美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…
全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワイン会 | イタリア | コート・ド・二ュイ | ボルドー | スペイン | その他フランス | カリフォルニア | チリ | オーストラリア | ロゼワイン | 自店 | その他 アルコール | 日本のワイン | ワインについて | 南アフリカ | その他の国 | パストゥグラン | 海の幸  | ポムロール | ブルゴーニュ白 | ボルドー左岸 | ボルドー右岸 | オーディオ | サンテミリオン | サンジュリアン | サンテステフ | ポイヤック | マルゴー | ローヌ 北 | シャンパーニュ | アルザス | ロワール | オーストリー | ブルゴーニュ赤 | モンラッシェ系 | ボジョレー | ローヌ 南 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ムルソー | シャブリ | ニュージーランド | コート・ド・ボーヌ | アクセサリー | 美味なるワイン | ニュイサンジョルジュ | 野菜・果物・総菜 | | 調味料
2012/12/05
XML


コルトン [2009] 750ml【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ (DRC)】

058.jpg

DRCのコルトンが初めてリリースされました。

素晴らしいワインだと思います。

コルトンの赤はミネラル感が強く硬質で太いワインで、若い時は飲めないワインが多いです。このワインは流石DRCだと思います。硬質で太いワインは他と同じですが、果実感が強く、タンニンも深く、実に堂々としたワインに仕上がっています。

DRCの特級の名を高めるワインの一本だと思います。

ロマコンを代表とする繊細・複雑・鉄分のヴォーヌロマネ系、エシェゾー地区の豊かな果実と誰にでも旨いと思わせるグランエシェゾー、強いタンニンとスケール感のある力強いコルトン、白の最高峰モンラッシェ・・・DRCは4タイプのどれもワインの頂点を極めたラインナップになりました。

色は深く濃いルビー色、香りは濃いスミレ、濃い黒系ベリーの香り、味わいは強いミネラル、骨太で美味しいタンニン、綺麗な酸、スケール感と複雑さを持った正に特級だなと思わせるワインです。

今回血液分の多い天然鴨との相性は最高でした。今飲んでも美味しいし30年後も美味しいワインです。

お勧めです。

販売店資料より

DRCがコート・ド・ボーヌ地区から初めて生産する赤ワインのコルトンは、ドメーヌ・プランス・フローラン・ド・メルロードから借りたブレッサンド、クロ・デュ・ロワ、レナルドの3区画2・5ヘクタールをブレンド。高樹齢のものだけでブレンドし、若樹はネゴシアンに売却。

2009 Domaine de la Romanee Conti Corton Grand Cru

eRobertParker.com #200
Apr 2012 Antonio Galloni 95 Drink: 2019 - 2039 $625-$1635
The 2009 Corton is a showstopper. The huge, boisterous bouquet is the first sign the Corton is just as dazzling from bottle as it was from barrel. Layers of fruit saturate the palate as this flashy, exuberant wine continues to put on weight as it sits in the glass. This is a decidedly opulent Burgundy that pushes the boundaries of what longtime DRC drinkers expect from the winery, but it is a gorgeous, striking wine in its own way. The 2009 is a great first vintage for the Corton. Anticipated maturity: 2019-2039.

Domaine de la Romanee-Conti's 2009s have turned out just as brilliantly as I had hoped. The wines reflect the signature qualities of the year, but never lose their essential classicism. Long-time DRC fans know the domaine bottles in six-barrel lots, which naturally introduces a level of bottle variation that is not found in most other wines. I hope the massive amount of information that has recently come to light regarding counterfeit wines and their proliferation might be the catalyst for the domaine to consider bottling their wines in one homogenous lot, as is common for the vast majority of high-quality wines throughout the world. Once the domaine's wines mature in 20-30 years it will be impossible to tell the difference between ‘normal' bottle variation, poorly stored bottles and very good fakes. Certainly consumers who are willing and able to pay the prices these wines fetch are at the very least deserving of a consistent product.







Last updated  2012/12/08 08:25:14 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.