710802 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

仕事のできないホテルウーマン

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

連載随筆「仕事のできないホテルウーマン」


01 出発は「ダメ女」


02 郷に入りては…


03 ヨーコの存在


04 あなたはわたしを愛してる


05 もっと教えて


06 貼り紙の効果


07 自転車に乗って、


08 宮本輝の偶然


09 アイドルを探せ


10 ローマでオキナワっ!


11 満足感の基準


12 憧れの日本航路


13 羨望の的はこんなところにある


14 計量カップで検尿


15 わたしはピエロ


16 買い物カートに思う


17 わたしの仕事


18 興奮するイタリア人とMOTO GP


19 イタリアにおける映画吹き替え事情


20 もう一つのノッテ・ビアンカ


21 イタリアとわたし


22 新生活


23 コーラ・ディ・リエンツォ氏の誘惑


24 わたしが今、欲しいモノ!


25 君たち男の子?


26 愛情表現、イタリアvs日本


27 ひとみちゃんのキライなこと


28 マミ読み


29 ヴェネツィアとアルベロベッロ


30 まだ増え続けるイタリアの不思議


ロッテルダム旅行 2004年


3月14日


3月15日


3月16日


3月17日


3月18日


3月19日


3月20日


3月21日


今日の言葉


イタリア語


ドイツ語


オランダ語


フランス語


ロシア語


ポーランド語


英語


セルビア・クロアチア語


ルーマニア語


アルバニア語


ローマの映画館で観た映画


2001年


2002年


2003年


2004年


2005年


2006年


2007年


2008年


2009年


2010年


2011年


2012年


2013年


説明長くなりますが…


DVD


マルティン・ルター


ローマ皇帝ネロ


マーロン・ブランド


秋吉敏子


『甘い生活』


チェ・ゲバラ


幕末史ドラマ


2・26事件


浅田次郎


アルジェンティーナ広場


ローマの屋敷


まみんこ遊園地


わたしのお気に入りっ!


イタリア映画が好きっ!


イタリアでみつけたナイスな物っ!


まみんこギャラリー


2004年以前


2005年


2006年


2007年


2008年


2009年


2010年


2011年


2012年


まみんこレビュー


音楽


書籍


ドラマ


映画


舞台


まみんこライブラリー


ローマ史全般


ローマ観光全般


ローマ美術・文学


ローマ人の生活


ローマが舞台の文学作品


ローマが舞台の漫画


ヴェネツィアで暮らす


さすらいのうどん職人


まみんこ若気の至りポエムの数々


中学一・二年生


中学三年生


ニューストピックス

2012年10月07日
XML
カテゴリ:アートローマミ
ミュージアム・ナイトというイベントが
時々ローマでは行われて、
なんと公立の美術館・博物館が
タダになったり割引になったりするのです。
20時から夜中の2時(入場は1時)までで、
わたしたちはあらかじめ計画を立て、
いくつかの美術館・史跡をハシゴすることにしました。

まずは始まったばかりのフェルメール展を狙います。
フェルメールの展覧会に行くのは2度目
今回の場所はクイリナーレ宮の
スクデリーエ(元「馬小屋」現美術館っす)。
1時間前から並ぶことにしました
アラフォーフォー(4人)。
今、真珠の耳飾りの女の子が
日本に行っているらしいですけれど、
相当な混雑なんだろうな。
わたしはデンハーグのマウリッツハイス美術館
この子に一対一で会ったことがあります
人っ子一人いない美術館でのんびり観てきました。
フェルメールのデルフトの風景画や、
それ以外の画家たちの絵も、
あのオランダの鈍い色の空や
ゆったりとした緑の平原や
斜めに少し降る雨を実際に見たら、
とても愛おしくなってくるのです。
わたしの郷里に高田誠さんという画家さんがいて、
その人の絵を観ている時と
同じ気持ちになるのです。
そんなことを思い出しながら列に並んでいました。
1時間半くらい待ってやっと入れました

フェルメールは8点あって、
それ以外はある一点を除き、
同時代のオランダ画家たちの作品です。
ニューヨークのメトロポリタン美術館や
個人蔵の物もあって、貴重な展覧会だと思います。

フェルメールは
日常生活を描く画家というイメージがあるでしょう。
しかし初期には宗教画を描いていたこともあって、
その一つがフェリーチェ・フィケレッリという
フィレンツェの画家の
『聖女プラクセディス』の模写です。
これがまあ、強烈です。
並べて展示されていました。
フェルメールは自分の妻をモデルとしたそうです。
奥さんはカトリックで、フェルメール自身も
新教からカトリックに改宗しています。

その他は『ワイングラスを持つ女』、
『リュートを弾く女』、
ポスターにもなっている
『赤い帽子の女』(とても小さい絵でした!)、
それからロンドンのナショナル・ギャラリーから来た
『ヴァージナルの前に立つ女』と
『ヴァージナルの前に座る女』。
わたしナショナル・ギャラリー行ったことあるから
観てるかな…(覚えていません)。
最後の部屋の『信仰の寓意』という絵は
よく分かりませんでした…。

他の、名前も知らないオランダ画家さんたちの絵、
デルフトの風景や当時の日常、
楽器を奏でたり、会話をしたりする様子、
絵の中のオランダの空の色、
こういったものがわたしは大好きです。

この後はトライアヌス帝の市場を見学して
ヴェネツィア広場のエレベーターに
乗ろうと思ったのですが、
人の多さに断念。
ゲットー方面を歩いていたら
まだ開いている教会があったから入ってみて、
それから亀の噴水の前のバーBARTARUGA
(亀はTARTARUGAと言います)で、
一杯やってきました。
わたしはコーラよ。
ここ、すいているし
雰囲気もBGMもいいのでおすすめ。







最終更新日  2020年07月05日 18時48分19秒
コメント(0) | コメントを書く
[アートローマミ] カテゴリの最新記事


プロフィール


ROMAMI

サイド自由欄

ラヴェンナに
行った時の
日記を
書きました!
COPERTINA

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

・2020年07月
・2020年06月
・2020年05月
・2020年04月
・2020年03月
・2020年02月
・2020年01月
・2019年12月
・2019年11月

コメント新着

 trip partnerスカウトチーム@ Re:SAGRA DELLA CASTAGNA(10/17) はじめまして。 弊社はTrip-Partner( <sma…
 ROMAMI@ ありがとうございます。 >eriさん ご予約をどうもありがとうござ…
 eri@ Re:CANTINA TIROLESE(09/26) ローマでチーズフォンデュいいですね。 …
 ROMAMI@ そうだったんだね… >mimoさん すぐにmimoちゃんが駆けつけて…
 mimo@ Re:TRE???(08/20) 目が回ったあなたは熱中症です。 家で倒…

お気に入りブログ

♪Happy Happy♪ ☆★☆うさこ☆★☆さん
ようこそぶくぶく3の… ぶくぶく3さん
ホテルウーマンの雑… 朱夏0708さん
再挑戦への記録☆目指… ochie♪さん
サルデーニャの海と… MHSYさん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.