821668 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あんどうりす の りす便り

PR

X

全79件 (79件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

育児

2009年10月05日
XML
カテゴリ:育児
すごいばらばらのタイトル(汗)

ビタミン不足と歯並びが悪いため少年事件をひきおこした子が刺繍で。。という話では全くありません。

ブログがなかなか書けなくて、書き始めるとあれもこれもで。。

まずは、こちら

母乳育児からはじまる キレイな歯並び 虫歯ゼロ
ママになる前に知っておきたい 「おっぱいとお口の話」

発売されました。

わたしも、写真までついて最初に対談しております。
(なんでいつも髪がぼさぼさなの?と、見た人にいわれてしまいましたが。へへへ)

何度か紹介した母乳育児を否定しない予防歯科の先生の本です。

マンガ!!!です。
左ページ全部。

絶対マンガにしてくれと先生に強くお願いしました。
じゃないと、読めないから。。

だから気軽におもしろく読めます!!

妊娠中に読んでおくと、悩まなくていいことに惑わされずにすむのではないかと。。

子育てって正反対の情報がいろいろありますよね。

自分で腑におちるものを吟味しながら、考えていったらいいのではと思います。
その作業が親が親になっていくまで育てていってくれているような、
そんな気がしています。

きっと大きくなるまで、親はたくさん選択していかなければならないのだろうな~~。。


おっぱいとお口の話 メディカ出版 1800円


その2 カヌー師匠ののらねこにーさまのみかん、今年は豊作です!
ご注文、おはやめに~!

このまえ摘果みかんをイベントでだしたら、小さいからすっぱめにもかかわらず、
みんなおいしいとぱくぱく。

とくに小さなこどもがよく食べていました。

わたしは、親が和歌山出身だったので、みかんは買った事がなく、
いつも家にあるものだとばかり思っていたくらい、みかんはよく食べてました。
冬に風邪をひいた記憶もほとんどなく。。
風邪対策にも、今年はみかんをいっぱい食べようと思っています。

蜂蜜も絶品です。
ほんとにほんとにおいしいです。

喉が痛いとき、レモンを絞ってはちみつと一緒に飲むと、ほんとすっきりします。
蜂蜜だけは、顔がみえる人からしか買いたくないです。。

あと、みかんジュース。。これがまた市販のものとは比べ物にならないくらいおいしいです。

太陽と季節の恵みですね。。

よかったら連絡してみてください。
素敵なにーさまです。(電話はそっけないので要注意)

にーさま、三線の関係で、波照間と石垣行ってたのね。。
わたしもいきたーい!!

--------------------------------------------------------------------------
海soraは瀬戸内海に浮かぶ大三島の、小さなみかん農家です。
太陽の光を存分に浴びた、安全で美味しい柑橘を皆様に味わっていただきたくて
有機栽培、樹上完熟にこだわり、生産から出荷まで全て自分達の手で行っています。

*取扱商品
温州みかん(10月中旬~1月初)
柑橘詰合せ(1月下旬~4月頃)
伊予柑、八朔、レモン、デコポン、天草、甘夏などなど
旬のものを詰合せてお送り致します
内容は時季により異なりますので詳細はお問い合わせください
ご要望等もお気軽にご連絡ください。

蜂蜜の販売
蜂蜜の販売は5月下旬頃から始めさせていただいていおります。
若干の在庫がありますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください
150g   450円
300g   900円
600g  1800円
1200g 3600円
送料別、蜜柑と同梱可

*料金及び送料
商品価格 5kg箱/¥1,300 10kg箱/¥2,000(消費税込み)
送料    北海道・沖縄/¥1,500 東北/¥1,200
関東・信越・北陸・中部/¥900
関西・中国・四国・九州/¥800
*同一配送先に複数口の商品をご注文いただいた場合は
2個目から送料を¥300値引きさせていただきます。

*ご注文・お問合せは
メールにてご注文・お問合せ下さい。


海sora

*収穫は気候等により左右されますので、配達日やサイズの指定はご遠慮ください。

*お届けについて
ご注文頂いた順番に、完熟した商品を順次発送させていただいております。
時期によっては、ご注文から発送までに暫く(1~2週間程度)お待ちいただく場合がございます。
どうぞゆっくりと楽しみにお待ち下さいます様お願い申し上げます。

*お支払い方法
お届けの商品の中に専用振込み用紙を同封しております。必要事項をご記入の上お振込み下さい。
振込手数料は当方にて負担させていただきます。

ご希望の方はメールにてご連絡をいただければ詳細DMをお送りいたします

*農家日記
5月より海sora店主の農家日記(ブログ)を公開しています。是非一度、覗いてみて下さい
出荷状況等はブログもしくはロゴマークをクリックしていただいたページからご確認いただけるように
しています。 http://www.stb-jp.com/
--------------------------------------------------------------------------

さて、先日明日書くとかいって、全く書けなかった徹にーさまに講演してもらった少年事件。。
電車が遅れた関係で、遅れてスタートだったので、ちょっと時間が足りなくて、
もう少し、じっくり深めてみたかったなというかんじでした。

少年事件の凶悪犯罪、実は数が減ってきているのですって。
あまりにもひどくてむごい事件が起こっているので、
つい数が多いのかと思ってしまいますが、そうではなく。。

少年事件というと、厳罰化みたいな、ありがちな反応がありますが、
実は、実態にあっていないのですね。

ほんの一部の人は厳罰化で止められるわけではなく、
多くの子ども達は、現行法で、劇的に変わっていって自分をとりもどしていっているようです。

そして、普通の家庭の普通の子の事件というものが実は多い。。

時間がなかったこともあって、講演の後日に感想いただいたとき、やっぱり厳罰化がいいと
思っているんだけどという意見の方もいて、その場でじっくり考えてみたかったなあと
おもいが残っています。

まあ、これも、ひとつのとっかかりということで、何かの折に思い出したり
考えてもらえたら嬉しいな。

詳しく深めたい方はこぶたラボ主催のこちらにご参加くださいませ♪

11/9(月)知っておきたい」トークライブ第2弾 弁護士さんに聞く 「普通の」少年・少女犯罪

おまけの話題

刺繍。。。

園の運動会でメダルを作るのですって。
上手なママっているよね。。
上手なママの提案です。

もっとも、刺繍は、苦手ではなく。。
チェーンステッチの女王と呼ばれていた(自称)くらいなのですが。。

このメダル、返し縫いみたいな。。何ステッチだったっけ?
そういう縫い方、指定です。

葉っぱのフェルトをつけて、葉脈の刺繍をしてほしいと、
10枚預かりました。

こどもの寝た時に、みつからないようにやってね


ってことですが。。。
ああ。うちは寝ないんです~~~!!

昨晩も11時。。
私は毎晩、一緒に撃沈していますので、朝、早起きして刺繍しています。ちくちく。

見本の友人作の刺繍はほんとに愛らしく素晴らしく、安定した針さばきなのですが、
私がやると、なぜだか葉っぱがワイルドに。。。なんでー?

チェーンなら得意なんだけど、このステッチ、友人のものは、返す部分で
全く重ならない方法なのですが、わたしは重なるのが好き。
友人の真似をして、重ねずにやってみたものの、なんだかうまくいかなくて。。

だいたい私は応用は得意だけど、基礎が際立つようなものって苦手なのであった。。
だからかあ。。。


しかし、やっぱり真似をしていてはいかん。オリジナリティで勝負だ!

ということで、好きなようにちくちくすると、ワイルドさに加えて今度は葉脈が、
いたずら悪魔がほほえんでいるようにも見える。。

ああ。なんか性格でちゃうのかな~。

でも、ちょっと幸せな時間でもありました。

刺繍する余裕がある生活ってステキ。。














Last updated  2009年10月05日 14時17分37秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年07月31日
カテゴリ:育児
息子と犬を連れて、実家に戻っています。

恒例の和歌山県白浜海岸の花火大会にでかけてきました。

白浜では2回ほど、花火大会があります。

7月の終わりごろと、お盆のちょっと前の2回。

最初のほうが、花火は少なめですが、
音楽と花火の構成が絶妙でお気に入り。。

息子も楽しみにしていて、お弁当もって夜の砂浜へ。。

そして、オープニングで大きなスターマイン。。

すると、息子が、「音がおおきくて、こわい~」

えーーーーー???

去年大丈夫だったじゃん。。

去年は従姉妹も一緒だったので、怖さに気づかなかった??

なんとかなだめるが、
息子はどんどんエスカレート。。

こわいー。帰りたい~。。と大声で泣きわめき、
みなが笑いながら振り返るほどに。。。

はあ。。。

しょうがないなあ。。。

全部みたかったのになあ。。。

と、私も泣く泣く途中で帰路についたのでした。。

うーん。びっくり。

花火だめだったとは。。


さて、気をとりなおし、次の日は川へ。。。

雨が多かったので、下見を兼ねて、
子どもの時から泳いでいる川へ。。。

がーん。

全然だめです。

すごい増水。。

泳ぐのは無理。。。

だけども、瀬がいいかんじで、
カヌーが楽しそう!!!

もうすぐうちにやってくるカヌー師匠&釣りの師匠に
さっそく連絡。

川の状況にもよりますが、私の大好きな
古座川でカヌーしようかという話に。。

楽しみ~。

一枚岩から上流を漕いで一泊するのが好きでしたが、
行けるとしたら一枚岩より下流かな。

さて、川がだめなら、海へ。。。

若干濁っているものの、波も穏やかでいいかんじでした。

はじめて扇が浜にいったのですが、
白浜の白良浜と同じ白い砂になっていて、
それよりもファミリーが多く、いいかんじでした。

イルカの島もできていて、300円で見学できたり
できるそうです。

駐車場も1時間無料で、その後1時間100円で、
シャワーも更衣室も充実してます。

子連れだと、白浜よりもこっちのほうがよいかも。。

楽しかったです!






Last updated  2009年07月31日 20時49分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月25日
カテゴリ:育児
息子の園のお泊まり会。

テントで寝る前に、今年はアフリカンダンスのイベントがあった。

アフリカン!

いいでしょ♪

ジャンベ?他のタイコ?が森にひびくと、ひぐらしも応える。
カリンバの音も、あんなに柔らかだなんて知らなかった。

ダンスの指導があって、音にあわせて大人も子どもも踊った。

アフリカンダンスは腰をしっかり使うのだそうです。
大きな動き、タイコの音、トランス状態になっていました。

おもしろかったー。

今日は川遊びを中止にして、その時点では読めないものだったのではあるが、
午後からすっかり晴れてしまって、なんだかみんなに申し訳なかったなあと
いう感情をかかえていたのだけど、トランスに陥るのも大事だね。。

よかったです。

テント泊なのも、あいかわらずwildな園です。

ママたちから、夜の飲み会のお誘いがあったけど、
じんましん騒ぎで園を休んだりしていたので、
仕事をかたずけたくて、泣く泣くパスしました。

が、気がつけば、もう夜!
なにものんびりしてないよー。

子どもがいないと心配で落ち着かないという話もよく聞きますが、
いつもあまりにベタなので、離れてくれると私はホッとする気持ちも。

2泊、3泊になったら違うのでしょうけど。。。

寝たら、もうお迎えかあ。
いつもとかわらないかも。。
仕事も片付かないし。。

お泊まりを乗り越えて、きっと成長するんだろうな。
それがとても楽しみです。








Last updated  2009年07月25日 21時51分19秒
コメント(1) | コメントを書く
2009年07月22日
カテゴリ:育児
息子の顔が腫れて、はじめてのジンマシンになりました。

わわわ。

虫さされ由来っぽいのですが、原因不明です。

連休中毎日、あんまりきれいじゃない川で薮に入って
セルビンしかけて。。なんてしてたから、原因ありすぎて。。。

もうすぐ園でのお泊まり会もあり、楽しみにしているので
今日は大事をとってお休みに。。。

のはずだったんだけど、自転車で一山超えて、こども図書館まで
行っておりました。

顔の腫れ以外、なんだかあまりいつもと全く変わらないような~~。
明日も休ませるか思案中。

じんましんの診断をしてもらうために、めずらしく病院に行きました。
4100円が無料に。。

支払うと4100円なんだ~。しみじみ。。

ありがたい~。医療費無料。

飯能市では小学校から有料なので、近隣に引越する人も増えているという話。
(近隣では無料も増えている)

赤ちゃんの時から風邪くらいでは、病院には行かずに
すんでいる我が家なので、無料の恩恵はほとんどなかったのですが、
こどもの医療費はやっぱり無料がいいだろうなと、
病院に通っている方のお話を聞くうちに思うようになりました。

確かに、医療費無料だからちょっとの怪我でも行ってしまえとか、
耐性菌が心配になってしまうくらい、薬をたくさんだしている病院が、
無料で薬をたくさんくれるから人気。。なんて話を聞くと、
無料って、どうなんだろうなと思う所もありました。

でも、風邪で、うまくセルフケアした場合には、保険料が安くなったり
戻ってくるようであるといいな。。エコにすると、キャッシュバックが
あるみたいなかんじで。

そんな制度とセットの医療費無料だと、不必要な薬の乱発が
おさえられるし、親の努力も評価してもらえるし、
うれしいなと思うこのごろ。。


26日は飯能の市長選挙です。

そういう視点も交えて投票してこようと思っています。









Last updated  2009年07月22日 20時41分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月09日
カテゴリ:育児
1、5年前、ちょっとした偶然から我が家に虹色クワガタの幼虫が
やってきました。






えー。外来種なんて。。しかも幼虫(涙)。。。

でも、もらっちゃったしなあ。。。

でも、息子が大喜びなので、外に絶対放したりしないということで
飼ってみる事に。。

名前はクワガタくん。。。って、息子のこの事実重視のネーミングセンス。。。。

餌はキノコの菌床。


えらいいいもん食べてるんやんか。。。

で、夏までに成虫になるかと思いきや、実家に戻る時まで連れて行ったのに、
いつまでも幼虫のまま。。。

いつまでもいつまでもいつまでも。。。

冬、寒いかなと思って温かい寝室に連れてくると、
夜中、ぷちっぷちっっと菌床をかじるクワガタくん。

何の音かと思って飛び起きちゃったりしたこともありました。

何度か菌床も交換しました。

よく食べてまるまるした幼虫になるばかり。

全くさなぎになる気配がありませんでした。

ある日、これまた偶然うちにやってくることになってしまったカメ
(この話はまたいずれ)の餌を買いに行ったときのこと。

クワガタもおいてあるので、
ペットショップの定員さんに聞いてみました。

全然サナギにならないんですけど。。。

すると、それはオスかもしれません!しかも大きくなるかもしれません。
と、定員さんの目がきらりーんっと輝きました。

クワガタはやっぱりオスが、それらしくて人気でしょう。
なんだか私の目もきらりーんっと輝いてしまいました。

なので、待ちに待ちました。

2週間前、やっとサナギになりました。

ただの巨大芋虫みたいだったのが、角(顎?)を折り畳んでいるサナギになって
なんだか、成長を感じて感度しました。このしっかりの顎。。
やっぱりオスだったんだ~。

菌床を昆虫飼育ケースにいれて、いつでもでてこれるようにしました。

そして、やっと今日。。。

朝のぞいてみると、菌床からでてきてる!!!!

きゃー。でも仰向けで全く動かない~。
どーして!!!どーしよ~~~!!!

パニックになって、あわてて夫を起こしました(自分では触らず^^;)

でも、菌床をほぐして、寝床を作ってあげたらもぐっていきました。(私はみてるだけ)

木を切って隠れ家を作ってあげたら登ったりしていました(切ったのは夫)

キラキラでとっても綺麗です。

よかった生きてて。。

なんだかとっても感動しました。

クワガタくん、ありがとう。。

ところで、カメの餌を買いにいったのは、夫と息子が買った150円の餌を
カメが食べてくれず、子カメ用エビ高配合の餌を私が買いに行ったのでした。

(カメがこの餌を気に入ったので、息子、カメの名前を「エビ高配合」にしようといいだしましたが、却下しました)

クワガタくんも、夫と息子が買った昆虫ゼリー、全然食べないんだけど。。。

きみも美食家なわけ??

あんなに苦労して育てたので、食べてないと
心配になってしまう このごろでした。

長生きしてくれたらいいなあ。。















Last updated  2009年07月09日 23時40分52秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年06月30日
カテゴリ:育児
先日品川で防災の講演をしてきました。
主催が宝保育園と、保育園だったので、私の方が子ども達に癒されてきました。
ブログをみて参加してくださった方もいて、ありがとうございます♪

なかなか更新しないので、書くとついつい長くなってしまうのですが。。

講演のあと、原宿まで足をのばして、世界未来予想図展に行ってきました。

自然育児友の会からだした本の巻末にコメントをよせてくださった
柏崎のお医者さんのアトム先生が企画されたこの展示会。。

柏崎の子ども達が震災後、夢や希望の絵を描きます。
それを例えばエイズに苦しむこどもたち、貧困など様々な問題に
苦しむ子ども達に夢を託します。託されたこどもたちが、また次に絵をかいて
つなげていく。。。

そういう、繋がっていく絵の展示会なのです。

見た後で、ああやっぱりこれは感想なんて書けないなあ。。
と、思いました。

こどもは大人の枠を超えていくもの。

枠にはまった大人の頭の感想が陳腐に思えちゃうので。。。

でもまあ 伝えなければわからないものでもありますから、
陳腐ななりに感想。。。。

自然を守りたいと願う国の子ども達の絵には魚や山がたくさん書かれていました。

病に苦しむ人が多くいる国の子ども達は、お医者さんが憧れの職業であることがよくわかりました。

ああ。やっぱり陳腐な感想だわ。。。

子ども達はどんなに苦しい中にあっても、
小さな優しさに触れるだけで
他者に深く大きく優しくなれて、
未来に希望を持つ事ができるんだ。。

こどもたちの未来が明るいものでありますように♪


ところで、お医者さんは日本ではいまでも人気があるのでしょうか?
まだ、息子の友人のなかでなりたいという声は聞いた事がないです。
(うちのまわりだけ?)

緊急救命室に勤務している友人の医者は、毎年年賀状で忙しすぎるとだけ連絡してきます。
仕事はほんとに大変そうです。。

大変だけどやりがいのある仕事。。ということで
苦しく学ぶ事もままならない国の子ほど、勉強にたいする思い入れが強いのかな。。。

息子によると、園で将来何になりたいかを友達と話したそうで、

Sくんが将来なりたいもの

「うんち」

。。。。。

えーーーー!!!!!

それを聞いた夫、しみじみと
「それは気楽でいいかもしんない。」

えーーーー?????
ライオンにでも食べられたら夢は実現できるかもしれないけれど、
気楽なのか?うんちが???と、私は思わず自問自答してしまいました。。

まあ、ありがちな園児の悪ふざけなんだろうけどね~。。

さて息子のなりたいもの。。

体育会系な私は、せっかく運動ができるんだからと、アスリートへの
道なんぞを用意したくなっちゃうのですが、できることと
やりたい事が一致しているわけではなく。。。。

宇宙飛行士→工事現場で働く人→杉の木を手入れする人から変遷して
最新の希望は、「科学者」

だそうです。
トイレで突如思いついたそうです。(園児とトイレネタはきってもきれない仲なのね)

すでに誕生日にもらったヘリコプターのおもちゃは、分解されているし、(分解されたまま)

今日は、1週間はどうして7であって10ではないのかという質問をしてくるし、
(一緒に調べようと約束済み。天文とかしらべないとダメ?)

お友達のママが
「カマキリの赤ちゃんがパパとママにあえなくなっちゃうから逃がしてあげようね♪』
というと、
「カマキリは冬にはみんな死んじゃって、その後に卵が孵化するから、
生まれた時からパパとママには会えないんだよ」とリアリズムでメルヘンをぶちこわすし、

ピッチャーの中にはいっていた炭が、水の中と外で大きさが
違うので、お友達のママが「大きさが違うね。どうしてだろうね」
となにげなーく聞くと

ちょっと考えてから「光の屈折」←(ドラえもんマンガシリーズの科学で仕入れたと思われる)
と答え、園児の間で、「ひかりのくっせつ」という言葉をはやらせたこと。。

絵をかかせると、のびのびというより、
「かーちゃん、指は5本書いておいたから!」とか、
服の柄をそのまま再現してみたり何かと写実的なこと。。

親ばかですが、うわ!!!。。。いままで出た なりたいもののなかで
一番ぴったりかも。。。と思って、
思わず

「似合ってるわ。。。」

と答えてしまいました。




















Last updated  2009年06月30日 12時56分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年03月21日
カテゴリ:育児
卒園式とシーズンですね。

うちは、まだ来年ですが、仲良くしていただいた一つ上の
おにーちゃん、おねーちゃんたちの
キラキラした瞳に感動します。

我が園は、ちっこい園。

でも、どこよりも自然そのままに
走り回り、遊び尽くして、喧嘩して
泣いて。。。みんな個性的。

それぞれが、それぞれの想いのまま、
卒園の絵本を仕上げます。

毎日、外でばかり遊んでいる子たちが、
じっとお部屋の中で、絵を描くというだけで、
びっくりですが(笑)

実体験が豊富だからだと思います。

みんな絵がうまい!


自作の話も想像力豊か。

小学校にはいって賞をとる子も多いと聞きました。

絵の書き方なんかは、ひとつも教えられてません。
だって、外で遊んでるだけだから。
でも、満足するだけ遊べれば、それだけでよかったんだね。。

イベントがあるわけでなくても、
教育的何かがなくても、
自分で遊びを考えて、
遊ぶ事だけで毎日終わっていく事で、
こんな力をつけているんだね。

何がすごいって、木、ちゃんとたがい違いに枝がわかれています。
ざりがに、干し柿つくりの描写、実にリアル。。

こどもは、そのままの状態を瞬時に記憶できる能力があります。
体験すれば、そのまま描写できてしまうのね。。。

みあげるような木を下からの角度で書き、
たくさんなっている果実は、大きく象徴的に。
汽車の煙はぐいぐい力強く。

単なる写実ではなく、感動がそのまま絵に、
構図になっているのが読み取れます。

色つかいも、リアルさと自由さが絶妙。

手が大きくて、足がしっかり大地を踏みしめていて、
あれもこれも遊びたい!遊びたい一心の
その心が、そのまま絵になっているかんじ。

感動こそが、感動を与える絵の原点なんだ。。。

と、あたりまえの事を、あらためて思いしらされました。

たくさん感動できるから、きみたちの絵は、
多くの人に感動を与えることができるんだね。

一番いばっていて喧嘩の強かった子は、
自分がいっぱい登場しています(笑)

そっかあ。そういうことなんだね。

優しい子は他者への視点の多いお話に。

人格がそのまま絵に、話に、あらわれていて、
こりゃ先生、毎年、楽しいだろうと思いました。

絵本はきちんと製本され、それをひとりひとり発表する卒園式です。

一生の宝物だね。

ご卒園、おめでとうございます♪

今日は、卒園山登りでした。息子は夫と参加してます。
みんなと最後のお山遊びを楽しんでいることでしょう。












Last updated  2009年03月21日 13時21分12秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年07月23日
カテゴリ:育児
タイトルは、本日企画したミニ講座のもの。
飯能市子育て支援センターどんぐりルームの
新井裕子先生に講師をしていただきました。

もー。裕子さん、すごすぎっ!
私は、夏の水遊びの安全について、あまり報道されないことを
時間をつくって是非書きたいと思っていたのだが、こちらを
報告したい衝動をおさえきれません。

現場の人の話で、しかも、母親がどれだけ大変かってことを
よーく知っているので、胸にストンと落ちるわ、キャッチできるわ。。
そーゆー講座でした。

イヤイヤできるって素晴らしい。
ちゃんとお子さんを育ててるってことよ♪
自分の主張をちゃんと、母親に伝えられる。これが2歳児くらいには、
とっても大事。
親に伝えず、攻撃を他者にむけるほうが、こわいのよ。
大丈夫。みんなちゃんと育ててるから。

ママたちは、むしろ、頑張りすぎてる。
掃除でしょ、パパの帰宅にあわせた食事でしょ、イライラしちゃうよね。
もっといーかげんでいいのよ。いーかげんなくらいが子どもには、いい加減。
ずっと向き合ってイライラしてたらお互いにストレスたまっちゃうでしょ。

そんな、母の気持ちを代弁してくれる話に、みなの目から涙が。。。

でも、ひとつだけちゃんとやってね。
いっぱいほめてあげて!
たくさんほめられると、嬉しくて、もっと誉められようと子どもは頑張ってくれるから。
誉めるとこないんだけど。。イヤイヤするし、下の子をたたくし。。というけど、
子どもが生まれた時の気持ちを思い出してね。
そこにいてくれるだけで、ありがとうって思ったよね。
あたりまえにできることってすごいことなのよ。
それを誉めてあげて。

待っててくれてありがとう。
ご飯を食べてくれてありがとう。
今日は頑張ってくれてありがとう。

赤ちゃんにかえったら、かえらせてあげて。5分だけならいいじゃない。
ママも時々、赤ちゃんにかえりたーいっていって、かえったらいいんだから。

2歳のこの視野は、前45度くらい。
後ろからあぶないとかいっても聞こえないし、また怒ってるとしかわからない。
前をみて、目を見てちゃんと事情を話してみて。
ただ、2歳では、気をそらすことも大事。これはごまかしではなく、
他にものに目をむけることを覚えてもらう大事な作業。
3歳になったら、今日はおやつ買う約束じゃないよねって約束がわかるけど、
2歳は、ずっともやもやしたばかりになっちゃうから。

大人になっても、もやもやをうまく解消できない人がいるよね。
うまく解消出来る子だと、相手の人格を否定するのではなく、行動だけ否定できるように
分析的になれる。あいつは、今日は、機嫌が悪かったのかも、という具合。
それができないと、いつまでもむしゃくしゃして、他者の存在を消してしまいたくなったり、自傷したりしてしまう。

それは、自分に自信がもてなくなっているということ。

ほめて自信をつけさせなくちゃ。
母のイメージ、例えば優しい母のイメージなどを、母自身が決めて、そう思えるようにイメージを送り続けることが大事。

階段を必死で登ってるのに、ママが早くしなさい!なんて上から怒ってるときあるよね。
こどもからしたら、足の付け根の高さでも、ママが行くというから、必死でついていってるのよ。
大人だったら、そんな足の付け根の高さの階段、遠回りするよね。
自分がそんな時、どんな言葉をかけてほしい?
自分がしてほしいことを言ってみて。
それが自然にできるようになると、こどもがかわるよ。

例えば、だれかをたたいていることにあわてて、自分が子どもをたたいてしまったら。。。
たたかれると痛いよね。と伝えて。たたいた3倍抱っこしてあげなきゃだめよ。

でも、優しい母のイメージを送るため、怒るのは、危険回避の特別なときまで
とっておいて。もちろんたたかない。
とにかくほめるところをみつけてほめてみて。
こどもが話すことには、オーバーなリアクションで喜んでみて。
こどもはそれがおもしろくて、何でも話してくれるから。
なんでも話してくれて、目をしっかりみてくれたら、何かあったとき、
すぐわかるでしょ。

大事に愛されて育った子は、いじめられて傷つくこともあるわ。
愛されて育ってないと思っている子がたくさんいるから、妬まれるわよ。
それでも、いじめられて嫌だったねと共感してあげて。
ちゃんと育って来た子なら、自分で分析して、解決できるようになるから。

他に大事なこと。

夫婦喧嘩は絶対子どもの前でしないこと。
子どもは経済的な話でも、ぜんぶ自分のせいだと思うから。
お母さんが怒る事も、ぜんぶ自分のせいだと思ってるから注意。

相手の悪口をこどもの前で言ってもだめ。

パパが○でママが×ということは作らないこと

ママが幸せだと家族も幸せ

ダメなことは、ちゃんと自信をもってダメっていうこと。
ほめることと、放任することは違う。



などなどなどなど。。。
裕子さんがみたら、違うわよ。りすさん~。
なんて言われそうですが、私が感じたままを書き留めてみました。
こんなことは、本や文章でいわれるより、身近な人に言ってもらうほうが、
ずっと心に響くものなのかもしれないなあとも思いました。

話を聞いたあと、こどもがかわいくていじらしく思えました。
お仕事で、字を書いていて、本を読んであげる約束なのになかなかできず、
ごめん、相手してあげられなくてって時、
通信教材勧誘のお試し付録をどこからかもってきて、
自分も字を書いたりしてました。
もちろん、まだ読みも書きも教えてないので、できないのですが。。。

ほんとに、生まれてきてくれてありがとうと思いました。

どんな子どもも、たくさんの愛情につつまれますように。。

裕子さん、ありがとう!














Last updated  2008年07月24日 00時50分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月12日
カテゴリ:育児
 少し前の話です。

朝おきたら、息子が真面目な顔で、しっかりと目をみつめ、こう言った。

 「かあちゃん。今、ここを ぐー で がつんってたたかないでね」

と、左の頬の奥を指差す。

????なんだか虐待の前科があるようなモノいいなので、
 「????かーちゃん、たたいたことないよ。いま、たたかないけど、どーしたの?」

聞けば、そこがとても痛いから、ぶつかったりしてほしくないのだという。

まわりくどい言い方に、あらぬ嫌疑をかけられた被疑者のようにどきどきしてしまったけど、よく見るとそこは、耳下腺。。。

もしかして、もしかして、おたふく風邪???

園を休む手配をして、病院へ。

腫れているものの、熱もなく、けろっとしているので、先生いわく、

今の時点ではわからないとのこと。

「4日間腫れていればおたふく風邪でしょう。」

確かに、腫れて痛がる以外は、病院での待ち時間に退屈して、自転車で走り回っていたし。。

けろっとしているといえばそうだなあ。。

でも、前日もその前も喉が痛いと言っていた。

「風邪ばい菌がはいっちゃったみたい」と自己申告していたのだが、

お散歩で4キロ歩いた後に、昼ご飯を食べて自転車で4キロ走って公園までいって、水遊びして、友達とおいかけっこして、4キロ登り坂を帰ってきた。

そんな毎日トライアスロン小僧だったから、かーちゃん、全然信じなかったよ。すまん。。。。

かなり痛がっていた2日目も泥遊びしたり、それほど元気がないわけでもなかったが、

なんと、夜、夕飯を食べずに、ちょっと目を離した隙に眠っていた。。。

ありえなーい!

これは、過去に、40度の熱がでたときにしかなかったことなので、相当体にダメージがきているはずだ。。

これは、ほんとにやっぱり、おたふく風邪か!!!

そして、3日目の朝、気持ちが悪いといって、嘔吐。。

わ。これは、無菌性髄膜炎ではないだろーか。15人とか10人に1人になるといわれている。。
どきどき。。

外にでたら、「まぶしい」。。なんていいました。髄膜炎っぽいセリフ。。

首のこわばりはないけどなと気持ちを落ち着けつつ、警戒態勢に入る私。

朝、嘔吐した以外は、すっきりしたといって、ご飯は食べた。

もっとも、あまり食欲はないらしく、うどん、蕎麦、そうめんばっかり。

やや切迫した気持ちで病院に行くと、「切迫感がないですね」といわれた(^^)

髄膜炎なら、そしておたふく風邪ならもっと症状は重いらしい。。

髄膜炎じゃなくて、ほっとしたけど、おたふく風邪でもないのか~。

ちょっと残念。はやくかかってくれると軽いというので、少し喜んだのだけど。。

でも、それだと、あの夕飯をたべずに寝たという、過去にありえない事例はなんだったんだろう。。

みためは、軽そうだけど、。。寝た。。。なんて、親としては考えられない状態なんだけど。。

でも、それを先生に説明するものアホらしいほど、元気そうな息子。。。

軽くすんだのだったらいいけど、かかったかどうかは、抗体を調べてみないとわからないそうです。

病気が軽かったのに、やきもきするなんて、なんだか複雑な親心です。

おたふく風邪。。。奥が深いわ~。







Last updated  2008年05月12日 13時27分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月11日
カテゴリ:育児
ほととぎすが初鳴きした日、
ミャンマーではサイクロンの被害報道が相次ぎ、
中国で地震が起こったとの第一報が流れた。

学校についての耐震性のなさが
話題になっているが、日本も同じ。
ちょっとづつ、耐震化していると、
教育委員会の防災担当の人にお話をきいたとき、
お答えいただいたが、
実際、なかなか手がまわっていないということだった。

新しくできてゆく他の建造物もあるのだが、
学校関係は、第一優先というわけではないのが現状で
関係者もなげいている。

こどもたちの存在こそが、私たちが生きている意味なのだから、
第一優先になるように、
いろいろ働きかけなければと思っている。

災害時、保育所や子育て広場をオープンにすることで、
どれだけ親子が安心できたか報道されているが、
被災経験がない場所では、それよりも、なによりも、
行政の管轄が優先され、
ドアを開ける事もできなかったりするのだ。。。


みんなの力や声が必要だなあと思っています。

誰もがこれではいけないと思いつつ、
先例のないことは、二の足をふんでいる。
責めるのではなく、みんなで地域の宝物の
こどもたちを見守れるよう
自分たちの場所で、声をあげていってほしい。

学校は構造上安心できる場所に。
手抜きしないで、きちんと建てて。。

被災地への募金や、自分たちの生活の見直しもかねて、
MOTTAINAI リユースフェスタを開催しようと画策しているが、
場所等、これも、いろいろ難しい問題があって、
まだ場所、日時が確定できないでいる。

書きかけのページ。
ここに書いている場所は確定ではありません。

NPO法人 子育て応援 ゆう のページ

法律や管轄で、
みんながいいと思っていても動けないことがたくさんあって、
ただいま、こんがらがった糸を解きほぐしているところです。

みなさんのお力をお借りしたいです。

個人的には、天覧山、多峰主山を子供と一緒に登ってきた。

春らしく、おたまじゃくしがうようよいました。

ひたすら山登りというわけでなく、木をひろってたたいてみたり、
急な坂ではおしりをついて滑ってみたり、道標をみつけて
ふんで遊んでみたり、山そのもので遊べるようになってきて、
楽になってきたなあと実感しました。

庭の木が3本重なった中に空洞をみつけ、
秘密基地も作った。

近所のお友達とは、水たまりを埋めてみたり、
あめんぼをつかまえたりして、
立派な田舎の子らしく遊んでいる日々をすごしています。

災害は、こんな
平凡な暮らしの幸せを一瞬で奪ってしまう。

災害の報道というものも、いつも、違和感を感じるのだけど、
気持ちがうまくまとまらなくて、言葉にできないなあ。。。


このところ、読んだ本をちょっとづつまとめていたものです。
別に紹介しようとも思いましたが、
なかなかブログも書けずなので。。。

横内美代子さんの

永遠へ


なつかCDキャンペーン 横内美知代/永遠へ…(CD) ◆10%OFF!

「永遠へ ガンを抱えた母から、まだ幼い我が子への手紙」を読みました。

現在、本は中古でしかなく、CDは発売中。

少なからず、飯能にご縁がある方です。
知人を通じて、存在を知りました。

乳がん、妊娠、婚約者の失踪、そしてシングルマザーとして育児。
プロのミュージシャンとして、
輝いていた横内さん。
天に召されてしまいましたが、
ご意志は必ず、うけついでいきたいと思いました。

泣けてしまって、ちっとも感想になっていませんが、
こどもを持つ親全員にまず
読んでいただきたい本です。

ご本人のブログを読んでくだされば、
へたな感想より、ずっとよいです。

今年読んだ本の中で一番おすすめです。





はるをさがしに

この作者の絵本はほんわかあったかく、東北の山そのものというかんじ。
宮沢賢治の世界のような話で気に入ってます。


ビアトリクス・ポター

ピーターラビットの作者のポターさん、
この人は、ものすごく商才や生物そのものにたけた天才だったんだなあと
読んでいておもいました。
湖水地方をナショナルトラストと組んで保護した経緯は圧巻。
キノコの生態の論文を書いて、いまでこそ、常識の共生理論を述べたものの、
女性であるがゆえに差別され、意見がかえりみられなかったりしてます。
いまなら、植物学者になっていたでしょうが、それができなかったので、
絵本出版で自立し、羊の固有種のブリーダーにもなり、環境保全もやり。。。
ともかく、自然観察眼にたけている才能が、すべての分野において、開花しているすごい人です。
結婚前の婚約者が病死するなど、私生活でも波瀾万丈で。。。
とにかく圧倒されました。ただのピーラビの作者ではなかったのですね~


あおだすすめすすめ

楽しい汽車の本。こどもが大好き








Last updated  2008年05月26日 19時18分37秒
コメント(0) | コメントを書く

全79件 (79件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.