973642 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オフミの温泉メロディ

PR

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

ジェフ・ベック解説

Feb 16, 2008
XML


1.SHAPES OF THINGS
2.LET ME LOVE YOU
3.MORNING DEW
4.YOU SHOOK ME
5.OL' MAN RIVER
6.GLEENSLEEVES
7.ROCK MY PLIMSOUL
8.BECK'S BOLERO
9.BLUES OF LUXE
10.I AIN'T SUPERSTITUOUS

3.はグレイトフル・デッドも演奏したティム・ローズ作のナンバーだ。水平にスケールが広がっていくような感触がある。
ワウワウ効かせまくり、音色の変化を楽しもう。
タムロールを多用するドラムが、チトうるさく感じる。
イントロ周りのドテドテというベースは、第一期パープルを想起するなー。

4.はウィリー・ディクソンのブルース。
ツェッペリンが4カ月後、ファーストアルバムですっかりパクりの演奏をフューチャーしたので、これが二人の不仲の原因となったとも言われている。
ピアノはニッキー・ホプキンス?どうも良くない。
ドラムはアルバム中最も冴えた演奏をしているが、いかんせん音がなー・・。
まあ、68年68年。

5.は地味な曲。ロック・オペラの一場面のような仕立て上がりになっているが、私の好みではない。

6.これはもう、ナルシソ・イエペス先生の登場かと思った。
続けて聴くと、どうにもアルバムの流れをブチ壊しているようにしか思えないが、単品で聴くと文句はない。

7.スローでパワフルなシャッフル・ブルースロック。このナンバーはロッドが持ち込んだとされる。バスドラのドッド・タドッドッドーというリズムはこの曲のオリジナルかな。
スネア・ドラムの音が、この曲だけ明瞭なのが不思議。いろいろなシーチュエーションで録音されたものなのだろう。
この曲のベックはかなりイカすフレーズを連チャンで放っている。

8.最近のライブでも飽きずに演奏されているから、このかた40年も演奏していることになるのか!この曲のアウトラインはジミー・ペイジが作ったといわれている。
この曲にはキーボにジョン・ポール・ジョーンズ、ドラムにキース・ムーンが加わっており、そう言われてみれば展開部では異常にテンションが高い。キース・ムーンのドラムもすごくいいかというとそうでもなく、矢鱈ドタバタしている。68年・・(くどいな)。

9.ライブテイクの地味なブルース。こういう曲を聴くと、クラプトンとベックのプレイ・スタイルの違いを痛感する。クラプトンがあらかじめアタマで組み立てて起承転結のあるフレーズを紡ぎあげる傾向があるのに対し、ベックはどこまでも出たとこ勝負なんですなー。
ピアノは誰か?ソロ・パートでのフレーズが単調すぎないかっ。

10この曲を初めて聴いたとき、私は間違えてベック・オラからCDに一緒に焼いてしまったかと勘違いした。それぐらい、サウンドやプレイがこの一曲、進化している。
ベックのギターの七変化ぶりが素晴らしいが、まだ散発的であり、連続したキッチリしたフレーズの中で自在に変化していくというベックにはなっていない。






最終更新日  Feb 16, 2008 06:36:13 AM
コメント(0) | コメントを書く


Feb 11, 2008
テーマ:洋楽(2679)


1.SHAPES OF THINGS
2.LET ME LOVE YOU
3.MORNING DEW
4.YOU SHOOK ME
5.OL' MAN RIVER
6.GLEENSLEEVES
7.ROCK MY PLIMSOUL
8.BECK'S BOLERO
9.BLUES OF LUXE
10.I AIN'T SUPERSTITUOUS

ヤードバーズの脱退後、ジェフ・ベックがロッド・スチュアート(V)、ロン・ウッド(B)、ミック・ウォーラー(DS)とともに第一期ジェフ・ベック・グループを結成したのが、
1968年8月のこと。レッド・ツェッペリンのデビュー作はこの4カ月後であり、パワフルなボーカルとギンギンのギターを2トップに据えるという現在のハード・ロックのスタイルはこのアルバムから創られたと言われている。

当時のリスナーたちは、一曲目のSHAPES OF THINGSが耳に入ったとたん、その雄大で力強い音楽にノックアウトされたに違いない。

ただしギターは当時レスポールを使用していたので、切れ味のほうは今ひとつ。またギター・フレーズも、テキトーに流してしまっているようなところもあり、この一枚目で完全に本領発揮したとは言いがたい。
さらにこのアルバム、録音に難があり、とくにドラムのサウンドはミョーに籠っていてバタバタと聴こえる。しかし1968年という時代を考えると、かなり革新的な音だったのだろう。その頃の自動車はまだこんな格好をしていたのだから・・。

(1968年製トヨタ・コロナマーク2。吐き気をこらえているようなフロントデザインがセクシーである。関係ないですが。)


録音当時、バンドの人間関係は険悪の極みだったようだ。当時のベックの性格についてはあまり評判が良くない。

1.は曲自体は非常にカッコいい。
ヤードバーズ時代にもやった曲だそうだが、派手なロン・ウッドのベースワークがとにかく素晴らしい。飛翔している。語っている。歌っている。
この人、ギターよりベースのほうがうまいのではないか、なんてことを言ってはいけない。

ロッド・スチュワートのダミ声ボーカルもエネルギー十分で、この騒々しいサウンドとタイを張っている。
いったんブレークしてドラムからギターソロに移るところが特に好きだ。

しかーし、ベックのソロのところ、なんだかテキトーに流してしまったようなフレーズが勿体ない。この曲など、ジミー・ペイジみたいにフレーズを練りに練ってから決め打ちで弾いていたらもっとウケがよかったのではなかろうか。
ゲイリー・ムーアのバージョンは全てがリファインされてて、もう、最高!
http://marshallstax.imeem.com/music/GGDUND8a/gary_moore_shapes_of_things/

2.もなかなか重要な曲だ。ヘッドホンで聴くと、右にギター、左にベースとドラムとハッキリ分かれて聴こえる。
ここでのギター・プレイはなかなかゴキゲンである。スタジオ盤でもなお、サイコー!なプレイとやる気の無さそうな冴えないフレーズが交錯するところが残るが、68年、68年と心に言い聞かせる。
ボーカルとギターの掛け合いというスタイルも、この曲あたりが嚆矢である。






最終更新日  Nov 21, 2010 05:21:57 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jan 17, 2008
5 TWO RIVERS



「GUITER SHOP」の8曲目。ライブの定番曲でもある。

この曲、瞑想にとてもいい。私は一羽の鳥になって、南米の深い原生林の連なる山々や、滔々と流れる大河を見渡している。

仲間の鳥たちと話をしながら。私は群れの前を飛んだり後ろに下がったりして遊んでいる。

そのうち、すうっ大気の流れが変わって、水分をずっしりと含んだ雲がさしかかってきて、まわりは霧に覆われる。

テリー・ボジオの自制的で深い音色のドラムがひたひたと耳に迫る。
ライブで聴くと、あの詰まらないBEHIND THE VEILの後なので、ますます晴れ晴れした気分になるのであった。    







最終更新日  Jan 17, 2008 06:47:00 AM
コメント(4) | コメントを書く
Jan 8, 2008
4. ICE CREAM CAKES



第二期ジェフ・ベック・グループの傑作アルバム、JEFF BECK GROUP 通称”ORANGE”から。

 コージー・パウエルのドラミングはこの頃が一番好きで、本来はこのようなシャカシャシしたテクニカルな演奏を得意とするドラマーだったのだが、レインボウ以来、雑技団の「大力士」のような単調なドラムスタイルに変わってしまった(そういうのは、全然好きじゃない)。

 この曲での演奏は素晴らしく、私が初心者の頃、先輩のアパートに泊まりで酒を飲んでいてこのプレイを聴かされ、「パープルみたいな派手なことを目指す前に、こういうキッチリした音を出せるようにしなきゃ」と説教されたことが記憶に焼きついている。

その先輩は私が持ち込んだユーライア・ヒープのライブをけちょんけちょんにけなし、特にミック・ボックスのギターは「絶対俺のほうがうまい」と譲らなかった。
私がリッチー・ブラックモアとはどうですかねえ?と訊くと、
「さすがに、ああはいかないな」と白旗をあげた。
先輩、寿司ご馳走様でした。






最終更新日  Jan 8, 2008 05:48:27 AM
コメント(2) | コメントを書く
Dec 31, 2007
3.LADY

ベック・ボガード・アンド・アピスの代表作。
ビシビシ決まるカーマイン・アピスのハイハットと奔放なバスドラ、ティム・ボガードのべろべろべろ~んと自在に動 き回るベースが実に気持ちいい。

常に何音も同時に朗々と奏でていて、しかも変幻自在。

しかしアンサンブルを重視する人達ではなかっただけに、ライブではベック、相当苦労したのではなかろうか。アルバム 「BBAライブ・イン・ジャパン」でもスタジオ同様の派手なプレイが楽しめる。

私はこの人とイエスのクリス・スクワイヤーのベースが好きだ。
でしゃばるタイプが好きなのだ。
なぜか。私自身がでしゃばるドラマーだからだ(笑)。

どうも渋く叩けない。

一度、学生時代キャバレーで(古いな)演奏していたときサックスの人から「8ビートの曲なのに16ビートのオカズいれるな!」とクレームがついたことがあった(笑)。

そうそう、オカズといえば学生時代、このカーマイン・アピスのハイハット、どうやって演奏しているんだ?とクラブで話題になったっけ。
「左手と右足のコンビネーションのはず」という説が有力で、ずいぶん練習したものだ。なかなかこういう風にビシッ!と腰が入ったかんじにならないのだった。

映像はこちら。
ギタリストはベックじゃないですが、アピス、ボガードのなかなか力の入った演奏。好きだな~この人たち。

http://www.youtube.com/watch?v=ihGKnki0IR4

なんだ、ハイハット右手で叩いてる(笑)。






最終更新日  Jan 1, 2008 01:51:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 30, 2007

【21%OFF】[CD] ジェフ・ベック/ゼア・アンド・バック2. You Never Know

え~っ、この曲が!という方もあろうと思うが、私はこの曲が無性に好きで、特に仕事前に聴くと脳内にベータエンドルフィンが分泌されてくる。

体じゅうに善玉コレステロールが増えてくる。

きっと腸内のビフィズス菌も大幅に増加しているに違いない。

このリフが実にイカす。

ヤン・ハマーのセンスの結晶のようなナンバーだ。







最終更新日  Nov 27, 2010 07:42:03 PM
コメント(4) | コメントを書く
Dec 23, 2007
ジェフ・ベックというアーティストは、私の中ではしばらく聴かないでいると自然と順位が下がっていくのだが(スコーピオンズあたりがじりじり上がる)、久しぶりに聴くと「う~ん、パープルとどっちが好きだろうか」と真剣に悩むぐらいに聴き惚れてしまう。

ベックのファンはギタリストが当然多いと思うが、私はベックのギターもさることながらベックがこれまで 演奏してきた曲や共演者のプレイの質の高さに惚れている。特に、やはりWIREDは白眉だと思う。このアルバムは、他のどのミュージシャンの傑作でもかなわない奇跡のような作品だ。

1. RED BOOTS



ベタだなーって?だってしょうがないでしょう。
これはフュージョンロックのマスターピースである。ダビンチの受胎告知に匹敵する名曲なのだ。(個人的にはマチスとルソーが好きですが)

研ぎ澄まされたリフと構成、切れまくるジェフのギターそしてフュージョンドラムの極め付けともいえる見事なナラダ・マイケル・ウォルデンのドラム。

完璧すぎるほど完璧で、聴くたびに新鮮な感動がある。
オフィシャル・ブートレグなどでのライブ演奏も聴けるが、WIREDスタジオ版での完成度には遠くおよばない。
この曲は、ナラダとハマーがいないと再現できんのだ。

それは、パープルのライブ・イン・ジャパンのハイウェイ・スターがあの頃のリッチーとロジャーがいないと再現できないこととニア・イコールか。

いかん、ルー大柴風になってしまった。







最終更新日  Dec 24, 2007 10:51:25 PM
コメント(6) | コメントを書く
Jun 17, 2007


1.Bolero
2.Stratus
3.You Never Know
4.'Cause We've Ended
5.Behind the Wall
6.Two Rivers
7.Star cycle
8.Big Block
9.Nadia
10.Angels
11.Scatterbrain
12.Led boots
13.Pork Pie/Brush
14.Blue Wind
15.Rainbow

12. は「ワイヤード」の決定版曲。大好きだが、この曲ではやはりオリジナルのナラダ・マイケル・ウォルデンのドラムに勝るものはない。研ぎ澄まされたリフに、これ以外ないと思わせるようなフレーズでビシビシ絡むハイハット(HH開くときにバスドラを打ち込んでいます)。タムの使い方の抜群のセンス。
そしてここぞというときに発する重量感のある高速ロール・・
これは他の誰も追いつけないでしょう。
初めのリフのミストーンがちと痛い・・。

13.このアルバムのハイライトといってもいいテイク。
Pork Pieはベックの重要曲だが、ここでは絶妙な「間」を展開。
そして得意のブルースでは、彼のこれでもかという位の華麗壮絶なテクのオンパレードだ。
特に後半は圧巻で、「やっぱりベックさん、世界最高のギタリストはやっぱりあんただよ~~~っ!」と悶絶しつつ心の中で何度も叫んでしまう。
やばい、ディープ・パープルよりベックのほうが好きになりそうだ。

14.この曲、オリジナルではヤンハマーが座興でドラムを叩いており、そのことがアルバムWIREDの大きな痛恨事になっているのだが、超一流のドラマーが叩けばこれくらいカッコイイ曲になるのだなあ。ジェイソンとベックのラリー、聴き応え十分。

15.来日のときもこの美しい曲で、締めくくってくれた。
余韻嫋嫋、もはや、何も言うことはない・・・。
★★★★★







最終更新日  Jun 17, 2007 05:13:24 AM
コメント(2) | コメントを書く
Jun 16, 2007



1.Bolero
2.Stratus
3.You Never Know
4.'Cause We've Ended
5.Behind the Wall
6.Two Rivers
7.Star cycle
8.Big Block
9.Nadia
10.Angels
11.Scatterbrain
12.Led boots
13.Pork Pie/Brush
14.Blue Wind
15.Rainbow

7.は3と同様ヤンハマーの曲づくりの妙味が生きた素晴らしいナンバー。
何回聴いても、飽きるということがない。
ウ~リウリウリという谷岡ヤスジ的挑発ギターがそそる。
私にとっての重要曲だ。オリジナルに比べてドラムが断然いい。
あー、なんとキレのいいプレイであろうか。
特にスパーン!というスイッシュシンバルの多用が効いている。
後半、いよいよ黒子シンセ、ジェイソン・レベロのシンセの見せ所だが、いかんな、精彩がない。折角のハイライトなのに、なんだか楽屋でやっているようなテンションだ。

8.地味な空間のなかでギターだけが自由奔放に雄たけび狂う。
この狂い方がいかにもジェフベックだ。彼にしか体現できない世界だ。
後半、特に高速のキメフレーズのあとあたりのベースの全開プレイに注目。

ハニカミベースのピノも、やるときはやる男だということがわかるだろう。

9.インドのミュージシャン、ナイティン・ソーニー作曲。
ジェフ・ベックがドライブ中に聴いていて気に入った曲だそうな。このオリエンタルな雰囲気はそこから来ていたのか。
私が初めて聴いたときはドバイあたりをオープンカーで快適に飛ばしている風景を心に浮かべた。
何度も聴いていると、頭から離れなくなってしまう音の色ツヤだ。

10.この曲はあまりにベックの音色が気持ちいいのでついウトウト・・。

11.はコンサートの定番、アドレナリン搾り出し曲のスキャッターブレインだが、ヤンハマーバンドとやったテイクが一番好きだ。
テリーボジオとやったBBキングスタジオよりは断然丁寧なできだが・・。やはりこの曲はツタタ・ツタタタ・シャパッ!タツタタと鼓笛隊のようなスネアのロールが小気味よくきまるところに味があるものと思われ。いつも思うんだが、もう少し低速にして丁寧にやれないものか?はじめのリフの音階がすっ飛ばされてしまうところが気になるのだ。

続く。







最終更新日  Jun 16, 2007 03:03:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 14, 2007



1.Bolero
2.Stratus
3.You Never Know
4.'Cause We've Ended
5.Behind the Wall
6.Two Rivers
7.Star cycle
8.Big Block
9.Nadia
10.Angels
11.Scatterbrain
12.Led boots
13.Pork Pie/Brush
14.Blue Wind
15.Rainbow

1.このステージ(アルバム)の導入部として、これ以上相応しい曲はあるまい。さ、これからベック・ワールドが幕をあけますよ、という高らかな宣言のようである。ベックの音色はまるで「火の鳥」のお出ましのようでもある。

しかしやっぱり、2.のストレイタスに移行したところで、私は小躍りしたくなる。
ビリーコブハムのソロSPECTRUMからのナンバー。
どうしてこの曲が繰り返し演奏されるのか。

このSPECTRUMこそは、当時のベックに計り知れない衝撃を与え、そこに啓示されたロックとジャズの融合の姿が自らの転機をもたらし、BLOW BY BLOWからの快進撃を生んだ記念碑だったからではないか。

はじめは両方のプロジェクトに参加していたヤン・ハマーが繋ぎになっていたのかもしれないが、根底的には、そうした自分史的な意義をかみ締めるための曲なのかもしれない・・・。

ヤク中毒のためディープ・パープルでは才能の10分の1も発揮できなかった、夭折の天才ギタリスト、トミー・ボーリンにオマージュを表してか、ベックは後編でキレ気味のフレーズをかましてくれる(トミーは別の曲で凄いプレイをやっているのだが)。

カリウタのドラムも張り切っているが、若干手数が大杉ではないだろうか。
しかし後半見せる怒涛の攻撃はやっぱり誰にも真似ができない。

3.は私がベック・ナンバーで一番好きな曲かもしれない。

デッデッデデデデ、デッデ、デッデ、デッボヨヨ~ン

というリフ、何故か私の人生に嵌った。


そして転調し、バスドラムが16ビートで刻むあたりで私は自分の意思に関係なく盛り上がってしまう。
この曲をぜひ、オリジナルのサイモン・フィリップ以外のドラマーでやってほしいとかねがね思っていたのだ。

4. はおそらくオーディアンスの人気No.1の曲だろう。私も大好きだ。
が、アルバムでのテイクの方に魅力を感じる。それは、アルバム・バージョンのギターの「泣き具合」が、史上最適値だったと思えるからだ。

あの、暗闇でしくしくとすすり泣くような感じ・・はリアルタイムでは青春期末期だった当時の私の琴線にふれたものだが、このテイクではすすり泣きというより「大泣き」で、ちょっと引いてしまうところがあった。

パソコンからイヤホンで聴いたときは「明星チャルメラ」という感じも拭えなかったが、やはりちゃんとしたオーディオで聴くとホッとした。
しかしビミョーな演奏ではある。

5.こういう曲は・・実は苦手である(笑)。

スローな曲が嫌いということではないが、このレゲエを崩したようなリズムはなんだかカッタるく感じてしまうんだなー。

中盤以降、テンションは凄いことになって、聴きごたえ十分となる。

6.は、5.の身体にまとわりつつ濃霧の峠越えをしているような曲のあとに魅力的な現われ方をしてくれた。

息を切らしながら歩いていると、何らかの意思が働きでもしたようにすーっと霧が晴れて、目の前にこの世とは思えない桃源郷が現われた、そんな心象サウンドが開けてくる。
大好きな曲だ。

・・ここで力尽きた。続く。






最終更新日  Jun 16, 2007 06:25:55 AM
コメント(8) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.