美味しいワインと出会う旅

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

南喜一朗@ Re:新年福袋ワイン会のご案内。(12/16) 7日と10日は料理もワインも違います。…
うまいーち@ Re:久しぶりにフランスに旅して来ます。(10/20) おっと。うらやましいです。 お気をつけて…

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

全て | ワイン会のご案内 | 雑談 | ワインについて | 海の幸  | 野菜・果物・総菜 | | 調味料 | ワイン会 | ジュヴレ | ヴォーヌ・ロマネ | ニュイサンジョルジュ | コート・ド・二ュイ | コート・ド・ボーヌ | ブルゴーニュ赤 | パストゥグラン | モンラッシェ系 | ムルソー | シャブリ | ブルゴーニュ白 | ボジョレー | ボルドー | サンテステフ | ポイヤック | サンジュリアン | マルゴー | ボルドー左岸 | サンテミリオン | ポムロール | ボルドー右岸 | ローヌ 北 | ローヌ 南 | アルザス | ロワール | シャンパーニュ | ロゼワイン | その他フランス | イタリア | スペイン | オーストリー | カリフォルニア | オーストラリア | ニュージーランド | チリ | 南アフリカ | 日本のワイン | その他の国 | その他 アルコール | 自店 | オーディオ | アクセサリー | 美味なるワイン

シャブリ

2012/08/07
XML
カテゴリ:シャブリ

023.jpg

8月2日 木曜日   シャブリ テロワール比べ 初心者歓迎

044.jpg

7月30日 月曜日     究極の的矢の岩牡蠣と熟成シャブリの会

chablis.jpg

7月30日と8月2日に合計19種類の自分で選んだシャブリを飲みました。

安いのは楽天で1000円で売っている物から、1979年のお金では買えない古酒まで・・・

しかし一級で1500円のシャブリも特級で8000円のシャブリも含めて全部素晴らしく、とロワールの特徴をきっちり描いていました。

特に10年近く寝かせて飲み頃に来たシャブリは素晴らしい!!ムルソーやモンラッシェ系を超えたワインも沢山ありました。 

事実特級のモンラッシェより一級のシャブリの方が長命です。

今回飲んだ79の村名のシャブリは79のラモネ等の特級よりしっかりしたミネラルと酸と余韻の果実の甘さを持ち、イキイキとしていました。

世評は高いのですが、今のウイリアム・フェーブルを除けば沢山美味しいシャブリはあります。ポイントは買って直ぐに飲まない事です。せめて半年休ませて飲んで下さい。酸が落ち着いて、ふくよかさが出て来ます。

お勧めの作り手です。

ドメーヌ・ロン・デ・パキ

ルモワスネ

ヴァンサン・ドーヴィサ

ジャン・クロード・ベサン

パトリウス・ピウズ







Last updated  2012/08/07 11:35:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/12/19
カテゴリ:シャブリ

083.jpg

シャンパン


Richard Juhlin(リチャード・ユリーン)の「4000 Champagnes」でも数少ない★★★3ッ星生産者。[NV] エルヴェ・マルロー ブリュット レゼルヴ アンリ・マンドワ Herve Malraud Brut Reserve -Henri Mandois-
アンリ・マンドワ ブリュット 
何時もながら美味しいシャンパンです。まず香りがふくよかで素晴らしい!!酸の切れも良く、果実感があって美味しいです。


シャブリ[2008]年・ドメーヌ・アラン・ジョフロワ元詰・AOC・シャブリDomaine Alain Geoffroy Chablis [2008]

シャブリ 2008 アラン・ジョフロワ 
綺麗な良く出来た村名のシャブリです。熟成させると良いワインになるでしょう。



【パトリック・ピウズ】 シャブリ・テロワール・ド・フレイ [2008] 750ml・白 [PATRICK PIUZE] Chablis Terroirs de Fleys [2008] []

シャブリ テロワール・フレイ 2008 パトリック・ビウズ 
選ばれた畑から出来たミネラル豊富なシャブリ、ビオ的なふくよかさも持っています。

段々良くなって来ていますね。ビオ的なふくよかさを感じます。


【ジャン・リケール】シャブリ・1er・ヴァイヨンVV[2010](白)
シャブリ 一級 ヴァイヨン 2009 ジャン・リケール 
流石一級ですね。太めの堂々としたシャブリでした。今後の熟成が楽しみなワインです。







Last updated  2011/12/20 12:14:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/07/19
カテゴリ:シャブリ

081.jpg

これも滅多に売っていませんね。

きっとフランスでは結構売っていると思います。

日本リカーさんにとってはジャドのシャブリはドル箱です。

神の雫にも出て、並のシャブリは何時も売り切れが多いですね。

一級に関してはフルショームに力を入れているようでヴァイヨンの入荷は少ない様です。

豊潤なフルショームの方が、硬質感の強いヴァイヨンより売りやすいと言う事でしょう。

05と言う白にとって良い年だったヴァイヨンは実に良いワインです。

教科書的に出来過ぎ君とも言えますが、素晴らしいワインだと思います。

ヴァイヨンらしい鉱物感、古樽での1年の良い感じの熟成による樽香、瓶熟によるマイルド感、力強い酸と厚みのあるミネラルと豊かな果実味が調和して滑らかな最高のシャブリを表現しています。

熟成も保管も一点の曇りもなく、ヒネや埃は感じません。

ただ欠点は出来過ぎ君故の面白さの無さでしょうか・・・これは趣味でワインを飲んでいるから求める贅沢な要求ですが・・・・







Last updated  2011/07/19 05:20:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:シャブリ

今日は久々に明るいニュースで日本中が明るくなった様に思います。

スポーツの力、人を感動させる力は凄いですね。

本当の実力の世界ですから・・・でもよく体の小さい日本人がアメリカ人に勝てるものですね。やっぱり知恵と努力なのかな・・・私ももっと知恵と努力で頑張らねば!!

080.jpg

このワインは本当に手に入らないワインですね。

実は私の最も好きなシャブリです。

他の人の作るプチ・シャブリは如何でも良い様な味なのですが、この人の作るプチ・シャブリは本当にテロワールを表現しています。

プチ・シャブリはシャブリでもキリメリジャンの地層ではなく、粘土が多い畑です。ですから当然シャブリ、一級、特級の持つキリメリジャン由来のミネラルは弱いのです。

では唯の酸っぱいだけかと言うと違うのですよ。決して偉大なワインでは無いのですが、独特なミネラルと果実感を持っています。

グランクリュのレクロの丘の向こう側の斜面ですが、この斜面の特徴が出ているのだと思うのです。

02、04はずば抜けて旨かったですが、全部飲みました。この06も段々04に近づきつつあります。後2年かな・・・・

まあ売っていないし幾ら書いても読まれた方は飲めないのだからここら辺で止めておきます。

 

 

 







Last updated  2011/07/19 04:53:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/01/27
カテゴリ:シャブリ

何時も飲んでいる美味しいシャブリです。

まあこれを飲んでシャブリの概念が変わった人も多いと思います。

このワインの当りの瓶を飲むとラヴノーもドーヴィサもかすみます。

一級ですから強い偉大なワインではありませんが美味しいです。

枯れた熟成香もあって、酸も美しく、ミネラルも豊富で飲んで美味しいワインです。

オイリーさと余韻の美しさが特徴でしょうか。

販売店資料より

★熟成ブルーニュの良さを、今尚伝え続ける優れたネゴシアンの1件。

ルモワスネは、1877年設立の、ボーヌに拠点を置く老舗ネゴシアン。

前当主のロラン氏は、"最後のブルジョア"と呼ばれるほどの大富豪で、その豊富な財力で、60年代からは、ブルゴーニュのトップドメーヌのワインを精力的に買い付け、16世紀からある同社の地下セラーには、瓶なら100万本以上、樽も常時1000樽は保存する膨大な量のワインをストックしています。

その膨大な量でも、ただ数が多いだけでなく、ロラン氏の高い眼力にかなったキュヴェのみ買い付け、その確かな目は、ブルゴーニュのトップ・ドメーヌである、アルマン・ルソー氏、デュジャーク氏など多くの著名な生産者も認めるところとなっており、フランス最大のワインショップチェーン「ニコラ」のクルテイエを長年に渡り務めました。

■新たなルモワスネの新時代が始まる。

長年、ブルゴーニュの顔役として運営にあたっていたロラン氏も高齢となり、跡継ぎがいないことから、2005年にアメリカの資産家、エドワード・ミルシュテイン氏へ経営を譲る事となりました。

彼はワインの収集家として名高く、ルモワスネ社の伝統を引き継いでゆく事に大変意欲を燃やしており、また、副社長としてルイ・ジャド社で重役を務めたベルナール・ルポルト氏を迎え、彼に実際の経営を任せています。

醸造部門では若く有能な女性、クロディー・ジョバール氏(ジョセフ・ドルーアン社の醸造責任者を長年務めたロランス・ジョバール女史の娘) を醸造責任者として迎えています。

現在、ルモワスネ社では「飲み頃のブルゴーニュを提供してゆく」昔ながらの伝統と、品質向上へ繋がる最新技術への取組みとの両立に日々励んでいます。

ルモワスネのコネクションを使い造られる、珍しい熟成1級畑シャブリ。その中で、最も知られた畑として知られる"フルショーム"は、ルモワスネが自信を持ってリリースする銘柄の1つ。

【ティスティングコメント】
10年以上経過のシャブリは、ミネラルが最高の状態に開いた、芳ばしくも、どこか素直な印象を受ける、奥の深い風味が魅力。
ボディはミディアム~ミディアム上で、開栓直後はまだやや強めの酸味を感じますが、次第に落着き、滑らかなものへと変わって行きます。
芳ばしさをイメージさせる、豊かな風味と長いアフターを備えた1本。







Last updated  2011/01/28 02:59:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/01/26
カテゴリ:シャブリ


【パトリック・ピウズ】 シャブリ・テロワール・ド・フレイ [2008] 750ml・白 [PATRICK PIUZE] Chablis Terroirs de Fleys [2008] CP90

最近珍しいシャブリの新人です。

村名でも4種類作っています。微妙なテロワールの差を描いているのでしょう。

現代的な作りで、フレッシュ感とミネラルを大事にしたワインです。

この手のワインは最初は酸を強く感じますが、半年から1年で豹変して来ます。

色は緑が残った麦藁色で、香りも味も非常にフレッシュです。まだ酸が立っていますが、これが落ち着いたらグッとミネラルが強調されて美味しくなって来ると思います。

今後注目して飲んで行きたいシャブリの作り手ですね。

販売店資料より 

パトリック・ピウズ氏は、1973年カナダのケベックで、ワイン造りとは全く無縁の家系に生まれる。
ある日、ローヌのミシェル・シャプティエ氏の兄であるマーク・シャプティエ氏との出会いによって、彼の人生に大きな転機がもたらされる。
シャプティエ氏にインスパイアされ、彼のバックアップのもと、世界中を旅し、オーストラリア、南アフリカ、イスラエル等の様々なワイナリーでワイン造りの修行を積む。
そして1997年に帰国後、モントリオールの中心街に『ピノノワール』という名のワインバーを開業する。その当時、彼の自宅にホームステイしながら、バーの手伝いをしていたフランス人女性の留学生の一人が、ブルゴーニュのオリヴィエ・ルフレーヴ氏の愛娘の親友であることが判明。


熱望していたワイン造りの修行を再開するべく、彼女を介して2000年夏にバックパック一つでルフレーヴ氏のもとを訪ね渡仏。
当初2週間だけの滞在予定だったのだが、ルフレーヴ氏に引き留められ、結局4年間在籍し、シャブリ部門の醸造長にまで抜擢された。
この間にボーヌのCFPPAで醸造学を学ぶ。才能を爆発的に開花させた彼は、その後も進化を続け、実力が知れ渡るようになり、2004年にはヴェルジェ、2005~2007年にはシャブリのジャン・マルク・ブロカールの醸造長を務める。
そして2008年7月、これまでの華々しい実績を引提げ、自らのメゾン『パトリック・ピウズ』を設立する。
 
 彼のワイン造りは、いくつかの畑はメタヤージュ契約で自ら栽培。
その他の畑も積極的に栽培に参加してグロワーとの関係を密接にし、彼らと長期にわたる信頼を築き、高樹齢の最良の区画からなるクオリティの高い葡萄の確保が可能となっている。
熟成に用いるオーク樽は、その年に栽培された葡萄の特質に最も適した年号に使用された古樽を選ぶ。
ワインはシャブリのテロワール毎の個性を表現する事を最も重視。
村名4種類(テロワール毎)、プルミエ・クリュ11種類、グラン・クリュ6種類を生産する。
村名からグラン・クリュまで全アイテム蝋キャップを採用。







Last updated  2011/01/28 02:33:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/01/24
カテゴリ:シャブリ


シャブリ/ブルゴーニュ/白ワイン/辛口【限定200本!今だけ999円!】バシュロワ ジョスラン シャブリ 750ml   フランス シャブリ 白 辛口 BACHEROY JOSSELIN CHABLIS CP96

004.jpg

今¥999円で売っていて話題のシャブリの79年物です。

地下セラーで30年寝ていました。

この蔵は70年代のシャブリのトップドメーヌだったドメーヌ・ラロッシュのネゴシアン名です。

まあ今や999円ですが、買った当時は結構良いワインで店で一番扱っていたワインです。

こんなシャブリ・・・液も肩まで減った79の村名のネゴスのシャブリ・・・まあ持っているのは私しかいないし、ワイン会に持ってくるアホも私だけ・・・・

古酒はテロワールの味がする、土壌の味がする・・・と言う持論を実証してくれたワインです。

まあワインの生命力の不思議さを感じる一本でした。

一言で言って濃縮シャブリですね。

キリメリジャンの土壌のエキスです。

香ばしいミネラルのエネルギーが湧きたちます。

葡萄と言う木を使って大地の力を抽出した様なワインです。

グラスの中に地球の歴史が刻まれています。この土地が海だった時代、隆起して陸地になった時代、そして緑が茂って葡萄が植えられた時代・・・・そうした大地のいとなみを感じる一杯だと思います。

色は黄金色、香りは焦がしバター、ナッツ・ハシバミ・クリーム、オイル、味わいは濃縮したミネラル、深く綺麗な酸、未だに残る果実の余韻、ヒネ感は全くなく、綺麗に熟成した古酒です。

ワインと言う不思議な液体の凄さを教えてもらったワインでした。







Last updated  2011/01/24 01:41:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/01/13
カテゴリ:シャブリ


[2008] シャブリ 1級 ヴァイヨン (白) ヴァンサン・ドーヴィサChablis 1er Cru Vaillons Vincent Dauvissat 2002 CP92

056.jpg

このワインはハーフなので熟成が早く、枯れる一歩手前です。

色も麦藁色から黄金に変わる途中です。

果実のパワーが落ち出して、酸も優しくなって、元気は無いのですが、旨味があります。

こう言うシャブリを飲む方も少ないとは思いますが、実に味があって面白いと思います。

良いシャブリの枯れた姿ですね。大人の味だと思います。

香りもジャスミンティーの香りや軽いスモーク、お香系です。

元気で酸っぱいシャブリも良いですが、こう言うワインも面白いですよ。

ただ売ってはいませんね。







Last updated  2011/01/14 03:28:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/01/02
カテゴリ:シャブリ


シャブリ[2008]Chablis 750mlヴァンサン・ドーヴィサVincent Dauvissat CP93

ドーヴィサの08が届いて来たので開けて見ました。

素晴らしいシャブリです。

これがシャブリと言う標本の様なワインです。

ワインの勉強をしている人はこのワインを今飲んで、シャブリと言うワインの基準にして下さい。

04,07と並んで素晴らしいワインです。

村名のシャブリにして十分で適度なミネラルと素晴らしい美しい酸が備わっています。

当然このワインは5年後も8年後も美味しく楽しく飲めるワインです。

ただ今飲んでも十分美味しいし、楽しいし、料理にもよく合います。

これだけ必要にして十分な綺麗な仕事が出来るのはドーヴィサだけでしょうね。

 







Last updated  2011/01/02 07:16:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2010/12/28
カテゴリ:シャブリ

円熟した1級畑シャブリ。興味深い1本となります!ルモワスネ・ペール・エ・フィスシャブリ・プルミエ・クリュフルショーム[1995]

我が店の定番シャブリです。

もう24本抜いていますが外れも無く美味しいですね。他に替わる物はないですね。

ラヴノーやドーヴィサとも違ったシャブリです。

97で熟成しているので、若い尖がった酸は無いのですが、ムルソーの酸とは違ってキリメリジャン特有の酸です。

まあこのシャブリを飲んで頂くと、シャブリの概念が変わるようです。

レモン水とか酸っぱいとか、軽いワインだとか・・・言わなくなります。(笑)

色は麦わらと黄金の中間、香りは軽い火打石、石油、ハシバミ、ピスタチオナッツ、スモーク、白檀、味わいは、懐の深い酸、厚みのあるミネラル、充実した果実味、飲んでいて引き込まれる、旨味があってオイリーなシャブリです。

販売店資料より

10年以上経過のシャブリは、ミネラルが最高の状態に開いた、芳ばしくも、どこか素直な印象を受ける、奥の深い風味が魅力。
ボディはミディアム~ミディアム上で、開栓直後はまだやや強めの酸味を感じますが、次第に落着き、滑らかなものへと変わって行きます。
芳ばしさをイメージさせる、豊かな風味と長いアフターを備えた1本。







Last updated  2010/12/28 01:57:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全80件 (80件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

PR

Profile


南喜一朗

Recent Posts

Archives

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.