000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オフミの温泉メロディ

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

ブラック・サバス解説

Nov 13, 2007
XML


パープル気違いだった学生時代、サバスで唯一持っていたLPがこのTECHNICAL EXTACYだ。なに、ジャケ見て衝動買いしたのだが・・。

アルバム作りがうまく、駄作の少ないブラック・サバスだが、その中で一枚を選べといわれたら、今でも迷わずこの一枚を選ぶ。むろん、ファーストもパラノイドも、サボタージュもとても素晴らしい作品なのだが、最初から最後の曲までを一気に聴き終えた後の満足感という点では、このアルバムに及ぶものはないと思っている。

初期のホラーなおどろおどろしさは影を潜め、本当の意味のヘヴィーロックを会得しているし、なにより丹念に作りこまれた楽曲は聴いていて全く間然とするところがない。
強く、美しく、激しいハードロックの王道という感じがする。

1.Back Street Kids
2.You Won't Change Me
3.It's Alright
4.Gypsy
5.All Moving Parts (Stand Still)
6.Rock 'N' Roll Doctor
7.She's Gone
8.Dirty Women


1.はスタートナンバーにふさわしく勢いのいい曲。
 怒涛のヘヴィー・リフがたまらなく気持ちいい。でいて、キッチリした独自のぐルーヴもある。
 歌詞は、「俺はロックの悪ガキさ宣言」的なものだ。

2.はサバスの中でも屈指の名曲といえるのではないだろうか。
 凄まじい高速フレーズの途中で絶妙の「間」の入る、アイオミのギターワークは見事の一言。

3.はこってりした寿司の合間に食べる「梨」のようなサッパリした触感のナンバー。
あるいは煉獄で出くわした少年合唱団。
好きだなあ、こういう曲。ボーカルはドラムのビル・ワードとか。

4.も印象に残る重要曲。
私の経験によればこういうドラムのロールで始まる曲はたいてい駄作なのだが、この曲は分かりやすく、そのくせ劇的で実によくできているのだ。

5.はバッドカンパニーかホワイトスネイクかといったロー・トーンなナンバー。
中盤、リフがコロコロ変わり、散漫かなあ~と思った頃にAメロにのせたギター。これがなかなかにくい。

6.イントロはマウンテンっぽいがその後凡庸な「みんなで盛り上がろうYO的ロックンロール」に陥るところが・・このアルバム最大の欠点であろうか。

7.・・3とこの曲はアルバムの清涼剤である。ギターとストリングスの美しさがいつまでも耳に残る。

8はアルバムの最後を飾るにふさわしいバリバリのヘヴィロックだ。ギターソロ、相変わらず素晴らしい。ここまで聴いてきて、いつものサバスに比べて、相対的にベースのギーザー・バトラーの印象が薄いことに気がついた。逆にいえば、ベースが必死に引っ張らなくてもバンドが出来のいい演奏をしていたということかもしれない。






最終更新日  Nov 27, 2010 05:10:18 PM
コメント(0) | コメントを書く


Jan 25, 2007
サバスの急進化期のさなかにあった5thアルバムです。

 このアルバム全体を貫く高級感と完成度はなんでしょう!

 ヘヴィロックとしてのカッコよさを基調とし、さまざまな要素を微妙に織り込みながら散漫な印象は塵ほどもあたえず、すべてがロックの曲目としての「総合解」構築に貢献しているのです。

 まるで硫黄の香りをずっしりと振りまきながら肌に適度なとろみがあり、しかも塩分濃厚で湯冷めのしない温泉のようなパーフェクトな作品ですよ。(ヲイヲイ)

 最後の曲にイエスのリック・ウェイクマンが参加していますが、彼からの影響がこのようにサバスに新境地をもたらしたのでしょうか?

 ときおり、ツェッペリンにも通じるグルーブ感のあるセッションが聴けます!またモノによってはヒープの味も!

 あっ、ときおりパープルのChild In Timeにもなるっ!
 大丈夫かっびっくり

 このころのサバス、こんなに凄かったとは知らなんだです。久しぶりに曲ごとにコメントさせていただきますか・・。
★★★★★

1.Sabbath Bloody Sabbath
2.A National Acrobat
3.Fluff(Instrumental)
4.Sabbra Cadabra
5.Killing Yourself To Live
6.Who Are You
7.Looking For Today
8.Spiral Architect

1.はサバスの代表曲のひとつ。いかにもサバスといった重いリフの曲だが、途中でボサノバ風味になったり、構成が巧妙で飽きさせません。

2.もリフが上手い。3.ははじめ高中正義が紛れ込んだかと思うほどトロピカルな旋律。サバスの違う一面が見られ、文句なく美しいものです。

4.同じリフを繰り返すスピード・ナンバーで、ヘタをするとレインボウの駄作曲にありがちな「またかい状態」になるのです、ここはギーザーの非凡なベースラインでぐぐっと聴かせます。ギーザー効果です。後半、ツェッペリン風味。スルメイカのようなベースプレイがそう聴かせるのかあっ!

5.トニー・アイオミ得意の叙情的美メロにのせた弾きまくりですっ。

6.これはヒープ好きな人にはたまらんでしょうね。途中、パープルのフレーズを本歌取り・・。

7.うお~この曲も素晴らしい。途中のリフが私にはとくに美味しく感じました。

8.この曲ですな、ウェイクマンが参加しているのは。
これもヒープのサークル・オブ・ハンドを彷彿させるスピリチュアルな曲。
邪悪サウンドをウリにしていたサバスがこんなにキレイな曲をやっていいのでしょうか?









最終更新日  Dec 23, 2010 05:32:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 1, 2006


サバスは、創始者オジー・オズボーンの脱退後、元RAINBOWのロニー・ジェイムス・ディオをヴォーカルに迎えた。ロニーが持ち込んだレインボウの様式美は、サバスのおどろおどろしさと融合し新しい文化を築いた。

いかん、世界史の教科書だ、これでは。泣き笑い

しかし、サバスでのお気に入りは「テクニカル・エクスタシー」とこのアルバムだと言ったら、サバスファンの人には一笑に付されるだろう。

しかしそれは、「やっぱり、ピンクフロイドでは・・MOREかしら」という以上のご法度だろうか。

このアルバム、突出した曲はないものの粒が揃っていて「捨て曲」というものがない。
ロニーのボーカルは相変わらず安定したパンチ力だし、ギーザーバトラーのベースは相変わらずモリモリ弾きまくっており、アイオミのギターは相変わらず音数ばかり多くて訴えるものがあまりない。
あとはまあ、どうでもいい。
それでもなぜか「いっい」のがサバスなのだ。
★★★★

この中での力作は5.Wishing Well、ここでのギーザーはリード・ベースとでも言いたくなるハリキリぶり。6.Die Youngはありがちリフで水準作かと思いきや、中盤以降の劇的な展開で身を乗り出させる。






最終更新日  Nov 21, 2010 08:55:43 PM
コメント(4) | コメントを書く
Jul 8, 2006
 ロック界「元」最強のボーカリスト、イアン・ギランを擁しての12thアルバム。
 
 1980年、ブラック・サバスがロニー・ジェイムス・ディオをフィーチュアして制作した「HEAVEN AND HELL」は素晴らしい出来映えだった。グッド
 このアルバムの大ヒットにより、それまで長く低迷していたサバスは見事復活を遂げる。

 しかしこのあと、ドラムのビルが体調を崩し脱退。
 カーマイン・アピスの弟、ヴィニー・アピスを起用して「MOB RULES」をリリースするも、その制作時に音楽的な方向性をめぐってメンバー同士の対立が激化する。
 その構図は「ロニーVSトニー&ギーザー」というものであった。
 ロニーはドラムのヴィニーを連れてバンドを脱退。
 
 トニーとギーザーはバンドを解散させることを考えたが、マネージャーがGILLANを解散させ宙に浮いていたイアン・ギランに声をかけ、この組み合わせが実現した。
 ドラムは再びビルが合流。

 しかし結局、ギランはすぐにDEEP PURPLEの再結成(5期)に向け脱退してしまい、次には元パープルのベース兼ボーカルのグレン・ヒューズにバトン・タッチと、このころのサバスは元パープル・レインボウファミリーの歴代ボーカル利き酒大会の様相を示している。

 で、どうでした、ですか?

 「買って損した~~っ!!」★★失敗

 ギランの入ったサバスは、お互いに悪いところを引き立て合っているように見えるのだ。

1.Trashed

 疾走型のハードロックだが、リフ、ABメロとも、どれもイマイチ。
 ショッパナのギランのシャウトがショボい。
一曲目からコレかよ~と思っていたが、何度も聴いているとよくなってくる。
 このアルバム、いつもはバリバリ弾くギーザーのオトが籠り気味で、これもこのアルバムの出来を下げているかなと思う。わからん
 このバンド、もともとギーザーのベースラインでもってるところもあるので・・。

2.Stonehenge

 いつものホラー路線。ちょいプログレ風でなかなかだなーと思っていると・・

3.Disturbing the Priest

 ここでお膳をひっくり返すようなマネを!
 魔王登場!って感じでギランの高笑い。スマイル
こっちも大笑い。泣き笑い
 このアルバムを「珍品」の域にまで達せしめている話題作である。

4.The Dark

 これもホラー系。「美」は感じないなあ~。

5.Zero the hero

 これはサバスらしいのではなかろうか。ギランの声もまあマッチしている。
 聴きどころはギターソロかな。
 こういう曲って、ベース演ってて飽きないかな。

6.Degital Bitch

 IT長者に媚びを売る女を罵る歌。

 買えないものなんて何ひとつない
 彼女は街一番のリッチなビッチ
 太ったオヤジが彼女の金づる
 コンピュータで大儲けした男


 タイムリーですな。何もそこまでという位怒り狂っております怒ってる

7.Born Again

 これはなかなかいいぞ!でも「ヘッドレス・クロス」にもこんな曲なかったっけ?
 ここでのアイオミのギターはなかなか感動的であります。

8.Hot Line

 まあよくあるスローなロックである。
 アイオミここではギラギラ一本調子で弾き込みすぎか。

9.Keep it Warm 

 ビル・ワードのドラム、やけにフィルインでリズムが狂うびっくり
 体調が悪いのか、それとも「天然」なのか?
 この曲は、1~8が全体に良かったら締めるのによかっただろう。

BORN AGAIN ジャケ







最終更新日  Dec 16, 2010 05:55:04 AM
コメント(4) | コメントを書く
Apr 15, 2006
正直言うと、この記事を書き始めるまで、ずっとヴォーカルがロニージェイムスだと思っていました(笑)。
無論ドラマーがコージーというのは押さえていたのですが、ベースもギーザーにしては生彩がないなとか思っておったのですよ(笑)。

 あの、駄作を水準作にまで引っ張るベースがないなと(笑)。

今確認したラインナップは以下の通り。

TONY IOMMI - Lead Guitar
TONY MARTIN - Vocals
LAURENCE COTTLE - Bass
C0ZY POWELL - Drums
GEOFF NICHOLLS - Keyboards



なんと、オリジナルメンバーはギターのアイオミだけになってしまったのか・・しかし何なんでしょう、ロニーがいないにもかかわらず’RAIBOW RISING’と連続して聴いたときの違和感の無さは・・??

 無論リッチーとアイオミでは相当タイプが違います。
 私は安直に走ったときのリッチーはかなり嫌いです。
しかし時折みせるあのスケールの大きい破調と危険な香り、これは余人をもって代えられないものがあります。

アイオミのギターはいかにテンションを込めても、どこか一定の幅に収まっている感があり、いつも一定の満足感を与えてくれるのですが反面そこからブレイクスルーしない、色気が出ないもどかしさも感じてしまいます。

しかし常に曲に合わせて優等生的ともいえる美しいギターフレーズを考え出す能力は賞賛に値します。8曲すべてよくできていますが、アルバムとしての起承転結がイマイチなので★★★★・・。

1.The Gates of Hell 

 これはアルバム導入部の効果音です。
 ホラームービーから持ってきたようなアレです。

2.Headless Cross

 「へんです苦労する~」と空で聴いてしまった人がいたがゆえに、私もこの曲を聴くたんびに「そーだよなー、みんなヘンで、ヘッドレスで苦労するんだよな~」とミョーなことが頭に去来するようになって、この壮大な名作が台無しになるのでした・・。

3.Devil and Daughter

 ハードですが、どっしりした独自のノリを感じます。これはコージーの功績でしょう。
 まあ、非常に印象的かというと??なのですが。

4.When Die Calls

 アルバム中、最も聴き応えのあるナンバーです。
 この曲が突出しすぎている感もあります。
 まわりが全部水準作として埋没して聴こえるのです。

 ドラムは、スネアのスナッピーが他の曲より緩めに響いています。
 チューイングを変えているのでしょう。トレードマークの「べし」よりもっと「さくさくっ」とした音色になっていて、この曲の奥深さをさらに盛りたてています。
友情出演で、ブライアン・メイ(クイーン)が参加しています。
 もっともあのバンドでのような「火星の三五八漬け」状態のサウンドは自粛しているので、フツーの上手いギターに聴こえます(ギタリストの耳はないので・・たはは)


5.Kill in the Spirit World

 ギターソロがハイライト。キーボードとのコンビネーションが夢心地です。

6.Call of the Wild

 このへんで少しサバス失速・・。
でもエンディング近くに高速バスドラを使った印象的フィルインあり。

7.Black Moon

 ズシリと重いリフにギターが高速軽妙にカラみます。
 「何もそこまで・・」とも思いますが(笑)、音色に瞬間的な煌めきがあれば・・。
 イマイチ官能的でないのが残念です。

8.Nightwing

 いかにもサバスザマスなダークな曲ですが、中盤、アコギのアレンジが入ってホッとします。
6,7、あたりでもこのような変化が欲しいです。どれも同じミドルハイなテンションが続き、「佳作が並んだなあ~」という食感が残ってしまうのでした。

 この物足りなさは、サバスの全アルバムに共通するものと思っているのは私だけでしょうか・。






最終更新日  Dec 9, 2010 07:52:48 PM
コメント(4) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.