1450154 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

翔(はばた)く女性を応援する会社を目指します

全2570件 (2570件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021.10.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
数多くの撮影が、常総市内のあちら、こちらで
行われています。

弊社でも、撮影の協力をしています。

守秘義務がありますので、撮影時は、公開することは出来ません。

撮影の合間に、芸能人さんと話しをしたりすることがあります。

人柄がよく、感じよく話しかけてくれる方が多いです。


ファンを増やす。

人気を高める。


政治家も、同じだと思います。

常日頃からの応対や、後援会組織の活動だと思います。



ファンを大事にする歌手や、芸能人さんが、

長く活躍できます。

その場限りでは、その場限りでは、長続きしません。





商売は、ある意味「おひねり」の世界かもしれません。



どうせ、買い物するなら、いつも知っているお店で。







信頼、信用が大切かと思います。








最終更新日  2021.10.26 19:01:25
コメント(0) | コメントを書く


2021.10.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
昭和57年4月~昭和62年10月まで、アパレルメーカー
東京スタイルさんで、お世話になりました。
地方の百貨店や、量販店の大型店を担当していました。
新入社員の時は、専門店を少しだけ担当しました。

2年目からは、百貨店3部に配属されました。

営業マンでしたので、バイヤーさん(仕入れ担当者)とは、

いつも、細かな打ち合わせはしていました。

バイヤーの怖さも、知っています。

在庫コントロールの怖さも、知っています。


最終売買差益率の確保が、バイヤーさんの主な仕事でした。


当時は、相当緊張感を持って、仕事をしていました。


仕入れは、ある程度のくくりで
仕入れをします。
一度に、当時2,000万円(売価)が当たり前でした。



懐かしい思い出です。


営業マンとして、常に売り場の在庫を意識していました。

小売業に転身して、逆の立場になって

その時の経験が全て、私の血となっています。




過剰仕入れは、利益だけではなく、お店を閉める。

ブランドを変える等々が出てきます。


アパレル業界は、在庫を持ってしまう。

慎重に、慎重に、深く考えうようになりました。


まとめ


仕入れは、1枚、1枚、慎重に丁寧に仕入れ業務をする。



プロセスエコノミーのじだいとも、言われていますね。


#プロセスエコノミー
#ロコレディ
#セレクトショップ






最終更新日  2021.10.23 19:12:00
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.22
カテゴリ:カテゴリ未分類
アパレル業界のマイナス(弱点)部分にフォーカスをして

事業再構築補助金の第一次の書類を描きました。

書くのではなく、「描く」感じです。

殴り書きのように、

ただひたすらに、A4サイズに60枚描きました。

弱点を伸びシロ部分があると考えました。
アパレル業界の弱点は、
口コミが遅い。
来店頻度が、45日~60日(平均)です。

弱点の掘り下げをしました。

全く、弊社に関係の無い女性(50歳代~70歳代)に
接近をして、意見をお伺いしました。

色々なご意見を頂きました。


生餃子や、お茶、アイス、ジェラートのアイデアは、

全て、頂戴したご意見から生まれました。

考えます。
決断したのは、このわたしです。


失敗したら、全て私の責任と考えました。

素直な気持ちで、ご意見を頂きました。

10年間で、9つの災害に遭いました。


その災害がなければ、新たな取り組みを考えませんでした。

すべて、災害などのマイナス(弱点)部分にフォーカスして


アイデアを考えました。

悩みます。

悩みます。

整体の院長が言います。

「筋肉痛は、生きている証拠。
  借金があるから、返済するという意識が高まる。
 
  マイナス部分に少しだけ、負荷をかけることで、
  健康な体へと向かう。」と教えて頂きました。


マイナス(弱点)は、明日に向かう活力源ですね。

#マイナス(弱点)経営

#人にフォーカス

#系にフォーカス

#オーダー・メイド型雇用人事制度








最終更新日  2021.10.22 09:25:44
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
常総インターに、道の駅が2023春にオープン予定です。

絶好のチャンスだと私は、考えています。

この構想について

色々なご意見があるかと思います。

ドンドン意見を出し合って、
より良い道の駅を作るべきだと
考えています。

賛成、反対

それぞれの意見がありかと思います。

意見を出し合うことで、

お互いの意見を聞いて、微調整をしながら

微調整しながら、進めて欲しい。
・・・と思います。

道の駅に関する情報が、
まだ、一般市民に届いていないなら

意見交換会を開催や、
説明会を何度も、何度も、開催する。

道の駅は、モノを
販売するだけの機能ではないと思います。

地域で抱えている様々な問題を吸収する場、

コミニティの場としての位置付けもあるかと思います。


民間で、民間で、事業を考える。


行政は、その事業が成功する環境を整えることが仕事だと思います。


赤字では、会社経営はできません。
法人税を支払うことで、行政も潤います。


商店街まで、引っ張ることが出来ない。
・・・・・と言うご意見もありますが、

懐かシネマ野外上映会も
市街からのお客様が約60%あります。


やり方だと思います。

若い世代の高校生や、20歳代、30歳代の若者意見や、

市役所の一般職員さんの意見も聴くことも、大切かと思います。

人にフォーカス、
系にフォーカスの時代が来ました。

変態するロコレディに
どうぞ、ご期待下さいませ。










最終更新日  2021.10.18 13:01:57
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.16
カテゴリ:カテゴリ未分類
私が、小学生2年生の担任
杉本克治先生の思い出です。

2年生の時です。
「おい、トシ坊。みんなの前で歌を歌え~」と言われました。


どうして、そのような状況になったのか?

全く、覚えていません。

そして、私は、前に進んで
先生の横で、大きな大きな声で
歌いました。

伊東ゆかりさんの歌を歌います。

「小指の思い出」を歌います。

・・・・・と言いました。


歌いました。


真剣に歌いました。

みんなが笑います。
笑います。
拍手でした。

そして、杉本克治先生が言いました。

「おい、トシ坊。
  お前は、将来 大臣か、社長になれるぞ。」と言われました。


それから、40年位でしょうか?

「杉本先生、先生が、言った通り社長になりました。」と
先生の報告したら
「もう、忘れた。」と言われました。


はっきり言って、あまり好きな先生ではありませんでした。

父親と同じ剣道の先生でもあったからです。

「トシ坊、剣道やれよ。」といつも、いつも、言われていました。

しかも、教頭先生の村瀬教頭も、剣道の先生。

父親の剣道の先輩でした。


もう、剣道は、剣道は、やだ~。・・・・・というぐらいの環境でした。

杉本先生が
「トシ坊、何んでも良いから、一番を1つとれ。」と言われていましたので、


牛乳を飲む速さ、給食を食べる速さ、声の大きさでは、

クラスでは、一番でした。


そんな杉本先生に感謝です。

おそらく、もう80歳代半ばだと思います。


もう、感謝の気持ちで、いっぱいです。

「トシ坊、トシ坊」といつも、声をかけてくれて下さりました。

今度は、私が、社長を育てる。

起業家を育てる番かと思うようになりました。

厳しい先生でしたが、いつも
愛にあふれた先生でした。


廊下で、よく立たされたことも、ありました。

友達とケンカして
バツを受けたこともありました。


真剣に叱る。

真剣に叱る。


そんな学校教育も必要かもしれませんん。


ほめて伸びる。
叱って、気づかせて伸ばす。

人にフォーカスする時代ですね。

系にフォーカスする時代ですね。







最終更新日  2021.10.16 09:26:31
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
​営業時間が長い
大型商業施設に、入居していました。


大型商業施設店舗から、
撤退をしようと考えていました。



でも、行動は、起こせません。

ちょうど、その時に
3.11の震災がありました。

平成23年3月11日です。


これが、きっかけで
4年半かけてすべての大型商業施設から
撤退を図りました。

悩みました。
悩みました。

もちろん、創業者(故 羽富 正三)にも、相談をしました。

「としあき。残れ。残れ。
  商業施設の店舗から、撤退をするな!」と何度も、何度も言われました。

震災の1か月前に、創業者は、
他界しました。

また、悩みます。


夜は、もちろん、眠れません。


どうすれば良いか?

社内で、意見を求めても
はっきり返事がかえってきません。

平成23年の夏に
「決断しました。全ての店舗を
   商業施設から撤退する。」

そして、全スタッフを集めて、
説明会を開催しました。


捨てる勇気です。

決して、数字は悪くなかった。


でも、このままでいくと

「労務倒産になりかねない。」と思いました。


スタッフたちに、
お盆休み、年末年始を。

そして、閉店時間を18時30分にしよう。・・・・・・と決断しました。

そして、コロナ禍で、また悩みます。


幹部に相談しても


答えが出てきません。

また、眠れない日々が続きます。



何度も、何度も、夜中に目を覚まします。
夢を観ます。


51歳の父親の夢も観ます。


二刀流の経営。

両利きの経営を考えて、

行動しました。


2020年の10月にその流れが来ました。

ご縁を頂きました。

「これだ。これだ。これだ。」と叫びました。



まとめ
決断する。

中途半端が良くない。

バランス良く。バランス良く。

最終責任は、社長にある。

決断することが、社長の重要な仕事である。











最終更新日  2021.10.15 13:48:20
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
夫婦とは、真逆の性格だから
うまくいくかと思います。

奥さんの長所が、旦那様の欠点。

旦那様の長所が、奥さんの欠点の場合が多いです。


長所と短所をうまくミックスする。


今回の事業再構築補助金一次に採択されました。

シナジー(相乗)効果を考えました。


長所と短所を見つけ出す。

異業種とのコラボをすることで、補完し合う。



自分自身の欠点を補ってもらう。

それが、妻です。


アパレル業界に40年いますが、

どうしても、変態が出来ないお店さんがあるようです。

それは、目先の利益を捨てる。

それは、目先の売上を捨てる。

それは、目先の得意とするところを捨てる。



捨てる勇気だと思いました。


私は、10年間で、9つの災害に遭いました。



お祓いが必要だという人も出てきました。


もちろん、行きません。


信じるのは、仏様と、神様です。

何か、何か変革のチャンスだと考えるようになりました。


コロナ禍でなければ、生餃子販売、お茶販売、ジェラートの販売は、考えませんでした。


これも、ご縁。

愛知県
静岡県、
栃木県、
茨城県、



同じ徳川家の葵紋章。



縁です。
縁です。

真逆の法則を活かす時代かもしれませんね。


オール常総市の撮影がきっかけで

女優の冨手さんと知り合いになりました。


とても、感じの良い女優さんです。

来春に、公開映画になるようです。










最終更新日  2021.10.13 10:20:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
会社の方針は、
創業より、一貫して変更はありません。

失礼ながらも、お客様のことを家族の一員として考えています。


営業活動は、コロナ禍の影響を受けて、

アパレル業界に新たなビジネスを付加していきます。


もちろん、思いつきではありません。

何度も、何度も、考えています。

昨年の10月に

ある業界の経営者さまから、ある情報を頂きました。

常日ごろから、仲良くさせて頂いています。

電気工事店さんや、不動産屋さんや、保険屋さんや

行政の職員さんとも、仲良くさせて頂いています。


「はとみさん~、あんたは飲食業界をなめとるのか!

 お甘いよ、そんな甘い考えでは、ダメだよ。」と非難されたのが、

昨年の10月頃です。



でも、真剣に、真剣に、

異業種の方々と相談や、打ち合わせをしました。

そして、

「今、行動しなければ、いつ行動するのか?」


子どもたちにも、相談します。


私の力だけでは、前に進まない。


異業種の方々と連携する。

シンジー(相乗)効果が出やすい業界とコラボを考えました。


夜も、眠れません。

考えても、考えても、踏み切れな自分自身がいました。


「どうすれば、良いか?」


「そうだ、お客様が笑顔になるかどうか?

  それを一番に考えよう。」と気づいたのです。

町おこしをしながら、会社経営をする

ローカル型地域密着のCSV理論経営の実践です。



営業活動を変えるが、

小売サービス業に徹する。








最終更新日  2021.10.11 09:25:11
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.07
カテゴリ:カテゴリ未分類
私は、42歳の時に、交通事故に遭いました。

一瞬、記憶が飛びました。

頭の中の花瓶が壊れました。

今でも、そのイメージを覚えています。

文章を描くというイメージが持てるようになりました。

文字で、絵を描く感じです。

ひらめき、気づきを大切にします。

このままでは、このままでは、アパレル小売店として

生き残れない。


時代の変化が早いです。
では、どうするのか?

「人にフォーカス」を
「系にフォーカス」するように考えています。


3世代がお店に来ていただける環境を整える。


コロナ禍で

「事業再構築補助金第一次に採択」されました。



私が、考えていることが、間違っていない。


微調整しながら、前に進む。

人生とは、演劇だという人もいます。


常に、四方八方に気を配ります。


もちろん、卒業する分野も出てくるかと思います。


異業種とのコラボ。


異業種さまと、シナジー効果(相乗効果)を考える。


バランス経営、

バランス蹴営。







最終更新日  2021.10.07 09:27:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
ある60歳代、50歳代の男性より
「はとみさん、あんたは間違っている。
 飲食店業界をなめているのか?
 片手間で、上手くいくはずが無い。」と言われました。


ありがたいお言葉です。

バランス良く経営するには、

異業種とのコラボ。

シナジー効果(相乗効果)を考えています。

バブル時期は、取引先様が、約100社ありました。

現在は、25社ほどです。

このように、自分自身の業界だけ考える時代ではない。
・・・・・と判断しました。

VUCAの時代です。

先が読めない。

だからこそ、変態する。

おたまじゃくしから、カエルに変態する。


相当な力を有します。


自分一人だけの力では無理です。


あらたな力をお借りする。

そんな考えでいます。

2チャンネルで、・・・・・・。


自分自身が考えた道を
仲間たちの助言を頂きながら、前に進みます。







最終更新日  2021.10.06 09:29:19
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2570件 (2570件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.