1299988 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Romance夢紀行

PR

Free Space

読了した洋書「なんちゃってあらすじ」まとめ

2/23更新のお知らせ♪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
☑THE KINSMEN UNIVERS (Silent Blade 読了2/9 SILVER SHARK読了2/20 A MERE FORMAILTY) 読了(2/23)

☑なんちゃってあらすじ その他のページ更新。ナリーニ・シンのサイチェンジリングの短編、ケリー・ボウエンの短編など、シリーズで独立したページに仕分けできない作品のあらすじまとめページはこちら

☑ナリーニ・シンのサイ・チェンジリング短編集Wild Embrace フェリクス編読了。(1/18)

☑日記に掲載していたナリーニ・シンのギルドハンターシリーズの予言と戦争、短編集の審判、ダンスのなんちゃってあらすじを各話フリーページのほうにまとめました。こちら

☑クリスティン・フィーハンのカルパチアンシリーズ#5なんちゃってあらすじをまとめました。こちら

☑エリザベス・ヴォーン#4 WARCRYのなんちゃってあらすじを掲載しました。(3/26~6/6の日記)(6/8)

☑クレスリー・コール「DEMON FROM THE DARK」なんちゃってあらすじを​こちら​にまとめました(12/29)

☑メリー・ジェントリーやナリーニ・シンなど読了した洋書のあらすじをシリーズごとにこちらにまとめました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
イローナ・アンドルーズ作品 洋書挑戦  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

イローナ・アンドルーズの別のシリーズ。短編が3つ収録。主人公はそれぞれ違います。第1話 Silent Blade では親の整えた婚約が気に入らず自由を求める傲慢ヒーロー! 後悔&反省してください!(笑)第2話 SILVER SHARK では生き抜くためにヒロインは自分の能力をひた隠しにしているのに、隠さなきゃならないのに・・・いつかは隠しれなくなるのかな。スリリング。第3話 A MERE FORMAILTY 父の死の賠償金と償いのための結婚を求める古めかしいしきたりを守る傭兵一族の長が賠償金の金額交渉をはねつけるためにとった秘策は・・・。
2/23 読了
イローナ・アンドルーズのなんちゃってあらすじまとめ


8/25発売予定♪ カタリーナが主役の第2弾!!! 昨年末に予約したけど、発売日が待ち遠し~。


カタリーナが主役の新シリーズが始まりました。 
9/24 読了♪ 日本でも「​蒼玉のセイレーン【電子書籍】[ イローナ・アンドルーズ ]​」というタイトルで、3/6発売予定です☆
なんちゃってあらすじ


深紅の刻印 (MIRA文庫) [ イローナ・アンドルーズ ]」の後日譚。ネバダとローガンの盛大な結婚式はテストから3か月後と決まったのに、2人の結婚式プランナーを解雇してしまったネバダ。妹のカテリーナとアラベラが準備の手伝いを買ってでますが、ローガン母の邸宅には親戚と30人のちびっこギャングが闊歩、家宝のティアラが行方不明だし、ネバダはブーケにテーマ色と合わないライラックを入れるというし、働かない親戚たちもちょっかいをかけてくるし、大事なウェディングケーキに毒!? カタリーナは大わらわ。
詳しくは、​なんちゃってあらすじ​でどうぞ。

ギルドハンター最新刊 !!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Archangel's Prophecyの衝撃のラストから数か月後。天変地異が続くなか、リージャンは蘇ってくるのか、世界は救われるのか。
2019/10/27 読了
なんちゃってあらすじはこちら


今回はエレナとラファエルがメインのストーリー。エレナの翼が退化しはじめた!? 
2019/1/20 読了
なんちゃってあらすじはこちら


2017/10/15 読了♪
ヴェノムがNYに帰還しました。ホリーにはどことも知らされていない地域での任務で2年ほど前から不在でした。出迎えたホリーとタワーに向かう途中、ホリーが賞金稼ぎに誘拐されそうになり、事件の調査と彼女の護衛をヴェノムが引き受けます。ホリーは表向きは変化に失敗した存在としてタワーの一部屋で暮らし、上司にあたるジャンビエール達に鍛えられていますが、自分のなかのウラムのかけらの力が少しずつ強まってきているのを感じて内心怯えています。顔を合わせればイライラさせられるヴェノム、でも背中を預けるにはこれほど安心できる相手もなく、噛みついても死なず、彼女の本性も理解をしてくれ、本人には言えないけど彼の眼はなんてセクシーなの…
なんちゃってあらすじはこちら

「青い瞳をもつ天使」外伝集。Angels' Wolfは2巻でエレナが発見するボロボロにされたうえに体内にギルドの刀を埋め込まれていたノエルというヴァンパイアが主人公。ノエルはあの事件後にラファエルの部下のニムラの預かりということになったと彼のその後を気にするエレナがラファエルから聞いていたシーンが本編のどこかで書かれていたので、そのあたりの事情が書かれているのかなと興味しんしん。
なんちゃってあらすじ

サイチェンジリング短編集 4/30読了♪
Wild InvitationA Psy-Changeling Collection【電子書籍】[ Nalini Singh ]

ネイトとタムシンの馴れ初めを読んでみたくて2013年に購入。
スノーダンサーの副官クーパーが従属的な狼の女性を怖がらせないよう6か月も忍の一文字で見守り、ようやく十分な時間を与えたということで求愛スタート。従属的だからといって無力ではない、支配的な彼ら自身の荒々しさを受け止め、慰撫する存在があって、スノーダンサーはまとまりとしての強い存在でいられるようです。チェンジリングカップルの支配と従属のルールに理解が深まりそうな作品。
他には、スノーダンサーの狼ララと亡命してきたサイのウォーカーのお話が収録。出だしからするとラブラブの日常かな? と思いきや、ウォーカーの過去やエイデンとのエピソードも出てきています。
なんちゃってあらすじはこちら

気まぐれに洋書挑戦 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Dark Challenge【電子書籍】[ Christine Feehan ]
7/19 読了♪ 
​カルパチアンシリーズ#5 


Theirs to TakeBlasphemy【電子書籍】[ Laura Kaye ]
進捗 9%
ローラ・ケイのホットな短編。以前読み始めて挫折してしまったのですが、再挑戦中。
亡くなった父から引き継いだボートレンタルの会社を細々と経営するヒロイン。船を係留していた港がハリケーンに見舞われ、肝心の船に修復の必要な傷ができてしまいました。周辺一帯も同じような状況のため修理屋さんに来てもらえず困っています。偶然、船の修理サービスを近所で始めたばかりのハンサムな男性が現れて・・・

エリザベス・ヴォーン /瑠璃色の衣の花嫁 続き
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

6/3 読了しました♪ 
「瑠璃色の衣の花嫁」のラストではララとキアたちが平原で厳しい冬を迎えるところで終わっていました。それから数か月後、すっかりお腹の大きくなったララとキアとその一行は出産のためにザイに向かっています。ララに随行しているヒースの視線はアティラへと何度も向かいますが、周囲に冷やかされたアティラは真っ赤になりつつ、迷惑顔です。


シリーズ#5にあたるWARDANCEは将軍位獲得を目指すサイマスが主役! なんと戦士僧侶の女性と恋に落ちるみたい。


2012年後半、私が一番フィーバーした「【送料無料】空色の瞳の異邦人 [ エリザベス・ヴォーン ]」の3部作。嬉しいことに、2017年の今もまだ販売中のようですね。
洋書を買っていたのに、あっという間に銀色の草原の約束(2巻)に続いて、3巻の翻訳が発売されて、嬉しいやら慌てるやら。
銀色の草原の約束 洋書ミニレポート

ケリー・ボウエンの短編 読了♪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

謎めいた夜は公爵と探偵を(ベルベット文庫)【電子書籍】[ ケリー・ボウエン ]の作家さん。
深窓の令嬢が変装と身分の偽装によって、教会の装飾の仕事を得ることに成功します、駆け出しの男性画家として。

注目のリサ・マリー・ライス 真夜中シリーズ作品  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



管理人大プッシュ真夜中シリーズ。

もちろん新作にも上司である彼ら+奥様連が登場☆ ASI社の皆さんは経営陣を筆頭にまっさかさまに恋に落ち、幸せな結婚をしていて、部下のひとりはいみじくも「ポートランドの水にはなんかまざってんのか?」というようなことを述懐しておりました。
・・・なんだか私も次の休暇にはポートランドに行くべきという気がしてきました。

ローアシリーズ#10 このシリーズ、第11作ロテールまでは購入済なんです、いつ読了できるか不明ですが。 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Dreams of a Dark Warrior DREAMS OF A DARK WARRIOR (Immortals After Dark) [ Kresley Cole ]
ヴァルキュリーのレギンと彼女のために何度も転生してきている狂戦士エイダンのロマンス。レギンはエイダンの属する謎の教団に捕らえてしまいました。彼に前世の記憶を取り戻させれば拷問から逃れられますが、それは唯一愛した人をまた失うことを意味していました。
進捗 10/515ページ

ローアシリーズ第9作 10/27読了♪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

DEMON FROM THE DARK(A) [ KRESLEY COLE ]
魔女のキャロウは謎の教団に誘拐されました。親戚の子供ルビーの命を盾に、最強のヴェーモン戦士マルコムを自分たちのもとに連れてこさせるためです。
不毛の惑星に降り立ったキャロウは、ターゲットに出会います。言葉は通じなくても、伴侶の彼女の仕草や表情を細かく観察し、気持ちを汲み取ってくれようとするマルコムを罠にかけるなんて、できる? それ以外にルビーを助ける方法はないの?(ローア第9巻)
なんちゃってあらすじ

妖精王女メリー・ジェントリーシリーズ第9作
9/22 読了♪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

A Shiver of Light【電子書籍】[ Laurell K. Hamilton ]
検診のため、メリーは子供の父親たちと病院に出掛け担当医の先生たちと面談しますが、検査の過程でお腹の子供たちは2人ではなく3人ということがわかり・・・そして赤ちゃんたちのお父さんは、それぞれ誰?

メリー・ジェントリーシリーズ​洋書あらすじ まとめ

祝☆テレビ化!!! デボラ・ハークネス  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

デボラ・ハークネスのオールソールズトリロジーの最終巻が発売されました♪ 「魔女の目覚め」「魔女の契り」と続いてきましたが、過去から戻ってきた二人を待ち受けるものは? 迫る敵の手をかわしながら、失われた写本を再度解読し、生命の神秘の謎を解明することができるのか、ダイアナとマシューの運命はどうなってしまうんでしょう。芳醇な魔法の香りただよう世界の結末をご自身で見届けてください☆

続編熱望!! 翻訳PLEASE
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

似た設定のフィフティシェイズオブグレイがヒットしていたようですが、私はクロスファイアのほうが好き。暗い過去のあるハンサムな大富豪と恋に落ち、熱愛されて・・・現在3作目「エントワインドウィズユー」が2014年2月に刊行されたところで、翻訳が止まってしまいました。全部で5作を予定しているようです。


時にグロテスクですが異形の美しさを迫力の文章で描くローレル・K.ハミルトンの妖精王女シリーズ第2作。綺羅星のような男性がてんこ盛り。私はアニタブレイクシリーズよりもこちらのほうがご贔屓です。ファンタジーとロマンスが交じり合ったような作風。
このシリーズも翻訳がぱったり止まってしまっていますが、他にも続き読みたい!と思っている読者さんいないでしょうか。

タイムスリップロマンス金字塔 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
最新シリーズ発売中♪


時の旅人クレアシリーズ
少ない文字ではこのシリーズの魅力を伝えきれません。読んでいると作品のなかの人物と一緒に作品の中で生きて、泣いて、笑っている、そんな気持ちになります。
無駄がなく、中味が濃いので、1作読むと数日は虚脱状態になること請け合い。心と時間の余裕あるときに、まとめて一気読みしてください☆
ロマンスカテゴリに分類されることが多いですが、はっきりいってロマンスという枠を超えた、長く読み継がれるだろう大切にしていきたい作品です。

古典名作コミックス
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

虹の伝説 全3巻完結(文庫版)(講談社漫画文庫)【中古】
虹の伝説 [文庫コミック] (1-3巻セット 全巻)/原ちえこ
ハーレクイン系のコミカライズで活躍中の原ちえこさんの昔の作品。絶版。ハーレクインやロマンス作品などを全く知らない時代、何度も読んだ作品。ヒストリカル系のコミックスがお好きな方にオススメ。

イチオシ古典大河ロマンス 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アンジェリク(全26巻)
超有名な古典作品。ヒロインはフランスの片田舎の貧乏小貴族の娘に生まれた女性。フランス王家よりも血統がよいという貴族に望まれて結婚しますが、その後どん底の人生も経験し、波乱万丈の人生を送る物語です。フランスの田舎、パリ社交界、パリの場末、スルタンの後宮、海賊、新大陸アメリカなども舞台となります。ロマンス読みさんにぜひ一度はトライしていただきたいです。ヒーローが事情があって身を隠している時にヒロインを支えてくれる素敵な男性もたくさん出てきます。

木原敏江さんがコミック化した漫画アンジェリク(全5巻)は、ダイジェスト版でコンパクトにまとまっているので、綺羅綺羅した絵柄に抵抗がなければ、読みやすく、とてもオススメです。原作は大変長く、いまはやや入手困難かもしれませんので、図書館などの利用がオススメです。

 イチオシ漫画 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

王家の紋章 65【電子書籍】[ 細川智栄子あんど芙〜みん ]
王家の紋章 以下続巻
元祖タイムスリップロマンス、元祖エジプトロマンスといえばこの作品。現代の財閥令嬢キャロルが運命に導かれ、古代エジプトのファラオの妃に! 時空を超えた愛。キャロルが誘拐されたり旅したりするので、エジプトだけでなく近隣諸国の文化なども知らずに身に付きます(笑)。私はこの作品で、エジプト考古学にハマりました。
November 23, 2018
XML
カテゴリ:洋書あらすじ

「はじめての愛を知るとき」の自分のレビューを探していたら、書いたことを忘れていた(爆)J.R.ウォードの短編のなんちゃってあらすじが出てきたので、再掲します。​2011年3月の記事​なので、この記事を読んだことがない方も多いかも?

※ ※ ※ ネタバレあります ※ ※ ※ 
辞書で確認せず、記憶に頼っててきとーに書きなぐっていますので、内容が間違っていても笑って読み流せる方だけ読んでくださいね

============

J.R.ウォードの短編が収録されているということで、先日(いつだったかしら、・・・去年だったかな?)買ってあったのですがずっと積んでありました。ブログトップに掲載中の積読本を切り崩していたここ数日でしたが、なんとなく腰をすえて読もうかなという気分になったため、昨夜から読み始めています。

パラノーマルものばかり集めた短編集です。ウォードの短編はブラックダガーの関係だったら嬉しいなと思いましたが、関係なかったです。

<あらすじ>"The Story of Son" by J.R. Ward

Claire Stroughton is a beautiful lawyer who would rather spend the night with a legal brief than the man of her dreams. Then a routine client meeting turns dangerous - and deeply sensual - when she is held captive by a gorgeous man with an unworldly hunger...

ヒロインのクレアは仕事一筋、やり手弁護士ですが、父親から引き継いだ顧客のひとり、富豪のリー夫人に呼ばれてその自宅まで出向くと、薬を飲まされて地下室に監禁されてしまいます。目覚めると、その部屋には鎖につながれた飢えた男性がいて・・・。ヒーローはヴァンパイア。1年に1度だけ母親(か執事?)が人間を調達してきて、3日間血を飲み、記憶を消して戻しています。彼は鎖につながれていて、体質的に太陽はうけつけない様子。おそらく普通の人間である母親とは12歳のときに地下室に監禁されて以来会っていないよう。彼には名前がなく、母から「son」としか呼ばれたことがなかった人物でした。監禁当初は恐怖に怯えるクレアでしたが、彼に不思議な魅力を感じて大天使の名前をつけてあげるクレア。ぎこちないながら二人の距離が縮まっていきます。

こんなことは許されない、逃げましょう!と主張するクレアにマイケルはそんなことはできない、過去に一度だけ逃げだしたときは・・・と煮え切らない態度。それでも「約束して」と詰め寄るクレアに、とうとううなずくマイケルですが、最後の瞬間にクレアの記憶を消して、送り返してしまいます。

数週間後、なにかが欠落したような気持で抜け殻のようなクレア。主治医?からの「妊娠している」という知らせにも「そんなことはありえないわ、なにかの間違いよ。再検査してください」そこにリー夫人の葬儀のニュースが伝わり、どうしても出席しなければならない気分になります。法律事務所も辞め、邸宅に行くと、執事が出迎えます。理由のない恐怖を感じながらしのぶ会?の会場でもある邸宅に入っていくと、なぜか気になる場所が。地下に導かれるように進んでいくと、後ろに執事が。撃退して、その先の部屋に踏み込むと彼がいました。「あなたはだれ?」「Michealだよ」よみがえる記憶。喧嘩はあとで、逃げましょう! 逃げる場所がないというマイケルに、母親が亡くなったこと、そして子供がいることを告げ説得するのでした。同僚のミックを頼り、車で逃げだす二人。追いかけてくる執事。執事と対決するマイケル。

9年後、子供たちと幸せそうに暮らす二人がエピローグで描かれていました。

===========
洋書をつっかえつっかえ読んでいて涙が出てきたのは初めてだったかも・・・。久しぶりに、英語の物語を短編とはいえ最後まで読了できました☆ 長さが100ページ弱という短さだったということにも助けられましたが、やはり物語に惹きこまれたからかも。わからない部分を想像で補いつつ、英語を考えながら読んでいると、どうしても頭の中にクッションができてしまって内容がストレートには入ってこないので、感情なども感じるのではなく想像してしまうのですが、この作品はそれでも気持に訴えてくるものがあり、ウォードの文章のもつ力強さのようなものを感じました。

ハッピーエンド後の暮らしはヒロインの名字STRONGTON(つづりはこれでok???)にまさに象徴されている清毒あわせもつ「強さ」と賢さによってもたらされた経済的?な柱が支えていて、ある意味ヒーローみたいなヒロインでした。手段については、ちょっと「え???」と思いました。でもそのあたりがかえって変なリアリティをかもしだしているかも。ヒロインの職業が弁護士だというのも、職業から想像される人格の肉付けもよく考えられてできているなーと感じました。

英語も、口語的な表現が多い(ように感じます)ですが、テンポよく、読みやすかったです。「内なる~が目覚める」というのはブラックダガーシリーズでも見た表現なので、笑ってしまいました。

読めてよかった♪
​​






Last updated  November 23, 2018 08:54:14 PM
コメント(0) | コメントを書く


Freepage List

最近読んだロマンス本 ベスト10


お気に入りのコンテンポラリ(現代物)作品


お気に入りのヒストリカル作品


お気に入りの作家さんたち


お気に入りのパラノーマル作品


お気に入りのタイムスリップ作品


勝手にランキング 過去編2


勝手にランキング 過去編1


勝手にランキング 過去編3


■ロマンス作家の原書/翻訳タイトル


ダイアナ・パーマー原書/翻訳タイトル


シャノン・マッケナ原書/翻訳タイトル


リサ・マリー・ライス原書/翻訳タイトル


シャロン・サラ 原書/翻訳タイトル


スーザン・フォックス 原書/翻訳タイトル


ゼルマ・オール原書/翻訳タイトル


お好み別オススメロマンス作品


特集:テキサスの恋シリーズ


特集:「ローア」シリーズ


特集:「イヴ&ローク」シリーズ


特集:「闇の一族カルパチアン」シリーズ


RITA賞受賞作リスト


2000~2009年度 受賞


1991~1999年度 受賞


■■■ なんちゃってあらすじ まとめ ■■■


なんちゃってあらすじ その他(読み切り、短編いろいろ)


The Guild Hunter Series あらすじ まとめ


Archangel's Kiss/ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's Consort/ ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's Blade/ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's strom /ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's Legion/ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's Shadows/ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's Enigma/ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's Heart/ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's Viper/ナリーニ・シン あらすじ


​Archangel's Prophecy/ナリーニ・シン あらすじ


Archangel's War/ナリーニ・シン あらすじ


[番外]Angels' Dance/ナリーニ・シン あらすじ


[番外]Angel's Judgment/ナリーニ・シン あらすじ


[番外]Angels' Wolf/ナリーニ・シン あらすじ


Merry Gentry Series あらすじ まとめ


A Stroke of Midnight/ローレル・K・ハミルトン あらすじ


Mistral's Kiss/ローレル・K・ハミルトン あらすじ


A Lick of Frost/ローレル・K・ハミルトン あらすじ


Swallowing Darkness/ローレル・K・ハミルトン あらすじ


Divine Misdemeanors/ローレル・K・ハミルトン あらすじ


A Shiver of Light/ローレル・K・ハミルトン あらすじ


Immortals After Dark Series(ローア)あらすじ まとめ


The Warlord Wants Forever/クレスリー・コール あらすじ


Untouchable/クレスリー・コール あらすじ


Pleasure of a Dark Prince/クレスリー・コール あらすじ


DEMON FROM THE DARK クレスリー・コール あらすじ


カルパチアン Series あらすじ まとめ


DARK MAGIC/クリスティン・フィーハン あらすじ


Dark Challenge/クリスティン・フィーハン あらすじ


イローナ・アンドルーズ あらすじまとめ


Diamond Fire/イローナ・アンドルーズ あらすじ


Sapphire Flames/イローナ・アンドルーズ あらすじ


Emerald Blaze/イローナ・アンドルーズ


Profile


romance_holic

Comments

romance_holic@ Re[4]:フォトブック到着~♪(03/26) アネムさんへ こんばんは。 そうだったの…
アネム@ Re[3]:フォトブック到着~♪(03/26) romance_holicさんへ 欲しいものリストに…
romance_holic@ Re[1]:フォトブック販売(03/27) すみれちゃん♪さんへ こんにちは。こちら…
すみれちゃん♪@ Re:フォトブック販売(03/27) ツィッターやってないんです、、、 登録、…
romance_holic@ Re:フォトブック到着~♪(03/26) アネムさん こんにちは。フォトブックを…

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.