1343253 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

悠遊自手記@kyoto

PR

プロフィール


ふろう閑人

サイド自由欄

カレンダー

お気に入りブログ

前泊は名古屋。バス… New! 夢穂さん

月本ちしほさんの作… New! 歩楽styleさん

遠来の客 New! 柳居子さん

明日は、句会。 New! naomin0203さん

[1/27] 岩井俊二氏の… New! ちゃおりん804さん

コメント新着

フリーページ

2015.06.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 昔々子供の頃、母親から「これは値打ちがあるもの」と教えられたものがあったのです。                             

そんなことすっかり忘れていたのですが、ある古いものを探していて目的のもの見つからなかったのですがその「これは値打ちがあるもの」が何十年ぶりに出てきたのです。

子供の頃には『何も映らない汚い鏡』との印象しか無かったので気にも留めなかったのですが、これなのです。記憶通り全く姿が映りません。

写真: CIMG7412                        

それが裏を見ると・・・・五三の桐と菊の紋様に・・・・写真: CIMG7410

なんとなんと「天下一藤原政重」と銘が打ってあるのです。写真: CIMG7411

この大げさな銘にびっくりしてこれは母親が言った様に本当に価値があるものでは????と・・・        

俄然張り切ってnetで「天下一藤原政重」を調べたのですが・・・

結果は 何と何と色々出てくる出てくる、オークションにもいっぱい出ていてウン千円の値打ちのものでしかないのです。「なんだそんなものか」と言うことでチョンでした。

母親は値打ちものと言っていたのですが・・・。

ただ『天下一』と言うことについてヤフーの知恵袋で解説が有ったのですが、一つ勉強になりました。ヤフー知恵袋はここです。一度見て下さい。

 







最終更新日  2015.06.01 20:27:44
コメント(16) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.