2015/06/18

認知症予防?!ココナッツオイルとオメガ3

カテゴリ:認知症*予防

パン・菓子・揚げ物に含まれる
マーガリンやショートニングといった硬化油の加工油脂成分の、
"トランス脂肪酸"が…!!

善玉コレステロールを減少し悪玉コレステロールを増加させ、
動脈硬化や虚血性心疾患の原因となり身体に悪いという事が、
問題になり…アメリカでは3年以内に全廃の方針だとのニュースが…。

日本でも1年位前からWHO(世界保健機関)の、
「トランス脂肪酸の摂取を抑えるべきだとして、
1日当たりの総エネルギー摂取量の1%未満とする」勧告を受け、
マーガリンは安価になり、
それに変わって…多くの方がバターを購入する為…
品切れになる程、良く売れている昨今ですが…。

数年前から"マクロビオティック"を志しているので、
ここ数年は、少し高価でも少量しか使用しないので安心なものをと、
料理には、ヴァージンオリーブオイルやごま油や菜種油(オメガ9)に、
バターは"よつ葉"を購入はしていました…。

コ

リウマチだからわかる…
生活する中で感じる些細なストレスを解消するために、
購入してよかった物等も…覚書きとして書き留めご紹介しているシリーズで…

今回は、リウマチに関係なく…身体の事を考える上で、
最近大人気?!の認知症予防効果もある…
"飽和脂肪酸"である"ココナッツオイル"と

オメガ3・オメガ6・オメガ9という3種類の脂肪酸に分類される
体内で作られず食事から摂取する必要がある
"不飽和(必須)脂肪酸"の中でも、
1番身体にいい油のオメガ3についてです。
[オメガ3脂肪酸とココナッツオイル]
かなり長いのですが…お時間があり関心がありましたらぜひ…。

写真は、いつも太陽の自然光で撮影すると…
きれいに映るので、窓際で撮影した…ネット購入の"ココナッツオイル"です。



25度以上で融解し液体になり、
以下では凝固し固形化するのが特徴で、
まるで温度計のようで、気温による変化も楽しめます…。

少し値段的には油としては高いと思ったのですが…
どうしても欲しくなり、
またSALE時や人気のココナッツオイルは品切れで…
スリランカ産の500ml×2本のセットのこちら↓を私は購入しました。

500mlの2本はかなり大きい瓶で届くので驚き…小瓶に移して、
簡単に朝はトーストに小さじ2杯程をかけたり、
炒め物や卵料理等にも使用しています…。

使い始めて1週間程で、急激な変化はありませんが、
以前にもまして便通はよくなり、
普段からあまりお肉も食べず、脂肪や油分の摂取が少ないので、
少しオイリーな身体になった感じと、
視力が回復し?髪の毛の艶が出てきた!?気がします…。




そして購入にあたって重要視したのは…
必ず低温圧搾された添加物なしのバージンオイルで、
ココナッツオイルやヤシ油や人間の母乳にも含まれる…
抗菌抗炎症作用の働きが認められている…
"ラウリン酸"を含む商品かどうかという点でした。

今回は海外の製品で心配なので、レビューが多く、
多くの方が購入し安心だと感じたものを…リンクさせておきました。

また現在使用中のスリランカ産が無くなれば…
ココナッツオイルブームも、一段落しそうなので、
色々試していいものを見つけていきたいなとも思います。




そして!!今週末から始める…楽天お買い物マラソン…。
6月のスーパーSALEのお買い物マラソンで、電化製品も購入したので、
今回はスルーしようかなと思っています…。


1本450ml×3本250mlもあり↓



500ml×3本セットもあり!!↓




"不飽和脂肪酸"のオメガ3に比べ…身体に悪いと今回烙印を押されてしまった
"トランス脂肪酸"の摂取を抑えるべきだという記事も集めてみました。

トランス脂肪酸を含む食品と危険性』より
「…一昔前は、マーガリンは植物性なので健康に良いと言われ…
コーン油・べに花油・大豆油・綿実油などが原料として使用され、
含まれる脂肪酸はリノール酸で…
リノール酸は、人体で合成できないオメガ6という必須脂肪酸で、
確かに人間にとって必要不可欠な脂肪酸ですが、
オメガ6脂肪酸を過剰摂取すると体に悪影響を及ぼします。

必須脂肪酸には、オメガ6脂肪酸の他にもオメガ3脂肪酸があり
その特徴は…
オメガ3:細胞膜を柔軟にし、炎症性の反応を鎮める
オメガ6:細胞膜を硬くし、炎症性の反応を引き起こす…」

『農林水産省』-すぐにわかるトランス脂肪酸-
『NEVERまとめ』-万病の元!?トランス脂肪酸を含む食べ物・怖い話-

これまでも医療費増加による…
国の財政負担を減少させる為の健康ブームの動きや
健康志向の高まりで、
オメガ3の存在が明らかになり、
セレブや芸能人から?!ブームが広まり、
以前は特定のお店でしか販売されていなかったのが、ネットでも広まりました…。

その効果は多様で…中でも
認知症・アルツハイマーの予防や改善に効果があると聴き、
私が欲しい…試したい…あげたいと思った時には…
在庫は無く…ようやく念願かなって手に入れることが出来、
試したり、親へプレゼントした時には…
量販店のスーパーでも普通に売られるまでになっていましたが…。


コ

介護を必要としたり、足腰が悪いご高齢の方は、
排尿の回数を減らそうと水分摂取を控えたり、我慢しがちで…
特にこの夏の季節は、
気づい時には…脱水症や熱中症になっている事も
ニュースで取り上げられ問題になっていますが…

ある老人ホームでは、多めの水分摂取をしただけで、
認知症の症状が改善するという実験結果もあったとか。

またココナッツオイルの効果は…
通常食べ物に含まれる炭水化物を体内でブドウ糖に変換させ、
それをエネルギーに変えて活動できますが、
アルツハイマー病の脳では、そのサイクルは利用できず、
脳細胞が飢餓状態になり、急激に老化をし委縮してしまうことが原因なので、

それを補うように体内の脂肪を燃やしやすく…
脳内のエネルギー源ともなる…
ココナッツオイルに含まれる"中鎖脂肪酸"が「ケトン体」といった
エネルギー生成に変換するのを補助する役割を担っているのだそうです。
詳しくは➸『体脂肪ナビ.com』-中鎖脂肪酸のしくみ-

『認知症ねっと』[認知症とは]より、
認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の
65歳以上の高齢者は、約400万人いると推計されているとか。
➸[認知症・MCIの基礎知識]


アラフォーの私でさえ(薬の副作用もあるのでしょうが…?!)
年々"物忘れ"がひどく、
すぐに言葉が出てこない"フリーズ脳"を起こしたりもしますが…
加齢に伴う記憶障害以上に、
自分で忘れていることにも気づかない…段階が、
認知症への移行のサインのようです。

自分の親も「できることなら…元気で長生きしてほしい!!」
と願うのは誰しも同じですが、
「最近なんでも忘れやすいわ…。」と言う母の言葉も心配で…
何より認知症にだけはなってほしくないので、
今回2本セットを自宅用と実家用と思い、購入しました。

ココナッツオイルとはまた脂肪成分は異なりますが…
身体にいい代表的なオメガ3の摂取源は、
生の青魚や亜麻の種(フラックスシード)・
エゴマの種・クルミなど一部のナッツ類・海藻などで、
一般的にも私たちが食べている物でした…。

これからは、自らの摂取する食べ物や使う調味料に関しても、
ある程度の知識を持ちながらも、神経質になり過ぎず、
ブームを見極め?!少しのこだわりを持って?!食を楽しむ時代なのかもしれません…。



私の覚書に長くおつきあい頂き、ありがとうございました。
何らかの皆様のご参考になると嬉しいです♪



記事更新の励みになりますので、
ぽちっと…クリック↑もよろしくお願い致します。







TWITTER

Last updated  2015/09/30 12:31:23 PM
[認知症*予防] カテゴリの最新記事