979459 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笑えば幸せがやって来るー2!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


superman-2

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

「寿限無」 ひこさんの一言さん

Comments

Freepage List

Headline News

2019.06.12
XML
カテゴリ:テクノロジー犯罪
様々な仕掛けでのテクノロジー犯罪が横行しており放置できない !!!!!!!!!

  余りにも「人の命」に対する軽視が横行しているために、あたかも虫けらを潰す

が如く、平気で人命を傷つける輩達。いざ自身が傷つけられる側になる事なぞ、また、

その痛みや苦しみなぞ何ら考える事もなく、行動する。

 それも、「人間の頭脳を覗く事や人間の行動を監視する事。又は、意のままに人間の

身体を動かす事」などを無断で試行し、失敗すれば、たちどころに当該実験台となった

人間を狂気扱いして精神病院に隔離して、無断実験が世間に露呈しない様にする。

 こうした事を可能にするには、某大手宗教団体が参加し、診療内科医がそれぞれ参加

する事で可能となる。それは、「国家予算獲得」と言う目的を果たすために仕上げられた

プロジェクトで成功しようが失敗しようが結果は、管轄省庁の窓口担当者が認定すれば、

それで良し。既に27億円もの予算が配分されている事実もある。

 先端技術研究の中に溶け込ませて国会を通過したテーマだ。

某大手宗教団体は、一切資金を使わず国家予算の資金は、手元に入れる。

調査・研究費用は、同宗教団体の信者自身の持ち出しで実験が遂行される。

無断人体実験に気が付かれた場合には、被検者に対して集団ストーカーや

超音波攻撃・レーザービーム攻撃・電磁波攻撃を仕掛ける事を各周辺信者

に委託して、被検者が狂気沙汰になるのを待ち構えて、強制的に診療内科医

の下に運び込み、ステロイド注射を大量に注入して、寝たきり状態

に持ち込む。そこまでに達すると被検者が同意していなかった事や何を人体

実験されたかが一切表面化する事はない。例え表面化しても狂人の語る事を

「真面に受ける方がおかしい」との理屈で逃げている。

 しかし、そこに大きな落とし穴のある事に犯人側が一切気が付いていないので

その点から証拠固めをしていくしかない。やがて、表面化した時には、

政府が吹っ飛ぶだけでは、済まされない。

 そうした無断で人体実験された犠牲者の社会的生命を奪いながら、某宗教

団体は、ぬくぬくと国家予算の先端技術研究費の一部を手にするだけでなく、

当該予算を年間100億円にもふくらます事を画策している。

 つまり税金を泥棒するために大掛かりな仕掛けを組み立て「先端技術」と

言う国民一般が中々理解できない分野のテーマをぶち上げて予算ドロボーを

する。つまり、これは、銀行強盗よりも明らかに合法的な泥棒である。

その某宗教団体の名前は、政府に大きな圧力を持つ宗教団体である事は、記す

までもない。しかし、一般の信者らには、一切極秘裏に遂行されているために

殆ど当該宗教団体内でも関係者を除き、一切知られていない。

 そして、得られた資金は、選挙対策費や私服を肥やす資金となる。

よって、そうした事情を知る人間が離脱するとなると命の保証がない事態と

なり、失踪と言う結果となり、数年後、山中から身元不明遺体が発見される。








Last updated  2021.02.25 19:46:01
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.