美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…
全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワイン会 | イタリア | コート・ド・二ュイ | ボルドー | スペイン | その他フランス | カリフォルニア | チリ | オーストラリア | ロゼワイン | 自店 | その他 アルコール | 日本のワイン | ワインについて | 南アフリカ | その他の国 | パストゥグラン | 海の幸  | ポムロール | ブルゴーニュ白 | ボルドー左岸 | ボルドー右岸 | オーディオ | サンテミリオン | サンジュリアン | サンテステフ | ポイヤック | マルゴー | ローヌ 北 | シャンパーニュ | アルザス | ロワール | オーストリー | ブルゴーニュ赤 | モンラッシェ系 | ボジョレー | ローヌ 南 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ムルソー | シャブリ | ニュージーランド | コート・ド・ボーヌ | アクセサリー | 美味なるワイン | ニュイサンジョルジュ | 野菜・果物・総菜 | | 調味料
2014/12/08
XML
カテゴリ:美味なるワイン

DSC03810.jpg

パリで庭付き一戸建ての唯一のレストランです。

創業は何と!!1779年・・・その後1792年にフォーマルなレストランとなり1842年に現在の場所に移築され現在に続いています。ナポレオンがジョセフィーヌと出会った場所と言う古さが凄いですね。

場所はシャンゼリゼのど真ん中!!今では建物はパリ市の所有です。

DSC03886.jpg

今回此処に行こうと思ったのは私が若かりし頃のルドワイヤンは星が一個か無いかのパッとしない鈍重な古典的料理を出すレストランだったのですが、1999年にChristian Le Squer (クリスチャン・ルスケール)さんが頑張って2星にそして2002年から今日まで3星を取って来ました。

Christian Le Squer がどんな料理を出すか・・・と言うよりこの歴史的名店に鈍重な料理で無くなったので行ってみたかったのです。しかし今年の7月にシェフはムーリスにいたヤニックさんに交代、ムーリスにはアラン・デュカスが・・・何だか玉突き人事の様で・・・

食べたいと思っていたChristian Le Squer のオマールのジュレはお預け・・・

DSC03812.jpg

一階のエントランスでコートを預け2階の窓側の席に案内されました。

DSC03815.jpg

先ずはドラモットのブラン・ド・ブラン 2004 をボトルで注文・・・

DSC03824 (2).jpg

なんでこんなかがり火やビストロ南に置いてあるシャンパンを注文するのと同席者から質問・・・理由は2つ、パリで飲むのと東京の我が店で飲むのの味の違いを知りたかったのと、他に良いなと思うシャンパンが滅茶高かったからでした。かがり火の売値が11000円でルドワイヤン価格は150€・・21000円で約倍です。パリの三つ星はワイン高いですよ!!ちなみにお味は同じでした。

DSC03819 (2).jpg

突き出し2品 なんだかよく覚えていない・・・

DSC03820.jpg

これも突き出し・・・よく覚えていない・・・

DSC03825.jpg

メニューが決まるのに時間がかかり白ワインを注文・・・

一度メートル・ドテルが注文を聞きに来たがちょいと待ってと言ったら次に来るまでに1時間ぐらい・・・サービススタッフの数は多いが注文を取れるオジサンは一人だけで一度チャンスを逃すと大変な事に・・・これ何とかしたほうが良いかと・・・1時間ドラモット飲んでるのは辛い・・・

DSC03840 (2).jpg

注文したワインはムルソーのリモザン2012 ミッシェル・ブーズロー 130€

トリュフにもよく合ってミネラル感も強く美味しいムルソーでした。

とにかくワインリストはペラペラ・・・他にもっと分厚いリストが無いか聞くが、まだシェフが変わって3か月ぐらいでワインリストも総入れ替えで準備が出来ていないとのこと・・・若いワインしか無く値段も高いので魅力の無いワインリストナンバーワンの三ツ星だと思います。恥ずかしくないのかな???

DSC03828 (2).jpg

前菜は3人ともデギュスタッションコースはメインが群馬産A4和牛なので止めてアラカルトの中からアルバ産白トリュフとスズキのカルパッチョを注文。綺麗なトリュフを持って来ました。

DSC03829 (2).jpg

先ずはスズキのカルパッチョを・・・量も多くなくちょうど良い感じ・・・

DSC03830 (2).jpg

白トリュフを掛ける

DSC03831 (2).jpg

掛ける

DSC03834 (2).jpg

これにて完成

白トリュフの素晴らしい芳香とプリプリ感は無いが実に旨い味付けのカルパッチョが美味しい!!

今回の旅でも思い出の一皿に・・・

DSC03836 (2).jpg

無塩バターと有塩バターと塩胡椒

DSC03843 (2).jpg

小さくカリッカリで美味しいパン

DSC03867 (2).jpg

赤ワインはセラファンのジュヴレ・シャンベルタン2005を注文 190€

味が乗っていて香りも良くて美味しい!!流石セラファン村名でも十分美味しい!!

DSC03846 (2).jpg

メインは3人ともジビエの野鶉のロースト

DSC03849 (2).jpg

DSC03850 (2).jpg

右側の鶉の腿肉と内蔵で作ったパテが美味しい!!

大きな鶉ですね!!

DSC03851 (3).jpg

鶉の油で焼いた野菜炒め・・・これはシツコイ!!脂が重い!!

DSC03856 (2).jpg

前菜のメニュー

DSC03857 (2).jpg

主菜のメニュー

DSC03858 (3).jpg

お味見コース

DSC03859.jpg

グラスワインのメニュー・・・どれも50€・・・

DSC03863 (2).jpg

アヴァンデゼール

DSC03865 (2).jpg

フロマージュ 種類は少ないが厳選されていて美味しい!!

DSC03869 (2).jpg

 

DSC03872 (2).jpg

ヤギのチーズと右の黒トリュフのチーズを注文・・・このチーズのトリュフの香りが素晴らしい!!

DSC03871 (2).jpg

チーズに付いて来る8種類の野菜のサラダ・・・これが美味しいしチーズとよく合う。

DSC03874 (2).jpg

パイナップルのデザート

DSC03879 (2).jpg

生チョコ 美味しい!!

DSC03881 (2).jpg

このタルトは素晴らしい!!焼き方が旨い!!

DSC03882 (2).jpg

DSC03883.jpg

帰るころには誰もいない・・・何時ものパターン・・・一番先に行って最後に帰る・・・

DSC03888.jpg

店の図面 個室もあります。何時か此処でワイン会でも・・・

DSC05782 (2).jpg







Last updated  2014/12/09 02:20:10 AM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.