355644 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

モノと生活

PR

Profile


AROOM

Free Space


​​​​


↓応援クリックが励みになります↓

ブログランキング・にほんブログ村へ






YOOX.COM(ユークス)
icon
icon

icon

icon
 -------------------まとめリンク-------------------
































Calendar

Category

Recent Posts

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Comments

AROOM@ Re:シンプルということ(06/28) 私も書いといてあやふやなんですけど、こ…
ARK.style@ Re:シンプルということ(06/28) なんといえばいいのか、 私もぼんやりとお…
AROOM@ Re:揃えて使いたいプチプラ■キッチンツール(06/16) ARKARK.style さんのブログ大好きなので、…

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.08.10
XML
カテゴリ:□雑貨
ブログランキング・にほんブログ村へ

 


我が家のアイアンフック。 

我が家の雰囲気を作るのに活躍してくれた、存在感のあるモノ。取り付けた時は、2000円程のこのフックが、与えてくれた空気が嬉しくて仕方なかったです。この家の生活にもなれ、このフックは欠かせないモノでありながら、そこにあって当たり前のモノとなりました。今はひっそりとそこに存在しています。

こんな事をかいていると、また夏目漱石の ”硝子戸の内” の一節を思い出します。どうやら、私は何十年も同じ事をいいつづける人間のようです。愛犬ヘクトーの墓を以前の飼い猫の墓のある裏庭に作って硝子戸の内から眺める漱石の悲しみを墓になぞらえた一節です。

もう薄黒く朽ちかけた猫のに比べると、ヘクトーのはまだ生々しく光っている。しかしまもなく二つとも同じ色に古びて、同じく人の眼につかなくなるだろう。

 

漱石の観察眼が好きです。どんな存在感のあるモノも、暮らしの中でその存在感はひっそり息を沈めていきます。しかしながら、初めて訪れた人はその存在感を感じとるでしょうし、かわらぬ存在感はそこにあり続けるという、現実世界と生活の二つの世界と分岐していくのでしょうか。

とにもかくにも、存在感を放つモノは私に方向を与えてくれます。もちろん空間を考えて、私が選んでつけたモノでありながらも、その存在感が新たなインテリアの方向に導いてくれる事がよくあります。存在感がありすぎて、どうにもこうにもお手上げになる事もありますが、そういうモノから部屋をつくるというやり方は枠にとらわれず部屋に自分らしさを作りやすいような気がしています。

 

今日は我が家にとらわれずに、単純に存在感があるなあと感じたモノを並べてみます。

 

存在感のあるデザイン




















































私の選ぶ存在感は、派手というわけでもなさそうですね笑。iittalaのtaikaやtanssiも入れたかったのですが、世界観がありすぎて別枠に。。。コチラに関して以前日記を書いていますので良かったらどうぞ→​​ Klausさんのクッションを買ったが故に、我が家が新たな進化を遂げたという事で、どこか今日の日記につながるような気がしています。


 

時に存在感のあるモノは、どう使おうか迷う事もあります。作り手の世界を感じつつ自分の部屋で格闘するのもまた、醍醐味であると思います。落ち着く場所に収まった時に、なんともいえない満足感が待っていたりします。無計画な買い物するから格闘になるのかもしれませんが。。

こんな風に、時々モノについて色々考えてみたいと思います。

 





長文、最後までお付き合い
有難うございました。

本日も素敵な一日を!

AROOMより

​​​​​​訪問ありがとうございました。
ブログ村応援クリックを頂けたら幸いです
   ​​▼ ▼ ▼​​
  ブログランキング・にほんブログ村へ​​​​  
   ​​
​​
AROOMの ROOMは こちらから↓

AROOMの愛はコチラから↓
​そ







Last updated  2018.08.11 23:22:08
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.