美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワインについて | 海の幸  | 野菜・果物・総菜 | | 調味料 | ワイン会 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ニュイサンジョルジュ | コート・ド・二ュイ | コート・ド・ボーヌ | ブルゴーニュ赤 | パストゥグラン | モンラッシェ系 | ムルソー | シャブリ | ブルゴーニュ白 | ボジョレー | ボルドー | サンテステフ | ポイヤック | サンジュリアン | マルゴー | ボルドー左岸 | サンテミリオン | ポムロール | ボルドー右岸 | ローヌ 北 | ローヌ 南 | アルザス | ロワール | シャンパーニュ | ロゼワイン | その他フランス | イタリア | スペイン | オーストリー | カリフォルニア | オーストラリア | ニュージーランド | チリ | 南アフリカ | 日本のワイン | その他の国 | その他 アルコール | 自店 | オーディオ | アクセサリー | 美味なるワイン

ボルドー左岸

2012/10/23
XML
カテゴリ:ボルドー左岸


2006シャトー・トゥール・セラン750ml(赤)「ジョエル・ロブション・セレクション」<メドック>

200.jpg

グラスに注いだ瞬間に杉の香りが立ち込めます。これだけ綺麗に杉の香りが湧きたつワインも珍しい!!続いて、スモーク、ロースト系の香り、熟したブラックベリーの甘い香り、時間と共にハーブや森の腐葉土の香りが出て来ます。

味は適度な熟成感があってそれ程重たく無く、グラスに注いで時間が立つと多少枯れた味わいを感じます。フルボディーと言う強さは無く、日本人の口に良く合う、料理の邪魔をしない、ミディアム・ボディーのワインで、リリース直後の強いタンニンも落ちて渋みはエレガントになっています。酸も余韻が綺麗で、果実感も強く、食中酒としても、ワイン単体で飲んでも美味しいワインです。

非常に香りの良い、ミディアムボディーの熟成感のある典型的な良いメドックワインだと思います。

料理は赤身肉の料理は当然よく合いますが、黒パンに良質のチーズやドライフルーツと楽しむのも良いでしょう。

販売店資料より

世界で最も多くの星をもつ、 
ジョエル・ロブション・セレクション! 

パリ農産物コンクール2008年金賞受賞! 

ブリュッセル世界コンクール2010年銀賞受賞! 

力強いブラックカラントとチェリーのアロマが濡れた土、 
リコリス、スパイスと混ざり合い表れる。 

ミディアムからフルボディで、濃厚であり、驚くほどピュアで、 
酸は低く(このヴィンテージの特徴)、男性的で、 
コシがあり、良い質感のフィニッシュに続きます。 

向こう8~10年は美味しく楽しめるでしょう。 

2006 La Tour Seran
A Bordeaux Blend Dry Red Table wine from
Medoc, Bordeaux, France
Source Reviewer Rating Maturity Current (Release) Cost
Wine Advocate #181
Feb 2009 Robert Parker 88 Drink: 2009 - 2017 $25 (25)
This deep ruby/purple-tinged Medoc reveals smoky black currant and cherry notes intermixed with cedar, forest floor, and roasted herbs. With medium body, excellent depth, and a long finish, this is an over-achieving sleeper of the vintage to enjoy over the next 7-8 years. Good value.







Last updated  2012/11/22 03:37:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/09/14
カテゴリ:ボルドー左岸

022.jpg


【希少ヴィンテージです!】[1989] ドメーヌ・ド・シュヴァリエ ブラン   750ML 1972

020.jpg

写真右です。

この頃のワインは730mlが多く、この瓶も730です。

まあこれも奇跡の瓶ですね。

ワインと言うのは良いセラーに入れておけばかくも丈夫な物か・・・呆れます。我が地下セラーでこれだけ持つのですから、フランスの大きな自然の地下セラーで動いていないワインはもっと凄いです。

実際1977年にフランスのシャブリの地下セラーでご馳走になったシャブリの特級のレ・クロ1950年は27年熟成したとは思えない緑の色が僅かに残ったフレッシュな古酒でした。

72と言うハズレ年の白ですが、流石ドメーヌ・ド・シュヴァリエですね。

他のワインを圧倒するパワー感を持っています。素晴らしい熟成香と、逞しいボディー、綺麗な酸、スケール感の大きさを感じました。酸があるので十分食事にも合いますし、香りが強いので観賞用ワインとしても楽しめます。

偉大なワインで出会いました。

販売店資料より

1972年ワイン - ヴィンテージ概観

1972年のワイン・ヴィンテージ概観ですが、ボルドー(赤ワイン)は春先から収穫期までの雨量は331mmと至って標準的な降水量でしたが、真夏の8月は天気に恵まれず、この8月に集中して降った雨がブドウを水っぽいものにしました。9月は好天が続き、10月に収穫したシャトーがあるほどブドウに日差しを与える努力をしましたが、結局は累計日中気温が2,900℃と低く、ブドウが健全に成熟するには至りませんでした。はっきりいってオフ・ヴィンテージです。ただし、メドックでも特に砂利質土壌で水はけの良いグラーヴだけは、「まだマシ」といえるレベルで、ギリギリ標準から少し落ちるという評価ができます。

 







Last updated  2012/09/15 03:42:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/06/01
カテゴリ:ボルドー左岸

066.jpg


【グランヴァン売り尽くしセール】[2009] シャトー・ド・フューザル ブラン  750ml(ペサック・レオニャン)白ワイン【コク辛口】

非常に素晴らしい瓶でした。蜜感やナッツ・オイル感があって完熟です。

ボルドーの辛口白ワインの完成型と言って良いと思います。

フルボディでエキス分が強く、オイリーでとろみがあって、非常に滑らかで、酸も程々です。

ラフォンの作るムルソーの様な満足感があると思います。

色はまだ完全な黄金色では無いのでまだまだ熟成可能ですが、今飲むのが良いと思います。

販売店資料より

Chateau de Fieuzal
シャトー・ド・フューザル 
コストパフォーマンスの高いグラーヴの格付けシャトー

"ボルドーワインの発祥の地"
優れたワインの一大産地となったグラーブの中でも、レオニャン地区のシャトー・ド・フューザルは300年にわたる長い歴史を持ち、"ボルドーワインの発祥の地"とも言われています。
かつて「ガルデール」と呼ばれていたこの土地は、1851年までシャトーの所有者だったフューザル家の名をとって、シャトー・ド・フューザルと名付けられました。その後、【オー・ガルデール】を併合。フューザル家の後を継いだグリフォン兄弟が領地を購入し、土地を分け合いました。
兄弟の一人は、ボルドーで教皇の領事を務めており、グラーブのワインの良さをバチカンで評価されるように仕向けると、教皇レオン13世はグラーブのワインに魅せられるようになります。最高の出来と賞賛されたシャトー・ド・フューザルの<1893年>を、バチカンのワイン貯蔵庫に入れさせることに成功します。

20世紀の後半以降、数回にわたってシャトー所有者が移り変わっていきます。中にはボルドーの著名人たちも多く、1974年まで所有者だったリカー家や、ジョージ・ネグルベーニュとジェラード・グリブランが含まれてます。1994年と1995年には、バンク・ポピュラー・グループがシャトー・ド・フューザルと【オー・ガルデール】の両シャトーを相次いで買収し、ブドウ畑の再生を行いました。2001年からはロシュラン夫妻が新たな所有者となっています。

1959年のグラーブ地区の格付けでは、シャトー・ド・フューザルの赤ワインの素晴らしい評価が維持されました。
シャトー・ド・フューザルは、赤ワインも白ワインも生産していますが、グラーヴの格付けに入っているのは赤ワインのみ。
樹齢の古いブドウの木も多いことから、とても優雅な肉付きの良い味わいでありながら、同時に値ごろ感もあるワインとして知られています。
一方の白ワインは、格付けこそされていませんが、ボルドーの白の中ではトップクラスとの評価も。これからが期待されるシャトーです。

ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」
 シャトー・ド・フューザルは、以前から目立たないシャトーの1つである。比較的古くからあり、この地域の住民からはきちんと認められていることを思うと意外なことだ。セラーは、レオニャンの町はずれ、ソカに向かう県道651号線に近い田園のなだらかな起伏の中にある。だが、このひっそりとたたずむド・フューザルは1980年代半ば頃に、著しくリッチで複雑なワインを生産するようになってから、一躍脚光を浴びるようになった。だからといって、古いヴィンテージの出来が悪かったというわけではない。古いものにもよくできたワインが多いのだが、最近のヴィンテージにあるような、まばゆい個性には欠けるのである。

シャトー・ド・フューザルの品質向上におおいに貢献したのは、1974年にこのシャトーの経営を引き継ぎ、生産管理を熱心に行っているジェラール・グリブランである。1977年には温度調節機能付きのステンレス製の発酵槽が設置され、1980年代からはマセレーションの期間を長めにし、オークの新樽を増やすようになった。ド・フューザルの白ワインに画期的な進展があったのは1985年。一連のすばらしいグラーブの白の最初のワインがこの年、このシャトーで生まれた。グリブランも認める通り、ド・フューザルの名声の復活は、すでに引退した技術顧問兼醸造責任者、デュプイ氏の貢献によるとこらが大きい。誰の目から見ても完全主義者であるデュプイは、ド・フューザルでのワインづくりを指揮し、その並はずれた才能と柔軟性を遺憾なく発揮した。驚くべきことに、高品質にもかかわらず、なぜかその値段が高騰しないド・フューザルは、グラーブ全体を見渡しても、最もコストパフォーマンスがよいワインの1つである。

一般的な評価
ここのワインは常に良好であったが、1980年代半ばから相当よくなってきた。最良のヴィンテージでは、赤も白も、このアペラシオンの最高級のワインに匹敵する。しかし、一貫した高品質にもかかわらず、ド・フューザルのワインは同列のシャトーのもの(例えばパブ・クレマンなど)と比べて、とてもお値打ち品である。

フューザルの白は、かねてから愛好家が「金の砂」と名付けて、ひそかに愛飲し続けてきたワインで、年間生産量が3,000ケースという少なさも手伝い、なかなかお目にかかることの少ないワインの1つです。

ここはグラーブの格付けにも入っており(赤ワインのみ)、比較的歴史の長いシャトーで、以前から質の高いワインを造り続けていて、さらに1980年代後半からより一層向上しているにも関わらず、何故かさほど目立たない存在です。とは言え、最近は特に白ワインの評価が高くなっており、以前に比べると若干価格は上昇しています。それでも値段と品質のバランスから考えると、ボルドーの中でもかなりコストパフォーマンスの高いシャトーである事は間違いありません。

やや明るい色調のレモンイエロー。香りは、若干閉じ気味ながら、ほんのりと甘く、レモンなど柑橘系果実の香りが上品に拡がります。このヴィンテージとしては、酸がしっかりとしたフレッシュ感もあり、唾液腺を刺激する様な豊潤な果実味とのバランスに優れた味わいに仕上がっています。この2009年に関しては、通常のヴィンテージより華やかなタイプとなっています。

●生産国フランス
●地域ボルドー、ペサック・レオニャン地区
●ブドウ品種ソービニオン・ブラン50%、セミヨン50%
●タイプ白・フルボディ・辛口
●内容量750ml
●保存方法直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。

2003 De Fieuzal Blanc

Wine Advocate #164
Apr 2006 Robert Parker 91 Drink: N/A 
No tasting note was given.

Wine Advocate #158
Apr 2005 Robert Parker 90 Drink: N/A 
Sadly, because of space limitations, it was not possible to include tasting notes for this wine. However, readers should be aware that neither 2003 nor 2002 was a great vintage for white wines. Normally these wines can be extremely long-lived, lasting 20-25, sometimes 30+ years. I would be careful about long term aging for the 2003 given its fragile acidity.







Last updated  2012/06/01 11:11:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/05/30
カテゴリ:ボルドー左岸

065.jpg


 ※人気のオー・ブリオンのセカンド白!レ・プランティエール・デュ・オー・ブリオン[2005](白)

ボディのある白ワインです。良年の05らしく、良いワインに仕上がっています。

堂々としたワインで、まだ若く完熟には時間を要しますが美味しいですね。

オィリーで、厚みのあるミネラルが素晴らしいです。酸もイキイキとしていて、色も麦藁色でまだまだ若い感じが伝わります。香り的には弱いですが、ボルドーの良く出来た白ワインの醍醐味が楽しめます。

販売店資料より

ペサック・レオニャン地区のほぼ中心に位置するシャトーで、14世紀まで歴史をさかのぼる事の出来る由緒正しきシャトーです!

ヨーロッパのワイン関係者の間では、かなり評価の高いワインです。

1987年にアンドローズの所有になり、フィリップ・ジュルヴォゾンに管理されるようになってからの品質は向上していて、その上2000年にはミシェル・ローランをコンサルティングに迎えてからは、さらに品質が向上し素晴らしいワインが産まれています。

現在の品質は格付けシャトーに決して引けをとらない実力を持っています。

ワインは大樽で発酵・熟成されています。

ソーヴィニヨン・ブラン60%、セミヨン35%、ミュカデ5%
で造られるワインは、シトラス系の香りや、洋ナシ、バニラの風味もが感じられるワインで、ボリューム感に富み、とてもバランスの良い味わいのワインです。

口当たりの良さと、穏やかな酸味が
素晴らしいボルドーブランのお手本になるべきワインです!

2005 Plantiers-Haut-Brion Blanc

Wine Advocate #176
Apr 2008 Robert Parker 90 Drink: 2008 - 2023 $47-$62 (45)
Crisp, waxy, lemon oil, and citrus aromas are followed by a wine with penetrating acidity, gorgeous purity, medium to full body, and a long finish. Relatively forward for a 2005, this offering should drink nicely for 10-15 years.

Wine Advocate #170
Apr 2007 Robert Parker 91 Drink: N/A $47-$62
2005 is an excellent vintage possessing high acidity as well as impressive levels of weight, richness, and texture.

Wine Advocate #164
Apr 2006 Robert Parker (90-93) Drink: N/A $47-$62
Another excellent vintage for Bordeaux's dry whites, which tend to be vastly underrated and exceptionally long-lived (30-40 years in some cases). The 2005s possess crisp acidity as well as serious weight, richness, and texture. Space constraints did not allow full tasting notes, but this is one of the top 2005 dry white Bordeaux wines.

 







Last updated  2012/06/01 11:01:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/04/16
カテゴリ:ボルドー左岸


 【税抜1万円以上購入で送料無料】[2003] ル・オー・メドック・ド・ジスクール / オー・メドック フランス ボルドー / 750ml / 赤【楽ギフ_包装】【2sp_120405_b】 CP94

これは素晴らしいワインですね。

03の良さが良く出ています。

余韻に甘味があって、滑らかです。余分なタンニンが落ちて完熟です。

最近飲んで美味しかったボルドーは

モンローズ 1997、ラグランジュ 1999ですが、格下のこのワインも負けていません。 


ル・オー・メドック・ド・ジスクール 赤[2005]年 【2sp_120417_b】

2005年もそろそろ飲み頃ですよ!!







Last updated  2012/04/16 02:02:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/12/21
カテゴリ:ボルドー左岸

114.jpg

2009年で何と630円ですよ!!

ユーロ安円高の恩恵ですね!!

左から

シャトー ド ウッシュ 2009

http://winenavi.jp/put.php?no=970

シャトー ラ ピゴット テール フ 2009

http://winenavi.jp/put.php?no=1172

シャトー ドルエ 2009

http://winenavi.jp/put.php?no=400

で買って飲んでみました。

一番ボルドーらしいのがシャトー ラ ピゴット テール フ 2009です。寝かせると良くなる感じでメドックの特徴が出ています。

で一番好きなのはシャトー ドルエ 2009・・・ボジョレーの様なブラックベリーの香りが素晴らしい!!タンニンやエグミもなくグイグイ飲めちゃいます。ボルドー的な強さは弱いですが、飲んで楽しくなる酒です。

シャトー ド ウッシュ 2009はコンディションがイマイチなのか・・・特徴が弱く・・・でした。

でも630円以上の価値は十分あります。

 

下記楽天より


メドック偉大銘醸年のワインシャトー・ド・ウッシュ メドック2009

地区 メドック
タイプ 赤
品種/比率(1) メルロー / 50%
品種/比率(2)カベルネ・ソーヴィニヨン / 30%
品種/比率(3) カベルネ・フラン / 10%
品種/比率(4) プティ・ヴェルド / 10%
味わい フルボディ
フルボディにもかなり幅があります、ミディアム
との中間のフルボディです
飲み頃温度 16℃~18℃
口当たりに力強い新鮮な果実のアロマが
一斉に広がり、丸みのあるタンニンと凝
縮された果実味のバランスが素晴しい。


2009年産 メドックのお買い得品 シャトー・ラ・ピゴット・テール・フ 赤[2009]年

超当たり年と言われる2009年産の赤で
カベルネ・ソーヴィニヨン48%、メルロー48%、プチ・ヴェルド4%の
お手軽価格のボルドー・ワインが入荷しました。

濃い色調の、しっかりとした赤ワインで、
カシスやブルーベリーのような果実味がとても豊かです。
そこにスパイシーな風味が加わってバランス良くまとまり
厚みのあるボディーに仕上がっています。

プチ・ヴェルド種のタンニンが隠し味となって全体を引き締めていて、
若いうちからでも楽しめるお買い得なボルドー赤です。


シャトー・ドルエ[2009]年・ヨアン・セヴェラン元詰・シャトー元詰・AOCボルドーChateau Drouet [2009} M.Yoann Severin (Ginestet) AOC Bordeaux

品種:メルロ70%、カベルネ・フラン20%、
■ カベルネ・ソーヴィニヨン10%
■ 樹齢:平均30年

グリュオー・ラローズやシャス・スプリーンなどの格付シャトー所有で知られるタイヤン・グループ(ジネステ社)のセレクション!

平均樹齢30年のメルロ70%にカベルネ・フラン20%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%で造られる、凝縮感のある新鮮な果実味となめらかなタンニンとのバランスが素晴らしい、しっかりとした骨格のある味わいの人気辛口赤ワイン!







Last updated  2011/12/24 01:03:56 AM
コメント(2) | コメントを書く
2011/11/06
カテゴリ:ボルドー左岸


【29%OFF】シャトー・ベルナドット [2005] 赤 750ml CP91

ピション・ラランドが作る中級ボルドーです。

外さない安定した品質のボルドーです。高級ワインでは無いのですが、食事に合わせるなら最高のワインだと思います。

厚みのあるボディーと適度なスパイス感、香りも程々あって、飲んで満足できるワインです。

当り年の05らしい濃さとボディーがあって、適度な熟成感があって良い状態でした。

下記に売っている07や04は2000円以下でお買い得ですよ。


[2007] シャトー・ベルナドット 750ml(オー・メドック)赤ワイン【コク辛口】【楽ギフ_のし宛書】【YDKG】円高還元【b_2sp0318】


[2004] シャトー・ベルナドット

販売店資料より

スウェーデン王室御用達ワイン★

シャトー・ベルナドット [2005] 赤 750ml

名前はスウェーデン国王カール14世となった
「ジャン・バチスト・ジュール・ベルナドット」
に由来しており、歴史的背景から
現在もスウェーデン王室御用達ワインとして
親しまれています!

長い歴史を持つシャトーですが、
1996年に「ピション・ロングヴィル・コンテス・
ド・ラランド」のランクサン夫人が購入後は、
「ピション・ラランド」スタッフによる醸造、
莫大な投資を醸造設備や畑に行う事で、
品質が劇的に向上しました。
また、手摘み収穫や適正でない品質のキュヴェを
セカンド・ワインに落とす等の努力で
『プティ・コンテス』と呼ばれるほど
愛される存在に変貌を遂げました。

ポイヤックの近くサン・ソヴール村で造られる
この土壌は粘土質-砂利質で、
ワインの特徴もポイヤックに似ています。

その味わいは、カシス、ブラックベリー等の
果実の濃厚な香りの中に、
ブラックペッパーのスパイシーさが感じられます。
口に含むとエレガントな果実味と
滑らかなタンニンが心地良く、
シルキーな舌触りで長く続く余韻が特徴的です。

グレートヴィンテージ2005年の価値あるワインです。

カベルネ・ソーヴィニヨン62%、
メルロー36%、
カベルネ・フラン&プティ・ヴェルド2%







Last updated  2011/11/06 07:45:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/06/14
カテゴリ:ボルドー左岸


全品1万円以上で送料無料中! シャトー ベルナドット[2001](750ML)赤 CP93

これは飲み頃で旨いですよ!!

熟成感もあって香りも立ちあがります。

3000円クラスのボルドーとしては秀逸です。

色はややレンガの入ったガーネット、香りは杉の香りが立ちあがります。カシス、チェリーリキュール、の甘い香りも良いですね。味わいは適度な枯れた熟成感があってボディーは弱いのですが、枯れたタンニンが優しく、チャーミングな飲み頃ボルドーです。

食中酒にも良いですが、食後にじっくり飲む事も出来ます。ワイン会の2次会でも出せれるワインです。

販売店資料より

格付け第2級シャトー・ピション・ラランドの前所有者ランクザン夫人が1997年にラランドから数キロ程度の距離に位置するこのシャトーを取得しました。翌年からは土壌の調査に始まり醸造設備を一新するなど莫大な初期投資を行い、ラランド同様の目覚しい品質向上を果たしました。畑は35haでCS50%、ME44%、CF4%、PV2%を栽培し女性の感性が光るシルキーで滋味深い味わいのワイン造りを行っています。

2001 La Bernadotte

Wine Advocate # 146
Apr 2003 Robert Parker (87-88) Drink: 2003 - 2012 $15-$19 (20)
Dense ruby/purple with a spicy, resiny bouquet, a sweet entry on the palate, and admirable purity as well as texture, this is a classy blend of 65% Cabernet Sauvignon, 33% Merlot, and the balance Cabernet Franc and Petit Verdot. Anticipated maturity: now-2012.


Advocate # 140
Apr 2002 Robert Parker (85-88) Drink: 2002 - 2012 $15-$19
This elegant, ripe 2001 offers sweet tannin along with herb-tinged cherry and black currant fruit, medium body, and a soft texture. It is a blend of 65% Cabernet Sauvignon, 33% Merlot, 1% Cabernet Franc, and 1% Petit Verdot. It will be delicious young, and last for 7-10 years.







Last updated  2011/06/14 04:46:34 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/04/23
カテゴリ:ボルドー左岸


メドック5級シャトー・カマンサック[1999] CP93

これ美味しいですね。

3000円以下で彼方此方で売っていますが、お買い得だと思います。

綺麗にタンニンが落ち着いて、果実感がタンニンより上を行っていて良い感じです。

私の友人のコメントです。素晴らしいコメントです。

noir-funさん (100件)  お気に入りに登録
noir-funさん
40代/男性
購入者
評価5.00
投稿日:2010年12月27日

熟成メドック格付を手軽に

茶色がかった深みのあるガーネット。 甘いココナッツやバニラ、香水、腐葉土、キノコ、なめし皮のニュアンス。奥の方にちょっとインク、スミレの香り。 強いアルコールを感じさせる鼻にツンと来る刺激もありましたが後では感じなくなったのでよしとしましょう。 ミディアムからフルボディ。 溶け込んでいるがまだしっかりしたタンニンと上質の酸が甘い果実味とよく調和していて旨いです。 グラスに残る香りの余韻が素晴らしくいつまでも嗅いでいたくなりました。 この価格はお買い得。 お薦めです!

この作り手最近エチケットを変えました。


【ポイント5倍!エントリーで誰でも】(4/19 10:00~4/22 23:59まで)[2006] シャトー・ド・カマンサック 750ml(オー・メドック第5級)赤ワイン【コク辛口】【楽ギフ_のし宛書】 【YDKG】円高還元【b_2sp0318】

正直言って前の方が好きです。まあ長年続いた特級のエチケットを変えるのは如何かと思います。

コンサルタント変えたり、デザイン変えたりしても中身が変わらないと高値にはならないし、このワイン高くならずにこの程度の値段で売り続けて欲しいです。

バランスの良い食事に良く合うボルドーはそうは多くないので、店のリストには必要なワインだから2500円前後で続けて欲しいですね。







Last updated  2011/04/23 05:39:58 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/01/12
カテゴリ:ボルドー左岸

[2003]シャトー・デュドン750ml(ソーテルヌ)白【コク極甘口】

先ずは皆さんの感想から・・・

しっかりした酸味。超甘ではないが、Sauternesらしい甘苦さあり。ミディアム・ボディ。

濃いハチミツ色。味もミツ、こげた味。支配力あり。

1番との対比ではフルーティーさが少ないように思います。少しだけとがっているのかな?

こういう白ワインは初めて頂きました。甘口で美味しいと思ったのは初めてです。

とってもハニーな感じ。

きふー!甘い。(フルーティ。きふなのにちゃんと果実味、酸がある)

貴腐ワインとして個人的に好き。一人で一本あけない久々に飲めてよかった。甘いだけでなく白ワインに近い酸味もある。他の貴腐ワインを知ってるだけに、やはりデュドンは甘すぎず好き。

ハチミツの香り、ねっとりとしたワイン。甘さの中に酸があって飲みやすくなっている。アプリコット、アンズの香り。

色:オレンジ。 香:オイリー、甘いシロップ、バニラ。 味:ほどよい酸味、甘味、バランス、ボリューム。

Iron, caramelised Pear, Toffee, Bit dusty.

琥珀がかった濃く深い黄金色。エナメルっぽいアルコール感の強い貴腐香。甘いがべたついた重みはなく、スタイリッシュでフラットな口あたりが良い。

こんな感じです。

熟成感もあって飲み頃です。

色は輝く黄金色、香りはスモーキーでキャラメル、蜜、と言った甘い香りが素晴らしいですね。味わいも適度な甘みと、キレの良い酸が良いコンビネーションを作っています。

甘くても熟成感があって酸が生きているから幾らでも飲めます。

良いワインだと思います。フォアグラや青カビチーズに良く合います。 

販売店資料より

自然派ブームで、大人気のオーガニックワイン。なんと、シャトー・クリマンなど最高の中でも最高の貴腐ワインが生まれるソーテルヌのバルザック村に、オーガニックでトロトロ蜜のような美味ワインを辻はこのたび発見いたしました。
蔵元さんと時間をかけ交渉しまして、ようやく入荷にこぎつけたのですが、さて、資料をあれこれ見ておりましたら、これはまた大変な蔵であることが判明!

既に世界ソムリエチャンピオンのあの田崎真也さんのコメントでも「リッチなボディ、非常に長い余韻、そして艶やかなアロマが感じられる!」と、飲んでもう大満足なのがしっかり伝わってきます!

マコンやパリの超有名コンクールでも金メダル多数の上、あの、世紀の六つ星シェフ、「 マルク・ベイラ 」もマグナムボトルをまる抱かえしてご満悦にさせるほどの官能的な美味しさは、このソーテルヌがすでに最高峰の品質を保持していることを証明しています。

このオーガニックで大切に育てられた正真正銘の貴腐ワインが3980円という超破格値!

その名も、「 シャトー・デュドン 」。1655年からの古い歴史と伝統を持つシャトーで、あの第1級シャトー・ラフォリ・ペイラゲイのオーナーが所有していた時期もありました。

シャトーを現在所有するAllien夫妻は、伝統的製法に、除草剤を使用しないなど、オーガニックなワイン造りを行っています。

そのブドウの平均樹齢は、なんと50年!手間の掛かる木樽で発酵させた後、最低でも20ヶ月はじっくりと熟成させる丁寧な造りは、数々のコンクールで金賞を受賞しています!

さらに、あの世界チャンピオン田崎真也さんも絶賛!世界第3位に輝いたソムリエ、ペネキン氏も大好きな逸品で、まだ日本ではあまり知られていませんが、世界的なソムリエたちをすっかり虜にしている隠れたお値打ちワインなのです!

何と言っても、大有名な甘口の宝庫ソーテルヌ産、しかも畑はあのパーカー氏からイケムと比べても、複雑で飲まずにいられない一番のワインといわれたクリマンと同じ、バルザック村なのです。

このクリマン、2003年はもう97点というものすごい評価をもらい、ソーテルヌファンとしては、「 狙い目は、バルザック2003年にあり! 」と期待せずにはいられない大変な優良ヴィンテージ。

最高峰平均樹齢50年のオーガニック貴腐ワインが、3980円なのですから、そのお得さは、お分かりのはず!

自然派ワインで問題になるビオ臭などは、当然みじんもなく、アプリコットや蜂蜜、熟れたトロピカルフルーツのたっぷりふくよかな風味はお口の中で、美味しさ大爆発!







Last updated  2011/01/12 03:54:16 AM
コメント(0) | コメントを書く

全87件 (87件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12
2018/11

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.