973620 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オフミの温泉メロディ

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

おすすめスポット

Aug 24, 2011
XML
カテゴリ:おすすめスポット
一度来てみたかった大崎市三本木の「ひまわりの丘」。

なだらかな丘陵に、42万本ものひまわりが一斉に咲く光景は、とにかく圧巻です。

ひまわりの丘3

最盛期は16日まで。ちょっとぎりぎりの訪問でしたが、空も青く、夏バテ気味の気分を振るい立たせてくれました。

昔、ある人がアクの強い同僚女性を指して「あのひとは、ひまわりのようなひとだ」というのです。

ひまわりの丘2

伊藤咲子さんだったか、あかるくさわやかなイメージで「ひまわり娘」などと呼ばれていたこともあり、(オヤめずらしく褒める人がいたもんだ)と思ったら、その心は「周りの草がみんな枯れるから」というんですね。

私は園芸に詳しくないのですが、そういうものなのでしょうか。いずれにしても、ずいぶんと冴えた表現だなと思ったものでした。
でもこの姿を見ると、ベランダのプランターに、二三本あったらいいだろうなと思ってしまいます。

ひまわりの丘1






最終更新日  Aug 24, 2011 06:36:00 AM
コメント(4) | コメントを書く


Jul 21, 2011
テーマ:☆仙台☆(1281)
カテゴリ:おすすめスポット
7月22日にオープンする、仙台アンパンマンミュージアムの内覧会に行ってきました。

関係者2000人と市内の被災者ら一般客4000人を招待したこの内覧会、建物の中は笑顔を輝かせ、声を上げる子供たちでいっぱい。子供の笑顔を写真に撮ろうとするお父さん、お母さんたちも幸せそうです。

建物の外観は落ち着いたレンガ調の外壁と大きなガラスが印象的。
ちょっとしゃれた図書館のような印象を与えると思います。

APM25

約7100平米の施設内は、一階部分が衣料雑貨や絵本などを扱うグッズ専門店、レストランなど20店舗が入るショッピングモールと広場。こちらはすべて入場無料です。
真ん中の吹き抜けスペースでは、ちょっとしたアトラクションもできそうです。

APM13

APM14

APM20

APM21

2階部分は有料(現在料金1000円)のミュージアムで、体験ランドや擬似型の学校、大型すべり台、ミニステージを楽しむ劇場などが入っています。

APM8

APM11

APM5

アンパンマン&ペコズキッチンという、結構大きめのレストランもあり、メニューはなかなかうまそうです。

APM18

私は名古屋も横浜も見ましたが、仙台のこの施設は動線の設計がかなりうまく、中を歩いていて非常に広く感じます。企画がスタートしたときは、この敷地の規模で大丈夫かな・・と思ったものですが。

子供たちの目線の高さで楽しめる工夫もあり、なるほどな・・と思わされます。

この施設が東北じゅうの親子を幸せにする施設として、長く愛されることを望んでやみません。

APM23






最終更新日  Jul 21, 2011 06:27:24 AM
コメント(4) | コメントを書く
Mar 8, 2011
カテゴリ:おすすめスポット

仙南の鄙びた小さな町、丸森。

このような非常に見ごたえのある歴史資源があるということを、この年になるまで判っておりませんでした。床嘴さんのブログでも拝見はしておりましたが、まさか、これほどとは・・。

もちろんこの「齋理屋敷」と呼ばれる建物の前は何度か通りすぎたことはあるのですが、道路から見える建物部分を見てオシマイ、という勝手な先入見を持っていたのです。

斉理屋敷0

このたび訪れてみてびっくり。奥が広い広い・・。

斉理屋敷フォーカル2

奥に蔵が見えますね、この奥に武家屋敷風の路地を挟んで、まだ続くのです。

斉理屋敷通路

屋敷のHPより
///////////

齋理屋敷は、江戸時代から昭和にかけて七代続いた豪商、齋藤家の屋敷です。代々の当主が齋藤理助を名乗ったことから齋理と呼ばれるようになりました。呉服・太物の商いから、養蚕、味噌醤油の醸造など幅広い商売を手がけて栄えましたが、第二次大戦後に店を閉じました。昭和61年、屋敷と蔵が収蔵品を含めてそっくり町に寄贈されたことから、膨大な収蔵品を調査・整備して、昭和63年、蔵の郷土館として開館しました。蔵と屋敷に、豪商の暮しぶりを物語る豪華な調度品や、商売の道具など様々な品を展示しています。

///////////

斉理屋敷フォーカル4

戦争の影響で、商売がたち行かなくなったようです。
こういう展示施設で思い出すのは酒田の本間美術館。齊理屋敷のほうは美術品のコレクションはありませんが、藩政時代の超豪邸というところが共通しています。

DSC03874

このような洋館も・・。時間がなかったので入りませんでしたが、ハイカラさん好みの方はグッときますかね。

斎理洋館

興味深かったのは、この石風呂。一瞬トイレかと思いましたよ(笑)。
でも風呂場としてはなんだか殺風景ではないでしょうか・・。

斎理石風呂
湯がなみなみと張ってあったとしても、あまり入りたいとは思わないでしょう。

本館では、雛人形を飾っておりました。
斉理屋敷展示1

駅から市街地まで、徒歩15分。橋から眺める阿武隈川は広くのどかな光景でした。

DSC03802







最終更新日  Mar 8, 2011 07:32:25 PM
コメント(2) | コメントを書く
Mar 2, 2011
カテゴリ:おすすめスポット
涌谷は、藩政時代は伊達騒動で有名な伊達安芸宗重の統治した地ですが、天平時代は東大寺の大仏様建立の際に金を供出した地として全国に知られていました。

天平ろまん館のHPより
///////////
当時、奈良の都では東大寺大仏の造立がすすめられていました。
造立がすすめられるなか問題となっていたのは、大仏が放つ永遠の輝きを、鍍金によって無事完成させられるかどうかでした。鍍金に必要な量の金が集まる見込みのないまま、工事は進んでいたからです。
・・・そのような中、天平21年(749)に陸奥国での黄金産出が報告されます。
 天皇は東大寺へと幸して、「この黄金は、廬舎那仏や天地の神々がよしとされ、お慈みなさり祝福なさって産出したもの」と感謝の詔を発しました。
 大仏造立に要した金の量は、全部で10,436両(約146キロ)と記録されています。
 産金より1250年を経た現在も、わずかながら大仏には鍍金の痕跡が残されています。
///////////

天平時代というと、その語感からは、平和で穏やかな時代を連想しますが、聖武天皇が仏教に深く帰依し、大仏建立を願ったのは、災害や疫病が続き、仏の加護を求めるためでした。

天平ろまん館1

天平ろまん館は横に細長い、印象的なミュージアムです。
天平時代の生活文化や、大仏様建立にかかるエピソード、砂金の生成過程などを展示しています。

大仏様の鋳造過程がパネルで説明されていましたが、驚くべき壮大な作業でした。

大仏鋳造工程

図で、6段の盛り土になっていますが、このように土を積みながら鋳型を重ね、胴を流し込み、乾くとまた次の段まで土を積むという作業を繰り返していたのです。なんと気の遠くなる仕事でしょうか。私は展示の中でこの製造過程が一番面白く感じました。

さらに、天平時代の身分の高い官人の食事が興味深く感じられました。

天平ろまん館官人の衣装食事

食事の原型は今の私たちの和食とさほど変わりがなく、おいしく食べられそうです。贅沢だなと思ったのは、米麹で発酵させたほやのなれ寿司。

百済滅亡により亡命してきた王族たちの服装もなかなか面白く、聖徳太子など日本の皇族の服装もそれらに準拠したと説明されていました。

百済王族衣装

受付でレシーバーを渡され、音声によるガイダンスを受けることができます。








最終更新日  Mar 2, 2011 07:26:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 10, 2011
テーマ:☆仙台☆(1281)
カテゴリ:おすすめスポット

仙台一番町を南下し、さらに東北大片平キャンパスに向かって歩き、ガソリンスタンドから東に曲がると柳町通りです。

柳町通り

(歴史的町名ハンドブックより)
///////////
柳町は譜代町のひとつ、米沢時代の町名を継承し、茶の専売権が与えられた。はじめ大手近くに位置したが、間もなく現在地に移されたもの。
///////////

仙台空襲で、一度仙台中心部は一面焼け野原になっています。そのため、いかにも藩政時代を偲ばせる構築物が残っていないのが残念です。

その中で、この街並みの平坦さを破る存在が、この大日如来。
敷地のまわりをぐるりと赤提灯で囲った不思議な光景です。

大日如来4

伊達政宗公が仙台城下の町割りをした際、使った縄の一部を焼いたところに、大日如来が祭られています。一度空襲で全壊し、再建された社殿です。ハテ大日如来とは仏様のはずですが、様式は神社のそれです。参拝も、鈴を鳴らして2礼、2拍、1礼。
もっとも、大日如来は、お釈迦さまのように人間の姿になったことのない、宇宙真理そのものを体現している最上位の仏様であり、私の解釈ではまさに神様そのものです。
私は仏様のなかでは、この大日さまと、その教令輪身である不動明王に、妙に惹かれるものがあります。

大日如来5

未年と申年の守り本尊なので、境内には狛犬の代わりに羊と猿の像が並んでいます。この彫像、よく見るとたいへん味がありますね。

さほど大きくはない境内ですが、絶えず参拝客があり、多くの市民に尊崇されていることが覗えます。

私も宇宙の生命意思そのものに感謝する心持で参拝させていただきました。

地域の人々によって行われる例祭では、この柳町全体に出店が立ち並び、たいそう賑やかになるのです。

大日如来とウェスティン

そのまま東に歩いていくと、ドヒャーというほど大きい、ウェスティン・ホテル。

遠くからは透明感のある崇高な姿に見えますが、近くで見るとモール部分は思いのほか合理化が進んでいて、東京のオフィスビルなどと同類かな、という感じがします。そんなに緊張する必要はありません(笑)。


ホテルモントレ仙台






最終更新日  Feb 10, 2011 06:30:51 AM
コメント(8) | コメントを書く
Jan 2, 2011
テーマ:☆仙台☆(1281)
カテゴリ:おすすめスポット
昨日の元朝参りはすごい人手でした!

鳥居をくぐってから、30分くらいは人の渋滞。
帰りの参道から逆行して横入りする人たちも見受けられましたが、隣に並んでいた人の言葉が面白かった。
「あー、ああいう人たちはご利益ないから・・」

2011初詣1

かと思うと、こういう母子の会話も聞こえてきました。
「今日、何日だっけ」
「バカ!今なんのために来てるの!」

ヒマだと、いろいろなことが頭をよぎるものです。
前の3人の子どもたち、みんな顔がすっかり同じだなア・・とか(笑)。

2011初詣 3

我が家では、かならず買ってしまうのが、「焼きとうもろこし」350円。
いつもより50円下がった気がするのですが・・不景気だから?

うちはおせちは食べず、大晦日の夜に「寿司勘」で持ち帰りにしてもらい、元旦の朝いただきます。これがお値段の割りに美味いんです。
寿司勘にぎり






最終更新日  Jan 3, 2011 10:53:31 AM
コメント(8) | コメントを書く
Dec 25, 2010
カテゴリ:おすすめスポット
 私は相馬を過大評価いたしておりました。
 相馬、松川浦は「おばんですよ」の海苔の宣伝フレーズでも頻発されており、(今はどうだったっけ)知名度は東北では高いほうだったので、少なくとも宮城県でいえば大崎市くらいの規模、機能をもった都市であり、駅もそれなりと勝手に思っていたのでした。

 なので、常磐線沿線のドン行をうつらうつらと揺られていて、突然「そ~うま~」とアナウンスがあったときは、眼前の風景とのあまりのギャップに我が目を疑ってしまいました。ここまで通過してきた田舎町と、いくらも変わらない跨線橋が目につきました。
レールは、わずか2本・・。

相馬駅こ線橋

「駅前」に出た印象は、大崎どころか、小牛田町とほぼ同等・・。

相馬市中心その0

でも、駅舎の外観は、なかなか趣深げにしつらえられています。
相馬駅

ただ、バス乗り場が見当たらない!ええいとタクシーに乗ったら、松川浦まで2100円!

帰りの電車に乗る前に、駅の周りを散歩したのですが、なかなか「濃い」地域です。
駅前すぐのビルは一棟まるごと廃屋になっているし、
相馬市中心その3

相馬市中心その1

この全身サビだらけの倉庫?も、駅中心部といっていい場所にあります。

相馬市中心その4
こういう女性の名前がついたパーマ屋さんというのは微笑ましい感じがしますね。

相馬、どことなくワビサビのいい味が出ており、たまさか訪れる分には心地よいものがありますが、10年後、どうなっているのだろう?と少し心配になりました。

夜に仙台に帰ったのですが、タクシー運転手さんが言っていたように、矢鱈と都会に見えました^^。

DSC03198










最終更新日  Dec 25, 2010 10:59:46 AM
コメント(10) | コメントを書く
Dec 23, 2010
カテゴリ:おすすめスポット
福島県相馬市松川浦の風景より。

私は海辺に行って停泊している漁船を見るのがとても和みます。
少し、お付き合いください。

松川浦漁船1
この船の鮮やかなグリーンがいいです・・。

松川浦漁船2
こういう船が連なっていると、無数に重なって見えるワイヤーがなんともたえなる模様をつくります。

松川浦網置き場1
網置き場には、ミョーにカラフルな機材が投げ置かれているものです。

松川浦橋1
この大橋がデートスポットだそうです。ちょっと、ありがちな風景になってしまいました。

松川浦文字島

松川浦の名勝、「文字島」かと思ったら違うようです。徒歩で一時間もかかるとのことなので、JR利用の今回は我慢。今度はぜひ文字島を近くで眺めたいものです。
この島のすぐ近くに、同名の高級割烹旅館があるそうです。このHPでみると、なかなかよさそうですねえ・・。名前のとおり、文字に凝ってます。

松川浦カネヨ水産前
このようにカーブミラーを撮ると、違う世界を同居させた感じになって面白いものです。

松川浦洞穴
環境公園前。謎の洞穴です。
この公園はできたてで、妙に立派な交流施設なども建っていますが、いったい何のためにつくったのかわからないような施設です。
広々とした座敷に、おじいさんが一人ねそべって大画面でテレビを見ていました。

松川浦ムダな地下道

ムダといえば、これも目をみはるような不要施設です。
通学の安全のためという理由でしょうが、10メートルあるかないかの道路を横断させるために、えらく立派な地下道が設置されています。
公園といい、このあたりは税金の使い方に疑問符がつく施設が並びました。

松川浦の絵
この地下道の構内に飾られていた、この絵には感心しました。
味のある線の使い方といい、透明感のある色といい、なかなか絵心のある中学生さんでした。

///////////////////////////

相馬松川浦温泉 ホテル 飛天






最終更新日  Dec 23, 2010 07:09:11 PM
コメント(2) | コメントを書く
Dec 12, 2010
カテゴリ:おすすめスポット
土曜日は福島県相馬の松川浦に行きました。

ここは海にせまったゆるやかな傾斜地であり、魚村に似つかわしくない団地が開けています。でもバスは休日、ほとんど走っていません。
相馬駅からタクシーに乗ったら、なんと2100円!

突然進路の切れた坂道が面白くてカメラを向けたら、自分の影がくっきり映って、面白い絵になりました。サチュエーション処理をしてみました。

DSC03112

すいぶん太っちょに見えますが、着膨れであります。

お昼は当然、ツボ鯛定食です。
このレポは後日・・。

DSC03107







最終更新日  Dec 12, 2010 04:07:12 PM
コメント(8) | コメントを書く
Oct 30, 2010
カテゴリ:おすすめスポット
鴎外荘に宿泊した翌日に、不忍池界隈を散策しました。

このあたりは都心にありながら閑静で自然味ゆたかで、実にいいところです。
東京に住むなら、このへんがいいな・・って地価も高いでしょうが。

不忍池はカモさんたちの飛来地としてしか認識しておらず、こんなに一面延びきったハスだらけとは驚きました。東京在住の方々からみると、何を今更・・なんでしょうが。

DSC02403

たくさんのカモが来たとして、泳ぎまわる場所があるのかしらん?
これはまことさんにナビしていただかなくてはわかりません。

下町ナントカ資料館にあった発色の鮮やかな円柱ポストがなんだか気になって、「ポストさん、何思う?」というテーマで写真を撮ってみました。

DSC02410

池のほとりでは70代の方々が早朝健康づくりグループのような活動をしていて、腕立てをしたり、腹筋をしたりとこちらが圧倒されました。うげっ、このお婆さん私より体がやわらかい!とか・・。

年とってからも体力自慢をする世界があるとおもうと、なんだかそれだけで疲れてしまう気もしました。だめだな、こんなことでは。







最終更新日  Nov 21, 2010 06:38:29 AM
コメント(6) | コメントを書く

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.