1409424 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

悠遊自手記@kyoto

PR

プロフィール


ふろう閑人

サイド自由欄

カレンダー

お気に入りブログ

[4/2] 蟄居のスキに… New! ちゃおりん804さん

LINEに、厚生労… New! naomin0203さん

もりたさんからマン… New! ひろみちゃん8021さん

航空自衛隊静浜基地… New! 曲まめ子さん

布マスク、手作りマ… New! mamatamさん

コメント新着

naomin0203@ Re:タケノコづくし(04/01) New! まああ、タケノコ寿司ですか!!! 今週…
稲荷山の仙人もどき@ Re:タケノコづくし(04/01) New! お~!美味しいそうなタケノコの寿司、煮…
ビッグジョン7777@ Re:タケノコづくし(04/01) New! 旬を食べる、良いですねえ、シアワセです…
曲まめ子@ Re:タケノコづくし(04/01) New! 早速のタケノコづくしですね。 セイヨウカ…
ひろみちゃん8021@ Re:タケノコづくし(04/01) New! こんばんは(^^) タケノコづくし 色々な…

フリーページ

2019.10.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
一昨日(10/24)のブログで鴨川の友禅流しの事に触れましたが・・・・
京都の名産を作る現場が身近にあったことの最たるものでした。

それで思い出したのですが・・・・
今日京都博物館のこの文化財の煉瓦塀の前を通り、ふと昔の光景が蘇りました。


昔、この石垣と歩道の間の一段高い長い敷石の部分にいつも扇子の骨が干されていたのです。

近所に作っている人がいて干していたのだと思いますが、大らかだったのですね。
グーグル画像で探すと・・・・有りました。
こんな形で上の写真の石の上に並べて干していたのです。


しかし、こんな干し方は見た事がありませんでした。


また、清水焼については五条坂からJR東海道線の東山トンネル、そして泉涌寺の下辺りまで窯元が沢山ありますが、沢山あった登り窯はホンの数基使われる事のない煙突が残っていますか電気窯(ガス窯も?)に代わって焚かれることはありません。

しかし・・・昔は、窯焚き屋さんなる人がいて、登り窯を焚くことを商売として、あちこちの登り窯を焚いて回っていたのでした。 
偶々近所にその職業の人が居たので知っている事なのですがそれだけで商売になるのですから如何に窯が多かったかという事の証です。

それからついでながら私子供の頃の遊び場所のひとつは通称「土取り山」と言う小山でした。
子供の頃のことなのではっきりしたことは分かりませんが、陶器材料の土(粘土)や壁土用の土を、重機なんかない時代ですので、人力で掘っていたのでした。
あちこち掘った跡に水が溜まりトンボの幼虫が生育してそれはそれし沢山の種類のトンボがいたものでした。
そこは今、京都女子大学のキャンパスの一部になっています。






最終更新日  2019.10.26 20:43:25
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:身近にあった京都名産の製造現場(10/26)   naomin0203 さん
扇子の骨が道端に干してあるだなんて、素敵な光景。
私が子供のころは、長良川の河原に和傘の骨が干してあった気がします。

窯焚き専門の人がいたほど、窯がたくさんあった時代。
今は昔ですね。

「土取り山」、なるほど!!
いい土があったから、清水焼ができたのね。 (2019.10.27 05:47:17)

Re:身近にあった京都名産の製造現場(10/26)   mamatam さん
この骨扇子はみてみたかったです。

歴史と伝統が今も生きている京都でも、やはり「今は昔」の物語はあるのですね。 (2019.10.27 11:43:50)

Re[1]:身近にあった京都名産の製造現場(10/26)   ふろう閑人 さん
naomin0203さんへ

京都市内と言いましても私の子供の頃の東山山麓は自然の中でした。
赤い腹のイモリやゲンゴロウなど水中の生き物がいる池のようなものがアチコチに有ったのですけど、今は「都会」もどきになりました(笑)

書き忘れましたが今近所に清水焼の絵を描かれている方が居られます。
定期的に素焼きの器が持って来られて、絵が描かれた器を回収に来ておられます。
(2019.10.27 21:14:02)

Re[1]:身近にあった京都名産の製造現場(10/26)   ふろう閑人 さん
mamatamさんへ

鴨川の水質対策で友禅流しが規制され、大気汚染対策で登り窯が山科や宇治へ移転若しくは電気釜化され風物詩が無くなりました。アチコチで登り窯の煙が上がっていたなんて今では考えられない事です。
長らく生きていますと・・・(笑) 子供の頃の思い出には隔世の感があります。市内に居ながら子供の頃は自然の中で育ったのですけど(笑)



(2019.10.27 21:20:42)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.