000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あんどうりす の りす便り

PR

X

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

子育てに生かすアウトドアウェアリング

2009年03月07日
XML
マザリングフェスタで出店されていたのを見たとき、

あ!これこれ!
私が欲しかった授乳ブラ!と一目惚れ。

今まで、市場にないものは、企業に企画を持ち込んで、
あれこれ作っていただいたりしていました。

例えば、子供用シルクのインナー。

モンベル SPシルク100 Rネックシャツ BABY’S 1107232

でも、授乳用は、アウトドア関連では取り扱いが、
厳しく(まあ、そうだわな 笑)
実現が難しかったのでありました。

でも、これは、理想そのもの~
私が授乳しない間に、製品化されていた
現役ママがいらっしゃったことに、
勝手に親近感を覚えました。

詳しくこちらに開発秘話や詳しい製品情報があるので、
見て欲しいのですが、

peapod

わたしが感じていたことと全く一緒。

息子は、夏生まれで、うちにはクーラーがありません。
夏場は、川など、水と風がうまれる場所にでかけていたので、
クーラーなど必要なかったのですが、
生後数日の子どもを連れて、
さすがに川には行けず、
家のなかの、暑い事暑い事。。。

汗だくで、授乳ブラなど、瞬時にびしょぬれ。

秋になって外出するようになっても、
コットンである授乳ブラは、汗を保水しちゃって、
汗冷えはするわ、

早々にアウトドア用の吸汗拡散性のあるポリエステルの
普通のブラ(伸縮性がかなりあるもの)を
授乳ブラにすることにしました。

当時、これがあったら、迷わず、これを使っていたことでしょう。

シルクに5%ポリウレタンを入れてある素材なので、
伸びが格段に素晴らしいのです。

pea podのものは、ブラとタンクトップがくっついた授乳ブラなのですが、
この伸びのおかげで、妊娠中や授乳期でなくても、
ぴったりフィットしているのに、妊娠中のおなかの動きにあわせて
びよよ~~~んと伸びてくれるのです。

ポリウレタンをいれたことを想像できる人には、当然の
びよよ~んなのですが、想像できない方は、是非、お試しあれ。
驚きの伸縮性なのではないかと思います。

アウトドアメーカーに子供用シルクのインナーを作っていただいたとき、
ポリウレタンをいれたほうが、伸びがいいので、
入れたくもあったのですが、
日本では、100%神話のようなものがあって、
なんでも100%のものがいいと思われている気配。

何故、入れているか説明しないといけないので、市場で
誤解されても残念と思い、私は妥協したのでした。

100%神話、どこから来たのかといえば、
お茶を習っていたし、親の実家が呉服屋だったので、
よくわかります。

着物の世界は、序列が厳しいんですよね。
正絹(しょーけん)100%
というものでないと、正式には、お茶席には出てはいけないのです。

冬用のウールのお召しなんて、普段着扱いで、
格式が下なのです。
あったかいのに、見栄っ張りな文化なのですよね~(笑)

ちなみに、高級品である、大島紬も、沖縄紅型も、
値段は高くても、格式は下なのです。
絞り染めも、下なんですよ。
手間がかかるものは、現在では値段がはりますが、
昔は、農作業の合間に誰もが手がけるものでした。
だから、下って、それはどうなのよといいたくはなりますが、
そういう形式美が尊重されているのです。

なので、何か、混紡するというのは、

格下、粗悪品というイメージが昔からあるのだと思われます。

あと、実際、戦後、物資の不足から
そのような粗悪品もたくさん出回ったので、
ますます100%神話が強まったといえるでしょう。

ネット社会で、最新情報を集めているかのように
思う私たちですが、実は、昔から信じられていた事に
しばられていることはたくさんあります。
(防災ずきんもそうだよね)

思わず、横道にそれちゃいましたが、
そんな強い神話があるにもかかわらず、
本当の機能性を採用した開発ママに拍手!!!
と私がどれだけ感動したか、わかっていただけると嬉しいわ。。

シルクだけの気持ちよさよりも、
肌障りもずっと滑らかで自然なかんじすらします。

伸縮もそうですが、カットの仕方、縫製の仕方、
プロのお仕事です。
そのまま寝ちゃっても全然苦しくもなく、
締め付け感がまったくないのに、しっかりホールドしてくれている。
素晴らしいわあ。。。

なので、授乳がおわっても、ずっと使えるのです。

そうそう。シルクの特性、書き忘れてますね。

汗をコットンの1、5倍程度吸収します。
意外におもわれるかもしれないですが、そうなのです。
で、これがシルクのすごい所なのだけど、
汗を放出してくれます。コットンは保水したままです。
肌の水分量以上の水分だけ放出してくれるので、
肌にしっとりするのです。

タンパク質の構造も、皮膚と似ているので、
低アレルギーといわれています。
肌になじむかんじですね。

他にも紫外線を吸収してくれます。

だけど、その分、劣化が早いのです。
だから、ポリウレタンを混ぜると、シルクのよさがとても生きてくると
私は思っています。

もっと興味があるかたは自然育児友の会にて
「防災」と検索してでてきた拙著をお読みいただけると幸いです。

さて、そんなわけで、やっぱりシルクはすごい!!

これなら、汗冷えしないですむので、トレイルランニングにも
着ていけそうです。

山で使った感想はまたのちほど。

それと、使ってみて、びっくりしたのは、ショーツのほうでした。
シルク100%のものよりも、気持ちいい~。
ゴムがないということが、どれだけ体が自由になるか
実感しました。

さっそく母にも教えてあげよう!

これ以外はきたくなくなるという他の方の感想がありますが、
よくわかります。

思わず、たくさん誉めまくりですが、
下着は、山でも使える、しかも、妊娠中から重授乳から普段まで
なんていうものは、めったに出会えないものなので、
ついつい興奮して書いてしまいました。

しかも、ただいま、息子は近所のお友達のうちに
あがりこんでしまっているので、ブログまで手がまわったのでありました。
お友達はありがたい!

追記
これを書いた後日に、pea pod さんから連絡があり、
HP上にある以下の紹介フォームを使って購入すると初回から
ポイントがつき、500円割引できますとのことです。

気付かずに紹介してしまってすみません~。
フォームを使わなかった場合は、後日使えるポイントを
つけてくださったそうです。

紹介フォーム

↑3月19日に再度URLを訂正しました。
うまく紹介フォームが開かなかった方がいらっしゃったそうで、
大変失礼いたしました。









Last updated  2009年03月19日 11時45分30秒
コメント(4) | コメントを書く


2008年11月27日
アウトドアの防寒製品をひととおり持っているので

それらが、使えなくならない限り、

もういまさら新たに防寒商品を買う事もないだろうと

思っていたのですが、このラップスカートには驚きました。

腰とお腹があったかいって、違うのね~。
やっぱり体幹部、中心部、丹田ってことなのでしょう。

リバーシブルなので、趣向をかえてはいるものの、
あまりにも毎日はいていたら、園のお友達のママたちも
続々と、お揃いになり、
今日お見送りしたら、先生までお揃いに(笑)

これと、足下さえスノーブーツのようなものを履いていたら、
氷がはっているような氷点下でも、
上着がさほど、完璧でなくても、十分でした。

温かいスカートがあれば(正確には厚手腹巻きか?)
いいというのは、私も勉強になりました。

朝起きたら、夜のパソコン作業に、寒い台所仕事に。。
ほんと、離せないです。

うちは、外気温より寒いときもあるので、重宝しました。

ネットでみると、全然かわいくないですが、
はくと好評なようで、お揃いが増えてます。

これも、絶対、これを買いなさいっていうのではなく、
寒いと思ったら、効率よく、腰とお腹をあたためる
スカートという知恵があるといいんだなと思いました。

体感で実験比較したところ、
ウールスカートより、この防風の生地が断然温かかったです。

おそと遊びにつきあっても着膨れになれなくて、
コートが重くならないのも、スカートってすごいかもと
秘かに感動しています。




【10,500円以上送料無料】mont-bell[モンベル]W'S サーマラップスカート(THYMカラー)
montbell (モンベル)サーマラップスカート CHNT チェストナッツ 1106388
■モンベル[montbell]レディース1106388(GYグレー)サーマラップスカート【spodcpl】
【10,500円以上送料無料】mont-bell[モンベル]W'S サーマラップスカート(RUSTカラー)






Last updated  2008年11月27日 15時04分08秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年03月23日
入学、入園の春ですね。
我が家は、通い慣れた園から、新しい園へ転園することにしました。

前の園も、とても楽しかったようで、しかも、ひとりで服をたためるようになったり、ご挨拶できるようになってました。すばらしー。
とても我が家では教えることができなかったわ~。
お上品なことも、身につけることができ、息子にはとってもよかったです。

ただ、いかんせん、体力がついてきた息子、パワーを持て余すようになってきました。
小さいうちは、本当によかったのですが。。ああ息子。。帰ってきてから、自転車で走り回り、押し入れから飛び降り、それでも風呂に入ると覚醒するのは、ちょっと。。。


我が家の価値観や方針をじっくり考えなおした結果、小さいうちは、特定のスポーツも勉強もいらないから、とにかく、毎日木登りしたり、不安定なところを走り回って、そして疲れて!!!!!帰ってきてほしいな、それが一番!

川遊びは、春になってからすでに1回腰までつかるなど、しょっちゅうしてるので、川ガキとして成長する息子。が、木登り。。。へったくそやなあと、気になってました。
体幹の使い方、バランス。。。もっと鍛えて欲しいなあと。。。
まだ体幹が、堅いかんじ。。走り回りが足りない気がします。

なので、お行儀は、とりあえずほっぽって、毎日外遊びばっかりのところにいざ転園!

喧嘩はするものの、けっこう、優しい子どもたちがいっぱいの、日だまりみたいな園にいたので、息子、「代わるの嫌だ」といいました。

でも、ちょうど話しする前に、息子が、広告にはいっていた、公文の地図パズルが欲しいといっていたので、モノでつってしまいました~。

新しいとこで頑張るなら、これ買おうかな。。

といったら、即時OK。。パズルに負ける友情。。。。

できれば口で説得したかったので、ちょっと後ろめたい気もするのですが、でも、励みになるならいいのかなあ。。。

あいうえおも全く読めない息子ですが、小さいころから、地図が大好き。
世界地図が欲しいと言うのですが、まずは、安い日本地図から買って、それでちゃんと遊べたら世界地図を買おうかということで手をうちました。


くもん 世界地図パズル


PN-11くもんのNEW日本地図パズル

で、やってきた日本地図パズルですが、やっぱり気に入っただけあって、好きなんですね。
しかも、子どもの記憶力のすごいこと。。。文字読めないけど、県の形をさっさと覚えてしまうのですね。宮城県は、鹿の形とか言って、購入したその日から、瞬時に入れてます。

これを買ってもらったから、新しいとこでも頑張るよと、言ってくれているので、親も一安心です。

お友達が来ても、これ、好評です。学ぶ楽しさというのを感じてくる歳なのかな?と友達と話して、なるほどと発見しました。親は頭で、お勉強はまだ!とか、早く!とか教育方針を考えがちだけど、子どもが楽しくできるものは、楽しませてあげれば、いーのかも。。子どもが自分で選んでいくものなのかもしれないなあ。。。

さて、入園にむけてのアウトドアウェア情報

4年間使いたおした我が家のオールウェザーのレインウエアもそろそろくたびれてきました。雪遊びに雨に、防寒にと、よく頑張ってくれたものね。

今年、やっと2年前に提案したレインウェアが発売されました。
ザックを背負っていても、上から背負えるレインウェアです。
まだ、ネットではほとんどでてないし、店頭にやっと並びだしたかんじです。

ジッパーは、大人用とはジョイントできません。上だけのものです。
もっとこうすればというのは、ありますが、このタイプを求める声は多かったようで、発売されてよかった(^^)



モンベル パックラップレインウェア

今年のウィックロンのキッズもかわいい柄がふえて、嬉しいです。
我が家では、夏物は毎年1枚づつ買っています。
夏の服の買い物はそれだけ。
あとは、お古の服や、前年度から大きめを買っているので、2年前購入服がぴちぴちの、ちょうど春の下着にちょうどよくなっています。

新発売といえば、クロックスの子ども版で、やっと使えるものがでてきました。

川遊びでは、サンダルではぬげてしまうので、キッズには使いづらかったのですが、このネオプレーンが後ろのストラップ&履き口になるタイプは、脱げないからいいな。

もっとも、クロックスは、岩ですべりにくいので重宝するのですが、エスカレーターなどでは、子どもには危険です。足指まで挟み込む危険があります。アウトドアでの使用をおすすめします。

しかし、この値段。。。。絶対買えない。。。
カナダで12月にみたときは、30ドル以下だったんですが。。。。
こんなに高くなるとはびっくり。
人気で品薄だからでしょうか。。。

ディズニータイプが3000円代だったので、そっちのほうが在庫であるなら、お得かもしれません。



大人気!!送料無料[クロックス] キッズ クロックリング kids crocling [CROCS]






Last updated  2008年03月23日 11時29分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月23日
モンベル名古屋で防災講座の講演します。
10月22日 月曜日
12時からです。
詳しい内容とお問い合わせはこちらから

名古屋で参加してくださると、HPからメールをくださったHさま~~!
アドレスが違うようで、返信ができないでいます。
もう一度、メールをお願い出来ますでしょうか~。

メールもHPも返信遅れておりま~す。
もうしばらくお待ちくださいませ!







Last updated  2007年09月23日 22時24分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年05月24日
 透湿防水素材といえば、アウトドアメーカーが得意とするところですが、
巷でも、よくみかけるようになりました。
 しかも、安く売られているので、よくお母さんから、高いアウトドアとどう違うのか?
高いの買って、損したかな?という質問がよせられるようになっています。

 でも、ご安心を!
 
こればっかりは、値段の差は、性能の差としてくっきりでているのよ~。

まず、防水について
これは、耐水圧という試験で数値がだせます。
数値が高いほど、防水してくれます。

一番高いのは、ゴアテックスXCRの40000mm

どのくらいの数値まであれば、よいかというと、
傘の防水の数値が2000なので、それと比較するとわかりやすいかと思います。
ただ、服は、傘と違って腕の曲げのばしやら屈伸があります。
傘と同じ程度では、腕の曲げのばしでしみてくるということです。

だいたい10000程度あれば、こどもの雪遊びに使えます。
スキーウエアも撥水だけのものがありますから、ずっと性能がよいのです。

アウトドアメーカーのものは、おおむね、この10000はクリアしていますし、10000ないものは、解説してあることが多いです。
店員さんもご存知かと思います。

巷にあるものには、そもそも数値すらあきらかにされていないものがありますが。。。
一体どのくらいの防水性なのでしょうね。。。。。

それだけでなく、防水の生地をくっつけるシームレスという技術が
とんでもなく難しいのです。
よほど慣れたところでないと、漏れてくるというのは、業界の常識です。

安いものは、防水テープだけはりつけておわらせているものがあって、
アウトドアメーカーのものだと、シームレスとの違いを説明しているのですが、
防水テープだからこそ素晴らしいみたいに思えるフレーズで書かれて売られているものも
あったりして、知って書いているのか、知らずに書いているのか???
。。という印象をうけます。

それから、大事なのが、透湿性。
これは、水蒸気を通すことであり、通気性とは異なります。
24時間に生地が放出した水分量を数値化したもの g/m2/24h で、比較できます。

蒸れないとか通気性がいいとか、書いてあるけど、
数値がまったく書いていないものや、透湿性の説明がないものは、要注意です。

着て歩き回っても蒸れを感じないという程度になるには、
少なくとも、10000の数値は必要です。

値段の差は、だいたい透湿性の差だと思っていいです。
安いものは、蒸れないといっても、ちゃんとしてものより、ずっと蒸れます。

ただの雨具として、雨の瞬間だけ、ちょっと着るだけなら、10000もなくて大丈夫ともいえます。

でも、私の講座では、あえて10000以上のものを高くてもおすすめしています。
それは、蒸れないので、雨遊びが楽しくなるだけでなく、寒い時の上着にもできたり、それ一枚で、いろいろ着回しがきくから、かえっていろいろモノを買わなくてすむからです。

雨具だけのものを買うと、他に、普段の服もいろいろ必要になってしまい、結果として高い買い物になることがあると実感しているからです。

とはいえこれは、価値観なので、お好きなほうを選べばいいのですが(^^)

最後に、まとめ&選ぶときのコツ

まず、防水透湿をうたっていながら、裏メッシュで。。。なんて、いうのは、生地の透湿性が低いのでメッシュをつけざるを得なかったと考えればいいでしょう。
透湿性の高いものは、メッシュは不要なのです。

数値がちゃんと書いてないものは、聞いて納得してから買いましょう。

安いものは、それなりの理由があるということで お買い得品 とは限らないことを理解しましょう。

ちなみに子供用ででている
ザノースフェイスのハイベント のレインウェアは
耐水圧10000 透湿性13000

モンベル ドライテック
耐水圧25000 透湿性10000
モンベル ハイドロブリーズ
耐水圧20000 透湿性10000

ゴアテックスは、XCRで
耐水圧40000 透湿性13500 と優秀ですが、子供用は3万円代なので、なかなか手がだせないものだと思います。

逆に1万円代もするものでも、20CMくらい大きめを買って、3年使い込むことができれば、もとがとれますよ~。20センチちがっても、実際は5センチくらいの差だったりするのです。

これからの雨の季節、検討してみてくださいね。

そこらへんの上手で賢い着回し術などを講演でもお話しています。

6月21日のラゾーナ川崎での講演は、好評につき早々に定員に達しました。
ありがとうございました!

他、6月29日と7月13日 府中のカフェスローで自然育児友の会主催の講演があります。
7月9日 新宿 こぶたカフェ主催
7月18日 ららぽーと横浜 とありますので、興味がある方は、お問い合わせくださいね(^^9








おまけ

外で今年最初のホトトギスが鳴き始めました。
託卵して育ってきたのですね。









Last updated  2007年05月24日 13時50分57秒
コメント(7) | コメントを書く
2007年02月03日
 ESSE 3月号の19ページのニュース欄で、アウトドアレインウェアを使用した代用ママコートが紹介されます(^^)

 2月7日発売です。

 確定申告の話題や、即効ツボが細かく載っている号なので、お買い得かも(^^)
 
 おしゃれな雑誌にのると、うきうきしてしまいます!

 よかったら、みてくださいね。






Last updated  2007年02月03日 15時46分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年01月05日
 延期になっていた、ママコート特集ですが、明日6日に掲載されます。
 全国版です。よかったら、みてくださいね~。

 それから、防災特集は、だいたい9月に行われたりする事が多いのですが、阪神大震災の記憶からいけば、1月も、気を引き締め直したい月です。

 このところ、自治体で、帰宅支援の取り組みを行っているところがかなりあります。
 気になるのは、口をすっぱくしていってますが、帰宅する以前に、まず生き残れるのかということ。

 神戸市で開かれた国連防災世界会議で、ミュンヘン再保険という会社が、こんな報告をしています。
 この、保険屋さんは、自然災害の保険を再度請け負う保険会社で、そこが、世界50都市の災害リスクを算定したところ、東京、横浜は、最悪の710だというのです。
 サンフランシスコ167 リオデジャネイロ1、8  
 710というのは、本当にとてつもない数字。
 断層だけの問題として数値化されたのではなく、都市の構造がもろいというのが、世界の日本に対する評価なのです。

 そんな状況のなか、みなで一緒におうちまで帰る訓練。。というのが。。
それも大事なのですが、それは、ひとりでできるんじゃない?と思ったりします。

 傷ついている人がいたら、帰らない判断をする人もいるでしょう。
 帰らない方が安全なら、帰るべきではありません。
 夜は、月明かりでは行動出来ますし、星明かりでも慣れていれば行動できます。
 でも、都会の空気は汚れているので、


 わ。むちゃくちゃ中途半端ですが、また~
 

 
 






Last updated  2007年01月05日 18時11分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年12月20日
紙オムツでも漏れるときゃ漏れるので、布オムツで漏れることがあるのは、仕方ないのかな~
なんて、布オムツファンとしては、肩をもってしまいますが、それでもやっぱり漏れてほしくないですよね!

発案した、モンベルの布オムツ=ドライナッピー 、漏れる原因の一番は、オムツを撥水させてしまうことなので、今回、掲示板に質問があったのを機にちょっと書いておきます。

もっとも、これは、モンベルの公式見解というわけではないので、あくまで私の意見です。

モンベルのちゃんとした説明書は、購入した時同封された紙にはいっています。
でも、子供が、赤ちゃんのときは、お茶を飲む暇もないくらい忙しくて読めないんですよね~。これがっ!
せめて、大きく書いていてくれないと読もうともしなかったりしますよね。

なので、ウェブ上でも説明を書いていただいたり、定員さんがきちんと説明してくださるように、あらためてモンベルにお願いしておきました。



さて、撥水です。
石けんで洗って、すすぎが不十分だった場合、アルカリ分が残って、水を吸収しなくなります。
これが、撥水という現象です。
ひどくなると、水がころころころがります。
おしっこしたら、ころころ全部ころがりおちちゃうという現象が起こったりします。
それは、いやですよね~!

中性洗剤を使えば撥水しないのですが、やはり、ナチュラルな石けんも使いたい方も多いのでは?
洗濯談義は、それだけでいろいろなところででているので、あまり深入りしませんが、

石けんを使って撥水してしまった場合の対応について書いておきます。

まずは、すすぎをしっかりすること。
アルカリは、水分を奪ってしまうので、残ってると、乾燥して、かゆみの原因排除にもなりますからね。しっかりしっかり。

ただ、全自動洗濯機では、すすぎが不十分だわという友人もいたりして、洗剤を使ってしまった以上しっかりすすぎって、難しかったりしますが、
繊維に残ってしまうようなアルカリは、クエン酸をすすぎの時に加えることによって、中和することができます。
クエン酸の酸でリンスしちゃうわけです。

これを、毎回のお洗濯でやってみてください。

撥水がひどくなったときは、洗面器などに、お湯に溶かしたクエン酸にしばらく浸しておいてください。(量は、ひどさによるので、大さじ3杯くらいから試してみてください。わざと撥水させて、私個人でテストしたとき、けっこーたくさんいれたほうが、回復しました。でも、多すぎて、生地を痛めるかもしれないので、ほどほどがいいかも。時間も、長くおいたほうが、回復しましたが、これも、一度やって駄目ならもう少しというかんじでやったほうがいいかも)

ただ、こうしたケアをした場合、完璧にもとの状態になるのかといえば、違うような気もします。
撥水しやすくなってしまうような気もします。
ちょっとここらへんは、洗濯による劣化もあるので、よくわからないです。

なので、メーカーでは、中性洗剤を推奨してることが多いです。
石けん洗濯は、自己責任でってことになります。

それから、柔軟剤は不可です。
これも、撥水してしまいます。
この場合の回復の仕方は、柔軟剤の薬品内容によるので、いちがいに言えません。

もし、モンベルのナッピーが撥水してしまった場合や、うまく回復できない場合、
モンベルコンシューマーサービスに電話してみてください。

フリーダイヤル0088(22)0031

いままでのアウトドアのお客様と違って、出産直後のママたちは、アウトドア素材についてわからないことも多いでしょうから、
きちんと丁寧に対応していただけるように、私からもお願いしておきました。

そうそう。関西の会社なので、人によっては、こてこて関西弁だったりします~。
対応がおっかなかった。。そっけなかったなんて、誤解もあったりするかもしれませんが、私が連絡をとってみた限り、担当の方は、どんなクレームでも、直接しっかり意見をくださる事は、大歓迎。開発意欲にもつながりますとのことでした。

もし、対応に不満がある場合や、困ったケースがありましたら、左下のほうから、私あてにメールを送れるようになっているので、連絡してみてください。
モンベル専属のアドバイザーではないのですが、ひとえに、布オムツが楽しく使えたらいいなという思いからです。お返事遅くても、気長にみていただけると助かります~。
もちろん、布オムツに限らず、アウトドア製品全般試してみての感想、苦情、なんでもいいですので、いただければありがたいです。

お困りのときは、ママ仲間として、いろいろ助け合いたいと思っています。返事遅い!と督促OKです。

また、撥水以外にも、漏れや破れなど、お困りのことがありましたら、是非是非、前記のフリーダイヤルに、しっかり声を届けていただきたく存じます。
オムツは、まだまだ発売されてすぐの商品です。もっと改良の余地があるように思います。値段もまだまだ高いし~。
納得がいかないことがあれば、返金も含めて、対応してくださるとお約束もらっております。

たくさんのご意見をしっかりいただくことが、もっと使いやすく、楽しい布おむつライフにつながると思います!

くどいですが、クレームなんて、恥ずかしいし、山男みたいにおっかない人が対応したらどうしようとか、考えてしまうかもしれませんが(^^;)
ほんとに、ここのところは、是非是非頑張っていただけると、嬉しいなと。。。

頑張って言ったところで、改良された頃には、自分の子がオムツ卒業して、試せないってこともあるんですが(まさに、わたしがそれ^^;)

布オムツが、改良されずに、廃盤ってことになってしまうことがあっても、それはそれで仕方ないですが、とにかく、製品が発売されるところまで、もちこめたので、残るは改良できていくか否かにかかっています。

これから布オムツを楽しみたいという後輩ママのためにもなると思って、わたしも、いまだにいろいろ意見を言い続けています(^^)






Last updated  2006年12月20日 16時51分52秒
コメント(13) | コメントを書く
2006年12月15日
りすコメントも(場合によっては写真も~)載っている予定でしたが、他の記事との関係で延期の連絡がはいりました。詳しく日程がきまったら、またアップしますね!とりいそぎ~。

昨夜から、息子が発熱です。夜間は、けっこう高熱っぽかったですが、朝から、ごはんも食べて、ご機嫌。
38度5分くらいだと、びくともしないんですよねー。
健康でいいことなんですが。。。
お外行きたいとあばれ、なだめ、家でばたばたけっこう激しく遊んでいます。
これで、園に行けないのだけが、不思議~。

園でも、熱に強いですねといわれています。。








Last updated  2006年12月15日 13時30分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月01日
関西で講演中です。
今日は、京都。
ひさびさの京都です。
会場は、ちょっとおもしろそうなところ。
友人の建築家がアルバイトしてるリフォームのショールームを借りました。

くつろぎ我が家製作所

友人には、アイヌのお祭りチプサンケで出会いました。
二風谷で、流星群をみながら、いろいろ語り合ったことを思い出します。
その後、のらねこにーにーが率いるカヌー仲間になり、竹やぶで篠竹をさがして、笛つくりしたり、いろいろ遊びましたね~。なつかしい!

彼は無事、建築家になったので、私がした約束の、家をつくることになったら、お願いするね~ということを履行してもよさそうなんだけど、その気配がなくて、ごめんなさい(^^;)

大三島でみかん農家を始めた、のらねこにーにーは、無事、彼にたのんで家をたてたんですけどね~。
さすが、のらねこにーにー、あんなに放浪してるのに、なぜか実行力あるのであります。

建築家の友人は、自然素材などで、あやしい家?の夢を語っていましたが、いまは、アルバイトの身、思った通りの仕事をしてるのかなあ。。どうかなあ。。今日、会えるので、いろいろ聞いてみよう~。それも、楽しみです。

京都の他に加古川コージツでも講演してきました。
内容は、わたしがかくより、ずっと詳しくよもさんが報告してくれてます。
わかりやす!

よもさんのページ
よもさんみたいな、自称アウトドアグッズお宅にも、目から鱗の内容だったようで、うれしいです。

パパの視点とママの視点は、ちがうものね~。

あ。もう行く準備しなくちゃ。ではでは






Last updated  2006年12月01日 07時35分21秒
コメント(0) | コメントを書く

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.