1277099 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Romance夢紀行

最近読んだロマンス本 ベスト10

お気に入りのロマンス本 お気に入りのマンガ お気に入りのボーイズラブ お気に入りの文芸/児童文学 お気に入りの手芸テキスト



このページをご覧になっているみなさんのオススメ本や、これらの本を読まれた感想などブログや掲示板にお気軽にお寄せください。みなさまのお越しをお待ちしていまーす♪

■最近読んだ本ベスト8(ヒストリカル)タイトルのリンク先はブログのコメント記事です ※(先日、今年半年分のベスト10を発表しましたので、いったんこちらのリストはリセットしました)
【第1位】
19世紀英国。ロクサーナ・ドリューは半年前、夫アンソニーを病気で亡くし、悲しみに暮れる生活を送っていた。ところがある日、亡夫の兄マーシャルから、養ってやるかわりに自分の愛人になれと迫られてしまう。好色な義兄から逃れるため、ロクサーナは小さな家を借り、幼い娘ふたりを連れて移り住む。家の持ち主は侯爵のウィン卿であるが、戦争のため不在にしていた。ある晩、領地の視察をしていたウィン卿がこの家を訪れる。ウィンは悲惨な戦争体験や離婚のスキャンダルのため、人に心を閉ざしていた。だが、健気に生きるロクサーナや娘たちと友情を育むうち、ふたたび人を愛する気持ちを取り戻し…。ヨークシャーの大自然を舞台に、第二の人生を歩もうとするふたりが出会い、さまざまな障害を乗りこえて結ばれるさまを丹念に描いた、心温まる感涙のロマンス。RITA賞受賞作。

【第1位】 ・・・この作品、上記の作品と比べて遜色なく、どちらも2位にはできませんでした。

“めぐりあえた”─知人とともにいる小柄な美女を見たとき、ウィットリーフ子爵ピーターの胸中になぜかそんな言葉が湧き上がった。美女の名はスザンナ。バースにある女学校の教師で、夏休みを利用して友人のもとを訪れているとのことだった。スザンナのほうも、ピーターの端整な容貌に目を奪われた上、初めは軽薄そうに思えた彼が実は誠実な人間であることにやがて気づき、ふたりの関係はしだいに深まっていく。だが、ピーターは知らなかったが、スザンナには彼と絶対に結婚できない理由があった…。『ただ愛しくて』につづくヒストリカル・ロマンスの秀作。

【第3位】

1880年ロンドン。社交界は、アメリカからやって来た新サクシー伯爵の噂で持ちきりだった。恐ろしくハンサムで大金持ち、野蛮人そのもののカウボーイ。レディ・ブライスをはじめとする結婚前の令嬢たちは、彼の情報を求めて、10年前までテキサスに住んでいたレイヴンリー伯爵家のローレンのもとに押しかけてきた。ちょうどそのとき、話題の主、新伯爵トマス・ウォーナーは恩人であるレイヴンリー伯爵を訪ねてきた。ローレンとトム、ふたりはかつてテキサスで愛を誓った仲だった。10年前、ローレンの母の再婚によって、大西洋を隔てて離れ離れとなった幼い恋。今はただテキサスにもどることだけを夢見るローレンと、爵位を得たゆえにイギリスにとどまるしかないトム。大人になったふたりのあいだに、甘く切ない恋の時間がふたたび流れはじめた…。

【第4位】
1863年夏。グランビー伯爵は放蕩者の名にふさわしい日々を過ごしていた。女性を情事の相手としか見ていない彼は、田舎まで追いかけてきた未亡人から逃れるべく、レースで見かけた優秀なサラブレッドの厩舎を訪れることにした。その途中、すばらしい雄馬を駆けさせてきたキャサリンにぶつかりそうになった。勝ち気で情熱的な彼女にひと目で惹かれたグランビーは、謝罪のキスを強いた─キャサリンにとっては生まれて初めてのキスを─。社交界も結婚もいやがり、馬と暮らす生活を楽しんでいるキャサリンは、彼に惹かれながらも二度と自分に触れさせまいとする。いっぽう望みの馬を手に入れ、さらにはキャサリンにも触れたいグランビー。ふたりの駆け引きはやがて危険な方向へと進みはじめた ─。大好評『恋におちた放蕩貴族』に続く第2弾登場。

【第5位】
これが最後のチャンスかもしれない。どうか、あなたが想像どおりの人でありますように…。1824年5月の夜、ブリジャートン子爵家の次女、エロイーズはひとりロンドンの舞踏会を抜けだし、誰にも行き先を告げずグロスターシャーへ馬車を走らせた。会ったこともない文通相手で、野の花の押し花をくれたサー・フィリップの元へ。親友の結婚にショックを受けたエロイーズは、彼となら真実の愛を手に入れられるのではないかと無茶な賭けに出たのだった。一方のフィリップは自分への愛ではなく、ふたりの子どもたちのよき母親となってくれる女性を求めていた。手紙を通じてエロイーズが妻になってくれないかと願ってはいたが、美しくない老嬢に違いないと思っていた。やがて到着したエロイーズは、手紙の中では美しい言葉をつむぐフィリップの無口さに驚き、フィリップもまた突然現れたエロイーズの愛らしさと快活さに戸惑う。想像を越えた出会いをしたふたりだったが…。大人気「ブリジャートン」シリーズ。

【第6位】
1881年ロンドン。ニューヨークの成金を父に持つソフィア・ウィルソンは、英国貴族の結婚相手を探すため、母に付き添われて海を渡った。ロマンティックな恋愛結婚にあこがれるソフィアは、ある夜会で“危険な公爵”と呼ばれるウェントワース公爵ジェイムズと出会う。両親から愛情を受けずに育ったがゆえに人を愛するということを知らないジェイムズ。彼は結婚する気などなかったが、友人から「結婚はビジネスと同じ」とそそのかされ、爵位を求める裕福な女性と結婚するのは意味があるのでは…と考えた。莫大な持参金つきの美しい花嫁をめぐる恋の争奪戦が始まった。果たして、情熱的な米国出身の令嬢と愛を信じない公爵との結婚は?そして、次第に明らかになっていく公爵家の秘密とは。きらびやかな恋と深まる愛を心ゆくまで味わえる極上のヒストリカルロマンス。

【第7位】
たぐいまれな美貌と聡明さをもちながら、身分を隠し、イングランド片田舎の屋敷で働く娘マディ。その静かな日々は、病気の叔父を支えるため、甥ウェアフィールド侯爵が領地にやってきたことで一変した。貴族という貴族を嫌うマディは、現われた侯爵の魅力あふれる姿に驚きながらも、あの手この手で彼を追いだそうと試みる。一方、なぜかあからさまな敵意を向けてくるマディに、侯爵はつのる情熱と好奇心を隠せない。そんな折、彼は叔父からマディの驚くべき秘密を告げられるが…。

【第8位】
3年前に亡くなったはずの夫宛に、日記が届いた。さらにはそれを引き渡せという脅迫状も!日記には暗号のような文字が書かれている。身の危険を感じた子爵未亡人エリザベスは、夫が生前に所属していた諜報部に助けを求めるが、諜報員として現われたのは、かつて婚約を解消した、彼女の元恋人だった。無情なやり方で私を裏切った彼が今さらなぜ?18世紀ロンドンを舞台に、エロティックなロマンスとサスペンスが交錯する。

■最近読んだ本ベスト6(コンテンポラリ&パラノーマル)タイトルのリンク先はブログ内コメント記事です

【第1位】
感情を抹消した超能力者と動物に変身する種族が共存する世界。特殊能力の証しである夜空の瞳を持つサッシャは、豊かな情感の持ち主だが、必死にそれを隠して生きている。彼女が共同事業を行なう豹チェンジリングのルーカスは、サイによる連続殺人を止めるべく、サッシャに探りを入れてくる。敵対する関係ながら、惹かれあう2人。だが、殺人犯が新たな事件を起こし、情勢は緊迫する。一触即発の危機に、サッシャは決死の作戦に身を投じる覚悟をするが─人気沸騰のパラノーマル・ロマンスついに登場。

【第2位】
マンハッタンに住む平凡な一家が深夜に惨殺された。ただひとり生き残ったのは、偶然ベッドから抜け出していて二人組の犯人の目を逃れた9歳の少女ニクシー。彼女は血にまみれて息絶えた両親の無惨な姿を目撃し、大きな衝撃を受けていた。捜査に乗り出したイヴは、ニクシーを自宅へ連れていって保護することにする。だが、ともに苛酷な幼年時代を過ごしたイヴとロークは、ニクシーに自分の過去を重ね合わせてしまい、大きな戸惑いを覚えることに…。そんな折り、謎の動機を秘めた冷酷な犯人たちがさらなる行動を開始した!人気シリーズ、待望の第21弾。

【第3位】
亡き父の跡を継いで警察官になったフィルが、新しく配属されたのは、あろうことか潜入捜査課だった。かつて彼女と諍いをおこした悪徳警察官タイ警部補の指揮のもと、下った任務はストリップクラブに潜りこみダンサーの失踪事件を捜査すること─。フィルは過激な衣装を身にまとい、自分の殻を脱ぎ捨てるかのように別の人格を演じる。しだいに暗い過去と孤独を抱えたタイに惹かれ激しく求めあうが、父の死に深くかかわっている疑念が…一気読み必至のノンストップ・ロマンス。

【第4位】
27歳の美貌の女性アレッサンドラは夫に捨てられ、離婚することになった。ところが、その夫が射殺体で見つかった。どうやら彼は暗黒街と関わりがあったらしい。そしてアレッサンドラまでが、マフィアのボスと言われる男トロッタに命を狙われ始める。夫がトロッタにたいする裏切り行為を働いたことがすべての原因だった。そんな彼女の前に現れたのは、かつてトロッタのせいで妻子を失った孤高のFBI捜査官ハリー。ともに心に傷を持つ二人は、いつしか互いに惹かれあっていく。が、トロッタの魔手が容赦なく背後に迫っていた…。RITA賞に輝くロマンティック・サスペンス巨編。

【第5位】
デンバー・インデペンデント紙の事件記者カーラは4歳の息子を育てるシングルマザー。多忙な日常に追われ私生活などないも同然の彼女は、ある夜、同僚に無理やり連れだされたバーで、ハンサムな若手上院議員リースと出くわす。だが、最低の女たらしだとばかり思っていた彼の素顔は意外なものだった。そんなおり、郊外のある工場で汚染物質が不法廃棄されているという内部告発情報が舞いこむ。調べを進めるうち明らかになる巨大企業の闇と、政界をも巻き込んだ陰謀。カーラはリースとの関係に揺れながらも、忍び寄る魔手のなか、ひたむきに真相に迫るが…。話題のロマンティック・サスペンス。

【第6位】
美貌とセックスを武器に、マフィアのボスの愛人としてしたたかに生きてきたドレア。頭の弱い女を完璧に演じきることで男を支配する、そんな人生も悪くはないはずだった。だがある日、暗殺者が依頼された仕事の報酬に、一度だけドレアを欲しいと要求してくる。逃れるすべもない、ふたりきりの四時間。そして彼女の胸には運命を一変するある決意が…。組織から二百万ドルを奪い、決死の逃亡を始めたドレアを追って、再び暗殺者が放たれる。驚愕のラストまで目が離せない傑作ラブサスペンス。27歳の美貌の女性アレッサンドラは夫に捨てられ、離婚することになった。ところが、その夫が射殺体で見つかった。どうやら彼は暗黒街と関わりがあったらしい。そしてアレッサンドラまでが、マフィアのボスと言われる男トロッタに命を狙われ始める。夫がトロッタにたいする裏切り行為を働いたことがすべての原因だった。そんな彼女の前に現れたのは、かつてトロッタのせいで妻子を失った孤高のFBI捜査官ハリー。ともに心に傷を持つ二人は、いつしか互いに惹かれあっていく。が、トロッタの魔手が容赦なく背後に迫っていた…。RITA賞に輝くロマンティック・サスペンス巨編。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.