045674 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新・白黒軍団の間

PR

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


R_OGI

白黒軍団の皆様、ご無沙汰しております。そうでない方の皆様、

はじめまして。このサイトは2001年4月1日に開設した、

とある九州・大分県の高校のラグビー部同期の雑談所だった

「白黒軍団掲示板」の後釜です。

なぜ移転したかというと、管理者である私がパスワードを

紛失するという醜態を晒した事と、ここ数年は閑古鳥が

鳴きまくる惨状だったため、更新の手軽なブログといった

形式で再開を試みた次第であります。

何卒宜しくお願い申し上げます。
Nov 21, 2011
XML
カテゴリ:ラグビー関連
去る11月19日に、GS氏の門出を祝う会が盛大に渋谷で開催された。今回の宴もかなりいろいろな出来事が発生した為時系列に報告させて頂く。

H23.11.19(Sat)
11:00 空港へ乗り込もうとしたら、なんと空港道路でどこの馬の骨かもわからん組達がマラソン大会を実施しており、遠回りをさせられたので大変虫酸が走る思いである。空港で昼飯を頂いてから乗り込もうと思っていたので登場時刻に影響はなかったが、何もこんな雨の中マラソン大会の実施を決断する運営陣には疑問符が付く。

14:30 羽田空港到着予定であったが、「強風と視界不良の為滑走路が混雑しており、着陸の順番が回ってくるまで東京湾上空を子犬のように旋回します」との事である。一応本を持参で乗り込んだものの、あまりの強烈な揺れが長時間続くので本など読むと気分が悪くなってくる。機長に「酔ったんかー!!」と絶叫されるわけにもいかないので耐えていたが、今度はお手洗いに乗り込みたい心境になってくる。「トイレに行ってきてもいいですか?」と質問したかったが問答無用に却下されるので耐えるしかない。

15:30 KM氏のメジャーなゲストルーム(以後MMR)に向かっていたが、東京メトロ有楽町線辰巳駅からMMRまでの道のりが今年度初と言っても過言ではない程、過酷な10分間であった。容赦ない暴風雨に襲われ、傘を差しても意味などない状況であった。しかも橋の真ん中の強風は鬼のであった為、このまま氾濫する川に転落したらどげーすっかのーっちゅう感じであった。何とかボロ雑巾のようになりながらMMRへ到着したものの、スーツ及び革靴がしっとりし過ぎであったので、KM氏にドライヤーを借りてとりあえず乾かしまくったが、しっとり感は最後まで払拭できなかった。まもなくDS氏も同様にボロ雑巾のようになりながらMMRに到着した。DS氏お得意の「へうぁ~」というため息が連発された事は言うまでもない。しかし彼はスーツは温存していたので被害は最小限にとどめる事が出来たのでさすがと言う他ない。

19:00 渋谷会場に到着し、メジャーな宴が開催された。JK@板橋区の彼と久々に会い、かなりの食材を調達して頂けたので大変有難い。そしてじわっと時は過ぎ、二次会へと向かった。居酒屋で5時間は過ごしたであろうか、バーガー系、尊師系、YY氏の武勇伝等、かなり各方面の珍話で花が咲いたので大変充実したひと時である。その中でも印象的だったのはNS君が往年のバスケ親父による理不尽な対応に大変憤慨しておられたご様子であった。

28:00 MMRに到着し、大殿である。

H23.11.20(Sun)
10:00 MMRで起床したが、MMRの規律は少年自然の家並に厳しい様子だったのでシーツのたたみ方一つでも間違えるとやり直しを命じられそうな極度の緊張感が漂う中での起床であった。KM氏の朝食はかなり美味であった。

11:00 闘病中のKI君邸へお見舞いに乗り込ませて頂いた。一日も早い全快をお祈りする以外ない。その暁にはぜひビッグ千で唐揚定食大盛りを大量発注するしかない。そして昔話に花が咲く状況であったが、小生が何を間違ったのか帰りの便の時間を1時間遅く見積もっており、羽田空港まで時間との戦いが開始した。

14:15 品川駅につき、京急線快特羽田空港行きが到着した。その後は14:28発の各駅停車であった為、これを逃すと致命的であった為、HM監督が切符を買っている最中であったがホーム内で待機し、出発しそうな雰囲気になったら颯爽と乗り込まんばかりの雰囲気で待機していた。ベルが鳴ったので車内に乗り込んだが、HM監督も何とか乗り込めた模様である。ところが、何故かPASMO持参で小生と改札をくぐったはずのHK氏が乗り遅れ、品川駅でおさらばする事となった。何故彼が乗り込めなかったのかは謎であるが、まあ最終便だったらしいので遅れる事はないであろう。

19:00 家に帰ったのも束の間、業務都合により最終便で長崎合宿の聖地へ乗り込む以外なかったのでいやーっちゅう感じであった。

※GS氏へ
この度は大変おめでとうございます。今後もお二人で力を合わせ、幸せな家庭を築いて頂ければと願ってやみません。






最終更新日  Nov 22, 2011 12:14:55 AM
コメント(2) | コメントを書く


フリーページ

お気に入りブログ

コメント新着

R_OGI@ Re[1]:GS氏の門出を祝福する会(11/21) GS@三軒茶屋さん 意外と某市役所勤務の星…
GS@三軒茶屋@ Re:GS氏の門出を祝福する会(11/21) RO氏をはじめ、ラグビー部の皆様、この…
R_OGI@ 余談ですが・・・ ACのCMで、「こんにちワン」や「ありがと…
RO@僻地@ Re:流体力学と喝采 GSさん 彼の珍話はまだあるので別の機会に…
GS@三軒茶屋@ Re:流体力学と喝采(02/08) アプロ君、面白すぎ!笑った。

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.