美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…

全70件 (70件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワインについて | 海の幸  | 野菜・果物・総菜 | | 調味料 | ワイン会 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ニュイサンジョルジュ | コート・ド・二ュイ | コート・ド・ボーヌ | ブルゴーニュ赤 | パストゥグラン | モンラッシェ系 | ムルソー | シャブリ | ブルゴーニュ白 | ボジョレー | ボルドー | サンテステフ | ポイヤック | サンジュリアン | マルゴー | ボルドー左岸 | サンテミリオン | ポムロール | ボルドー右岸 | ローヌ 北 | ローヌ 南 | アルザス | ロワール | シャンパーニュ | ロゼワイン | その他フランス | イタリア | スペイン | オーストリー | カリフォルニア | オーストラリア | ニュージーランド | チリ | 南アフリカ | 日本のワイン | その他の国 | その他 アルコール | 自店 | オーディオ | アクセサリー | 美味なるワイン

ニュイサンジョルジュ

2008/08/23
XML


ニュイサンジョルジュ1級 レ・ヴィーニュ・ロンド[2003] ジョルジュ・ミュニュレ CP87

結構人気のドメーヌです。畑によってはミュニュレ・ジブールの名前で売っています。

評価の高いドメーヌの評価の高い畑ですが、今一香りが弱く、果実味濃厚感はありますが、ピノらしい良さを感じません。ニュイらしさは感じますし、熟成して良くなるとは思います。

非常に濃い果実味と複雑なボディーのあるワインですが、ベリー以外の香りが湧きたちません。獣やバラの香りが出ないとちょいとつまらないです。

販売店資料より

「レ・ヴィーニュ・ロンド」は、力強い特徴を持つといわれるオー・シェニョとオー・ミュルジュという優れた1級畑に接している畑です。 


《マット・クレイマーのコメント》
ヴォーヌロマネのドメーヌだが、ニュイからはみごとなレ・シェニョとヴィーニュロンドを造る。 力感のある味わいを強くひびかせながら、無骨な味わいは微塵もない、いつもの作風がこのワインにもあらわれている。


ブルゴーニュの専門家であるマット・クレイマー氏が、「当代随一の醸造家」と評するジョルジュ・ミュニュレ博士の時代から一貫して素晴らしい評価を受ける名ドメーヌ。

エキス分が濃く、しっかりとした果実感とミネラルを感じさせる非常にバランスよくエレガントなスタイルのブルゴーニュは古典的でありながらも、クリーンでふくよかさ、優しさをもつ非常に素晴らしいものです。

このドメーヌの名前の前オーナーである、ジョルジュ・ミュニュレ博士は1988年に、肝臓がんのため亡くなってしまいましたが、醸造技師の資格を持つ二人の娘さんによって運営されています。

その評価は、全く陰ることなく、今も、伝統的な手法で、素晴らしいワインを生み出し続けています。

生産量が少なく、なかなか市場に出回る数も少ないジョルジュ・ミュニュレ! ブルゴーニュファンの方は、是非お試しいただきたいドメーヌの一つです!!

──────────
当代随一の醸造家であったミュニュレ博士亡き後、その才能ある娘達がこのドメーヌを引き継いだ。彼女達の頑張りによって、このドメーヌのワインは色やタンニンの抽出がうまく制御されるようになり、質が上がってきている。

ヴォーヌ・ロマネの村名呼称ものはまれにみるほど洗練されており、存分に楽しめるワインである。また見事な「エシェゾー」、「クロ・ド・ヴージョ」、そして「リュショット・シャンベルタン」は、いずれも最低10年は待つべき大物だ。優雅でバランスの良い古典的な造りで、このドメーヌの名に恥じない出来栄えである。

「クラスマン2004年」より抜粋 







Last updated  2008/08/23 11:36:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
2008/08/01


[2005] ニュイ・アン ”1” 1級畑 750ml (プリューレ・ロック)赤【コク辛口】 CP92

これ美味しいですね。ビオワインでビオ臭いのですが、それらを超越した旨さがあります。

ビオワインってどこかボジョレーヌーヴォーの様な未完成なワインが多く臭いヌーヴォーと言った感じですが、これは非常に強いフレッシュな果実味と甘い香りが強く、ビオ臭さを上回っています。こんなワインを飲むのは初めてです。

ビオ臭いワインは嫌いですが、これは正直美味しいと思いました。万人を引き付ける力のある凄いワインです。

色は輝くルビー色、香は甘いラズベリー、苺、ブレッド、イースト、バラ、ハーブ、赤身肉、味わいはジュワ~~ンとした果実味、柔らかいタンニンと酸、非常に柔らかい喉越し、幾らでも飲めてしまいそうなワインだ。 

インポーター資料より

1989年に設立されたNSGに本拠を構える比較的新しいドメーヌでありながら一気にプレミアが付くほどになったドメーヌです。当主のアンリ・フレデリック・ロック氏はあのマダム・ルロワの甥っ子、アンリ・ルロワ氏の孫にあたり、1992年からDRCの共同経営者にもなっています。

ロック氏は古文書を研究し700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の1人となっています。ロック氏曰く、これは「微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理との調和を目指した栽培方法だ」と言っています。

また、ラベルに描かれている独特のロゴはエジプトのある古文書に由来しています。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの木、下に描かれている3つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、その下の黄色い楕円は人を表しているといいます。自然(神)と人間の両方の力によってワインを作り出すというロック氏の考えがうかがえます。







Last updated  2008/08/01 10:51:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/07/24


ニュイ・サン・ジョルジュヴィエイユ・ヴィーニュNuits St. Georges V.V. [2005]ロベール・シュヴィヨンRobert Chevillon CP91

これは想像した通りの味わいです。05らしい力強さ、ニュイらしい逞しさ、ロベール・シュヴィヨンらしい風格を持っています。欠点はまだ若いという事です。今飲んでも十分美味しいですが、5年後が楽しみな一本です。

色は濃いめのルビー色、香はラズベリー、ブラックベリー、ハーブ、肉、味わいはたっぷりとしたボディー、しっかりとした酸、溶け込んだタンニン、エレガントで太い果実味、ピノを繊細で柔らかいワインだと思っている方に飲んで欲しい男性的なピノの醍醐味が味わえます。

2005 Robert Chevillon Nuits St Georges Vieilles Vignes

Wine Advocate # 170
Apr 2007 David Schildknecht (89-90) Drink -  $48-$69 (60)
The 2005 Nuits-St.-Georges Vieilles Vignes had just been assembled, but not yet sulfured or filtered. It boasts a bright, sorbet-like expression of red raspberry and cherry fruit, with high-toned notes of marzipan, subtle suggestions of beef marrow, a silken feel in the mouth, and refined tannins. Unusually red-fruited and extroverted for a 2005, this sleek Pinot promises to be an exception also in drinking well young, although up to 5-7 years bottle age will probably do it no harm.

If further proof were needed that the Chevillons are in a class by themselves among the major Nuits-St.-Georges landholders, they certainly delivered it this year. Like so many other vintners, they reported backing off on pigeage this year - and heaven knows, the resultant wines don't lack for concentration. Their Bourgogne Passetoutgrain, Bourgogne, and Nuits-St.-Georges Les Perrieres had all just been sulfured and filtered, so Bertrand Chevillon declined to show them. He was as yet noncommittal, however, about when the other wines would be bottled, although this would probably continue through Spring, and be accompanied by the estate's usual light filtration.
 
 







Last updated  2008/07/24 10:51:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/07/06


[2005] ニュイ・サン・ジョルジュ  750ml (フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー)赤【コク辛口】 CP93

実におおらかで力強いニュイサンジョルジュです。

レシュノーのワインも外れが少なく良いですね。

05らしい太いワインで、コクもあって果実味も強く楽しめます。当然もう数年寝かせた方が香は強くなるでしょう。でも今飲んでも十分美味しいです。

色は濃いめのルビー色、香はラズベリー、赤身肉、バニラ、ハーブ、味わいは濃厚な果実味、太くて溶け込んだタンニン、余韻のある柔らかい酸、非常にまとまっていて飲みやすく、飲みごたえのあるピノです。

良いですよ。







Last updated  2008/07/06 01:56:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2008/06/26


【ショーヴネ・ショパン】ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・レ・シェニョ CP91

03は全部売り切れてしまったようです。上記のショップで02が3990円で売られていますが、まともにパーカーが評価しているドメーヌで、今時4000円以下で買える一級は滅多にないでしょう。

この人のワインは数本飲んでいますが、02はエレガント、03は濃厚です。

実に03のニュイのワインらしい、太さがあります。抜栓後3日でもヘタリません。

濃いめのピノを求めている人にはお勧めです。香がもっと出てくれば最高なのですが、これは3年待てば良い方向に変わると思います。

販売店資料より

昨年から延々と販売していたショパンの2003年物も完売が近づき合計10本以上を試飲したが、最後だろうと思ってシェニョを飲んでみた。本当は戸締まりの時に傍を通ったら、
なにげにボトルを電球にかざしたのだ。そうしたらボトルサイドに細かなオリを発見。
入荷直後も有ったがソレは大粒、今度のとは違っていた。

飲んで、デュガ、ピィ を彷彿とさせる味わいの濃さ。同じ地区で言えばカティアールのミルジュ01に匹敵するかそれ以上。問題の酸はマスキングされていたのか、今度は現れ出した。こうなれば、好みで好き嫌いは存在するが、冷静に評価したら文句は付けようがないだろう。ややピノのしては濃厚過ぎるけど。

03のショパンのニュイは、村名の区画名付きと一級で多分500本以上の販売となった。異形な存在だったのか、インポーターさんが持て余し気味で、根こそぎ仕入れた。今の値段を見たら不良在庫価格と思われ兼ねないが、決してそうでは有りません。

当サイトならではの安く仕入れたら、安く販売する、それだけです。無くなると寂しいモンですが、それがワイン屋の仕事。本当に好きな方に残りを買って頂きたいと思う。







Last updated  2008/06/26 04:03:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/06/17


ニュイ・サン・ジョルジュ 1erクリュ レ・サン・ジョルジュ[2003]ティボー・リジェ・ベレール CP93

3月に飲んだ時より良いですね。

ニュイの特級と言って良いレ・サン・ジョルジュです。ティボーの若き情熱が伝わって来るようなワインです。パーカーポイントの高さが理解できます。

10年以上前のグロフィエ、20世紀最後の頃のペロミノを思わせる味わいです。

色は深く濃いめのルビー色、香は熟れたプラム、ブラックチェリー、バナナ、革、タール、土、味わいは濃密で複雑です。ボンヌ・マールみたいなワインです。濃い目のピノがお好きな方には最高の一本です。太く強いタンニンは濃厚な果実味に溶け込み、酸は繊細です。バランスもよく、今飲んでも十分美味しいですが、本来の飲み頃は後3年か5年後でしょう。凄いワインです。

販売店資料より

ティボー・リジェ・ベレールはニュイ・サン・ジョルジュに突如として現れた新星のドメーヌです。ドメーヌはニュイ・サン・ジョルジュ村の入口の国道沿いに堂々と佇んでいます。当主のティボー氏は現在31歳。大学で醸造学を学んだ後、インターネットでのワイン販売会社でディレクターとして働き、2002年からはこの宝石とも言える素晴らしい畑を両親から財産相続すると同時にドメーヌを立ちあげました。

一方、ティボーの従兄弟がロマネ・コンティの上部、"ラ・・ロマネ"を受け継ぎ、彼はニュイ・サン・ジョルジュの1級畑"レ・サン・ジョルジュ"に広大な畑を所有することになりました。その畑はニュイ・サン・ジョルジュの中でも著名であり、ティボーは2haを所有、なんと樹齢60年を超えています。

「仮にニュイ・サン・ジョルジュにグラン・クリュができるとしたら"レ・サンジョルジュ"
 だよ!」とティボー氏は胸を張ります。

栽培は当初からビオロジックを実践し、近年ではビオディナミを取り入れ始めました。天文学による醸造のタイミング、馬での耕作、低収量、限られたSO2の使用など徹底しています。「僕のワイン造りは余分な手を加えることなく、良質な果実を育て、葡萄が優れたワインになる手助けしているだけだ!」と語ります。果実味を生かすためにも、新樽率を控えめにしています。

2003 Domaine Thibault Liger-Belair Nuits St Georges les St Georges
 
Wine Advocate # 160
Aug 2005 Pierre Rovani 92 Drink 2010 - 2020 $70 (90)
Licorice, black cherries, and roasting spices are found in the complex aromatic profile of the 2003 Nuits-St.-Georges Les St.-Georges. A wine of great intensity, its chewy-structured, medium to full-bodied personality is deep, jam-packed with dark fruits, and persistent. Huge amounts of ripe tannin, which quickly coat the taster's palate, demand patience. Anticipated maturity: 2010-2020.  







Last updated  2008/06/17 01:09:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/04/15


【ドメーヌ・ショーヴネ・ショパン】ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・オー・アルジーア[2002](赤) CP91

良いブルゴーニュです。熟れごろです。ショーヴネ・ショパンはニィイの一級に多くの畑を持っています。全部一度に比べて飲んでいませんが、この順番に良い様に思います。

les Chaignots、Aux Argillats、les Murgers、Aux Thorey

此処の差は微妙です。当然年によっても違うと思います。2003年と2002年を飲んでの感想だと思って下さい。テロワールの違いもありますが、樹齢の違いも大きい様に思います。

先日飲んだトレイと同じ点数ですが、微妙な差なので同じ点にしました。

個人的にはアルジーアの方が一級らしく、酒質が上の様に思います。

まあどちらにしろチャーミングで良いブルゴーニュです。もう少し緻密な作りをすれば、カミュゼを超えるでしょう。

インポーター資料より。

ニュイ=サン=ジョルジュのプルミエ・クリュではアルジラが平均で40年ほど、ミュルジェの半分は50年、もう片方が20年の区画。トレにいたっては80年以上の超老ぶどう樹が植わっている。







Last updated  2008/04/16 01:33:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2008/04/06


【ドメーヌ・ショーヴネ・ショパン】ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・オー・トレイ[2002](赤) CP91

03を以前飲みましたが、02の方がバランス良いです。

ショパンは4000円以下でまあまあ良い一級が買える数少ないブルゴーニュの一流ドメーヌです。基本的にはジャイエ系のワインで、若くして飲めるタイプです。果実味があって香もよく、早くから楽しめるタイプです。

このワインは02の一級としては軽いですが、良いワインです。特に香が素晴らしいワインで、ラズベリー、バラ、紅茶、森の下草と言った良きブルゴーニュの香りをたっぷり嗅ぐ事が出来ます。酒質は若干ニュイの一級としては薄いですが、十分楽しめます。

販売店コメント

 2002年のニュイ・サン・ジョルジュ1級ワインがこの価格で楽しめます。

ヴォーヌ側地区に位置する1級畑で、ジャムを感じさせられる程の濃密な果実の風味を持っています。


リアルワインガイド誌8号にて、下記の様にコメントされています。

例年より激しさが感じられるとても近寄りやすい2002年のショーヴネ・ショパンにあって、このワインもパワフルさはないにしてもとてもポップな可愛らしさが光る1本となった。

今回のニュイ・サン・ジョルジュ1級3本の得点差は個性の差と受け止められるくらいどれも拮抗していると思うが、このオー・トレイは小粒で統制がとれていて、酸は軽いんだけれど意外に味が豊富でとても良い。


単に「美味しい」だけじゃなく「美味しそうな雰囲気」を持っているのも好感度アップ。

< リアルワインガイド氏8号より抜粋 >

 

 







Last updated  2008/04/06 01:54:48 AM
コメント(2) | コメントを書く
2008/03/15

001.jpg

これは貴重なジャンが引退した最後のヴィンテージです。引退する前から息子のミッシェルが一緒にワインを作っていたので、基本的には大きく作りは変わっていませんが、評論家の評価は大きく下がりました。ジャンは引退し3人の子供(ミッシェル、ベルナール、アンヌ・フランソワーズ)に引き継がれています。

最初還元香的なブッショネの様な香りがしましたが、30分位で甘いベリーの香に変わって来ました。非常にミネラルの強い切れの良いワインです。このクラスで13年ですからやや果実味が落ち出しているのだと思います。一級クラスなら今でもバランスが崩れていないでしょう。でも時間とともに段々ワインが開いて行きます。香も落ち着いてラズベリーの香りがします。土やスパイス、紅茶、ハーブの香りも出てきました。味わいは切れの良い酸、実に柔らかいタンニン、豊かなエキス分、枯れてきた果実味、ミネラルの余韻が続きます。

貴重なワインを頂きました。


ジャン・グロ クロ・ド・ヴージョ[1994] - ラベルエラー


【ジャン・グロ】 ヴォーヌ・ロマネ・クロ・デ・レア 1987


ドメーヌ ジャン・グロ リシュブール [1994] 750ml







Last updated  2008/03/15 03:25:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
2008/03/06


ニュイ・サン・ジョルジュ 1erクリュ レ・サン・ジョルジュ[2003]ティボー・リジェ・ベレール CP91~94

31歳の若いティボー氏が作るワインです。ニュイ・サンジョルジュには特級がありませんが、もし特級が選ばれるならこのレ・サンジョルジュでしょう。彼はこのレ・サン・ジョルジュの畑を2ヘクタール所有し樹齢60年の古木から素晴らしいワインを作っています。

久しぶりにボルドーのカベルネやオージーのシラーズにも負けないパワーのある男性的なピノノワールを飲みました。若飲み好きなパーカーさんが2010年からと言っているのに、待たずに開けたのは失敗でした。元気なボンヌ・マールを飲んでいる様でした。

色は紫がかった濃いルビー色。香はドライプラム、ブラックベリー、タール、チョコレート、革、スパイス、甘草です。味わいはまさにフルボディーのピノです。ニューワールドでもこれだけ濃いピノは少ないでしょう。でも濃いのに厭味がありません。濃厚な果実味、太く堅いタンニンが上手く果実味に覆われています。酸は切れがよく、この濃いいワインを支えています。非常に複雑で濃密ですが、やはりタンニンが濃く舌にざらつき感が残ります。飲み頃は10年後だと思います。2020年位に飲んでみたいワインです。気に入りましたが、店売りには向きません。じっくり寝かせて待つしかないでしょう。

2003 Domaine Thibault Liger-Belair Nuits St Georges les St Georges
 
Wine Advocate # 160
Aug 2005 Pierre Rovani 92 Drink 2010 - 2020 $70 (90)
Licorice, black cherries, and roasting spices are found in the complex aromatic profile of the 2003 Nuits-St.-Georges Les St.-Georges. A wine of great intensity, its chewy-structured, medium to full-bodied personality is deep, jam-packed with dark fruits, and persistent. Huge amounts of ripe tannin, which quickly coat the taster's palate, demand patience. Anticipated maturity: 2010-2020.  


ボーヌ・ロマネ オー・レア[2003]ティボー・リジェ・ベレール







Last updated  2008/03/06 02:35:40 AM
コメント(0) | コメントを書く

全70件 (70件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12
2018/11
2018/10

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.