1411238 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

悠遊自手記@kyoto

PR

全287件 (287件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 29 >

カテゴリ未分類

2019.08.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
いつもの出町柳で鴨川の橋を渡りながら北の方を見ますと・・・
絵画調でこうなるのですが・・・
右正面の橋のずっと向こうなのですが・・・ 


アップしますと・・・
いつもはっきりと見える五山送り火のうちの妙法の「法」の字が、最大にアップしてもこの様にはっきり見えないのです。

常の姿をグーグル画像からお借りするとこうなのですが・・・

送り火の準備の為に字の周りを刈り込んだとしか思えないのですが、そんな事したかなぁ???

同じく大文字の方は、このように・・・いつもの姿で変わりなかったもので余計に何故かなぁという疑問が強まったのですが・・・
この疑問解けませんでした。

ただ、五山の送り火が間もなくである事に間違いありません。






最終更新日  2019.08.07 21:11:48
コメント(6) | コメントを書く


2019.08.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
自分で行動出来なかったので京都新聞の記事による報告です。

1. 過日ライトアップが行われると書きました七条大橋ですが、有名な夜の事なのでいけなかったのですが、丁度新聞に載っていました。


2. 百万都市の繁華街の傍で鮎が釣れるなんて・・・


前には現地で撮った写真で報告しましたが、これも京都新聞の記事です。






最終更新日  2019.08.06 21:38:28
コメント(4) | コメントを書く
2019.07.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
京都新聞を見ていて粋な記事を見つけました。

観光地や寺院、或いは美術展など、老人や身障者等を無料や半額にする優遇施設は星の数ほどありますが・・・

山県有朋の別荘だった無鄰菴がこんな企画をやっているらしいです。

こんな粋な企画はまず耳にした事無かったので載せましたが・・・このブログにお越し頂いている方の中に該当者が居られるとは思えないのですが、如何でしょうか??






最終更新日  2019.07.06 20:52:01
コメント(6) | コメントを書く
2019.07.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
過日書きました梶の木の続きですが・・・

小さい孫の為に七夕飾りの笹と共に梶の木を採って来て留守の家に置いて帰って来ました。


わざわざ筆で願い事を書くかどうか知れませんが、試しに自分でも書いてみようと2枚持ち帰り・・・
書いてみると、確かに墨ののりも良くすらすらと書けました。

先人の知恵は凄いです。
先人は里芋の葉に溜まった露で墨を磨ると云うのですが・・・現代人? は筆ペンで代用しました。






最終更新日  2019.07.05 20:22:59
コメント(8) | コメントを書く
2019.06.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日はいつもの仲間とゴルフでした。ゴルフした夜はいつもの通り、バタンキューで更新休んでしまいましたが・・・
さて表題のその1ですが・・・

何処もみどりの季節、ゴルフ場の芝生も伸び盛りです。
伸びた芝生は刈らないといけません。
その芝刈り機は行ったり来たりして芝をかるという証明の様な芝生の模様です。

ついでながら、自宅から至近なゴルフ場、住宅地にボールを打ち込まないかと心配になりそうな景色です。(向こうに見えているのは双耳峰の比叡山・左が四明ヶ岳(しめがたけ) 右が最高峰の大比叡です)


その2は・・・・過日、春は「山笑う」という事でこの写真を載せましたが・・・


夏は「山滴る」と言われると書きましたが、正にこんな景色の事を云うのでしょうか??

特に取り上げる様な光景でもないのですが・・・

さて、その3は・・・
no化粧で載せた半夏生ですが・・・


その後、ここまで化粧が始まった事を載せましたが・・・・・




今日(6/26)現在、厚化粧??していました。


そしてその4は・・・
過日書きましたカジノキ(梶の木)ですが・・・こんなに沢山葉を採って来ました。


何本も何本も邪魔な雑木の様に生えている所を発見したのです。
茂り過ぎて剪定しないと・・・と言う状態でしたので遠慮なく頂いて来ました。
同じ幹の葉なのに形がマチマチと言うのも面白いです。

このカジノキについて、続きを明日に書かして頂きます。






最終更新日  2019.06.26 21:10:19
コメント(8) | コメントを書く
2019.06.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日出町柳辺りをうろうろしていたのは・・・NPO法人シーズネット主催のこのセミナーに参加したのでした。


レジメは・・・


京都御所は明治維新まで、この様に・・・・約140軒の公家屋敷が建つ公家町でしたが、明治2年(1869)、東京遷都に伴い公家たちも東京に移転し、急速に荒廃してしまいました。明治10年、京都に還幸された天皇は荒れた様に深く哀しまれ、御所保存・旧観維持の御沙汰を下されました。現在の京都御苑は、この御沙汰により「大内保存事業」が開始され、整備されたのが始まりです。

そんな思いで明治天皇がこの歌を詠まれたのでした。

・・・という事で、今の御所 (御苑) の形を作ったのが下の大内保存事業です。
(御所は京都御所、仙洞御所、大宮御所のことを言い、全体の事は正確には「京都御苑」と言うべきですが・・・)


今の外周の石垣や土塀が築かれたのもその時だったのです。


そして今の原形の御所が出来上がったのでした。



そして、戦後には・・・・



散策、観察の為のガイドマップを貰ったのですが・・・





最近、上のレジメに書かれていますがアオバズクが飛来して営巣したとか・・・

また、御所の(御苑の) この変な形の木の葉を見せて貰い「カジノキ」と言う事を教えて貰ったのですが・・・

私は初めて見る木でした。

ネットで検索して見ると・・・
​​「​​​​神道では神に捧げる木として神社の境内に植えられたり、七夕の飾り(短冊)として宮中で使    
 われたりと神事との関連が深い。​
京都では京都御所、神社境内、冷泉家のような公家屋敷に植  
 えられた云々・・・」と書かれていました。​​

​​​​​​​​​​ 

セミナーを終わり、河原町通りを出町柳に向かって歩いていると街路樹のイチョウにひこばえのように生えている木が目に入ったのですが・​・・

たった今、初めて知ったカジノキだったのです。



御所のホンの近くなので、鳥が運んだタネが芽生えたのでしよう。
初めて知って直ぐに現物の木を見るなんて・・・何とまあ面白い経験でした。​​​​​​​​​​​​​

​​







最終更新日  2019.06.20 20:05:31
コメント(10) | コメントを書く
2019.06.10
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日(6/10)は絶えて久しい間したことが無かった雨中のゴルフでした。
前日の予報では終日曇りだったので実施を決めたのですが・・・午後は回復したのですが・・・午前中はほゞ雨の中のゴルフでした。
ゴルフ場は久しぶりに、遠くその距離63kmのいつもの三重県・伊賀市のゴルフ場でした。

午後から回復すると言う予報だったのですが、朝からの雨でキャンセルや午前中でプレイを止めた人が多かったと見え。コースは空き空きで、早いプレイが出来て昼食時、食堂から外を見ると・・・このように遊んでいるカートの多さで客の少なさがお分かり頂けると思います。

雨には遭いましたが、客の少ない分プレイも早く終わり、いつもの朝宮(信楽)でほうじ茶を買い・・・


宇治田原に入り頼まれ物の番茶を買い・・・帰lりました。

(どの店も客引きの為の店前の仕掛けが凝っています)

話が横道に逸れましたが、これからが本論です。
我が家の枚方から三重県の伊賀市のゴルフ場まで地道で片道63kmあるのですが、大阪府~京都府間、京都府~滋賀県間、滋賀県~三重県間はそこそこの山越えのコースで登ったり下ったりの繰り返しですが、自宅のある枚方に比べ伊賀市は標高が高いので、トータルでは往路が登り、復路は下りという事になります。

スマホアプリのGPS機能で標高を調べると自宅が43m、伊賀市のゴルフ場が178mでしたのでで標高差135mを往きは登り、帰りは下るという事になlります。

そして往路の燃費は18.5km/Lでしたが、復路の燃費は・・・


19.9km/Lでした。標高差135mを63km走ると燃費の差が19.9km/L-18.5km/L=1.4km/Lという事が分かりました。
こんな事が分かったってなんの役にも経たないのですが・・・・。

ただ前に乗っていたホンダインサイトはハイブリッドだったのでこのコースを走ると約26km/Lの燃費だったのですが、今のトヨタ・タンクはハイブリットではないので燃費が悪いです。(当たり前のことですが)






最終更新日  2019.06.10 21:24:04
コメント(6) | コメントを書く
2019.05.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
​青や緑の葉の色についてのブログが続きましたが・・・もうひとつ(笑)

孫が自動車免許を取って私のマイカー乗る事になって、若葉マークを付けることになりました。
前はボンネットに付けて・・・


後は当然の事ながら、ブルー線を画いた部分に付けようとしても付かないのです。
要はこの部分が鉄では無くて、樹脂系なのでしょう。

バンパー等は早くから樹脂化されているのを知っていましたが、こんな部分までとはびっくりでした。
確かに軽い感じはしていたのですが・・・・
(因みに試しに付けたサイドは写真の様にくっ付きました。

仕方なく窓の内側に吸盤で付けたのですが、ガラス越しで余り目立たないので・・・・
この様に外側に吸盤で付けたのですが、直ぐ外れてしまいそう・・・

さて、どうしたものか、性能の良い吸盤方式のマークあるのかどうか???
真剣に考えないといけない事情が有りまして・・・・

と云うのは・・孫は若葉マークですが・・・・私はもみじマークの適齢期?? なのですが,そろそろ付けようかと思いはしつつ、まだ付けていないのです。

私はもみじマークの装着は個人の判断だと思っていたのですが、今回調べて見ると下記の様に書かれていました。
70歳以上のドライバーはもみじマーク表示の​努力​義務あり​​                                    ​普通自動車を運転することができる運転免許をもっていて、運転する機会がある70歳以上の運転者に対して、高齢者マーク(高齢運転者標識)は、道路交通法では表示する努力をするよう記されています。つまり表示していなくても​​​罰則はありません​​​。表示するかどうかは、ドライバー本人に任されています。​​

要は罰則はないが『義務」が有るという事を初めて知ったのでした。
もみじマークを買いに行くに当たり若葉マークで付く付かないの良い勉強が出来、選択基準がはっきりしたので有りました。

明日から九州へ出張??の為5日程更新を休ませて頂きます。

​​







最終更新日  2019.05.26 21:36:49
コメント(8) | コメントを書く
2019.05.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
1. 一昨日、ご近所から、行かれるならばとこんな西本願寺の茶席券観能券を貰いました。
我が家は真宗大谷派(東本願寺派)の為、西本願寺にはほゞ縁がなく安穏(あんのん)殿も南能舞台についても全く知らないのです。

その上、茶席に能なんて言われると、全くの門外漢ですが何事も経験、開催二日間の内、明21日に行くことにしました。
元々は21日はゴルフ予定だったので能舞台の無い20日に行くことにしていたのですが、天候が悪いためゴルフが延期となった為、良い日に行けることになったのでした。

2.東福寺の特別拝観券
確か去年の秋、東福寺の塔頭・正覚庵の紅葉を見に行った頃だったと思いますが、お寺の檀家の役員をしている中学の同窓生からこんな拝観券をもらったのでした。

折角貰った券、有効に使おうと温めて置いたのですが、この度、広島から旧友夫妻が京都観光に来られ、東の料理人さん共々お会いすることになったので、勿論東福寺はご存知ではあろうかと思いますが、シーズンオフの人の少ない東福寺案内も又良いかとこの券を有効利用することにしました。
但し、私が思っているだけでどうなるかは当日お会いしてのお話でが・・・(笑)






最終更新日  2019.05.20 21:14:12
コメント(10) | コメントを書く
2019.05.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
5/5のブログに載せたこの無料公開ですが、行った事無いので是非行くべしで手帳の予定欄にきっちりと書いて当日を待っていたのでした。


今日(5/14)の午後に稲荷山の仙人さんから、夫婦で妙法院に行って来たけど隠れ家にいるなら寄るけど・・・と携帯に電話がありました。

何々、無料公開日は15日なのに日を間違って1日早く行ってしまったな、気の毒に!!!と一瞬思ったのです.
ところが、次の言葉が、「見て来た・・・」 何???と思い訪ねると私のブログにちゃんと14日と載っているので日を間違うはずがないと言うのです。

私は手帳を出した見ると、間違いなく5/15の欄にちゃんと妙法院と書いてあり、15日と思いこんでいて明日行くつもりだったのです。

カメラを出して上の写真を見ると・・・何となんと確かに5/14となっているではありませんか!!

日を書く時に一行間違って15日の予定欄に書いて、そのまま15日だと思んでいたのでした。
また、いつもの後輩さんに「またやったか!!」と言われそう・・・・。


そんなことで妙法院の特別公開のレポートは出来ない事になりました。






最終更新日  2019.05.14 20:08:24
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全287件 (287件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 29 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.