1342213 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

悠遊自手記@kyoto

PR

プロフィール


ふろう閑人

サイド自由欄

カレンダー

お気に入りブログ

木造洋館で感じた事 New! 柳居子さん

[1/26] 「CATS」🎥 観… New! ちゃおりん804さん

Mステを見ながら、… New! naomin0203さん

海外ドラマ The I-L… New! アップラウンジさん

自治会役員の研修旅… New! ビッグジョン7777さん

コメント新着

フリーページ

2019.04.14
XML
カテゴリ:散策
4/9のブログにこの写真を載せて書きました『圓通寺橋』の事なのですが・・・

圓通寺橋を知っているかとの問い合わせした友達の内2人に来てもらいワイワイガヤガヤをやりました。

この橋及び下の川について全員知っていたことはやはりこの程度で・・・
1. 圓通寺橋は知らないがドンドン橋なら知っている、昔はもう少し長い木造の橋だった。
2. 圓通寺橋の桜として書いておられる他の方のブログで「川の無い橋で暗渠になっているのだろう」
  と書かれているのはその通りで、この橋より上流は昔は谷だったのですが、新幹線の東山トンネルの 
  工事で出た土砂で埋め立てられたもの。(今は住宅地になっている)
3.   この下流も全て暗渠になってしまったので、川が有った事は知られていないがその川にかかっていた 
  橋(夢の浮橋)について歴史的史跡の案内が有る。
  夢の浮き橋については​ここ​に詳しく書いておられます。

以上のような事を知っていても圓通寺橋についての答えにならないので、3人で現場検証(???)に行ったのですが・・・・そこで誰も知らなかった事を新発見したのです。

これが川が流れない橋の下ですが・・・


赤矢印の方向が圓通寺橋で、中央部が石段の坂道を上がって行くと圓通寺橋を見下ろすすぐ上に道路から少し入り込んで階段の上に古い大きな門(下の写真です)がありました。
覗きに行きましたところ・・・


表札のかかった普通の家でもある様な、無い様な、立派な門に『園通庵』と書かれていて・・・


足もとにも同じく園通庵と書かれた石碑が立っていたのです。

園通寺ではなく園通庵、歴史的な建物の様でありながら、表札の上がった一般の家の様な建物でもあり・・・・さて、この新しく分かった事実を元に改めて調査しないと収まらなくなったので有りました。






最終更新日  2019.04.14 20:42:23
コメント(4) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:圓通寺橋についての会議(???)開催しました。(04/14)   ジュラ2591 さん
今度は「圓通庵」が出てきいましたか。

「庵」と名がつくところを見るとお寺の可能性がありますね。

という事はやはり「圓通寺」に繋がるのかな。

面白くなってきました♪

ただネットで見ると「圓通寺」も「圓通庵」も全国にいくつもありそうで

ますますわからなくなりそうです(笑)

(2019.04.14 23:28:59)

Re:圓通寺橋についての会議(???)開催しました。(04/14)   いつもの後輩 さん
おそらくたいがいの人が目をむけない「学術的探究」ちゅうヤツですね。
なにか判明したら、また教えてください。 (2019.04.15 18:56:41)

Re[1]:圓通寺橋についての会議(???)開催しました。(04/14)   ふろう閑人 さん
ジュラ2591さんへ

園通庵があった事で、圓通寺にも何か通じるところがあるはず、分かるかどうかが分かりませんが究明しないと何か落ち着けません。

洛北の圓通寺から見る比叡山の姿が良いので好きなので数回訪れているのてすが、関係ないはずだし・・・・???
(2019.04.15 21:12:23)

Re[1]:圓通寺橋についての会議(???)開催しました。(04/14)   ふろう閑人 さん
いつもの後輩さんへ


「学術的探究」なんて・・・・単なる好奇心だけなのですが・・・
しかし、世の中面白い事が色々あるのでヒマ潰しのネタには苦労しません。 (2019.04.15 21:14:53)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.