普段から大切にできるようにしたいなと思っています。

無理強いをして笑って楽しいというのより、みんなが心から楽しい方法が
あるのではないかなあ。。。

話を戻して、川。

何故、川ガキたちは、無理強いしないのか。

飛び込みを含め川が怖い事を身をもって知っているからなのでしょうか?
別に、川で押してはいけないと教えられたからということはなさそうです。
あと、無理強いをしなくても、もっと楽しいことを知っているからでは
ないだろうか?なんて思ったりしました。

自分が決心してやってみてできた楽しさを奪ってはいけないし、
無理に押してきゃーきゃーいうよりも、魚をみんなでおっかけてるほうがずっと
楽しいからではなかろうか。。

都市に近い川では、嫌だという人を無理矢理川に落としていいというように
学習してしまう場面が多そうだなと考えさせられもしました。

なんにせよ、命を落とすようなことは、誰もがつらいことですね。
事件についてのコメントはいつもあまり気持ちのよいものではありません。


話変わって、友人に熱く熱くツイッターをすすめられました。
登録したもののほったらかしていたものを、初めて書いてはみましたが。。。

140字ではおさまらないので、こちらに書いてみました。

いろいろ不手際だらけかと思います~。すみません。
まあ、気が向いたらという感じで。。









Last updated  2010年07月07日 00時02分10秒
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.