1532966 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

こんぱすコーチの全方位日記

廃線跡を歩く-西武安比奈線

◆◆◆廃線跡を歩く-西武安比奈線◆◆◆<2006/11/5>

わが家の最寄り駅、西武新宿線新狭山駅の、
本川越寄りの次が「南大塚」という駅。

休止貨物線分岐駅・南大塚

ここから今は列車が走らなくなってしまった
「安比奈(あいな)貨物線」。

その昔、入間川畔の砂利を運搬するために作られた貨物路線だが、
休止扱いになってから40年が経過しているらしい。

こちらに越してきた当初から、
国道16号を横切る妙なレールがあるのに気づいており、
何かの廃線跡だとは分かったが、調べてみると上述のことがわかった。
厳密には廃線ではなく休止扱いなので、
今も西武鉄道が線路敷きの土地も所有している。

わが家の近所に残る廃線跡、ということで興味があり、
いつかはこの沿線を歩いてみたいと思っていたのだが、
何と、西武鉄道が主催でこの安比奈貨物線をたどる
ウォーキング大会が行われるというので、覗いてきた。

9時半の受付開始時間に合わせて、スタート地点に到着すると、
既に大勢のウォーカーがエントリーをしているところだった。

ウォーキング受付

この貨物線。南大塚駅構内には残っているが、
駅から離れたところで横切る道路を優先的に整備したせいか、
ぷっつり途切れており、ウォーキング大会受付場所付近から再び始まっていた。

ここから線路が始まる

さぁ、いよいよ出発。大勢が一糸乱れぬ隊列を組んで、
線路に沿って進んでいく。
線路は長年メンテナンスを受けていないらしく、
ほとんど雑草に埋もれてしまっていた。

雑草に埋もれた線路

10~20分ほど歩くと、小さな用水路を横切る鉄橋が。
まくら木は朽ち果ててしまい、痛々しい姿だ。

朽ちた鉄橋

遠くに森が見えてきた。
線路はその森へ向かって一直線に敷かれている。
と思う間もなく隊列は森の中へ。

森の中を線路は続く

まるでトトロでも出てきそうな気配。
樹木が線路に覆い被さり、
木製の架線柱も本物の樹木に同化してしまっている。

それにしても、雑草に埋もれ、樹木に浸食されながらも、
線路は撤去されずに残っている。
廃線ではなく、あくまでも休止線扱いにしているからであろうか。

終点の砂利積み込み貨物駅跡に近づくと、
分岐器(ポイント)があった。

線路のど真ん中に大木

驚いたことに、その分岐器の数メートル先には、
線路の間から樹木が成長し、大きな幹で通せんぼしている。
40年の歳月を感じさせた。

貨物駅跡は、葛の葉に覆われ、ほとんど線路も見えない。
あっけない幕切れだった。

終点の貨物駅らしき跡

それにしてもウォーキング大会。
今回のテーマがテーマだけに、
確かに鉄ちゃんの姿もチラホラいたが、
何よりもウォーキングを楽しむ老若男女が
圧倒的多数であることに驚いた。

今やウォーキングは、大きな市民権を得ているなぁ、
と感じた。

機会があれば、鉄ちゃんとは関係ない、
ふつうのウォーキングに参加しようと思った。


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.