美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…

全251件 (251件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワインについて | 海の幸  | 野菜・果物・総菜 | | 調味料 | ワイン会 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ニュイサンジョルジュ | コート・ド・二ュイ | コート・ド・ボーヌ | ブルゴーニュ赤 | パストゥグラン | モンラッシェ系 | ムルソー | シャブリ | ブルゴーニュ白 | ボジョレー | ボルドー | サンテステフ | ポイヤック | サンジュリアン | マルゴー | ボルドー左岸 | サンテミリオン | ポムロール | ボルドー右岸 | ローヌ 北 | ローヌ 南 | アルザス | ロワール | シャンパーニュ | ロゼワイン | その他フランス | イタリア | スペイン | オーストリー | カリフォルニア | オーストラリア | ニュージーランド | チリ | 南アフリカ | 日本のワイン | その他の国 | その他 アルコール | 自店 | オーディオ | アクセサリー | 美味なるワイン

コート・ド・二ュイ

2014/12/07
XML

DSC02917 (4).jpg

ショパン・グロフィエ最後のヴィンテージで当り年です。

友人が12本見つけたので一本ご相伴に預かりました。

先ずは80%本物だと思います。

ジャイエと最も似た造りで96年に止めた後人気が出て今や幻のワインです。

良年の特級ならではの骨格の太さがあって薄ウマではありません。しっかりしたボディと旨みのあるタンニン、良いクロ・ヴージョらしい迫力のあるワインです。

液面は少し低いですが全く問題ないでしょう。コルクのコンディションも良かったです。

ただ間違っても3万円以上出して買うワインではないと思います。楽天にも90年が9万で出ていますが・・この値段は異常です。http://item.rakuten.co.jp/r-wine/10000119/

 

1996 Daniel Chopin-Groffier Clos de Vougeot
A Pinot Noir Dry Red Table wine from
France, Vougeot, Cote de Nuits, Burgundy, France
SourceReviewerRatingMaturityCurrent (Release) Cost
Wine Advocate #118
Aug 1998
Pierre Rovani(92-95)Drink: 2002 - 2010$91 (91)
This bright, medium-to-dark ruby-colored wine's spicy red and black cherry-infused nose precedes its expressive, rich, sultry (yet serious), full-bodied, and concentrated core of violets, plump cherries, plums, and blackberries. This broad, feminine, expansive, hedonistic (yet structured), and seductive wine combines flavorful, sweet, and supple fruits with a firm, softly tannic backbone. Surprisingly, given the vintage's forward nature, this may ultimately be one of Chopin's longest lived wines. 2002-2010+.

Daniel Chopin produces his consistently outstanding Clos Vougeot from a parcel located directly below that famed vineyard's chateau.






Last updated  2014/12/08 04:11:59 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/02/01


シャンボール・ミュジニー 1er Cru レ・ザムルーズ[1988] 750ml【セルヴェル=タショー】 (参考)

089.jpg

去年飲んだ88のレザムルーズが素晴らしかったのでシャルムを開けて見ました。

082.jpg

コルク右下二番目です。

置いてあった場所が悪かったのか、コルクが乾いていますね。

その影響かコルクの上面のカビの臭いがワインに移っています。

30分~位で消えて行きますが、残念でした。

味は全く酸化臭も無く健康で、綺麗な薄旨ワインです。

タショーの88も何本も開けましたが、酸化による沢庵香があったり、コルク臭があったり、完璧な物は少ないです。古酒の難しさを痛感します。

でも素晴らしい癒し系のワインだと思います。

酸も余韻も綺麗でした。







Last updated  2013/02/02 05:02:44 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/01/30

058.jpg

60年代・70年代素晴らしいワインを作っていたドメーヌです。

正に幻のワインです。

ドメーヌ物とネゴシアン物がありますが、どちらも素晴らしい物が多いです。

当るとジャイエやDRCに並ぶ瓶に出会います。

【ドメーヌ・グリヴレ】シャンボル・ミュジニィ[1969]レ・シャルム


【ドメーヌ・グリヴレ】シャンボル・ミュジニィ[1969]レ・シャルム


ドメーヌグリヴレ
シャンボル・ミュジニィ [1969] レ・シャルム


商品番号 グリヴレ69シャン
価格43,000円 (税込 45,150 円) 送料別

一度楽天にも45000円で売りに出た事があります。

今回の瓶は数年前にロンドンのクリスティーズのオークションで落とした物です。

瓶を見た感じでは色も綺麗で液の減り具合も69なら問題なく良さそうです。

082.jpg

コルクも写真右下ですが良さそうです。

69と言う良い年でアムルーズと言う良い畑ですから期待出来そうです。

061.jpg

グラスに注がれたワインは色もよく、香りはドバ~~とは来ませんが良いですね。

香水系のワインでは無いのは飲むと分かります。

まだ十分若いと言うか、濃いのです。それ故香りがちょいと控え目なのでしょう。

強い果実感と、リキュール感があって実に旨いです。

薄旨系ではありません!

69と言う偉大なビック・ヴィンテージの恐ろしさを感じるワインでした。

ブルゴーニュもコンディションが良いと持つのですね。

勉強になりました。







Last updated  2013/01/30 01:57:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/07/04

040.jpg

昼間ガーデンで飲んだワインです。


ブルーノ・パイヤール・シャンパーニュ・ブリュット・“プルミエール・キュヴェ”・大型マグナム・サイズ・限定輸入品・デゴルジュ2011年1月・1500mlサイズ・ブルーノ・パイヤール社・AOCシャンパーニュ

先ずはブルーノ・パイヤールのマグナムです。マグナム特有の芳香が素晴らしい!!

これで飲み過ぎになった人が多かったのかも・・・・


ピュリニー・モンラッシェ・レ・ペリエール[2007]Puligny Montrachet Les Perrieres 750mlエチエンヌ・ソゼ Etienne Sauzet

続いてソゼのペリエールの07です。やっぱり美味しいですね。ピュリニー特有のミネラルと酸のバランスが素晴らしい!!白ワインの理想形ですね。


絶対に見逃せないラモネの2009年もの!ドメーヌ・ラモネ / シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエクリュ・レ・カイユレ [2009] 飲んだのは2007

続いてラモネのカイユレの07です。シャサーニュらしい優しさとラモネらしいハーブ香、庭で飲むには最高のワインでした。


【フィリップ・ルクレール】シャンボール・ミュジニー レ・バビレール[1991] 《アウトレット》

飲んだのは2006です。 

赤の最初の一本はこの人にしてはエレガントな作りのシャンボールの06です。良い感じに味が乗って来ていて美味しかった!!


ブルゴーニュにおいて特質したスタイルのワインを造り出す極めつけの生産者!ドメーヌ・ペロ・ミノ / モレ・サン・ドニ・アン・ラ・リュー・ド・ヴェルジ 2005【b_2sp0704】

続いてペロ・ミノ好きがいたので開けました。05ですが十分飲めます。充実した果実味とリキュール感が素晴らしい!!


大特価で再入荷! [2007] ジュヴレ シャンベルタン 750ml 赤 クロード デュガ

続いてクロード デュガの07です。大地香とスパイス感・・・流石デュガですね!!


[2006] ジュヴレイ・シャンベルタン・シャン・シェニー 750ml ジョセフ・ロティGevrey Chambertin Champs Chenys / Joseph Roty

最後はロティを開けました。

全部王道路線の充実したブルゴーニュの作り手を飲み比べてみましたが、どれも旨いですね!!

販売店資料より

2006 Domaine Joseph Roty Gevrey Chambertin Champs Chenys

テイスティング2009年12月
PP(WAポイント)89+
Wine Advocate #186 (2009-12-22)
David Schildknecht
飲み頃:now
Tart cherry and red currant mingle with the bitterness of cherry pit and peat-like smoky earthiness in the Roty 2006 Gevrey-Chambertin Champs-Chenys. Firmer than the corresponding generic Gevrey and with a hint of astringency, it brings bitter-sweet herbal pungency and a bite of black pepper to bear on its red fruits and peat in a penetrating finish. This is a bit severe in the context of the vintage and its collection, so I can't help but wonder whether I caught it on a bad day on the sole occasion of our meeting. Philippe Roty is among the many growers to assert that under-ripe fruit rather than rot was what really drove his 2006 selection process. "But, hail or no hail, I do a strict triage regardless; and besides" he notes with a laugh, "it hails every year in at least one part of Marsannay." He picked in a relative hurry the last week of September, because "as far as I'm concerned, above 13% potential alcohol you have surmaturite, and that's not good." Besides, like the Mugneret sisters and a considerable number of other top-notch growers, Roty favors routinely ? if only slightly ? chaptalizing his entire range to promote longer and, he believes, flavor- and texture-enhancing fermentation. (While I have mentioned in the text of my tasting notes those wines that are part of the personal domaine of Philippe Roty and bottled under his name, I have not reflected this in the naming of the wines, as the same label is used for those as for the Domaine Joseph Roty wines and they are all vinified and aged together by the same team.) Importer: Alain Junguenet, Wines of France, Mountainside, NJ; tel. (908) 654-6173

≪インターナショナルワインセラー 88‐91点!≫

 シャルムと地続きの区画。1934年植樹。

 ローズマリーやスミレ、ブラックラズベリーのアロマを放つ。
 深みがあり、複雑でありエレガント。
 女性的だがしっかりとした構造を持ち、
 濃厚で旨みをたっぷりと含んだ滑らかな舌触り。







Last updated  2012/07/05 06:21:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/03/28


[2008]フィサン/モンジャール・ミュニュレFIXIN/MONGERD-MUGNERET【楽ギフ_包装選択】 2006 CP94

非常によく出来たワインだと思います。

モンジャールはドメーヌの中でも大手で手に入りやすいので軽く見られていますが、最近のヴィンテージはどれも大変素晴らしいですね。

特に06はチャーミングさとふくよかさを併せ持ったワインで、薄いがコクがあると言う感じです。フィクサンも丁寧に作られていて好感が持てます。

この日はふぐ刺しに合わせてこのワインを抜きました。

河豚にもっとも合うワインだと思います。

きれいな酸と強いミネラルが、赤なのに河豚にピッタリ合うのですよ!!

001 (640x347).jpg

1kgの天然のとらふぐ2匹です。

味があって美味しいですよ!!

 







Last updated  2012/04/01 06:05:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/02/29


クロ・デ・ランブレイ[2007] 96

流石特級ですね。

正直言って同じ価格のワインとは思えません。

完全に頭一つ抜けています。

村名のルーミエ、ヴォギュエより場合によっては安く売られていますが、おかしな話ですね。

まあ特級と言うテロワールをルーミエ、ヴォギュエをしても超える事は出来ない・・・・そんな事を感じさせてくれるワインです。

スケール感は一回り大きく、潜在力の強さも感じます。

このレヴェルの一流の作り手の特級が1万円で買えるのは良い事で、お値打ち感を感じました。

2007 Domaine du Clos des Lambrays Clos des Lambrays

Wine Advocate #189
Jun 2010 David Schildknecht 91 Drink: 2010 - 2018 $91-$128 (140)
The 2007 Clos des Lambrays smells of incense, ginger, blond tobacco, salted beef stock, and fresh red berries, all of which mingle on a finely-textured palate, leading to a long finish with hints of caramelized root vegetables and pan scrapings adding further savor to what is already an extremely mouth-watering performance, and one that should be worth attending over at least the next 6-8 years. This displays admirable clarity of flavors - not to mention their complexity - for its vintage.

Thierry Brouin claims that "extreme selectivity and 4,700 bottles of Bourgogne rose" (of which, however, he didn't open one for me) was his "formula" for 2008 excellence. I last tasted the wines - some lots of which didn't finish malo until December - assembled from tank just prior to their March bottling. The 2007s were bottled in that month as well, "proper" wines - notes Brouin - "rendered from fruit that didn't look very good."







Last updated  2012/02/29 05:48:51 AM
コメント(0) | コメントを書く


ロバート・パーカー・ポイント:91点!シャンボール・ミュジニー[2007] (コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ) Chambolle Musigny [2007] (Comte Georges de Vogue) 【円高還元】【YDKG-tk】【赤 ワイン】 96

流石ヴォギュエです。

圧倒的な存在感を持っています。

高級ブルゴーニュに共通するリキュール感をしっかり備え、今飲んでも十分美味しいのですが、20年後も飲めるだろうと思わせる力を持っています。

ミネラルの抽出感が他を圧倒しています。村名ワインの域を完璧に超えています。

ブルゴーニュの三大ドメーヌ、ルソー、ヴォギュエ、DRC・・・

御三家は健在ですね。

2007 Comte de Vogue Chambolle Musigny

Wine Advocate #189
Jun 2010 David Schildknecht 91 Drink: 2010 - 2015 $92-$123 (120)
De Vogue's 2007 Chambolle-Musigny reveals fresh purple plum and tart-edged red currant that put me momentarily in mind more of 2008. But a warm sense of richness and combination of soy-like savor and subtle caramelization are more vintage-typical, and this finishes with irresistible exuberance and purity of fruit, if not enormous complexity, as well as with a slightly sweet-tart sense of candied currants. Hints of lily perfume as well as a sense that the tannins have simply melted away, add to the overarching sense of seductive sweetness on exhibit here. I would be inclined to enjoy this over the next 4-5 years, though it might well hold up well for much longer.

Francois Millet - always keen to pinpoint the expression of fruit he finds in each vintage - characterizes that of 2008 as "syrup-like," and of 2007 as "candied." I am skeptical that these metaphors can be generalized, but under no circumstances should "syrup-like" be taken as an attempt to deny the brightness or transparency displayed by so many of the best 2008s, including these. "To have been picked late" - in this instance, starting September 27 - "to have been picked cold, and to have fermented very slowly to created the largest amount of glycerol to combine with the freshness of the vintage," opines Millet, constitutes a significant part of the 2008s' secret, seduction, even mystery. "Late malo" - here completed in August - he adds, "was also good, so that the vintage could have a true childhood, and slowly, surely build itself. If we had had a southern wind when the weather changed, maybe we would have lost that identity of 2008. But by there being a northern wind, the evolution was continued" i.e. in a constant, cool trajectory. Not to short-change it, the 2007 vintage collection here is one of those few capable of standing direct comparison to its immediate successor - or indeed to nearly any other vintage from this address.







Last updated  2012/02/29 04:45:22 AM
コメント(0) | コメントを書く


【ジョルジュ・ルーミエ】シャンボール・ミュジニー[2007](赤) 93

甘くて飲みやすいワインですが、この面子の中では光りませんね。

やっぱり酒質の点で圧倒的にヴォギュエに負けています。

まあチャーミング系の代表としては良いと思いますが、現状の価格を考えると過大評価に見えて来ます。

特に似た作りの作り手が増えている中で、何が何でもルーミエでなくては・・・と言う物を感じません。

きっとルーミエファンでもこの日の面子でこれが一番良いと言う人は少ないかも・・・

 

ジュヴレ・シャンベルタン 2007 アルマン・ルソー

ジュヴレ・シャンベルタン 2007 クロード・デュガ

シャンボール・ミュジニー 2007 ジョルジュ・ルーミエ

シャンボール・ミュジニー 2007 ヴォギュエ

クロ・デ・ランブレイ 特級 2007 ランブレイ

ヴォーヌ・ロマネ 2007 エマニュエル・ルジェ

032.jpg

 

033.jpg







Last updated  2012/02/29 04:39:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
2012/01/23

047.jpg


ジョルジュ・ルーミエシャンボール・ミュジニー [2008]Georges Roumier Chambolle Musigny

シャンボール・ミュジニー 2008 ジョルジュ・ルーミエ

結構樽が効いていてチョコレートやバニラ香もあります。今飲んで十分美味しいです。

薄旨系ながら元気なワインですね。


【ジョルジュ・ルーミエ】シャンボール・ミュジニー[2007](赤)

シャンボール・ミュジニー 2007 ジョルジュ・ルーミエ

綺麗な酸のワインです。正に薄旨系の代表的ワイン。綺麗な繊細なワインが好きな人にはお勧めです。


2006 シャンボール・ミュジニー ジョルジュ・ルーミエ

シャンボール・ミュジニー 2006 ジョルジュ・ルーミエ

06らしいポッチャリ感が良いですね。果実の甘味が引き立ちます。とは言え十分薄旨系です。酸っぱいワインが苦手な人には最高です。

 

シャンボール・ミュジニー 2001 ジョルジュ・ルーミエ

これは結構タンニンもしっかりしていて最近のルーミエの作りとは違います。

もっと寝かせると美味しくなりそうなワインです。でも余韻が綺麗で良い意味ルーミエらしいワインです。


ジョルジュ・ルーミエ シャンボール・ミュジニー[2000]

シャンボール・ミュジニー 2000 ジョルジュ・ルーミエ

01をやや強くした様なワインです。06以降と違ってこのワインもタンニン強め、でも美味しいですね。個人的には凄く好きです。


ジョルジュ・ルーミエ シャンボール・ミュジニー・レ・クラ[2005]

シャンボール・ミュジニー レ・クラ 2005 ジョルジュ・ルーミエ

やっぱりトンネルから抜け出せない05らしいワインです。明らかに一級らしいスケール感と複雑さはありますが、溶けて来ません。強いパワフルなワインが好きな方には向いています。


ジョルジュ・ルーミエ レ・クラ2001年新入荷ジョルジュ・ルーミエ シャンボール・ミュジニー・レ・クラ[2001] 赤 [750ml]

シャンボール・ミュジニー レ・クラ 2001 ジョルジュ・ルーミエ

これはやっぱり旨い!!01らしい繊細さ、一級らしいスケール感、透明感があって球体的広がりを持っています。

個人的には幸せになれた一本でした。







Last updated  2012/01/23 03:26:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/12/03


ドメーヌ・ルイ・ジャド シャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズ [2006]750ml CP95

最近人気のレザです。神の雫の影響か・・・一級なのにボンヌ・マールより値段が高い状況が続いています。

レ・ザムルーズとクロ・パラントゥーは一級ですが特級を完全に超えています。

ただし作り手によってはパッとしないワインも多々あります。

このワインは如何にも06らしいポッチャリしたワインです。

アムルーズらしい張り詰めたミネラル、綺麗な酸、ふくよかで厚みのある果実味・・・香りは濃密でラズベリー、ブラックベリー、チェリーリキュール、紅茶、スパイス、革、腐葉土、赤身肉・・・・

寝かせると凄いワインになりそうですね。

 

販売店資料より

ルイ・ジャド/LOUIS JADOT

ワイン通を自認する者であるならば、誰ひとり知らぬ者はいないブルゴーニュを代表する生産者のひとつ、ルイ・ジャド。その150種類のワインをすべて造り出すのが、天才として名高いジャック・ラルディエールだ。
「シャンボール・ミュジニーのようなAOCワインは普通の飲み物だと思ったらだめだ。ワイン自体が飲むものに対して主導権を握っているんだ!」。信じられないほどの早口かつ大声で、彼は語り続ける。
「プリティなワインを造ってもしょうがない。今美味しいというのと、ポテンシャルがあるというのは別だ。AOCワインの本質はポテンシャルだ。自然は常に素晴らしく、ハーモニーを自ら創造してくれる。その力をフルに伝えるためには、15年は熟成、成長し続けるワインを造る必要があるんだ」。

ジャドのワインのがっしりした構造は、確かに早く飲むには辛い時もある。全房発酵、非常に高い発酵温度、普通の2倍3倍の時間をかける1ヶ月以上のマセラシオン。口当たりの良いバランスを最初からあざとく狙うのではなく、もてるものすべてをぎりぎりまで抽出するかのような、積極的な姿勢。
「ワインにはそのヴィンテージとテロワールの記憶がすべてしまい込まれている。そしてワインの起源である紀元前3千年のバビロニアからの歴史刻み込まれている。それを引き出してやることが私の務めだ」。

ルイ・ジャドの数多くのラインナップの中でもひときわ光るアイテムが、ボンヌ・マールとミュジニーだろう。前者はジャドのパワフルさが畑のもつ性格と合致し、相乗効果をもたらしているという点で。後者はミュジニーの厳しさと格調高さと圧倒的な緻密さが見事に表現され、ジャドのワインというよりまぎれもなくミュジニーのワインという意味において。
特にミュジニーの凝縮度と洗練の両立はすごい。たぶんルイ・ジャドの赤ワイン中の最高傑作。パリのワインショップで、これがロマネ・コンティ、ペトリュース、マルゴー、シュヴァル・ブラン等と並んで特別のケースに陳列されているのを見たが、ようするにフランスではそういう位置づけなのだ。
「うちには多くの人が来てテイスティングするけど、ミュジニーは限られた人にだけ出す。だからこれは別の部屋において、人目に触れないところで熟成させている」。確かに900本という生産量では無理もない。訪問者がこのワインに殺到して、すべて樽から飲み尽くされてしまうだろう。ところが日本ではまったくと言っていいほど話題にのぼらず、長い間売れずに棚に放置されているのをよく見る。実に不思議である。
             ワイナート 魅惑のブルゴーニュより抜粋

■Domaine des Heritiers Louis Jadot
ジャド家が代々継承してきた由緒ある自社畑

■Domaine Louis Jadot
かつてマルサネ村にあり、名声を誇っていたドメーヌ・クレール・ダユは、相続上の問題が生じ、1985年、その所有畑をルイ・ジャド社に売却しました。その後もルイ・ジャド社は高品質なワインを生産するために自社畑の拡大に努めています。







Last updated  2011/12/03 03:58:04 AM
コメント(0) | コメントを書く

全251件 (251件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 26 >

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12
2018/11
2018/10
2018/09

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.