1271283 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

悠遊自手記@kyoto

PR

プロフィール


ふろう閑人

サイド自由欄

カレンダー

お気に入りブログ

「バターカップス」… New! 曲まめ子さん

冬の初めの庭 New! ひろみちゃん8021さん

木曽福島(その5)、… New! ビッグジョン7777さん

探すときはないもので New! やすっぺ09さん

枯渇 New! 柳居子さん

コメント新着

いつもの後輩@ Re:風景に溶け込んだマンションと流行の名前のマンション(11/15) New! 確かに、数年前に訪れた時には普通の民家…
mamatam@ Re:風景に溶け込んだマンションと流行の名前のマンション(11/15) New! 下鴨神社前のマンション、naominさんと一…
ふろう閑人@ Re:いつもと違う朝の光景(11/14) New! 切断から百年とはそう言うことですか。 そ…
naomin0203@ Re:いつもと違う朝の光景(11/14) New! 「佐竹本三十六歌仙絵」、Eテレで特集して…

フリーページ

2019.10.19
XML
カテゴリ:登山
今回の登山の目的のひとつは昨年火山活動の磐梯吾妻スカイラインの通行止めで登れなかった東吾妻山へのリベンジ登山だったのですが・・・・
台風19号の被害で磐梯吾妻スカイラインがまたまた通行止めで東吾妻山登山は断念し、西吾妻山に登る事になりました。

東吾妻山からは帰りの福島空港へは比較的近いのですが、西吾妻山からは遠いので時間的に頂上に立つことは諦めての登山でした。
と言いますのは、西吾妻山は百名山に含まれているため2005/10に登っているのです。
但し、今回と同じ10月だったのに、登山当日は凄い降雪の中、眺望無し、真っ白の雪景色の中の登山だったので、その時は山の様子も分からず、眺望全くなし、ただ登って頂上を極めただけだったので、今回はそのリベンジ登山という位置づけでした。

さて、東吾妻山と西吾妻さんは連峰なのですが、登山口は遥かかけ離れていて、西吾妻山へは裏磐梯から山形県に入り、米沢市に登山口があります。

その為に去年同様レンタカーでまたまた磐梯山を眺めながら・・・檜原湖を過ぎ・・・


高度を上げていくと、眼下に今横を通った檜原湖が・・・・。左は勿論磐梯山です。


そして山形県側に下った登山口からは・・・
約5分のロープウエイと、3本乗り換えで約40分のリフトで途中まで登るのですが、そのロープウエイが台風被害で運行出来ず、ロープウエイ区間だけマイクロバスで登る(下りも)ことになりました。

そのマイクロバスを下りると・・・・前に見えるリフトに乗ります。


2回乗り換えて登って行き・・・


乗り換え場所で振り返ると・・・向こうの方一部が雲海に覆われた米沢の町が見下ろせました。


40分のロープウエイが終わると、いよいよ登山開始です。


かなり登ってピークを過ぎると・・・・今まで見えていなかった西吾妻山の頂上が見えるのですが・・・


ここからは下りです。


木道の向こうが西吾妻山です。


前を行く仲間二人が見えていますが丁度あの辺りで昼食&コーヒータイムを取って、そこから引き返すことにしたのですが・・・


正面に、今回断念した東吾妻山(多分) が見えたのでした。


そしていよいよ下山開始すると・・・


正面にこれも百名山の飯豊(いいで)山(2105m)を望むことに・・・・

この山は2006/8に登った山です。

そして再びリフト、マイクロバスを乗り継ぎ・・・・

登山口に下り、そこから福島空港へ走り。無事今回の登山旅行を終える事が出来ました。
今回の登山はロープウエイやリフトを駆使した、丁度今の私には適した登山となりました。






最終更新日  2019.10.19 21:29:02
コメント(6) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:昨年のリベンジ登山ならず。(10/19)   naomin0203 さん
台風のおかげで、今年も登山できませんでしたか。
残念ですが致し方ありませんね。

でも変更したコースもすごいですね。
檜原湖・磐梯山、展望が素敵!!

下山の道も岩だらけで大変そうね。
無事の下山、良かった。 (2019.10.20 05:19:52)

Re:昨年のリベンジ登山ならず。(10/19)   いつもの後輩 さん
この景色を見ていると、日ごろの煩雑さをスッキリ忘れることができますね。
それにしても40分もロープウェイに乗ってるなんて、他のどこでも経験できなのではないでしょうか。
さあ、楽しい時間もおわって、また明日から京日誌に勤しんでください。

東の料理人さんが書いていた「N・紘」さん、私も大好きな方でした。
ヨーロッパ旅行もご一緒させて頂き、大変お世話になりました。
早く逝きすぎましたね。 (2019.10.20 14:56:51)

Re[1]:昨年のリベンジ登山ならず。(10/19)   ふろう閑人 さん
naomin0203さん

お陰様で天気さえ良ければ、東北には景色の良いところがいっぱいというところでしょうか。

磐梯山の雄姿は何度見てもついつい写真に撮りたくなります。


(2019.10.20 18:26:54)

Re[1]:昨年のリベンジ登山ならず。(10/19)   ふろう閑人 さん
いつもの後輩さんへ

奥の深い山なんでスキー場にはピッタリなのでリフト完備と言う所です。
書きました通り、前回は雪と云うよりドカ雪に遭って40分リフトに乗っている間に体中積雪で真っ白になったのです。

今回再度登れてこんな山だったのか・・・・と言うのがと納得出来て良かったです。
(2019.10.20 18:32:00)

Re:昨年のリベンジ登山ならず。(10/19)   東の料理人 さん
1.なるほど、なるほど!一昨日のコメントに、「山形まで足を踏み入れた」と頂きました。どんな事かと、ドキドキしながらまたまた地図を見ています。西吾妻山は、東吾妻山の隣だろ!なんて軽く見ていましたが、とんでもないですね。山形県との県境にそびえる2,000m級ですか!すごい。その道行がこれか!と一枚一枚写真を拝見しています。私も、ケーブルカーに乗った気分です。地図上では遠くに思える米沢の町が手に取るようです。飯豊山も高いですね。これって、新潟県ですか?山形県ですか?はたまた福島県ですか?このあたりも山岳地帯ですね。

2.福島県といえば♪会津磐梯さ~ん(^^♪しか思い浮かびませんでしたが、勉強になりました。天空散歩、最高でした。ありがとうございました。

3.閑人艦隊のピンチをチャンスに変える、臨機応変は、100名山を踏破されたつわものたちの集まりだからこそできた、快挙とも言えます。「ピンチはチャンス、ピンチとチャンスはワンセット」と申しますが、言うは易く行うは難しです。 (2019.10.21 01:09:27)

Re[1]:昨年のリベンジ登山ならず。(10/19)   ふろう閑人 さん
東の料理人さんへ

飯豊山は何県? と云われて直ぐ答えられず調べますと福島。山形、新潟の県境とか。
私の頭には登山の時確か、喜多方でラーメン食べて行ったので福島県のイメージです。

磐梯山は私には、あの♫たから~の山よ~♫の歌と昔々の森繁久彌主演の映画「警察日記」の世界なのです。古い話です。

現役の時「クレームは(お得意さんと人間関係を強める)チャンス」なんて言っていました。振り返ると長らく付き合った人はクレームがきっかけで親しくなつた人が多いです(笑)
(2019.10.21 22:03:30)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.