140755 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ロードバイクの徒然ブログです。

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

交換、修理

2018.04.01
XML
カテゴリ:交換、修理
先日、ロードバイクのクランクをDURA-ACE FC-R9100に交換しましたが、その前にペダルが外れない事件がありました。


とても、困りましたので、他にも困っている人がいるはず。そんな方の手助けになればと、事件が解決するまでの一連の流れについて記録しておきます。


そもそもの問題は、私の手元にろくな六角レンチがないこと。


近所の工務店で200円ぐらいで購入した長さ7センチぐらいのものですが、これで、どんなに頑張ってもピクリともしません。


そこで、何かないかと先人に知恵を借りたところ、専用の工具があるとのことです。



KENOH T型ボールポイント六角棒レンチ 5.0mm THXB-5.0


1000円ぐらいだったので、早速購入!


みてください。

rblog-20180401165401-00.jpg

これなら、外れそうです。
先人によれば、六角レンチでフレームを傷つけないように注意しながら、足で踏むのがよいとのこと。


言ってる意味がよく分からないので、手で頑張ります。

rblog-20180401165401-01.jpg


しかし、どうにもこうにも外れません。


そこで、タイトルにある極意です。


サイクルベースあさひに持ち込みました。

お忙しい時期にもかかわらず、迅速に対応してくれました。


工賃は、なんと400円!
それも取り外し、取り付けまでやってくれるとのこと。

私が購入した、六角レンチより安いorz


参考までに作業の様子を見させてもらうと、やはり、あさひさんも苦労していましたが、ボルト外しなるものをかけると、


バキッ!


という大きな音とともにボルトが外れました。



和光ケミカル RP-L ラスぺネ 420ml A120

これかどうかは、不明ですが、こんなような物を使っていました。


これも、結構な金額なので、ペダルで苦労した場合は、引き続き、あさひさんにお願いしたいと思います。





ブログランキング参考しています!
よろしければ、クリックしてください。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村







最終更新日  2018.04.01 17:02:16
コメント(1) | コメントを書く


2018.03.23
カテゴリ:交換、修理
前回のブログで、途中で断念したリアディレーラーの調整ですが、なんとか自分で解決できましたので、こつを記載しておきます。


前回のブログについては、こちら。
リアディレーラーをアルテグラからデュラエースに交換しようとしましたが、途中で断念


前回のおさらいですが、一番重いギアの調整は、できたのですが、一番軽いギアの調整ができないというところ。


何が原因かといいますと、そもそもチェーンが付いていない段階では、一番軽いギアまで、リアディレーラーは届かないようです。


そこで、どうするかというと、写真のように手でぐいっと押し込み、二つボルトの下側を調整しながら、リアディレーラーが一番軽いギアのところまで届くか確認します。

rblog-20180323062521-00.jpg

これで、リアディレーラーのトップとローの調整は、完了です。


次に、テンションアジャストボルトを調整します。これは、リアディレーラーの上下の位置調整になります。


テンションアジャストボルトの位置は、こちらです。
rblog-20180323062220-00.jpg


0.8mmなるよう調整します。


右に回せば、離れ、左に回せば、近づきます。


最後に、アジャストボルトを微調整して、全てのギアにシフトすれば、調整完了です。


rblog-20180323062521-01.jpg


ギアに入らなくなったとお困りの方は、だいたい、アジャストボルトの調整で解決するかと思います。


馴れれば直ぐにできそうですが、今回は、前と合わせて二時間半程度の作業時間を要してしまいました。


サイクルベースあさひの工賃を考えるとお願いしてもよかったかもしれません。


肝心のインプレですが、流石は、デュラエースです。回転系は、効果がよくわかります。


今回は、リアディレーラーをULTEGRA6800からDURA-ACE9000に、交換しましたが、これほど効果があるのであれば、クランクもお金を貯めて交換したいと思います。


ブログランキング参考しています!
よろしければ、クリックしてください。
にほんブログ村 自転車ブログ
別ウィンドウが開きます。
PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2018.03.23 17:45:16
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.03
カテゴリ:交換、修理
明けましておめでとうございます。
今年、初のブログは、デローザSKの整備の記録です。



さてさて、皆さん、デュラエース(dura-ace)を、ご存知でしょうか。

そう、SHIMANOの最上級のコンポーネントです。




SHIMANO (シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100 コンポセット 【自転車】


デュラエース〉アルテグラ〉105〉ティアグラ〉ソラ、クラリス


SHIMANOには、概ね上記の順に、コンポーネントが用意されています。



この順に、性能や耐久性が向上していきますが、それにつれて、価格が上がっていきます。



その中で、一番お手軽に、デュラエースを導入できるのは、チェーンではないでしょうか。



11sのため、105までしか互換性がないのが、残念ですが、105以上のコンポを使っているのであれば、チェーン劣化による交換の際に、デュラエースの導入について、検討してみては、いかがでしょうか。



かく言う私も、完成車に附属してきたultegraのチェーンが劣化してきたため、dura-aceに交換しました。


1まずは、チェーンをカットします。
rblog-20180103175631-00.jpg
チェーンカッターは、事前にネットで購入しておきました。

自転車用工具 チェーンカッター チェーン交換 コンパクトタイプ メール便



2カットしたチェーンの長さにあわせて、dura-aceのチェーンをカットします。
rblog-20180103175631-01.jpg



3あとは、元通りにチェーンを通して、附属のピンで固定します。
rblog-20180103175631-02.jpg
手の力では、入りませんので、チェーンカッターを使用しました。



4最後にピンのあまりを、カットして完了です。
rblog-20180103175631-03.jpg



気になる見た目ですが、皆様お気づきのとおり、殆ど変化がありません。


次に、性能ですが、こちらは、明かに回転が良くなった気がします。


また、重量も数グラムですが、軽量化されました。


最後に耐久性ですが、これは、しばらく乗ってみなければ分かりません。


何にせよ、デュラエースなら間違いないでしょう。後悔はしないはずです。

SHIMANO (シマノ) DURA-ACE (デュラエース) CN-HG901 116L 11S チェーン



ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
よろしれば、クリックしてください。
別ウインドウが開きます。
PVアクセスランキング にほんブログ村







最終更新日  2018.01.06 16:32:56
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.