美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワインについて | 海の幸  | 野菜・果物・総菜 | | 調味料 | ワイン会 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ニュイサンジョルジュ | コート・ド・二ュイ | コート・ド・ボーヌ | ブルゴーニュ赤 | パストゥグラン | モンラッシェ系 | ムルソー | シャブリ | ブルゴーニュ白 | ボジョレー | ボルドー | サンテステフ | ポイヤック | サンジュリアン | マルゴー | ボルドー左岸 | サンテミリオン | ポムロール | ボルドー右岸 | ローヌ 北 | ローヌ 南 | アルザス | ロワール | シャンパーニュ | ロゼワイン | その他フランス | イタリア | スペイン | オーストリー | カリフォルニア | オーストラリア | ニュージーランド | チリ | 南アフリカ | 日本のワイン | その他の国 | その他 アルコール | 自店 | オーディオ | アクセサリー | 美味なるワイン

サンテステフ

2012/04/14
XML
カテゴリ:サンテステフ

021.jpg


【在庫処分セール】レ・パゴド・ド・コス [2005]

05なのでまだかと思いましたが良いですね。

透明感が出て来て、リキュール感もあります。

サンテステフらしいお行儀のよいワインですが、適度な熟成感と澄んだ味わいが素晴らしい。杉の香も良いですよ。

022.jpg


【円高還元グランヴァンセール】 シャトー モンローズ [1997] 750ml・赤 []

旨い!!!これ旨!!!クリーミーですね。

まだ何故か軽く乳酸の香もあって完熟です。

ブルゴーニュ的な世界に一歩入ったボルドーです。

ある意味エロイとでも言いますか・・

まあこれを当たりの瓶と言うのでしょうね。

幸せになれるワインですよ。







Last updated  2012/04/14 02:44:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/03/08
カテゴリ:サンテステフ

021.jpg


シャトー・バタイエ[2005]Ch.Batailley【あす楽対応_関東】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】

赤は2000年のヴィンテージです。両方とも15時に抜栓してダブル・デキャンタしたそうです。一回デキャンタして、瓶に戻してあります。飲みはじめたのは20時前後です。

先ずはバタイエです。

実に旨い!!

最高の飲み頃ですね。

ポイヤック特有の杉の香り、カシスより濃いプラムの香り、少し焼けた様ななめし革、茸、バニラやチョコレートの香りも抜けて実に大人の香りです。

味わいも本当にバランスがよく、舌触りも滑らかです。余分なタンニンが落ちて、濃厚な果実感が全面に出て来ています。酸も綺麗で牛頬肉の力強さを受け止めます。

これだけ美味しいバタイエを飲むのは初めてです。

パーカーさんの88点は・・・・90点は付けても良い様に思いますが・・・・・


2000 Batailley

Wine Advocate #189  Jun 2010

Robert Parker 88  Drink: 2010 - 2018  $55-$100

 Black currant, licorice, damp earth, moss, and fresh porcini mushroom characteristics emerge from this dark plum/ruby-colored Pauillac. It is not as strong, powerful, or deep as more recent vintages of Batailley, with noticeable, but not excessive tannin as well as medium body. Drink it over the next 7-8 years.

Wine Advocate #146 Apr 2003

Robert Parker 86 Drink: 2008 - 2020 $55-$100 (22)

 Dark plum/garnet in color, this wine is tight, hard, closed down, and difficult to penetrate. Neither complicated nor flashy, it reveals good weight and fine ripeness, but the finish seems abrupt, and the wine largely austere and unimpressive. Hopefully, more will emerge with cellaring. Anticipated maturity: 2008-2020.

Wine Advocate #139 Feb 2002

Robert Parker (87-88) Drink: 2008 - 2020 $55-$100 (22)

 Always a tight-fisted, traditionally-styled Pauillac that performs better at ten years of age, the 2000 Batailley reveals a dark ruby color along with sweet black currant fruit presented in an uncomplicated, medium-bodied, firmly tannic, well-delineated style. Anticipated maturity: 2008-2020.

Wine Advocate #134 Apr 2001

Robert Parker (87-88) Drink: 2007 - 2018 $55-$100

 This traditionally-styled Pauillac never performs as well young as it does at 10-12 years of age. The deep ruby/purple-colored, restrained 2000 Batailley offers scents of minerals, underbrush, and black currants, and a structured, medium-bodied, moderately long finish. Anticipated maturity: 2007-2018. The French would say this wine is intended for the "gout anglais."


フランス産・ボルドー赤ワインシャトー・コス・デストゥルネル2000【Chateau Cos d’Estournel2000】

続いてコスの2000年・・・・

予想通り閉じています。

5時間前のダブル・デキャンタも無力でした。

きっと明日飲むと美味しいと思います。

インキーでタンニンが果実を覆い隠しています。

濃いのは良いのですが、固いです。

まあ偉大な年の欠点と言うか・・・後15年後位に飲んでみたいですね。ただリリース直後は美味しかったのだと思いますよ。買って直ぐに果実が輝いている時に飲むか、20年後、30年後に飲むか・・・と言う事で偉大な年は個人的には買わない事にしています。


2000 Cos d'Estournel

Wine Advocate #189 Jun 2010

Robert Parker 91 Drink: 2010 - 2025 $145-$338

 Showing some lightening at the edges as well as some amber, this is the least impressive of the greatest vintages for Cos d'Estournel between 2000 and 2009. It is an outstanding wine, but it is closer to maturity and lacking the concentration, texture, and overall compelling aromatics of more recent vintages. The wine displays roasted herbs intermixed with licorice, incense, black cherry, and black currant fruit. Medium-bodied, rather than full, elegant, with some spicy tannins and a nice sweet finish, compared to the other top classified growths, this wine is on a much faster evolutionary track and can be drunk now and over the next 15 or more years.

Wine Advocate #146 Apr 2003

Robert Parker 92 Drink: 2010 - 2022  $145-$338 (67)

 This wine puts on weight and grows in stature every time I go back to it. In fact, from the bottle it was better than ever. A blend of 60% Cabernet Sauvignon, 38% Merlot, and 2% Cabernet Franc, the 2000 Cos d'Estournel suffers only in comparison with its successor, the 2001. Deep bluish purple in color with a reticent but emerging bouquet of cedar, licorice, blueberry, cassis, vanilla, and lead pencil shavings, this medium-bodied, slightly sinewy Cos d'Estournel has relatively high tannin, an excellent mid-palate, and a persistent finish. Purity and classicism are hallmarks of this top-flight wine. Anticipated maturity: 2010-2022.

Wine Advocate #139 Feb 2002 

 Robert Parker (90-92) Drink: 2006 - 2025 $145-$338 (67)

 This wine has put on weight, thrown off the subtle herbaceous notes detectable last year, and fleshed out its mid-palate. A blend of 65% Cabernet Sauvignon, 33% Merlot, and 2% Cabernet Franc, it exhibits an inky ruby/purple color, a luscious perfume of blackberries, cassis, licorice, spice, and toasty oak, medium to full body, a beautiful texture, a concentrated mid-palate, sweet tannin, and a long, elegant, refined finish. Anticipated maturity: 2006-2025.

Wine Advocate #134 Apr 2001

Robert Parker (88-91) Drink: 2007 - 2020 $145-$338

 Jean-Guillaume Prats was not sure whether or not a small lot of Cabernet Franc would be added to the blend I tasted. Made from yields of 40-42 hectoliters per hectare, it presently is a blend of 60% Cabernet Sauvignon and the rest Merlot. A dense ruby/purple color is accompanied by scents of green peppers, spice, cedar, and minerals. The aromatics suggest considerable complexity as this wine ages, but the austere, earthy, tannic, compressed style is not for everybody. Medium-bodied and beautifully pure, this 2000 may always remain somewhat on the tough side because of an austere, abundantly tannic finish. Anticipated maturity: 2007-2020.







Last updated  2012/03/08 06:43:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/05/06
カテゴリ:サンテステフ


CH.モンローズのセカンドワイン[2003]ラ・ダーム・ド・モンローズLA DAME DE MONTROSE【楽ギフ_包装選択】 2000 CP92

これは良いです。流石2000年です。

ファーストのモンローズは96点で3万です。

色は濃いめのガーネット色、香はカシス、ミント、チョコレート、バニラ、甘草、味わいは実に濃密で濃厚なれどエレガントです。濃厚で甘い果実味がビック・ヴィンテージを感じさせます。タンニンも酸もまだまだ力を失っていませんが、果実味に溶け込んで良いバランスを保っています。今飲んで十分楽しめますが、これから後10年は進化を続けるでしょう。

パーカー評価90点

2000 La Dame de Montrose  
 
Wine Advocate # 146
Apr 2003 Robert Parker 90 Drink 2003 - 2013 $55 (25)
A superb second wine, 39% of the production made it into the 2000 La Dame de Montrose. Revealing abundant Merlot characteristics, it offers wonderful sweetness, plenty of fat, juicy, chocolatey, black cherry and currant flavors, and a hedonistic personality. It will drink well for 8-10 years. Don't miss it!


Wine Advocate # 139
Feb 2002 Robert Parker (89-90) Drink 2002 - 2012 $55 (25)
A great second wine, 39% of the production made it into the 2000 La Dame de Montrose. It offers wonderful sweetness, abundant quantities of fat, juicy, chocolatey, black cherry and curranty-flavored Merlot, and a hedonistic personality. It will drink well for 8-10 years. Don't miss it!
 
 
Wine Advocate # 134
Apr 2001 Robert Parker (88-90) Drink 2001 - 2013 $55
The 2000 Dame de Montrose is a blend of 42% Merlot and 58% Cabernet Sauvignon. Soft, sexy, and lush, it should drink well for 10-12 years.


 






Last updated  2010/05/06 02:55:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/03/05
カテゴリ:サンテステフ


【3月11日より出荷】マルキ・ド・カロン 2005 CP93

これ美味しいですね。グレート・ビンテージのセカンドは外れがないですね。

流石にこれは皆さん、ボルドーまでは合っていました。ポイヤックとか右岸とか連想された方もいますが、それはもう仕方ありません。

カベルネブレンドだと言う事が分かれば正解です。

実に熟れた感じで、チョコやバニラの香りもあって、飲み頃で厚みがあって美味しいワインです。

肉料理との相性も良く、飲んで楽しいボルドーです。







Last updated  2010/03/05 05:36:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/02/21
カテゴリ:サンテステフ


ボルドーメドック2級シャトー・モンローズ[2004]  CP94

水曜日苦労したワインです。まあタンニン強く渋いワインでした。

そのままあの渋いのを飲んで頂くのも勉強になって良いとは思いましたが、やはりそれでは芸が無いと言う事で、金曜日の朝の11時に栓を抜いて、そのまま埃が入らない様軽くラップをして開放状態で土曜日の19時半まで36時間近く栓を抜いたままにして緊急エージングです。

変わりましたね。激変でした。十分飲めます。まだタンニンがしっかりして渋みはありますが、歯茎が浮く様な強烈な物ではなくなりました。十分お肉と一緒に飲んで美味しいです。

まあやってみるものです。

カシス、インク、杉の香りがあって、フルボディーのワインです。

皆さんの感想は

もうすこし寝かせた方がよいかな、

骨格しっかり、タンニンも強め、しかし十分飲める、時間と共に飲みやすくなった印象、04年は決して悪くないと思いました。

理屈無く美味しい

タンニンが強く感じた

スケールの大きさだけは感じました。柔らかくなったとはいえ、自分には濃くて渋いです。

36時間前に開けていたということにすごくビックリした。

セギュールとの比較は難しいです。

 

カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ25%、

面積68ha  生産量 20万本 セカンド15万本

「薔薇の山」と言う何ともロマンチックな名前を持つサンテステフの二級格付け。ちなみに薔薇の木は病気や害虫に弱いので、葡萄の樹の被害を未然に知るために、シャトーにはよく植えられている。

 同じサンテステフの二級格付けにコス・デストゥルネルが居るため、いつも二番手の位置に甘んじてきました。しかしながら、偉大な89年において遂にスコアでコスを追い抜き、続く夢の90年で念願の100点スコアを与えられライバルに大きく水を開けました。今やサンテステフのトップシャトーです。

【ロバート・パーカー氏のコメント】(講談社 『 ボルドー 第3版』より抜粋) 

モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。

モンローズと言えば、長年安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。

モンローズの最も偉大なヴィンテージ、誰でもモンローズが『サン=テステフのシャトー・ラトゥール』の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認める事だろう。







Last updated  2010/02/21 12:35:50 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サンテステフ


シャトー・カロン・セギュール[2004]赤 CP93

良いワインですね。飲み頃に入って来ています。

皆さんの感想です。

04ヴィンテージ初めて飲みました。良かったです。これで恐れず04に手を出そうと思えました。

2004年凄く美味

一番好みです、エレガントさもあります。ピーマン・杉の香りが強過ぎるかなと、

だんだん美味しくなり、モンローズを追いつかせる。

今までのカロン・セギュールより旨い。

モンローズより若干甘め、当初飲み易さあったけど、時間と共に締まって来た印象

と言う事でこれも高評価でした。

色は深く濃いガーネット、香はプラム、干しブドウ、ハーブ、スモーク、土、黒オリーブ、森、味わいは適度な複雑さとスケール感のあるワインで、タンニンは柔らかく、果実感はエレガントで、厚みのあるワインです。濃厚ではありませんが、上質なカベルネらしいワインに仕上がっています。

カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ20%

面積53ha 生産量24万本 セカンド4万本

【ロバート・パーカー氏のコメント】講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』より

底土は砂礫(されき)と鉄分の多い石灰岩という、サン=テステフのコミューンの最北区域にあるカロン=セギュールは、格付けシャトーとしては最北端である。

カベルン=ガスクトン夫人が所有者で、シャトー在住である点は近隣のモンローズと同様である。珍しい丸屋根と2つの塔のあるカロン=セギュールの白いシャトーは、あたりの風景を圧する趣だ。シャトーの周囲には石壁というか、囲いがめぐらされている。これはブルゴーニュではよく見られるが、ボルドーでは珍しい。

カロン=セギュールの歴史はローマ時代に溯(さかのぼ)る。この頃、サン=テステフのコミューンは「デ・カロネス」として知られていた。ワインを生産するシャトーとしての名声は、18世紀、セギュール侯爵のものとされている有名な言葉によっていよいよ増したことは間違いない。彼は「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」と言って友人を驚かせたのである。カロンに対する彼の思い入れは、カロンのラベルにあるハートの中に今も生き続けている。

2004 Calon Segur 

Wine Advocate # 171
Jun 2007 Robert Parker 89 Drink: 2007 - 2018 $40-$67 (37)
This classically-styled claret did not merit an outstanding rating because it lacks sufficient concentration to compete with the estate's top vintages. However, it offers a dark ruby/plum color, nicely evolved notes of roasted herbs, sweet cherries and currants, and loamy earth, medium-weight, light to moderate tannin, and an elegant style. If it puts on weight over the next few years, it may deserve a slightly higher score. Anticipated maturity: now-2018.


Wine Advocate # 165
Jun 2006 Robert Parker (88-90) Drink: 2009 - 2018 $40-$67 (35)
This dark purple-tinged 2004 is presently revealing abundant amounts of spicy new oak, but based on previous vintages, that component should be quickly absorbed (the percentage of new oak utilized has not changed). A deep ruby/purple color is followed by aromas of black cherries, currants, and pain grille, medium body, and a soft finish. This elegant, classic wine would benefit from additional concentration. Anticipated maturity: 2009-2018.


Wine Advocate # 158
Apr 2005 Robert Parker (90-93) Drink: 2008 - 2025 $40-$67
The straight-shooting Madame Gasqueton told me that in late August she thought the entire vintage was "lost," but the beautiful weather in September saved everything. The harvest began on September 29 (Merlot) and finished on October 11 (Cabernet Sauvignon). This 2004 comes across like their 1988. An unusually high percentage of Cabernet Sauvignon (70%) was blended with 30% Merlot, resulting in a dense ruby/purple-colored, slightly herbaceous Calon-Segur possessing a tapenade/olive characteristic along with plump, rich black cherries, truffles, underbrush, and black currants. Medium to full-bodied with plenty of sweet tannin, excellent purity, and a broad mouthfeel. It will require 3-4 years of cellaring, and should keep for two decades.







Last updated  2010/02/21 12:21:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サンテステフ


シャトー・メイネイ[2001]赤 CP93

皆さんの感想

若々しい、チョコレートやココア、04年に負けないストラクチャー 固いけど今でも飲める。

飲みやすい、何でも肉料理ならこれでGoodと思います。

悪くはないですし、濃厚な果実味が素晴らしい。

お気に入り、すごくもろやかなタンニン、好きなワイン

と言う事で好評でした。

サンテステフは特級少ないのですが、良いブルジョワ級のワインが沢山あります。その中でも最も私が好きなのがこのメイネイです。

サンテステフは元々長熟タイプが多く英国人向きですが、メイネイは若い時から楽しめて程々熟成させても良いと言う最近増えて来ているワインです。

畑はあの長熟タイプで有名なモンローズの北側です。

色は深く濃いガーネット色、香はチョコレート、バニラ、革、軽めのインク、カシス、杉、味わいは濃密な果実味、果実に適度に隠れた太いタンニン、余韻の綺麗な酸、適度な熟成感があってボディーのある噛みごたえのあるワインです。

魅力的な飲み頃に入った濃厚な赤ワインだと思います。子羊のモモ肉との相性も抜群です。

カベルネ70% メルロ20% その他10%

面積51ha 生産量 30万本 セカンド8万本

販売店資料より

ジロンドの河岸、モンローズのすぐ隣に美しく手入れの行き届いたシャトーを見ることができますが、それがメイネイ。フェラン・セギュールやグロリア、ソシアンド・マレなどと同じく、クオリティは完全に特級格付シャトー並です。

~ロバート・パーカー著「ボルドー」第3版より~

ワインは安定しており、ヴィンテージによっては、メドックの格付けシャトーの多くと肩を並べてきた。なかなか大柄なスタイルで良好な果実味があり、良いヴィンテージでは20年から25年というすばらしい寿命を誇る。

皮肉なことに、ポムロル、なかでも、有名なシャトー・ペトリュスの畑の下には同様の土壌がある。

消費者にとっては嬉しいことだが、メイネイのワインはずいぶんと安すぎる値がつけられてきている。醸造とその後の育成はボルドーで最も尊敬されている醸造学者、ジョルジュ・ポーリによって管理されている。







Last updated  2010/02/21 12:08:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:サンテステフ


【29%OFF】シャトー・サン・コルビアン[1997] サンテステフAC CP92

サンテステフのぺのちょいと上にあるシャトーです。古典的な作りのサンテステフで、酸もしっかりしています。果実味が全面に出るタイプではなく、落ち着いた渋みのあるワインで、香も熟成香が出始めているので良い感じです。ボトル一本を大きなグラスで楽しみたいですね。最近ではコンサルタントの匂いのしない珍しいボルドーです。

Encépagement 50% Merlot 45% Cabernet Sauvignon 5% Petit Verdot

Production 90 000 blles

Age moyen du vignoble 35 ans

皆さんの感想

コストパフォーマンス グッド

CPは一番良いと思う。

わりときれいでした。

古酒感好きです。でも同じお金あったらオー・メドック・ジスクールの05買います。

飲みやすい、初めての出会いですが、また飲みたいですね。

と言う事でまあまあ高評価でした。

私はタンニンがしっかりしていて熟成感があって古典的なサンテステフらしいワインだと思いました。香りも良かったです。







Last updated  2010/02/21 12:00:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/02/20
カテゴリ:サンテステフ


レ・パゴド・ド・コス [1995] CP94

2次会でIさんのおごりで飲みました。ご馳走様です。

人気のコス・デストゥルネルのセカンドです。94からリリースされています。

95と言う偉大なコスのセカンドで、何度か飲んでいますが、固かったのですが、良くなって来ました。08年の10月に飲んだ時より良いですね。

非常に複雑で多彩な香のある良いワインです。95のファーストの持つ濃密さはありませんが、非常に良いワインです。

やはり良いボルドーワインは適度に熟成が必要ですね。94や97は若くても飲めますが、95・96はセカンドでもコスぐらいだと15年は必要なのでしょう。

濃く深いガーネット色、香はスパイス、香草、カシス、杉、インク、革、黒コショウ、土、トリュフ、味わいは洗練された果実味、角が丸くはなっていますが未だに強固なタンニン、余韻の綺麗な酸、力強いボディー、スケールの大きなワインです。

セカンドでも、95のカリュアドに勝っていますね。コスの労作です。







Last updated  2010/02/20 05:38:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
2010/02/19
カテゴリ:サンテステフ


ボルドーメドック2級シャトー・モンローズ[2004] CP93

いや~~やられました。

モンローズをナメチャいけませんね。

エチケットのデザインもモダンになってセカンドのマダム・ド・モンローズが結構若くても美味しいので、04でももう飲めるかと思って開けてみましたが、ガチガチです。

凄い溢れるばかりのタンニンで流石のオージー党のMさんもこれにはまいっていたようです。6人で飲んでいるのに皆さん杯が進みません。

サンテステフのラトゥールとか、英国人の好きなワインとか、色々言われて長期熟成向きのワインである事は知っていますが、未だに此処まで古典的な超長期熟成ワインを作っているとは呆れます。まあ78とか79がやっと飲み頃になって来たという感じのワインですから、当然と言えばそれまでです。

とにかく久々にこれだけタンニンの強いワインを飲みました。舌の上をタンニンのざらつきが覆って渋い~~です。03の方がまだ果実感が強くて救われたのですが、04はまだ10年は待たないと無理でしょう。

ただ凄いポテンシャルは感じます。酒質は強く、カロン・セギュールを圧倒しています。

色は濃く深いガーネット色、香はカシス、ブラックベリー、杉、インク、鋼、枯草、スパイス、甘草、タール、土、味わいは強烈なタンニン、豊富な果実味、切れの良い酸、強いミネラル、ハガネの様な硬質なワインです。

20年後が楽しみな一本でした。デキャンタでは歯が立ちません。デキャンタに入れて開放状態で24時間待ってどうなるか・・・土曜日にやってみます。

カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ25%、
面積68ha  生産量 20万本 セカンド15万本

「薔薇の山」と言う何ともロマンチックな名前を持つサンテステフの二級格付け。 同じサンテステフの二級格付けにコス・デストゥルネルが居るため、いつも二番手の位置に甘んじてきました。しかしながら、偉大な89年において遂にスコアでコスを追い抜き、続く夢の90年で念願の100点スコアを与えられライバルに大きく水を開けました。今やサンテステフのトップシャトーです。
 
【ロバート・パーカー氏のコメント】(講談社 『 ボルドー 第3版』より抜粋) 
モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。

モンローズと言えば、長年安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。

モンローズの最も偉大なヴィンテージ、誰でもモンローズが『サン=テステフのシャトー・ラトゥール』の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認める事だろう。

2004 Montrose 

Wine Advocate # 171
Jun 2007 Robert Parker 91 Drink: 2007 - 2022 $50-$150 (49)
An impressive effort for the vintage, the 2004 Montrose possesses a deep ruby/purple-tinged color as well as a sweet nose of black fruits intermixed with notions of smoke, cold steel, earth, and subtle background wood. With excellent texture, a sweet ripeness, medium to full body, and moderate tannin, it should drink well for 15+ years. Also tasted: 2004 La Dame de Montrose (88)


Wine Advocate # 165
Jun 2006 Robert Parker (90-92) Drink: 2010 - 2020 $50-$150 (49)
Although the 2004 Montrose reveals dry, hard tannin, it comes across as a classically structured, backward effort with an opaque purple color as well as notes of black raspberries, flowers, cassis, and a hint of new wood. Made in a structured, masculine style, it is not a huge wine by Montrose's standards. Moreover, it must take a back seat to the compelling 2003. Nevertheless, it is an outstanding, elegant yet substantial St.-Estephe that will handsomely repay cellaring. Anticipated maturity: 2010-2020+. 
 
 
Wine Advocate # 158
Apr 2005 Robert Parker (91-93) Drink: 2009 - 2020 $50-$150
Montrose's harvest occurred between September 24 and October 15, and an unusually high percentage (73%) of the production made it into the final blend. A blend of 64% Cabernet Sauvignon, 30% Merlot, and the rest Cabernet Franc and Petit Verdot, it is a classic St.-Estephe offering a deep purple color, sweet, smoky, blackberry, blueberry, and cassis fruit, medium body, and zesty acidity. This pure 2004 is not a blockbuster (such as the 2003 and 2000), but rather a refined, linear, fresh wine that will undoubtedly shut down given its high tannin level. Anticipated maturity: 2009-2020+

 







Last updated  2010/02/19 05:26:08 AM
コメント(0) | コメントを書く

全31件 (31件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12
2018/11

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.