000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Office ROOST 代表今井です

PR

プロフィール


ROOSTimai

カレンダー

バックナンバー

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.12.07
XML
高齢者の運動指導で、他の人が、呼吸について話をしていました。
「吸うより、吐くことを意識してください」と言っていました。
よく聞きます。

どっちが大切? どっちを意識するの?

あえて言えば、吸うこと です。

呼吸筋の筋力低下や、筋疲労から呼吸が浅くなる人は深く吸えなくなります。

呼吸不全を呈している場合、吸えないことを代償するため、しっかり吐かせかせて、呼気で1回換気量を補います。これにより、一時的にガス交換を促進させて、呼吸苦をやわらげることができますが、ずーっと吐ききる呼吸はすぐに疲れて、苦しくなります。

呼吸のリハビリでは、目指すのは1回換気量の増大!
それは、深く吸うことです。

胸郭を拡張し、横隔膜をしっかり使って深く吸えるようにしなければ、呼吸状態は良くなりません。
だから、呼吸はしっかり大きく吸えるようにすることが大切です。






最終更新日  2021.12.07 19:16:31
コメント(0) | コメントを書く
[パーソナル トレーニング コンディショニング] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.