006524 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Office ROOST 代表今井です

PR

X

プロフィール


ROOSTimai

カレンダー

バックナンバー

2021.09
2021.08

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.10.21
XML
体幹のコントロールから、股関節の軸を意識した重心コントロールを座位で行いました。
姿勢調節のためには、頸部~脊柱周囲の筋が正常な筋緊張にないと、感覚フィードバックが鈍ります。

下肢ももちろん同じです。ちょっと浮腫がありますね。
それから、下腿の筋固縮も
正常な筋緊張になるよう、リリースしていきます。
足底の感覚、特に母指球、小指球、踵がポイント。そして足関節の運動感覚

座位にて、足底を床に着け、荷重感覚を入力、足関節の自動運動。
荷重感覚の入力は、足底と足関節から脛骨へのアライメントを意識して、介助しながら行います。

では、平行棒の中で立位
重心がつま先よりになってるようなので、踵へ誘導
足踏みをして、踵を意識
コントロールできる様子を確認したら、少し足を開いてもらい、ベースを広くとって
左右へリーチ動作、体幹を回旋して左右へリーチ
正しい股関節の軸を誘導しながら、重心コントロールの練習です。

歩行の準備できたので、平行棒内の歩行です。
少し歩幅を広げ、踵をしっかり着く意識をもってもらうよう声かけしながら

では、平行棒を出て歩きます。
片手、上肢から歩行リズムを少しだけ介助

こんな流れで、パーキンソンニズムの方、座位バランス~歩行の機能訓練すすめました。

筋固縮により、筋からの感覚フィードバックが鈍くなります。
頸部の深部筋は、前庭神経系とも密接に関係し、バランス・重心コントロールに影響します。

正しい運動・動作は正しい感覚フィードバックがあるから
筋肉は感覚器でもあるはず
そして、重さを感じる感覚、荷重感覚

脊柱の可動性により、回旋運動での重心コントロール
股関節軸を機能的に使うためにとても大切

足底は、母指外転筋による、母指と母指球の支持があって、正しい足関節から脛骨の荷重ラインが作られます。それはまた、機能的な股関節軸を作るために。

前足部と後足部の関係、ミッドスタンスからヒールオフまでの荷重、動的アライメントは脛骨から大腿骨への運動連鎖を作り、股関節軸の重心コントロールへとつながります。
歩行の要!
膝のアライメントもこれで決まります。
ここはまた、別の機会に






最終更新日  2021.10.21 23:51:06
コメント(0) | コメントを書く
[機能回復・リハビリテーション] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.