856237 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NOVELS ROOM

全10件 (10件中 1-10件目)

1

全て | オリキャラ達の雑談やイラスト・動画紹介など | 必ず見てね! | うちの子人生シリーズ | うちの子立ち絵シリーズ。 | スプラ2プレイ日記 | SS:The 10th Birthday | 能力のないあの世界で | 女のこうちゃん誕生秘話 | SS:ミリック大捜査線? | SS:残されたカセットテープ | SS:運送屋「CARRY.S」 | プチSS:風邪引きアンテナ君 | プチSS:ルディアシスターズ | 影を操る者 | SS:無尽の鎖 Remix ―ラルドに眠るもうひとつの人格― | いつもの二人シリーズ | バレンタインネタ! | よその子会話 | ウルトラサン・ウルトラムーンプレイ日記 | 星のカービィスターアライズ日記(主に実況紹介) | オリキャラトーナメントバトル | DELTARUNE実況動画紹介 | ポケモン:ピカブイ日記 | スマブラSP日記 | HollowKnight実況紹介 | ポケモン:剣盾プレイ日記 | 星のカービィ3実況動画紹介 | お仕事報告 | 白き鋼鉄のXプレイ日記

SS:残されたカセットテープ

2013.08.31
XML
さぁ、皆さん!2年ぶりのSSですね!
では、いつものアレ、行きましょう!!

せーのっ!


すいませんwwwwwwwwwww


もうどこから突っ込んでいいのやらという今回のお話なんですけどもね・・・(鼻ほじほじ)
とにかく、フランシスとミジョルのアイコン出来ましたっていう報告です・・・はい。

ってか、まず最初に突っ込むべきなのは、9話構成ってところだよな・・・。
だって!お話作ったら9話で出来上がっちまったんだもん!!
そんな、10回刺されても死なない四天王サイアークの話を10話ぐらい引っ張るお話じゃないんだからさ!

いや、ホントにすいません・・・。
グダグダ感を外そうと思いながら書いていったらこうなったんです。
許してください。

あんまりグダグダ感抜けてないような気がしたが別にそんな事あったぜ・・・。

正直今回の話は、フランシスとミジョルの過去を知った上でじゃないと本当に理解が出来ないお話なので、完全俺得なのです。
本当にごめんなさい。

ちなみに過去のお話を語ったお話はこれ↓
http://ilovelease.blog68.fc2.com/blog-entry-10769.html
とか言っても今更遅いですけど・・・。

とりあえず、お盆の時期だったので、お墓参りをさせたまででございます!
お墓参りに行ったついでになんやかんやいろいろありましたって事ですね。

ちなみに、途中でミジョルが一人になるんですけど・・・
ミジョルを単独にすると、とんでもなくグダグダになりそうな気がしたので、フランシスを向かわせました。
むしろフランシスを向かわせないとダメだろっていう展開です。

それに、彼らばっかり出る話とは言え、出しすぎてるのもどうかなと思い、中盤で「その頃」的なものを入れて、若干シリアスから離れてみました。

ま ぁ 、 そ の 話 は 短 い ん で す け ど ね 。

で、フランシスと合流させて、一緒に物探し。
そして見つけたのが、カセットテープ。

このカセットテープは、今のミジョルの身長でなければ見つけることができない場所に置いてあったのです。
だから、幼少のミジョルが部屋をうろついても見つからないわけなのです。
突っ込むとするなら、両親が死んだ時に部屋を捜索されて、他の誰かにカセットテープを見つけられているのではってなるんだけどね。
まぁ、たぶん、フランシスの父――ラチナスが、「デスタンス夫妻の私物には一切触れるな」とでも言ったんだろうね!
きっと、ミジョルに何かを残した事に気が付いていたのかもしれない!!
だからこそ、カセットテープを見つける事が出来たって感じかな。

ってか、母親が死んだあとなんだから、どうやってミジョルの身長で見える高さにおいたんだよっていう話でもあるよねwwww
まぁ、あれだよ、事前にしくんでおいたんだと思います。
書斎に置かれたメモも、父親に見つからないように隠して、で、カセットテープは・・・

うん、事前に仕組まれるとか無理があるな・・・。

じゃ、こうだよ!
私物の中からカセットテープを見つけたラチナスが、録音されたカセットデッキからカセットを抜いて、数年後に気付かせるために仕組んだかもしれないですね!

まぁ、どうであれ、いずれミジョルとフランシスに真実を知ってもらうためにってのがあったのかもしれません。

ってか、普通の短編小説で書いても良かったのかもしれぬ・・・!
いつか編集して書いてみようかな・・・

書 か な い け ど な ! !

とまぁ、いつもながらによくわからないあとがきだし、いつものあとがきより少ないし、9話構成とか1話足りなかったし、まぁ、とにもかくにも俺得SS書けて大満足なるみ子さんが、いつもの通りに変態発言しながら今後もフランシスとミジョルを宜しくお願い致しますって伝えようとしているのであった!!
うへへへへへへへへへへへwwwwwwwwwwwwwww


★次回作いつになるんだろうね。
ぼくしーらない!
ご愛読、ありがとうございました!






Last updated  2017.08.22 18:43:30
コメント(1) | コメントを書く
リース(話) ただいまー・・・あー疲れた。
ヴァリス(話) そんなに疲れたなら、フランシスとミジョル呼べばよかっただろ?
リース(怒) 呼ぼうと思ったさ!!
リース でも・・・悪いかなって思って・・・。
ミミ(笑) こうちゃん優しい!
ナナ(笑) こうちゃん優しい!
リース(怒) ち、違うよ!
リース 休暇与えたのは僕だし、与えたからにはその分頑張ろうって思っただけだよ。
リース(怒) あと「こうちゃん」って言うな!!
クロア(困) もう、素直じゃないんだからこうちゃんは~!
リース クロアまで・・・。
ゼノン(笑) とにかく、こっちは書類整理終わったから、ちゃんと休まないと厳しいぞ?
リース(話) じゃ、お言葉に甘えて僕は寝るよ、おやすみ。
ゼノン(笑) はい、おやすみ・・・
ゼノン(話) ん、ちょっと待って。
リース(話) 何だよ。
ゼノン(笑) 帰ってくるみたいだね、あの二人・・・ほら、あれ!
リース(話) あ、ホントだ。
フランシス(キラッ2).jpg ただいま!
ミジョル.jpg ただいま、リースちゃん!
リース(話) おかえり。長いお墓参りだったね。
ミジョル(困).jpg 待たせてごめんね。
リース(話) 別に待ってなんかないし。
フランシス(自慢げ).jpg その言い方はまるで待ってたかのようだね!
リース(話) 違うってば!! もう! 僕は疲れてるから寝るからね!!!
ミジョル(フフッ).jpg あらら・・・。
フランシス.jpg 相当お疲れのようだったね。
ヴァリス(話) まぁ、お前らも休んでおけよ。
ミジョル.jpg それは遠慮しておくわ。
フランシス.jpg 僕らはこれから、任務に出向くために若干トレーニングをしてくるよ。
ミジョル(話).jpg トレーニングというか、組み手よね?
フランシス(笑2).jpg そんなところだ。
ヴァリス(笑2) そうか、ダウンしない程度にやっとけよ?
ミジョル(笑).jpg わかってるわよ!
ミジョル(自慢げ).jpg さ、行きましょ、フランシス!
フランシス(自慢げ2).jpg オッケー!
ヴァリス(呆) ・・・はぁ、若いっていいね・・・。
ゼノン(呆) お前が言う事じゃないと思うが・・・。



フランシス(キラッ3).jpg さぁ! どこからでもかかっておいで、ミジョル!
ミジョル(自慢げ).jpg えぇ! 行くわよぉおおお!!



お父様、お母様・・・
アタシは今とても幸せです。
第一部隊だから、任務の数はとても多くて大変だけど、
それでも何とか、楽しくやっています。



フランシス(話).jpg おっと! さすが接近戦が得意なだけはあるね!
ミジョル.jpg あなただって、遠距離が得意なのに、アタシの攻撃をうまく受け流してるじゃない!



アタシが幼い頃に、
お母様があんなに追い込まれていた事は、
正直驚きました。
お母様・・・ましてやお父様も何も話さず、
ただ、アタシに愛を注いでくれていたから。



ミジョル(自慢げ).jpg でも、これは受け流せるかしら? えい!
フランシス(あっ).jpg うわ! あぶな!
フランシス(困).jpg 危うく当たるとこr・・・痛っ!
ミジョル(自慢げ3).jpg フフ! 油断は禁物よ!



でも、追い込まれていた事に気が付けなくて、ごめんなさい。
幼かったといえど、毎日辛い日々を送っていた事ぐらい、
分かっていなきゃいけなかったのに。
そうすれば、少しはお母様の心を癒せたのかもしれないのに・・・。



フランシス(呆).jpg スピードも全然衰えてないって事か、やられたね!
ミジョル(自慢げ).jpg 当然よ! アタシのスピードは誰にも負けない自信があるんだから!



本当に・・・ごめんなさい・・・お母様・・・。



(責任を感じなくていいのよ、ミジョル・・・)



ミジョル(あっ).jpg え?
フランシス(話).jpg どうしたんだい?
ミジョル(話).jpg フランシス、今、何か言ったかしら?
フランシス(話).jpg 僕は何も言ってないけど・・・?
ミジョル(ん~).jpg そう・・・誰かの声が聞こえた気がするんだけど・・・
ミジョル(困4).jpg ・・・・・・
ミジョル(困).jpg きっと・・・気のせいよね・・・



でも、お父様、お母様!
色々あったけど・・・
これからもアタシは頑張るから、



ミジョル(喜).jpg 見守っててね!
フランシス(あっ).jpg え? 何?





うぅん、何でもない!
ミジョル:うぅん、何でもない!



★――完――






Last updated  2017.08.22 18:43:14
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.30
ザザァ・・・


フランシス(話).jpg 何も、入ってないのかな?
ミジョル(ん~).jpg 停止ボタン押し忘れた・・・とか?
フランシス(話).jpg ありえるかもしれ・・・



ガチャ・・・


大丈夫かい?

あなた・・・!



ミジョル(あっ).jpg あ、お父様の声!
フランシス(話).jpg もしかして、このために停止ボタンを押さなかったとか?
ミジョル(ん~).jpg かもしれないわね。



・・・ねぇ、あなた・・・私たちは間違ってたのかしら・・・

な、何を突然言い出すんだ・・・

あの子を女の子にしたのが間違いだったのかしらって、言ってるのよ。

そ、そんな事はないぞ・・・だから、あまり思いつめないでくれ・・・。

だって、あの子もともとは男の子よ!?
そのまま育てていれば、こんなことにはならなかったのよ!!!!

落ち着け!! もう3年もたってるんだ、気にする事なんてないじゃないか!!

ならどうしていつまでたっても嫌がらせが収まらないの?!
私もう耐えられない!!!

な、何をするつもりだ・・・。

一緒に死にましょう・・・そうすれば気分も晴れるわ・・・。

や、やめろ・・・そんな事してなんになる!!
残ったミジョルはどうするんだ!!
おい、聞いてるのか?!

タタタタタ・・・

ただいま!お母様、お父様!



ミジョル(困3).jpg 幼い頃のアタシ・・・!
ミジョル(困2).jpg って事は、このまま・・・!


カチッ


フランシス(黙).jpg ・・・・・・。
ミジョル(困).jpg ・・・止めてくれてありがとう、フランシス・・・。
フランシス(呆).jpg 「君が辛くなりそうなら、停止ボタンを押す」と言ったじゃないか。
ミジョル(困).jpg そうね・・・。
フランシス(話).jpg で、どう? 途中で止めてしまったけど・・・思い出せたかい?
ミジョル(困).jpg えぇ・・・思い出したわ・・・。
ミジョル(困3).jpg あの日・・・アタシは・・・


――――


ドスッ


さうんどおんりー (母)う・・・
幼少ミジョル(困).jpg ・・・はっ! ど、どうしよう・・・あ、あたし・・・!
さうんどおんりー (母)これで・・・いいのよ・・・ミジョル・・・


バタッ


幼少ミジョル(泣4).jpg お、おかあ・・・さま・・・!
幼少ミジョル(泣).jpg ・・・あたし・・・あたし・・・


――――


ミジョル(困3).jpg お母様を刺してしまい、倒れて動かなくなった姿を見て、アタシは気を失った。
フランシス(黙).jpg うん・・・そこからは僕も知ってるさ。
フランシス(呆).jpg そしてその日から、血を見るだけで怯えるようになってしまった事もね。
ミジョル(困).jpg えぇ・・・でも、今は大丈夫でしょ? 今回のを除いて。
フランシス(キラッ2).jpg そうだね! いつもと変わらないミジョルさ!
ミジョル(笑).jpg さて、戻りましょう? リースちゃんが待ってる。
フランシス(困3).jpg (華麗にスルーされた・・・)
フランシス(あっ).jpg でもミジョル、辛くないかい?
ミジョル(困).jpg ちょっと辛いかな・・・でも、アタシが望んだ事だから。
フランシス(笑2).jpg じゃせめて、ゆっくり帰ろうか。
ミジョル(喜).jpg そうね。たまには、ゆっくりあなたと歩いて帰りましょ!
フランシス(キラッ3).jpg そうこなくっちゃね!
ミジョル(ん~).jpg (あ、でも・・・敷地内、広かったんだったわ・・・)
ミジョル(フフッ).jpg (まぁ、何とかなるわよね! きっと!)


★続く






Last updated  2017.08.22 18:43:00
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.29

あなたは、自分自身が男の子だって分かっていても、

女の子として、育ってくれたわね。

とても嬉しいわ。

でもね、あなたを女の子にはしてはいけなかったの・・・

貴族としての掟、第一子は必ず男の子だと。

それでも、生まれる前に、あなたをお腹に宿した時から・・・

生まれるのは、女の子であって欲しいと思っていたの・・・

だって、私とお父さんは・・・ずっとずっと、女の子が欲しかったから・・・

だけど、生まれたあなたは男の子だった。

掟の通りにすれば、間違ってはいなかったの・・・

でも、私たちはあなたを無理やり女の子にしてしまった。

当時は、それでいいと思っていたわ。

けれど、あなたを女の子にしたばっかりに、周りの貴族から睨まれたり、

「掟破りのデスタンス」何て言われたり・・・

他にも色々言われたわ・・・

思い出したくないほど、辛くてとてもひどい非難中傷が・・・

私は、それに耐えようと頑張ったわ。

フランシスのお父さん、ラチナスさんにも支えてもらったりしたわ・・・

だけど、もう限界・・・

生きる事さえ辛くなってしまったの・・・

私たちは間違った選択をしたから・・・

あなたを男の子として育てていれば、こんな事にはならなかったのにね・・・

ごめんなさい・・・ミジョル・・・

・・・最期に・・・いつまでも、愛しているからね・・・ミジョル・・・



ミジョル(困2).jpg ・・・・・・!
フランシス(黙).jpg ・・・・・・。
ミジョル(困3).jpg ねぇ、フランシス・・・この事、知ってた?
フランシス(困).jpg いや、僕も初めて聞いたよ・・・こんな事があったなんて・・・。
ミジョル(困3).jpg お母様、本当に辛かったのね・・・
ミジョル(泣).jpg せめて、アタシがちゃんとした女の子として生まれてくれば・・・
ミジョル(泣2).jpg お母様を苦しめる事なんてなかったのに・・・
フランシス(怒2).jpg ミジョルは悪くないさ! もちろん叔母様だって悪くない!
フランシス(怒).jpg 悪いのは、僕らより地位の低い貴族達だ。
フランシス(怒2).jpg こんなに心を苦しめるまで、叔母様を追い詰めていたなんて・・・許せないよ・・・!
ミジョル(泣3).jpg ありがとう、フランシス・・・。
ミジョル(泣).jpg でも、掟に背いたから、きっとバチが当たったんだわ・・・。
フランシス(怒2).jpg 何言ってるんだ! 僕のお父様だって、僕らが生まれる前から死神の部隊に所属してたじゃないか!!
フランシス(怒).jpg 貴族は子孫を残し、次の世代に受け継がせるためには、部隊に入ることは禁止されている。
フランシス(怒2).jpg でも、お父様はその掟に背いて、それでもやり遂げた!
フランシス(怒).jpg 今は、お父様の主張のおかげで、僕らもこうして死神の部隊にいる。
フランシス(怒2).jpg バチなんか当たってないさ!
ミジョル(泣2).jpg でも・・・でも・・・!
フランシス(怒2).jpg しっかりするんだミジョル!
フランシス(怒).jpg 叔母様を苦しめた地位の低い貴族達は、きっと僕のお父様が制裁してくれたはずだ。
フランシス(笑2).jpg だから、報われてるはずだよ!ね?
ミジョル(泣).jpg う、うん・・・。


ザ・・ザザァ・・・


フランシス(あっ).jpg あれ? まだなにか録音されてるのかな?
ミジョル(あっ).jpg もしかして、録音ボタン押したままだったのかしら・・・?
フランシス(話).jpg とりあえず、先を聴いてみるかい?
ミジョル(困).jpg 辛いけど・・・真実を受け止めるために、聴くわ。
フランシス.jpg わかった。僕も聴こう。
フランシス(話).jpg 君が辛くなりそうなら、僕が停止ボタンを押す。
フランシス.jpg それでいいね?
ミジョル(困).jpg えぇ、お願いするわ。
フランシス(話).jpg よし、とにかく何か聞こえるまで待ってみよう。


★続く






Last updated  2017.08.22 18:42:45
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.28
ミジョル(話).jpg えっと、A面を表にして入れてっと・・・よし!再生!


カチャ・・・


ザー・・・


フランシス(話).jpg 何も入っていないのか?
ミジョル(あっ).jpg 待って!何か聞こえてきた!!



このテープを聴いてるって事は・・・
ミジョルは、大きくなったのね・・・
お母さん、とっても嬉しいわ・・・



ミジョル(あっ).jpg お母様の声だわ・・・!
フランシス(話).jpg だね。とにかく続きを聴こう。



ミジョル・・・大きくなったあなたは、今何をしてるの?

フランシス君と一緒だから、きっと死神の部隊に入ってるのでしょうね。

それも、第一部隊に。

あなたは努力家だから、頑張れているとお母さんは信じているわ。

だってあなたは、私の大事な娘だもの・・・。

でも、辛くなったらお母さんに言いなさい?

お話、ちゃんと聞いてあげるからね・・・。



ミジョル.jpg こんなものを残してたのね・・・嬉しいわ、お母様・・・!



そうだわ、なんなら今聞きたいわね。

今、辛い事・・・ある?



ミジョル.jpg うぅん、何にも辛い事なんてないわ。
ミジョル(笑).jpg フランシスもずっと一緒にいるし、素敵な仲間とその隊長さんがいる。
ミジョル(困).jpg 任務は大変だけど、みんなで力を合わせてるから大丈夫。
ミジョル.jpg 全然辛くない。
ミジョル(喜).jpg むしろ、とっても楽しいわ!



そう、よかったわ・・・

ミジョルが楽しそうで。



ミジョル(話).jpg え?
フランシス(笑2).jpg いや、きっと君がこういう事を言うだろうと予測しての反応だよ。
ミジョル(困).jpg そ、そうよね。本当に聞いてるのかと思ったわ。



それと、もうひとつ・・・

大事なお話があるから、このテープを裏にして聞いてちょうだい。

あなたに、ずっと言えなかった、大事な話だから・・・。



カチャ・・・サー・・・


ミジョル(話).jpg 勝手に裏になったわ。
フランシス(話).jpg 古そうなのに結構ハイテクだね・・・。
ミジョル(あっ).jpg あ、始まるわよ・・・。



裏にしたみたいね・・・じゃ、大事なお話、話すわね・・・



★続く






Last updated  2017.08.22 18:42:26
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.27
屋敷の寝室の扉の前――――

ミジョル(黙).jpg ここね・・・。
ミジョル(困3).jpg でも、ここは・・・。
ミジョル(ん~).jpg うぅん、思い出して怖がっている場合じゃないわ。
ミジョル(ムムッ).jpg この寝室の中に、何かあるはずですもの・・・!


ガチャ・・・ギィ・・・


ミジョル(話).jpg カーテンがかかってるのかしら・・・
ミジョル(黙).jpg 薄暗くて分からないわ・・・
ミジョル(困).jpg こんな時は電気をつけろって話よね・・・
ミジョル(あっ).jpg 照明ボタンは・・・これね。


ポチッ


ミジョル(黙).jpg ・・・・・・!
ミジョル(話).jpg 壁と床、それに部屋のあちこちに血の跡が・・・!
ミジョル(困3).jpg ・・・どうしよう・・・体が、怖くて震えてきたわ・・・。
ミジョル(困2).jpg これ以上・・・ここには居られなくなってきそう・・・!

フランシス(話).jpg ミジョル。

ミジョル(困2).jpg きゃ!
ミジョル(怒).jpg ・・・何よ、フランシスじゃない。脅かさないで。
フランシス(呆).jpg すまない、脅かすつもりはなかったんだ。許しておくれ。
ミジョル(話).jpg でも、どうしてここに居るの?
ミジョル(黙).jpg 先に帰っててもいいって言ったのに・・・。
フランシス.jpg 君の事だから、きっと怖そうに震えているんじゃないかと心配になってね。
ミジョル(困).jpg お見通しって事ね。
フランシス(話).jpg ところで、この寝室で何をしてるんだい?
ミジョル(あっ).jpg そうだったわ・・・このメモをお父様の書斎で見つけたの。
フランシス(黙).jpg 「このメモを見つけたなら寝室へいらっしゃい」か・・・なるほど。
ミジョル(困3).jpg 何かがあると思ってここに来たんだけど・・・。
フランシス(困2).jpg 体が震えて、探そうにも探せなかった・・・って事だね。
ミジョル(困).jpg えぇ・・・。
フランシス(キラッ3).jpg 大丈夫! この僕がついているよ!
フランシス(笑2).jpg だから、安心して?
ミジョル(喜2).jpg ありがと、フランシス。
ミジョル(喜).jpg とにかく、この部屋に何かあるはずだから、一緒に探してみましょ!
フランシス.jpg うん!


数分後・・・


ミジョル(あっ).jpg あら?
フランシス(あっ).jpg ん? 何か見つかったのかい?
ミジョル(話).jpg これ、見つけたんだけど・・・。
フランシス(話).jpg これは・・・カセットテープだね。カセットデッキもあるかい?
ミジョル(話).jpg えぇ、あるわ。
ミジョル(ん~).jpg 若干古めかしい感じがするけど・・・まだ使えるみたい!
フランシス(困2).jpg ホントに古そうだね。埃かぶってるし。
ミジョル(あっ).jpg とにかく、何が入っているか確認しなきゃ・・・!


★続く






Last updated  2017.08.22 18:42:08
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.25
その頃――――

フランシス.jpg ただいま。
ゼノン(笑) おかえり。
フランシス(あっ).jpg あれ? 貴方しかいないんですか?
ゼノン(呆) それがね・・・


――――数時間前。


リース(話) 出かけてる間、ゼノンは書類整理やっておいてよ。
ゼノン(笑) 俺は行かなくて大丈夫なのかい?
リース うん。ヴァリスがいるし。
ヴァリス(自慢げ) え!? 俺を頼りにしてくれてるのか!?
リース(激怒) はぁ? いざとなった時の囮に決まってるだろ?
ヴァリス(困) ひどい。
クロア それに、双子も手伝ってくれるって言うしね。
ミミ(笑) だからゼノンさんはお留守番!
ナナ(笑) お留守番お留守番!
リース(話) というわけだから、留守番と書類整理頼んだよ。
ゼノン(笑) わかった。
リース(話) あ、そうそう。フランシスとミジョルが多分帰ってくるはずだから、帰ってきたら合流するようにって事も言っておいて。
ゼノン(話) どうしてだい? 彼らに休暇を与えたはずだろ?
リース うっ・・・・・・じゃ、人手足りなくなったら連絡するよ。
ゼノン(笑) そのほうが利口だね。
ゼノン(話) ほら、早く行かないと。
リース(怒) わ、わかってるよ!! とにかく頼んだからね!!!
ゼノン(呆) はいはい。


――――


ゼノン(呆) と、いうワケなんだ。
フランシス(呆).jpg なるほど・・・。
ゼノン(話) ところで、ミジョルは一緒じゃないのかい?
フランシス(自慢げ).jpg 一緒に墓参りに行ったのですけど、もう少しここにいるし、一人で大丈夫だから先に帰っててもいいよと言われたので帰ってきたところです!
ゼノン(呆) (いいように追いやられたのか・・・)
ゼノン(話) でも、本当に大丈夫かな?
フランシス(笑2).jpg ミジョルが大丈夫なら、大丈夫ですよ!
ゼノン(呆) しかし、辛そうな所を支えるのも、フィアンセとしての務めじゃないのかな?
フランシス(黙).jpg それもそうでしたね・・・!
フランシス(自慢げ2).jpg よし! ミジョルの所に行ってきます!!
ゼノン(笑) いってらっしゃい。
ゼノン(話) ・・・さてと、俺は書類整理の続きでもやっていようかな・・・。
ゼノン(呆) 終わってなかったら、罵詈雑言の嵐が飛び交うだろうしね・・・。


★続く






Last updated  2017.08.22 18:39:54
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.24
ミジョルの住んでいた屋敷――

ミジョル(話).jpg このお屋敷に入るの、何年ぶりかしら・・・。
ミジョル.jpg とても、懐かしい気分・・・。


――――


さうんどおんりー (父)ミジョル! あんまり走ると転んでしまうぞ!
幼少ミジョル(嬉).jpg だいじょうぶだいじょうぶ!
幼少ミジョル(あ).jpg あ!


バタッ


幼少ミジョル(泣3).jpg ぅ、うぅ・・・
さうんどおんりー (父)ほら、言わんこっちゃない・・・
さうんどおんりー (母)どうしたの?
さうんどおんりー (父)ミジョルが慌てて走っていたら転んでしまったんだ。
さうんどおんりー (母)あらあら、どうしてそんなに慌ててたの?
幼少ミジョル(泣4).jpg フランシスとあそびたくて・・・
さうんどおんりー (母)大丈夫、そんなに慌てなくても、あの子は待っててくれるわ。そうでしょ?
幼少ミジョル(泣3).jpg うん・・・!
さうんどおんりー (母)フフ、いい子ね・・・。


――――


ミジョル(困).jpg アタシってば、昔からお転婆でよく転んでいたっけ・・・。
ミジョル(フフッ).jpg あの時は早くフランシスと遊びたくて仕方なかったのよね・・・。
ミジョル(あっ).jpg ・・・あ、この部屋は確か・・・


――――


幼少ミジョル(話).jpg ここ、なんの部屋かな?


ギィ・・・


幼少ミジョル(嬉).jpg わぁ! 本がいっぱーい!
幼少ミジョル(困).jpg でも、わからないのばっかり・・・。
さうんどおんりー (父)ミジョル!
幼少ミジョル(困2).jpg お、お父様!
さうんどおんりー (父)この部屋に入ってはダメじゃないか! 不意にこの本が落ちてきたらどうするんだ!? かすり傷じゃ済まないんだぞ!?
幼少ミジョル(泣4).jpg ご、ごめんなさい・・・お父様・・・。


――――


ミジョル(困).jpg 初めてお父様に叱られた場所。
ミジョル(困3).jpg 叱ってる時のお父様は怖かったけど、今はその顔も愛おしいわね・・・。
ミジョル(あっ).jpg それにしても、本当にたくさんの本だわ・・・
ミジョル(困).jpg 相変わらず難しそうなものばかりだけどね・・・
ミジョル(あっ).jpg ・・・あら、このメモ、何かしら?



このメモを見つけたなら
寝室へいらっしゃい



ミジョル(あっ).jpg 寝室って・・・お父様とお母様の部屋?
ミジョル(困3).jpg あそこは、あの出来事が起こった場所・・・
ミジョル(ん~).jpg 辛くて怖い気持ちがこみ上げてくるけど、行くしかないわね・・・!


★続く






Last updated  2017.08.22 18:38:23
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.23
リース(話) ねぇ、行く直前、フランシスに元気なくなったんだけど、どうかしたの?
クロア(困2) さ、さぁ~?(多分嫉妬してるんだろうな・・・)
リース(話) とりあえず、僕らは任務に向かうよ。
クロア(得意気) うん! ほら、そこのお馬鹿さんもさっさと準備する!
ヴァリス(怒) お馬鹿さんとか言うな!!!


ミジョルの自宅の墓地にて――

ミジョル(困).jpg ここに来るの、もう何度目かしら。
フランシス(呆).jpg そうだね。数えていたけど忘れてしまったよ。
ミジョル(あっ).jpg そういえばフランシス、お供えのバラ持ってきてくれた?
フランシス(キラッ).jpg 当然さッ! 僕の庭にあるバラはいつだって美s
ミジョル(フフッ).jpg フフ、綺麗なバラ。ありがとフランシス。
フランシス(困2).jpg う、うん。
ミジョル(喜2).jpg お父様、お母様、今日もきましたよ。
ミジョル(困).jpg 未だにあの日の事思い出すと、怖くなっちゃうけどね。


あの日・・・

そう、あれは、幼少の頃の話・・・



さうんどおんりー (父)ミジョル!今すぐそこから離れろ!!
幼少ミジョル(話).jpg お父様? どうして? ここを開けて?
さうんどおんりー (父)いいから早く!!
幼少ミジョル(困).jpg どうして開けてくれないの?
さうんどおんりー (父)頼む、頼むから、早く離れ・・・ぐああああ!!
幼少ミジョル(困2).jpg お父様!? どうしたの?!? お父様!?
さうんどおんりー (母)ミジョル、そこにいるのね~? 今開けるから待ってなさ~い。


ガチャ・・・ギィ・・・


幼少ミジョル(困).jpg え・・・
さうんどおんりー (母)おかえりなさ~い、ミジョル~
幼少ミジョル(困2).jpg お、お母様・・・? ど、どうしたの?
さうんどおんりー (母)フフ、フフフフ・・・!
幼少ミジョル(泣).jpg やだ、こわいよ・・・
幼少ミジョル(泣2).jpg いや、いやあああ!


ミジョル(困3).jpg あの日、アタシはお母様を殺してしまった・・・でも、ほとんど覚えてないの。
ミジョル(困).jpg 本当は、覚えていないといけないんだけどね・・・。
フランシス(困2).jpg 仕方ないさ、ミジョルにとってあの事件は、衝撃的な出来事だったんだし・・・。
ミジョル(困).jpg うん・・・そうね。
フランシス(あっ).jpg そろそろ戻ろうか?
ミジョル.jpg うぅん、もう少しここいいる。
ミジョル(笑).jpg それに、久々に私の家の中にも入りたいし。
フランシス(困).jpg でも、思い出して辛くなってしまうよ?
ミジョル(喜2).jpg それでいいの。ちゃんと、覚えておかないといけないから。
ミジョル(喜).jpg だから、フランシスは先に帰ってて。
フランシス(困).jpg え?
ミジョル(喜).jpg アタシはひとりで大丈夫だから。ね?
フランシス(困3).jpg う、うん・・・
フランシス(あっ).jpg あ、でも、何かあったらすぐ呼んで!
フランシス(キラッ3).jpg 僕は君の永遠の王子様なのだから!
ミジョル(フフッ).jpg フフフ、カッコつけちゃって・・・でもそういうとこ、嫌いじゃないわよ。
ミジョル(喜).jpg さ、早く行って!
フランシス(キラッ2).jpg うん!
フランシス(キラッ).jpg (あれ・・・?いいように追いやられたような気がする・・・)
フランシス(キラッ3).jpg (でも、まぁいいや!)


★続く






Last updated  2017.08.22 18:38:05
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.22
ミジョル.jpg ねぇ、リースちゃん。
リース(話) 「ちゃん」付けはやめろ。で、僕に何の用?
ミジョル(困).jpg 今日、ちょっと休暇もらいたいなって思って。
リース(激怒) はぁ? お前が休むと困るんだけど?
ミジョル(困).jpg そこを何とかできないかしら?
リース(話) 何とかと言ってもだね・・・。
フランシス(キラッ2).jpg リース隊長! ここは、僕のイケメンさに免じて、ミジョルに休暇を与えてくれないかい?
リース (めんどくさいのが来た)
リース(話) 何に免じるんだよ。無理なのは無理だ。
ヴァリス(呆) 休暇にしてやれよ。ここんとこ、結構ハードだしさー。
リース(怒) お前が休みたいだけだろ!? このバカヴァリスが!


ドガッ


ヴァリス(驚) ぐへ! 殴るこたぁねーだろ!!
リース(激怒) 殴らなきゃわかんないだろ、馬鹿なんだから。
ヴァリス(驚3) ひどい! この暴力上司が! いつかきっと訴えてやる!
リース(怒) 勝手に言ってろ!
ミジョル(困).jpg えっと・・・。
リース(話) あぁ、ごめん。休暇の承諾だっけ?
ミジョル(困2).jpg お願い・・・今日だけは、今日だけは休ませて欲しいの。
リース(話) ・・・ワケアリか。どんなワケか話してよ。それによる。
ミジョル(困3).jpg 今日は、お父様とお母様の命日なの。だからお参りに行かないといけないの。
リース(話) それに、フランシスは同行するのかい?
フランシス(キラッ3).jpg もちろんさ!
リース(話) 却下。
ミジョル(困2).jpg どうして!?
フランシス(怒2).jpg 理由を述べたまえ!!
リース(話) ミジョルだけ行けばいいだろ? フランシスは残れ。
クロア(困) こうちゃん、行かせてあげようよ。
リース クロアまで・・・。
クロア(閃) ほら、今の時期お盆じゃない? ちゃんとお参りしてあげないとね。
リース ・・・わかった。クロアの言うとおりにする。
ミジョル(あっ).jpg ってことは・・・?
リース(話) 行っておいでよ。こっちは何とかするから。
ミジョル(喜).jpg ありがとう! リースちゃん!
リース(怒) だぁあ! 抱きつくな! 墓参りするなら早く行ってこいよ!!
ミジョル(喜).jpg えぇ!
フランシス(困3).jpg 僕も抱きつかれたい(ブツブツ
ミジョル(喜).jpg ・・・ほら、ブツブツ言ってないで! 行きましょ、フランシス!
フランシス(困2).jpg う、うん。


★続く






Last updated  2017.08.22 18:33:38
コメント(0) | コメントを書く

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.