1146432 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

悠遊自手記@kyoto

PR

プロフィール


ふろう閑人

サイド自由欄

カレンダー

お気に入りブログ

白石古京氏の事 New! 柳居子さん

2019年 宝塚記念 … New! アップラウンジさん

[6/25] 徒然箱 neo… New! ちゃおりん804さん

六月の白い花 New! ジュラ2591さん

今日の道にし逢へる… New! けん家持さん

コメント新着

TSANYO@ Re:『机みどり』は有名な瑠璃光院で・・・(06/24) New!  関西では有名なのでしょうが、「机みど…
ふろう閑人@ Re[1]:久しぶりに見た、今は昔の言葉(06/22) New! いつもの後輩さんへ そうですよね、多分…
ふろう閑人@ Re[1]:久しぶりに見た、今は昔の言葉(06/22) New! ひろみちゃん8021さんへ やはりひろみち…
ふろう閑人@ Re[1]:久しぶりに見た、今は昔の言葉(06/22) New! mamatamさんへ そうですよね、昔はまむし…
ふろう閑人@ Re[1]:久しぶりに見た、今は昔の言葉(06/22) New! naomin0203さんへ 子供の頃は新京極で映…

フリーページ

全1030件 (1030件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

散策

2019.06.17
XML
カテゴリ:散策
橋の工事がアチコチで行われます。
新設工事、耐震補強工事、塗装工事、落橋防止工事などなど工事は色々あれど、下の写真の看板に書かれている「美化工事』と言うのは余り見かけたことがありません。

単に塗装だけなら塗装工事と書かれるはずなので、どんな工事が行われるのか??? 興味津々です。

と言いますのは​3/7のブログ​に地域のボランティアの方が由緒あるこの橋及び周辺を定期的に清掃されていることを書いた記憶が蘇ったのです。
地域の活動が、官の『美化工事』を促したのだろうと思えて清々しい気分になれました。

因みに橋は綺麗になってもこれも前に書きましたが、昨年の台風21号で橋のたもとの3本の柳が途中から折れたあと、この様に切り取られたままなのが・・・・


どうなるのか気になる所です。

それにしても折れた位置に依るのでしょうが、切り株の高さがマチマチ、芸の無い切り方では??






最終更新日  2019.06.17 21:04:52
コメント(10) | コメントを書く
2019.06.12
カテゴリ:散策

いつもは京阪電車に乗るため16時頃通る七条川端の交差点(京阪電車七条駅の地上) なのですが、今日は明日からの登山準備の為早く帰ろうと15時頃通ったのです。
すると・・・・異様な雰囲気が・・・
アチコチに沢山の警官が立っているのです。
ああそうだ、上皇、上皇后が京都にお見えで孝明天皇陵、明治天皇陵に天皇退任のご挨拶に行かているのだ・・・と気づき、警官に何時頃お通りになるのか訊ねると・・・16時ごろとのこと。
あと1時間か・・・いつもの葉その頃通っているのに・・・。
1時間は待てないので待つのを諦めました。
念の為、ルートを聞くと泉涌寺の孝明天皇陵~桃山の明治天皇陵~御所に帰られるのに川端通を北進されるとか。


そんなことで1時間待てずに京阪電車で帰ったのですが・・・夜になって孫から御所で撮影したとラインで上皇車の動画を送って来てくれたのですが・・・動画の貼り付け方法を知らないものですから、静止画を載せます。

大変な歓声も録音されていました。

ところで、孝明天皇陵と言えば、失礼ながら私の庭の様なもので、『観光客の行かない、1本の立派な紅葉』をキーワードとして常に当ブログに取り上げています。
また、明治天皇陵も再々取り上げています。
探すと出て来ましたので見て下さい。孝明天皇陵ここ 明治天皇陵は​ここ​です。

思うのですが、孝明天皇は江戸時代最後の天皇、その天皇の御陵と 明治時代になって復権した天皇家の明治天皇陵とその御陵の規模の違いから、時の天皇の権力、財の違いが見えるようです。







最終更新日  2019.06.12 21:08:22
コメント(8) | コメントを書く
2019.06.06
カテゴリ:散策
昨日、出町柳駅でこの看板を見たのですが・・・


このコピーによると・・・毎日の様に京阪電車に乗る私も一応「おけいはん」と言えるのかななんてことは別にして6月号のPR紙を貰いました。


その中にこんな宣伝記事を見つけました。

実相院の「床もみじ」は 宣伝効果もあって最近とみに有名になりましたが、「床みどり」なる言葉は前から使われていたのか知りませんが、私は初めて聞く(見る)言葉でした。
念の為「床みどり」で検索して見ると・・・・出てくる出て来る・・・知らぬは自分だけかとギャフンでした。(自分で書いた実相院のブログ探したのですが探せませんでした)

5/25のブログにこの写真を載せ、緑と青について書き、ここではもみじは「青」です。なんて書きましたが・・・・


床に映るもみじは・・・・紅葉の時は『床もみじ』と言い・・・
新緑の時は『床みどり』そして、その床に映ったもみじを直接見る時は『青もみじ』ということになるようで、何か頭が混んがりそうです(笑)


ところで冒頭のPR紙表紙の絵の説明です。


我が家の半夏生は、この5/18に載せたこの写真から化粧が始まったら載せようと思っているのですが、

背丈と葉の数は増えましたがまだ化粧始まっていないのです。






最終更新日  2019.06.06 13:49:32
コメント(8) | コメントを書く
2019.05.25
カテゴリ:散策
昨日のブログで緑・みどりのことを関して、『青もみじ』の事を書きましたが、この京阪電車の1枚の吊り下げ広告だけでも「もみじ」「新さんぽ」なんて青と緑が混ざって書かれているのを発見??

昨日コメントにも、信号や青物野菜等、青と緑の混同のことを書いて頂きましたがこの広告も正に青と緑を並べて書いてあるので、ニタッとしたのでした。

そして青ついでに・・・・今年も又この看板が立ちました。去年の青葉まつりから早や1年・・・あっと言う間の1年の短さを感じざるを得ません。



ついでながら、前に載せたこの広告、またまた復活していました。

外人さんの乗客が多くなった作今、ピッタリの広告では???






最終更新日  2019.05.26 12:38:41
コメント(8) | コメントを書く
2019.05.24
カテゴリ:散策
最近は観光地の紹介に『新緑』と言うよりも『青もみじ』と言う言葉が使われるケースが目立つように思いますのですが、タイトルに青、あおの2日間なんて書いたらちんぷんかんぷん、やはり緑でないと・・・・。

5/20のブログに書きました、京都観光地案内は昨23日になったのですが、結局この三ケ寺巡りを軸に行って来ました。

まずスタートはいつもの智積院ですので報告は割愛して・・・泉涌寺へ向かったのですが、広島からの客人は四国88ヶ所を歩いて二回り、しかも内1回は友人の病気回復祈願で回られた事を聞き、是非ともここへと西国15番札所今熊野観音のこの場所へ案内しました。

前に書きましたが、この弘法大師の像の周りを「南無大師遍照金剛」と唱えながら一周すると四国88ヶ所をお回りしたことになると言われているので、その通り一周回ってもらい、これで四国88け所を3回お回りになった事になります。なんて説明??させて貰いました。

泉涌寺では楊貴妃観音像もさることながら・・・霊明殿のこの門に案内、天皇家の菩提寺のしるし・・・




菊のご紋付です。


そしてこの奥の・・・ここまでは観光客も余り足を踏み入れない歴代かなりの数の天皇を祀ってあるこの月輪御陵へ・・・




次に貰った無料拝観券のある東福寺の新緑、もとい青もみじへ・・・紅葉の時と違い本当に人影が巣来なかったです。
いつもは無料の臥雲橋からの通天起橋の眺めだけの報告しかしていませんが・・・



今回は反対に、通天橋から臥雲橋の眺めです。
無料拝観券もう一枚の方丈庭園は、本堂天井の龍図など案内して時間的制約によりカットしましたので又後日代わりに訪ねて報告させてもらう事に・・・・
このあと、三十三間堂へ行ってこの日の案内を終わりました。

そして、明くる今日は緑と言っても緑の絨毯を訪ねて?? 来ました。

前回行った時はまだ茶色の絨毯だったのがすっかり緑の絨毯に変わっていました。
今日は全国的に暑い一日なので飲み物いっぱい、タオルいっぱい持って行ったのですが、湿気が無くもそよ風がありも厚さなんて全く感じない最高のコンディションの一日でした。






最終更新日  2019.05.24 21:38:28
コメント(6) | コメントを書く
2019.05.22
カテゴリ:散策
昨日の続きです。
お茶のあとは観能です。
整理券の番号ごとに並び旗で引率され・・・



能舞台に案内されました。


入ってびっくり立派な能舞台はさることながら、見る人の場所がびっくりする程広く、さて、観客は500人?? 或いはもっと居たかも知れませんが、計数不能でした。

ただ残念なことに場内撮影禁止で画像での報告が出来ませんのでパンフレットで・・・




この田村だけで1時間10分かかりました。 只あらすじがが書かれているのである程度の事は分かりました。田村とは坂上田村麻呂からの演目だと思います。


次は狂言でこれはセリフ付きのお笑いですから大体分かりました。

狂言と言えば千本焔魔堂の狂言を観に行った時、確かブログに書いたと思うのですが、探せませんでした。

続いて公開が3時半までだと言う飛雲閣の見学に慌てて行きました。


現在修復中(2017/7~2020/3)でした。池の水が少ないのもそのためなのでしよう。
ここの屋根の特徴のこけら葺き屋根り葺き替えには長野県産のサワラの木が使われたとか。






因みに以前に芳春院の呑湖閣(どんこかく)を訪ねた時書きましたが京の三閣、四閣、五閣は下記の通りです。
京の三閣は金閣寺(鹿苑寺)の金閣・銀閣寺(慈照寺)の銀閣・西本願寺(本願寺)の飛雲閣。京の四閣は金閣・銀閣・飛雲閣・呑湖閣、京の五閣は金閣・銀閣・飛雲閣・呑湖閣・伝衣閣です。

この飛雲閣の敷地に有った鐘楼はこんなに極彩色でした。





そして能舞台が有った場所は国宝唐門の内側だったので、唐門については前にも載せましたが、ついでですので、撮影の為寄り道すると・・・・
ここの修復中は見られませんでした。
広い敷地ですからはっきりしませんが、多分この唐門の中辺りが能舞台だと思います。






最終更新日  2019.05.22 21:55:13
コメント(8) | コメントを書く
2019.05.21
カテゴリ:散策
昨日書きました貰った券で西本願寺の親鸞聖人降誕会に行って来ました。

西本願寺の周辺は旗や幟や立て札が並び、大変な雰囲気でした。









右の茶席と祝賀能は昨日書きました通りの招待券で、左の国宝飛雲閣特別会報は解放されていました。


広大な敷地右が阿弥陀堂、左が御影(ごえい)です。


反対側から見る御影堂です。


さて、お茶席はこの安穏殿の2階です。


1回10人程の4列、約40人ずつが席に通され・・・




多数の紋付袴の男性、和服姿の女性に茶菓の接待を受けました。




下座では並行して僧衣の方から挨拶と説明を受けながら・・・


この茶菓を頂きました。



このあと、能を観に行ったのですが、明日に続けます。






最終更新日  2019.05.21 22:00:43
コメント(6) | コメントを書く
2019.05.19
カテゴリ:散策
​いつもつコメント頂く東京の「東の料理人」さんから昨夜(5/18) 次の様なメールを貰いました。
【・・・・・17日の新聞を見ていたら「六波羅に平氏一族屋敷跡?発掘現地説明会 19日10時~正午 問い合わせ先・・・・・」とあります。ご予定もあるかと思いますが、前に「六道さん」のブログを拝見したことを思い出し、兎に角ご迷惑顧みずご連絡だけさせて頂きます。・・・・・】


こんな催し、地元に居ながら知らなかったので急遽参朝から行って来ました。
場所は五条坂に面したこの場所で・・・

このテントで囲われた場所です。


横断歩道橋から見ると・・・右後方に清水寺がこの様に見える一等地で・・・


清水焼の登り窯の有った場所にこの様にホテル建設の為の史跡調査です。


貰った資料の一部ですが・・・このような事が目的の発掘調査です。

遠く平安時代よりはるか昔の弥生時代の史跡も書かれています。


さて、10時開始なのに、10時前に中に入ると、凄い人で、既に説明が始まっていました。


向うの方にいる3人はNHKのカメラマンで今日の夕方のニュースで取り上げると言っていましたが・・・
残念ながら、私は観るのを忘れました。







兎に角都会の真ん中に現れたこんなに広い土地、単に登り窯だけでなく、他にもかなり住宅等取り壊されたであろうことが推測されます。

向こうの正面に見えるのが開睛小中学校(元洛東中学)でその西側に清盛ゆかりの六波羅蜜寺が有ります。






ところで、この現場の五条坂を挟んだ向かいに真新しいホテル?が建ちました。


この場所も元は登り窯が有った場所です。
当ブログの​2015.8.7 と2015.8.9​にホテル建設の為取り壊される前に調査されたことを書いています。






最終更新日  2019.05.19 22:33:24
コメント(16) | コメントを書く
2019.05.17
カテゴリ:散策

1. まず初めに「ゴメン」なんて・・・ここは絶対に気遣いいっぱい店主の店です。


2. ずっと昔からの看板なのかなぁ??    燃料の代名詞が炭なんて・・・・。


3. ジンギスカンって、確か成吉思汗と書いたと思うのですが、こんな当て字もありましたかね??















最終更新日  2019.05.17 20:54:58
コメント(8) | コメントを書く
2019.05.16
カテゴリ:散策
昨日の続きです。
百万遍の(このお寺の百万遍念仏からこの辺りの地名は「百万遍」と言います) 知恩寺に行くと入口の総門はこの様に工事中で雄姿は見られませんでした。




工事中の門をくぐると広い境内は正にテント村です。

さて何軒の出店か??  200軒?? 300軒?? とにかく広い境内いっぱいで数えられません・



古本市と違い特に買うものも無いので、もう一つの目的のアフロヘア仏を、記憶にあるこの御影堂の辺りを行ったり来たりして探したのですが・・・・無いのです。

丁度御影堂の階段に若い僧が居たので訊ねても知らないのです。
スマホの画面でアフロ仏の写真を見せると、私のスマホを持って御影堂の中に消え、多分誰かに訊いて来たと思うのですが、暫くして出て来てアフロ仏のある場所を教えてくれたのでした。
(御影堂は浄土宗では「みえいどう」(浄土)真宗大谷派(東本願寺派)では「ごえいどう」と言います)

しかし、その場所は私の記憶の場所と全然違ったのですが、まあ教えて場所に行くと・・・
これは違う・・・・


そしてやっと見つけたのですが、こんな墓地の中に無かったし、もっと大きかったと思えてならないのです。
特に大きさは不確かですが場所についてはどうしても記憶と合わず帰った後も狐につままれ気がしてならないのです。 ついにボケたのか、それとも移設されたのか?? 


しかも私の記憶では1体だけあった気もするのですが・・・


因みに一番有名なアフロ仏は黒谷金戒光明寺のお江さんお墓の横にあるこの仏です
(前に当ブログに写真を載せましたが出て来ないのでグーグル画像でお借りしました)


そして、全く人に知られていないこの仏は・・・清水寺の裏にある高校同窓生のお墓の横にある仏で今年の3月のお彼岸に墓参りに行った時何気なく撮っていた写真です。

話が横道に逸れましたが、知恩寺をを出て徒歩10分足らずの、ブロ友さんに教えて貰ったこの白川ベーカリーへ行ったのですが・・・・

前回もそうだったのですが又々定休日で目的を達せずでした。

ところで今日稲荷山の仙人さんが手作り野菜を持ってきてくれたのですが・・・・14日に行った妙法院の特別公開が開設も、楽器演奏もあり、庭も見学出来て大変良かったとの説明を聞きました。
改めて、来年は行かないと・・・・と思ったので有りました。






最終更新日  2019.05.16 21:43:41
コメント(8) | コメントを書く

全1030件 (1030件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.