041890 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

六波羅探題のブログ

2018年06月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

皆様、お久しぶりでございます。土方です。
我ら土方と亀さんは無事進級いたしまして記念すべき2年生の第1回目の出陣であります。
今回は南方さま、亀さん、土方の三人で若狭の国へと歩みを進めました。訪問地も盛りだくさんで大変楽しいひとときを送ることができました。

まず、降り立ちましたところはかの有名な、解体新書を書きました、杉田玄白さんにまつわる​杉田玄白祈念公立小浜病院​です。私たちは看護の道を歩むものとして、偉大なる杉田玄白先生に思いを馳せて。
病院の中に入りますと、休日のため人が少なく、暗い院内でありました。玄白コーナーを見ていると、さまざまな方々が私たちを不思議そうな目で見ておりましたが、そんなことは気にしない。そう、これが私たち。


解体新書の表紙しか見たことがなかったのですが中身を初めて見ました。そうです、これを、某M教授にも見て頂きた かったと思い、写真をたくさん撮りました。

【杉田玄白】
[1733~1817]江戸後期の蘭方医。若狭小浜藩医の子として江戸に生まれる。名は翼、字は子鳳、号は鷧斎・九幸。前野良沢らと「ターヘル‐アナトミア」を訳出し「解体新書」として刊行。西洋医学を広く紹介した。著「蘭学事始」など。



次に向かいましたのは、​おおい町暦会館​。の、前に、峠を攻めました。車でびゅーーーーん。

この日は大変お日柄がよく、沢山のライダーさんが走っておりました。彼らは彼ら特有の合図を送るらしいのです…車の中から合図をひっそりとおくってしまいました・笑
ここはあの陰陽師安倍晴明を祖とする土御門家の荘園だったゆかりの場所で、同家は応仁の乱(1467)の戦火を避けて所領の当地(中世では名田庄上村)へひきこもり、この地で陰陽道及び、天文・暦・易の三道を朝廷より任されてきました。
館長さんがご丁寧に館内の展示物を解説して下さいました。水時計や昔のカレンダーなど暦に関するものが沢山ありとても興味深かったです。

【安倍晴明】
[921~1005]平安中期の陰陽師。土御門(つちみかど)家の祖。彼の占いや予言をたたえた説話は今昔物語集・宇治拾遺物語などにみられる。著「占事略決」。


そしてここで、ランチターイム!!!!!



みなさん、へしこって知っていますか????わたしは知りませんでした。初めて聞きました!!!へしこって鯖なんですね!!!!!おにぎりは米からおいしい!!!!!へしこおいしい!!!!なんてこったい!!!!


そして、六波羅といったらお蕎麦です。おにぎりがおいしいってことはお蕎麦もおいしいはずとわたしは確信していました(謎)食べてみますとやはりおいしくものすごいスピードで平らげてしまいました。


そして次に、​国宝明通寺​へと行きました。
明通寺は蝦夷征討に功のあった征夷大将軍・坂上田村麻呂公が建立したと伝わります。それは戦勝祈願ではなく「多年征戮するところの狐魂窮鬼を救う(長年戦ってきた蝦夷たちの浮かばれない魂を弔う)」ためとされています。
【坂上田村麻呂】
[758~811]平安初期の武将。延暦13年(794)蝦夷(えぞ)を征討し、同16年征夷大将軍となった。その後、胆沢城(いさわじょう)を造営し、蝦夷地平定に功を残した。京都の清水寺の創建者と伝えられる。


な、な、なんということでしょう。
こ、こ、鯉?!?!?
自ら我らの方に近づいてくるのです。
きっと、餌付けされているのですね…


そんなことはさておき、明通寺には立派な三重塔がそびえておるのです。…ちょっと木がかかっていますが…歴史を感じました。


そして、ここから古墳祭り!!!!!!!!!
ぱんぱかぱーーーーん!!!!!!!
上船塚古墳、下船塚古墳。上ノ塚古墳。西塚古墳の順に古墳めぐりです。亀さんとても顔が生き生きとしております!!!!
上船塚古墳は道路のすぐ横。はいることはできないため車の中から姿を確認しておりました。草木が茂っておりました。次に下船塚古墳!!!

ここももりもりと草木が茂っており姿を一望することは敵いませんでした…
石碑に木がかかってる!!もーちょい草がなければ…と亀さんは嘆いておりました。


次に上ノ塚古墳、西塚古墳!!!!の2つはなんとめっちゃくちゃ近くにありまして、あれじゃない??あれだよね??あれだーーーー!!!

みたいな感じで古墳へと駆けて行きました。この古墳たちは田んぼの真ん中にあるのです。
上ノ塚古墳はこれもまただいぶもりもり茂っておりまして姿を見ることも登ることもできませんでした。



すっきり!!!なんてすっきりしているんだ!!!私たちが見たものは、とてももりもりと茂っているものでした。そしてこれは西塚古墳です。よきですな。



そして次に​若狭三方縄文博物館​へと行きました。DOKI DOKI。土器土器。私たちの胸はそう鼓動を打っていました。この建物、スロープでぐーるぐーるとゆけるのです!なかなかの高さでありました。





エレベーターも手が込んであります。中は真っ赤っかでした。不思議な紋様です。この紋様、展示物の中でもう一度目にすることが来るなんて、この時の私たちは考えもしていませんでした……。

この博物館では、展示物の写真撮影ができないということで展示物の写真は撮ることが敵いませんでした…縄文ボーイの1日とかとても面白かった…

しかし、なんとここでは土器パズルが!!!!土器土器です!!!
パズルを見つけた瞬間、駆け出しました。楽しい!!!!!!!!!!!!

この笑顔、300点!!!!!!!!!!
亀さんがもってるこの土器のかけら!!!
はまらないよ!!!!!笑


そして、ロマンパーク。
ここには竪穴式住居があるのです。。。
芝生育成中で入れないところもありました。。
集落!!!!!!!!!


竪穴式住居にいざ!!!!

こ、こんにちわーー!
なかはこのような感じです。

亀さん、マイ懐中電灯で明かりを灯します。

そう、出てから事件が起きました。

ピンク?!!?!?!?

ピンク?!???!?土方が写真を撮りますとピンクなのです…亀さんのスマホではピンクに映らない。一体これはなんなのだろうか。まさか、明通寺から坂上氏がついてきちゃった?!?


ロマンパークの近くには五湖のひとつ、三方湖がありました。湖ひろいーなーおおきーなー!



そんなこんなで、最後に気比の松原へと向かいました。

ひゃゃゃゃきれい!!!!!!水がすごく澄んでいて見たことないくらい砂がきれいでびっくりしました!わたしの知っている海とは全然違う

!美しい!ゴミも少ないしなんて素晴らしい海なんだ!!!!!みなさん、ポイ捨てダメ、絶対!

そして夕食!!!!!



なんだか下の2つが危険な位置にありましたね…笑
南方さまはハントンライスたるものを!亀さんは生姜焼き定食を!土方は海鮮丼を食しました!
お茶目な亀さん、わたしにお子様スプーンをつけてくれました笑
南方さまのハントンライス。ハントンとは一体なんなのでしょうか…???

今回の旅もとても有意義なものとなりました。
さまざまな場所へ巡ることができ、何度も土器土器しました。南方さま、長距離運転してくださりありがとうございました!


そしてさいごに!
新たな武将を募集しております!
では!また!どろん!







最終更新日  2018年08月03日 22時01分12秒
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.