296653 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

BOSSの備忘録。

全546件 (546件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >

映画・TV・BD・DVD

2012年02月03日
XML
テーマ:BD映画鑑賞(9)
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

アジョシ スペシャル・エディション(BD) ◆20%OFF!

「ウォンビンのアクションは確かに凄いね」

BDで観ている所為もあるのかもしれないが最近の韓国映画は「画」がキレイだ。
画面のヌケが良いというか、作者の意図とするカラーが明確に反映している気がする。
対して日本の映画は未だにヌケが悪いというか、今一クリアな画面に感じないのは何故だろう?
韓国映画の「画」は最早ハリウッド映画の「画」と画質的には互角のような気がする。

さて、この映画は北野武監督の最新作と云ってもイイほどそのタッチが似ている。
武監督得意のバイオレンスアクションだ。
ただ、こちらの方が話がシンプルなだけだ。
これは、褒め言葉である。
武監督のバイオレンスアクション映画のファンである私としてはうれしい限りである。
なによりそのクールなタッチがそっくりだ。

主演のウォンビンが良い。
後半のアクションシーンはホントに凄い。
相当にトレーニングしたのだろう。
この映画を観た後、たまたま「ストレンジャー6」と云うドラマを観たのだが、(これはこれで結構面白いのだが)そのアクションシーンに比べたら雲泥の差だ。

そしてそのアクションシーンは今流行の(と、私が思っている)特殊部隊の格闘技ワザでのアクションシーンである。
ウォンビンの役の設定の所為もあるが、「ハンナ」と云いこの作品と云い「ラッキーセブン」と云い、世の中のアクションシーンはつまりそちら側に流れていると云うことである。

韓国では600万人動員の大ヒット作だと云うことであるが、要はウォンビンを始めとする出演者に感情移入できるかの問題である。

ハリウッドが各国のヒット作をリメイクするのは、ヒットさせるためには出演者、その他に感情移入させなければならない、ということを充分に承知しているからであろう。

もし、この作品を日本でリメイクするなら主演は瑛太、監督は園子温だろう。






最終更新日  2012年02月03日 14時19分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月23日
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

【送料無料】ワイルド7R

「うーん………。なかなかうまく行かないね。何でだろう………?」
大好きなワイルド7の映画化。

原作のファンである。
マンガ家、望月三起也氏のファンでもある。

原作をもとにしてハリウッドのアクション映画をイメージすると相当面白いアクション映画になるはずである。
何しろ原作を読んでいてイメージするのは、やはり、ハリウッドのアクション映画だからである。

が、実写化されると必ず肩すかしを喰らう。

今回、脚本はそんなに悪くない。
ただ、「相棒」を書いてた深沢正樹氏の脚本なので、実に「相棒」みたいな話だ。
だから、ワイルド7が杉下右京でも成立する。
事件に対する解決方法が違うだけだ。
ワイルド7はワイルドに。右京さんは頭脳的にソフトにの違いである。

役者も悪くない。

少し話は逸れるが先週の月曜日から私は瑛太くんのファンである。
観た? 「ラッキーセブン」。
彼があんなに動ける役者だとは知らなかった。
勿体ない。宝の持ち腐れ。
瑛太くんはアクションスターを目指すべきである。

このワイルド7の飛葉も悪くない。
が、残念ながら、瑛太くんの身体能力をフルに生かしているとは思えない。
彼は、もっと動けるのに。
ああ、勿体ない。

他の役者さんもみんな個性的なのにその個性がうまく生かされていない。
中井貴一さんの草波さんは良かったけど。
実に役にはまっていた。

となると、やはり、演出の問題なのか?
これが日本のアクション映画の限界なのか?
そうは思いたくないが………。

ハリウッドでリメイクされることを期待する。
配給ワーナーだし、行けるんじゃない。






最終更新日  2012年01月23日 15時52分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月12日
テーマ:BD映画鑑賞(9)
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

グリーン・ランタン ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産)(BD) ◆20%OFF!

「荒唐無稽すぎるだろ、オイッ!!」
と、映画館で観た時は思った。
と、同時に、私の想像力が落ちたのかとも思った。

今回、BD版のエクステンデッド版本編を観たら、劇場で観た時よりも荒唐無稽だとは感じなくなっていた。
まあ、そう思って観ているからなのかも知れないが。

これは、「想像力」で戦う映画である。
主人公、グリーンランタンの武器は想像力と意志である。

思うに、今の日本人の多くの人々に一番欠けているモノである。
少なくとも私の周りにいるプロ俳優志望者に一番欠けているモノである。
が、それらの人に一番必要なのが、この想像力と意志の力である。

ハリウッドの映画がこのテーマを持ち出してきたと云うことは、今のアメリカ人に足りないのも想像力と意志の力と云うことか?

そんなワケで、この作品は結構好き嫌いが分かれるんじゃないだろうか?
正に、観客の想像力が試される作品である。
 






最終更新日  2012年01月12日 13時55分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月07日
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

【送料無料】聯合艦隊司令長官山本五十六

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、去年の暮れからずっと4月公演のホンを書いております。
映画も暮れに「ゴースト・プロトコル」(残念ながら期待していたほど楽しめませんでした)を観たきりです。

お正月の第一弾は観られる時間の都合などもありまして、この「聯合艦隊司令長官山本五十六」を観ました。
もちろん、特撮シーンが観たかったのがその最大の動機だったのですが、それ以外のドラマパートが意外に楽しめました。

私の山本五十六と云えば、東宝映画でお馴染みの三船敏郎ヴァージョンです。
が、この役所広司ヴァージョンもなかなか優れものです。
三船さんはその自身が持つ役者としての貫禄の部分で演じられていてそれこそ充分説得力があると思うのですが、この役所ヴァージョンは役所さんがキチンと山本五十六という人間を役として演じているという説得力があります。
なので、充分役に感情移入が出来るわけです。
つまり、それが面白いと感じる所以です。

さらに私が今まで観た戦争映画ではあまり語られていなかった、何故、日本はアメリカと戦争するにいたったのか? という部分が丁寧に描かれています。

さらに感心したのは、立案した作戦が何故成功したり失敗したりするのかをこれも丁寧に描いていることです。

失敗の原因。それは殆ど、実行者のエゴです。
物事が失敗する原因の多くは実行者のエゴによるものだと思い知らされました。
これは、現在でも何ら変わらないことなのではないでしょうか。
歴史に学ぶとはこういうことだと改めて知りました。

どんなに素晴らしい作戦でもその作戦を実行する者にその者自身のエゴ(プライドの喪失等)が働くと必ずと云っていいほど失敗します。

肝心の特撮シーンですが、なかなか良く出来ていたのではないでしょうか。
正直、もう少し見せて欲しかった、と云う感はありますが、主筋が人間ドラマなのでまあ、こんなもんなのでしょう。
が、もし、東宝映画だったら、もっとガンガン行っていたと思いますが。

導入部はやや退屈ですが、中盤辺りからかなり面白くなります。
基本、フィクションなので、架空の人物も多数出て来ますが、ドラマとして楽しめばいいと思います。


【送料無料】聯合艦隊司令長官山本五十六






最終更新日  2012年01月07日 13時18分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月10日
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

【予約商品】【送料\390~】リアル・スティール コラボレーション リストウォッチ

「超面白いぞッ!! 面白い映画の要素満載ッ!!」

先ずは父と子のドラマ。で、これは、イコール、バディ(相棒)物の面白さの要素も持っている。

次は、スポーツドラマの面白さ。これは、「ロッキー」に連なる面白さの要素。

そして、アメリカ映画得意のロードムービーとしての面白さ。

さらに、SFアクション映画としての面白さも。

で、これらの要素がバラバラにならずにうまく噛み合っていてその面白さを倍増する。

が、実は最初は主人公に感情移入しづらい、と云う脚本の教科書から少し外れたことを意図的にやっている。
が、これを食い止めているのがヒュー・ジャックマンの見事な演技。

オープニングに派手なフックを仕掛けてこないのも近頃のハリウッド映画にしては珍しい。
ただのエンタテインメントじゃないぞ、人間ドラマだぞ、という観客へのアピールか?

そんなわけで、観ていてちっとも飽きない。
ホントに面白い。
何しろ感情移入できる登場人物が三人もいるのだ。
ヒュー・ジャックマンのダメな父親。
懸命に頑張るその子供、ダコタ・ゴヨ。
そして、我らがロボット「ATOM」。
ATOMの表現が巧いッ!!
普通だったら明確にこのロボットに感情があるところを表現するのだろうが、この映画はそうはしない。
その部分を観客にゆだねる。
そこが良い。
つまり、そこでこのATOMに感情移入してしまうのだ。
なので、ATOMの試合シーンでは感情移入せざるを得ない。
CGだと分かっているのだが、燃える。
手に汗握る。

男の子映画かもしれないが女子でもきっと面白いんじゃないかな。

泣ける映画が面白い映画とは限らないけれど、この映画は面白い映画の上に泣ける映画だ。

日本人、全員、観るべしッ!!
元気になるぞッ!!


【送料無料】リアル・スティール 


【送料無料】リアル・スティール






最終更新日  2011年12月10日 14時27分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年11月21日
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

ロビン・フッド&グラディエイター セット(BD) ◆20%OFF!

「観ると思う、凄いぞ、ハリウッドッ!!」

外国の時代劇、いわゆる、コスチューム物があんまり好きではない。
時代背景や登場人物たちの情報が当方に不足で現代劇に比べて感情移入しづらいと思っているからだ。

この「ロビン・フッド」もリドリー・スコット&ラッセル・クロウだから、観れば面白いんだろうな、と思うけど、観るまでの腰が重い。
これが例えば、このコンビのSF作品だったら、劇場に飛んで行くだろう。

で、結局、WOWOWで観た。

で、やはり、ホンも面白いし、語り口も見事だし、思い切りこちらの感情をゆさぶられて感動した。
黒澤明監督の時代劇を観ているような気分にさせられる。

先入観はいかん。

ニュートラルな気分で観ないとね。

少し話は逸れるがWOWOWが10月1日からフルハイビジョンの3チャンネルに変わって画質が変わったそうだ。
HiVi誌によると同じ作品でも再放送の度に画質が良くなっているらしい。
目から鱗の情報でしたね。






最終更新日  2011年11月21日 12時18分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年11月08日
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

【送料無料】ステキな金縛り オリジナル・サウンドトラック

「今頃気が付いたんだけど、三谷さんの映画作品は、日本映画のニュータイプか?」

先週の木曜日に日劇に観に行きました。
その日二回目の上映でしたが、満席でした。
大ヒットですね。
観客層も老若男女で、三谷さんの作品は観客を選びません。
まあ、それが、大ヒットの要因でもあると思うのでですが。

さて、私は三谷ワールドに演劇方向から入っているので、今まで気が付かなかったのですが、三谷さんの映画作品は、今までの日本映画には観られなかったニュータイプの作品だと思うんです。

気が付いたのはそのオープニングシーンを観ている時で、ふと、往年のクレージ・キャッツ作品を思い出しました。

日本の喜劇映画というと大抵「人情絡み」な作品が多いじゃないですか?
ちょっとじめっとしているというか。
松竹の作品なんてほぼ100パーセントそうですもんね。

ところが、東宝のクレージ・キャッツ作品なんかは実にからっとしている感じがします。
で、三谷さんの作品はこの路線を行っているのではないかと。
ちなみに三谷作品に「東宝マーク」は似合いますけど、「松竹マーク」は似合わない、そんな気がします。

で、三谷さんはそこからさらに一歩進んで、往年のハリウッドコメディー映画のラインを狙っているような気がします。
だからというかじめっとしてない。からっとしている。
その上、垢抜けている。
日本の喜劇映画って垢抜けてないんですよね。
だから、三谷作品の垢抜け具合が群を抜いているように感じる。

アメリカでもプレミア上映したそうですが、多分、充分に受け入れられたのではないかと思います。

このセンスの映画監督がもっと出てくると日本の喜劇ももっともっと盛り上がると思うのですが。

正直、次回作が早く観たいですもん。

観て損はないと思います。


【送料無料】監督だもの

メイキング本、「監督だもの」も買っちゃいました。






最終更新日  2011年11月08日 10時22分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年10月29日
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD


「インディ・ジョーンズを観るノリで観られます」

観てからちょっと時間が経っちゃったので、詳細は語れませんが、その印象は「レイダース・失われたアーク」です。
主人公がキャプテン・アメリカでなくインディ・ジョーンズでも基本的には同じストーリーで展開できます。

凄いと思ったのは、主人公のキャプテン・アメリカがキャプテン・アメリカになる前の特撮。
ひ弱な頃のキャプテン・アメリカ。
普通はこの部分が実写でヒーローになってからがCGだと思うのだが、この映画はその逆。
ひ弱なやせっぽっちの頃が見事(?)なCGなのだから、感動する。
逆転の発想だよなぁ。

ポップコーン映画として充分楽しめると思います。






最終更新日  2011年10月29日 12時30分05秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

【送料無料】カウボーイ&エイリアン

極端に云うと、「七人の侍の敵の野武士がエイリアンだったら、みたいな映画だ」

つまり、ベースとしての西部劇の部分が本格的なのである。
だから、敵がエイリアンじゃなかったら、例えば、盗賊なんかだったりしたら、まんま西部劇なのである。
だから、エイリアンが出ていないところはダニエル・クレイグとハリソン・フォードが共演する西部劇を観ている気分である。
そう、そこにクリント・イーストウッドがいても何の違和感も感じないと思う。
そんな世界観の作品である。

で、多分、この本格的な西部劇の部分に感情移入できるかどうかがこの作品の好き嫌いの分かれ目となると思う。

つまり、西部劇をまんま西部劇として提出しているので、今の日本人が観て面白がれるのか? 

逆に往年の西部劇ファンは喜ぶだろう。
ウチのオヤジが観たらきっと大喜びしただろう。

カウボーイ&エイリアンの比率で云えば、8対2。
それくらい西部劇の印象が強い。

で、私もそのタイトルから、勝手に、もっとポップな映画だと思って見始めたので始まってしばらくはかなりまごついた。
これはいつSFになるのだろう、と。
イヤ、ちゃんと、その振りはしてあるんだけれども、それがキレイに西部劇パートに収まりすぎちゃってあまり違和感を感じないのである。
で、結局その印象のまんまラストまで行くので最初のような感想になるわけだ。

だからと云ってつまらないわけではない。
その世界観が呑み込めればかなり面白い。
ダニエル・クレイグとハリソン・フォードが真面目になに演ってんだよぉってところがかなり面白い。

そうそう、ダニエル・クレイグはイギリス人のクセに西部劇が似合う。
何でかなあ、と思ったら、スティーブ・マックイーンに似ているからだ。
そう思い始めてからはダニエル・クレイグがずっとスティーブ・マックイーンに見えてくるから不思議だ。

ハリソン・フォードもパンフレットによると30年振りの西部劇らしいが何の違和感もない。
これも何でかなあ、と思ったら、ハン・ソロもインディもカウボーイみたいなモンだったからね、と気が付いた。

でも、この二人が一緒に出ているだけでもこの映画は凄いのだ。
だって、ジェームズ・ボンドとインディ・ジョーンズだよ。
ハリソン・フォードは新旧のボンドとの共演という凄いことも演っている。
(ショーン・コネリーのことね。)
ハリソン・フォードのジェームズ・ボンドも観たかったね。

なので、もし、これから観に行くのなら本格的な西部劇を観に行くつもりで行った方がいいと思います。
さらにダニエル・クレイグのファン、ハリソン・フォードのファン、または、スターの共演ファンの方にはお勧めです。






最終更新日  2011年10月29日 12時14分04秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年10月22日
テーマ:BD映画鑑賞(9)
カテゴリ:映画・TV・BD・DVD

マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット(BD) ◆20%OFF!

「舞台で演ったら面白いんじゃないか何て思いましたね、あっ、蜷川さんの演出でね」

映画館で観た時も思ったんですが、神の国の描写はホントにシェイクスピア劇そのまんま。
それをケネス・ブラナーが演出するもんだから、さらにシェイクスピア度がアップします。
プロデューサーの見事な監督起用のサンプルのようです。
その分、地球サイドのドラマはちょっと気が抜けていて、きっと意図的だとは思うのですが、その絶妙なバランスが妙な面白さを感じさせます。

BDでの見所はやはり「音質」。
7.1DTS-HD Master Audioの迫力は凄いですぞッ!!
真後ろにスピーカーを置いてないにもかかわらず真後ろから音が迫ってきます。
思わず振り返って、スピーカーの位置を確認するくらいです。
それほど音の広がりがあるということでしょうか?

もうひとつは「アベンジャーズ」への期待。
「アイアンマン」にしろ、「キャプテン・アメリカ」にしろ、この「マイティ・ソー」にしろ必ずタイトル・ロールのあとに「アベンジャーズ」に続くエンディングシーンがあるのですが、それ自体はホントにショートシーンなので、何やら面白いことが起こるんだろうな的なところてまでの理解で終わってしまうのですが、今回この「マイティ・ソー」のエンディングを観て思ったのは、これは、ロキ(不明な方は「マイティ・ソー」を是非観て下さい。)率いる巨大な悪とアベンジャーズが戦うのではないかと予感させてくれました。
実は、前記したあれだけのヒーローと戦う「敵」は一体どんな敵なのだろうとヒーローより敵の心配をしていた私ですが、これなら確かに巨大な敵です。
何しろ相手は神様ですからね。
あっ、予想が外れてたらごめんなさい。

なので、出来れば、「アイアンマン」、「キャプテン・アメリカ」、「マイティ・ソー」と全部観ると面白さは倍増すると思います。






最終更新日  2011年10月22日 12時55分16秒
コメント(0) | コメントを書く

全546件 (546件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 55 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.