301128 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

BOSSの備忘録。

2007年09月06日
XML
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

私の中の松田優作氏の最高傑作は「野獣死すべし」である。
が、優作氏の魅力に抗い難く機会さえあればその出演作を観てしまう。

この作品自体は少し大味の作品で優作氏の演技も単調に見える。

今回久しぶりに見直してみて気が付いたのはホンは非常に良くできているということだ。
森村誠一氏のファンだったのでもちろん原作も読んだ。
推測だが、狙いは松本清張氏の一連の作品、特に、砂の器、だと踏んだ。
真犯人の立ち位置と動機に共通項が見られる。
このホンできちっとした演出だったら、松竹版の「砂の器」に匹敵する作品が出来たのではないかと思う。
誰かリメイクすればいいのに。
クレージーキャッツのハナ肇さんはすっかり役者さんになってしまった。
優作氏とのコンビが抜群に良い。






最終更新日  2007年09月07日 15時31分54秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画・TV・BD・DVD] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.